お祝いのお返しに商品券は失礼?結婚祝いの内祝いのマナーを解説

結婚式のお祝いを頂いていたとき、どんな内祝いをお返ししようか悩むこともあります。内祝いをお返しした人に喜んでもらいたいと思うと、何がいいか色々と考えてしまいますよね。

結婚式のお祝いのお返しに商品券を贈ると、相手の方が好きなものを購入することができるため、喜んでもらえる気がします。ですが、内祝いで商品券をお返しすることはマナー違反にはならないのでしょうか。

内祝いで商品券をお返しするときはどんな点に気をつければよいのかをチェックして、内祝いをお返しすることについて考えてみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

卓球初心者の練習方法!素振り・壁打ち・球を打つ練習で卓球上達

卓球を始めたばかりの初心者の人の中には、どのような練習方法で練習を行えば上達するのか知りたい人もいる...

スキーとスノボどっちも楽しみたい!という欲張りなあなたへ

スキーとスノボは冬のスポーツとして人気がありますし、どっちも楽しみたいのが本音ではないでしょうか。...

祝儀の相場・姪や甥の結婚式のご祝儀相場をシーン別に解説

姪や甥の結婚式に出席することになったら、ご祝儀はどのくらいの金額を包めばいいのか気になるものです。一...

御祝儀を兄弟に渡す時期は?ご祝儀マナーをご紹介

結婚する兄弟へ御祝儀を渡す時期はいつがいいのか。今回はこの悩みについてご説明したいと思います。...

教会での結婚式にご祝儀は必要?相場と教会式での御祝儀について

教会に行われる結婚式に招待された時、ご祝儀はどうしたらいいのか悩むこともありますよね。今までに一般的...

お茶とお菓子の置き方には決まりがある!お茶の基本の作法とは

会社や自宅に来客があった場合に、おもてなしとしてお茶やお菓子をお出しする機会もあるでしょう。...

中国の結婚式のご祝儀の相場と日本の結婚式の違いを徹底解説

中国にいる友人の結婚式に出席することになった場合、ご祝儀はいくら用意すればいいのか悩む人も多いでしょ...

No Image

結婚式の断り方!子供が小さいことが理由で欠席するときの断り方

子育て中のママの中には、子供が小さいことで招待された結婚式を断ろうと考えている人もいるのではないでし...

ネクタイの色の選び方とマナー!結婚式は白以外の色もOK

結婚式に初めて出席するとき、ネクタイの色は白でなくてはならないのか、知識がなければわからないものです...

消防士の面接ではどんな髪型がベスト?好印象を与える髪型とは

消防士採用試験は、筆記や体力試験の他にも「面接試験」があります。この3つの試験を突破して晴れて消...

ご祝儀は夫婦別々?連名?夫婦で結婚式に出席・ご祝儀のマナー

知人の結婚式に夫婦で招待された時、ご祝儀は夫婦別々に包むのか、それとも連名で包むのか、知識や経験がな...

卓球の初心者が出来るサーブ練習のやり方とポイントを紹介

卓球を始めたばかりのころは、サーブが入らなかったりすぐにネットに引っかかってしまうでしょう。...

春の飾り付けを折り紙を使ってするのなら、これがおすすめ

春は明るく希望に満ちた季節ですよね。そんな明るい気持ちをより明るくするために飾り付けで盛り上げる...

バスケ【試合のコツ】活躍するために今からあなたができること

バスケの試合のコツというと、シュートやドリブルを上達するための練習が浮かんでいませんか?では、ま...

コンビニバイトで注意すべき言葉遣いについて徹底解説

コンビニバイトのような接客業では言葉遣いに注意すべきだということはわかっていても、普段使っていないと...

スポンサーリンク

結婚式のお祝いのお返しの商品券を贈るのはマナー違反?絶対にNGというわけではない

結婚をお祝いされるのはとても嬉しい反面、ご祝儀をくれた人数が多ければ多いほど、お返しをどうしようかと頭を悩ませるものです。

結婚祝いの金額や、贈る相手に合わせてお返しを選ぶとなると、何がいいのかわからなくなって、なんなら商品券でお返ししたほうがラクだなと思う方も多いことでしょう。

結婚や出産、子供の入学など、お祝いをいただく場面はたくさんあります。お祝いをお金でいただけるのはありがたいことですが、そのたびにお返しを考える時間や手間を考えると、一律に商品券でお返ししても良いのであれば、それはそれで助かりますよね。

しかし、そもそもお祝いに対するお返しを商品券で済ますのは、マナーに反することなのでしょうか?

商品券でお返しして喜ばれることもある

お祝いのお返しと言えば、昔はタオルの詰め合わせが定番でしたが、今では実にさまざまな商品が内祝いギフトとして扱われています。もらった金額にあわせてお返しにかける大体の金額を決めるわけですが、ハッキリ言って趣味に合わないものや、もらっても困るものよりも、商品券のように使い道のあるものをお返しされたほうが嬉しいと感じる方も、とくに若い世代では少なくないようです。

しかし、お返しする相手によっては、無礼だと捉えられかねないということも、頭に入れておく必要があります。

結婚式のお祝いのお返しに商品券を贈るとNGな場合

お祝いのお返しとして商品券をもらうことに対しては、比較的若い世代は好意的に捉える方が多い反面、まだまだ年配の方々にとっては、現金を贈ったのに金券で返してくるというのは、失礼だと考える風潮もあるようです。さらに、商品的に対してマイナスイメージを持たない方が多い若い世代の中においても、お返し物としてさほど欲しくはないものをらうよりも、商品券のように使い道を自由に決められる物を贈られたほうが嬉しいと思う人もいれば、一律で商品券で返されるのは、なんだか寂しいと感じる人もいるのが事実です。

お祝いのお返しを商品券にしないほうが無難な例としては、以下のようなケースが挙げられます。

  • 職場の上司
  • 自分よりも上の世代の方
  • 自分で買い物をしない方
  • お祝いが商品券だった場合

商品券は金券である以上、購入金額と同じ額面が記載されていますので、言わばお祝いとしてあげた現金をそのまま返されたと思われてしまう可能性も出てくるため、とくに職場の上司や上の世代の方に対して商品券を贈るのは、失礼な行為だと捉えられてしまう恐れがあります。

また、商品券を贈る相手が近くに商品券が使える店舗が少ない地域に住んでいるケースや、年齢的に自分で出歩いて買い物をする習慣があまりない世代の方でしたら、お祝いのお返しとして商品券をもらったところで、使い道に困ることも考えられますので、やはり避けたほうがよろしいかと思います。

結婚式のお祝いのお返しは半額返しが一般的!商品券の値段によっては失礼になる

相手に失礼だと思われる事例としては、お祝いとしていただいた金額に対して、お返しにかける金額が明らかに少なかった時です。通常、何か品物を買ってお返しをする時は、いただいた金額のだいたい半分くらいの金額の物を選ぶとされていますが、物を買ってお返しをするのならば、受け取った方はハッキリとした金額はわかりませんよね。

たとえば、お祝いとして1万円をもらった場合、たとえお返しが3千円程度の品物だったとしても、金額がわからない以上はそこまで失礼に当たることはないですが、お返しを商品券にしてしまうと、額面通りの金額分しか払っていないことになるので、相手によっては気分を害してしまう可能性が高くなるのです。

お祝いの金額が多い場合にベストなお返しとは

結婚のお祝いともなると、相手との関係性によっては、いただく金額がかなり多めになりますよね。

親族であれば、結婚生活の足しにしてほしいとの思いも込められているため、厳密にお祝いの半分をお返しする必要はないかと思いますが、たとえば職場の上司などからいただいた金額の半分程度をお返しに当てるとなると、10万円のご祝儀に対して5万円程のものを選ばないといけないことになるため、お返しを考えるのも一苦労でしょう。

高額なお祝いをいただいた際のお返しとしては、カタログギフトを選ぶご夫婦が圧倒的に多いようです。金額ごとにカタログ内容が違ってくるため、品物を選ぶ手間が省けるだけでなく、もらった相手にとっては選ぶ楽しみもあるというのが、カタログギフトがお祝い返しとして広まった理由でしょう。

お祝いのお返しが商品券だと金額がわかる!他のギフトと組み合わせる方法も

お祝いをいただいたお返しとして商品券だけを贈ってしまうと、相手にも金額がわかってしまうため、それだけだとなんとなく渡しにくいと感じる場合は、商品券に心ばかりのギフトを添えるのはいかがでしょうか?

商品券だと選ぶ手間もかかりませんが、人によっては味気ないと感じてしまうもの

ましてや、お祝いをお金ではなくプレゼントとして贈ってくれた人に対して商品券をお返しするとなると、せっかくわざわざお祝いのプレゼントを選んだのに、お返しを考えるのが面倒だったのかな?と、少しガッカリさせてしまうことになるかもしれませんよね。

いただいたプレゼントの金額がなんとなくしかわからない時は、商品券だけだとお返しする額として少なすぎる可能性もあります。それを誤魔化す手段としても、商品券にプチギフトを添える方法は有効だと思います。

高額でなくても、ちょっと気の利いたものを一緒に贈りたいですね。

お祝いのお返しに商品券を贈るときの疑問を解決

すでにお祝いとしていただいた商品券がたくさん余っている場合、自分がいただいたお祝いのお返しとしてそのまま使えないかと考える人もいるかと思いますが、結論から言ってそれはあまり好ましくはありません。

お祝いとして商品券を贈られる際には、箱や専用封筒に入ってしっかりと包装された状態でもらいますよね。いただいた以上は中身を確認するために開封するわけですから、いくらキレイに剥がして元通りに戻したつもりでも、やはり一度開封済みであることはバレてしまうものです。

お祝いのお返しには、内祝いの熨斗をかけるのが通常ですが、手元にある商品券を使い回すとなると、新たに包み直したうえで、熨斗を用意する必要が出てきますので、素人がお店の人と同じようにその作業を行うのは、さすがにムリがあると言えるでしょう。

商品券の中には、使用期限が記載されているケースもありますので、せっかくいただいた商品券をいつまでも手元に置いておかず、有意義に活用するべきです。少額の商品券であれば、車で送ってもらった際のお返しにしたり、気を遣わない相手へのちょっとしたお返しにしても喜ばれますよ。