年賀状に書く結婚式後の一言!上司や親戚、友達への添え書き

結婚式後の年賀状には印刷された文面以外にも一言を添えたほうが良いのでしょうか?

ついつい沢山の方を招待した場合、お礼は印刷されている文面にも書いてあるし、わざわざ書かなくても良いのでは?と省略したくなってしまいます。

しかし手書きの一言があるとないとでは、受け取った側の印象が大きく違ってくるでしょう。そのことも踏まえて添え書きについて考えてみてください。ここでは文面についても紹介をしていますので、参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

娘に嫉妬する母親。母親は娘に何を投影するのか。その心理とは

娘に対して嫉妬する母親。母親は、大地のような広い心で何ごとにも許しを。母親は、泉よりも深...

兄弟の結婚祝いはいつ渡す?という疑問を解決!相場も紹介

親族の結婚式、特に兄弟の結婚式は特別な思いがあるのではないでしょうか?もちろん結婚祝いを渡すでしょう...

一人暮らしでもアパートの挨拶は必要?迷った時の判断ポイント

女性がアパートで一人暮らしをする時、引越しの挨拶をするべきかどうかで悩んでしまいます。それは、ど...

スキーとスノボのウェアの違いと兼用するときの注意点を紹介

スキーとスノボのウェアの違いはそれぞれのスポーツに合わせた機能面です。どちらも寒い雪山のゲレンデで行...

海外のリゾートバイトを短期で!おすすめや後悔しない選び方

海外でのリゾートバイトを短期でしてみたいけど、実際考えると不安になる人もいるはず。海外留学に行きたい...

ご祝儀は夫婦別々?連名?夫婦で結婚式に出席・ご祝儀のマナー

知人の結婚式に夫婦で招待された時、ご祝儀は夫婦別々に包むのか、それとも連名で包むのか、知識や経験がな...

バスケのシュートは何種類くらい?シュートの特徴をご紹介

バスケのシュートは大きく分けるとレイアップ、ダンクシュート、フックシュート、ステップシュート、セット...

生理で会社の椅子にうっかり血を付けてしまったら

女性にとって生理は体調も変わりますし憂鬱ですよね。特に経血の多いタイプの人は、しっかり対策をとっ...

水泳の選手コースはいつから入れる?その条件を徹底解説

子供が水泳を習い始めると「いつかは選手コースに進んでもらいたい。」と親なら期待を持ってしまうでしょう...

【テニスの練習メニュー】シングルスの試合で勝つための方法

テニスのシングルスの試合に出ることになると、勝つためにどんな練習をすればいいのか悩む人も多いでしょう...

バスケ【試合のコツ】活躍するために今からあなたができること

バスケの試合のコツというと、シュートやドリブルを上達するための練習が浮かんでいませんか?では、ま...

柔術の試合に勝てない時の対処法!練習や試合ま準備で目指せ勝利

柔術をしている人の中には、なかなか試合に勝てないという悩みを抱えている人もいるのではないでしょうか。...

バレエは基礎が大事!子供のうちからしっかり見付けさせよう

バレエの基礎を続けるのは子供でもしんどいもの。でもバレエこそ基礎が一番大事で、基礎がしっかりして...

結婚式で荷物を預けるクロークの活用法とサブバッグの選び方

遠方での結婚式の場合には、荷物が多くなることもあります。結婚式の会場にたくさんの荷物を持って行く時に...

結婚式に参列する時に持っていく女子のための持ち物リスト

結婚式に招待されて参列する時には、どのような持ち物が必要なのでしょうか?結婚式に行く時には、フォ...

スポンサーリンク

結婚式後の年賀状には一言を添えるべき?一言で変わる印象

結婚した後は、市役所での手続きなど色々あり、「これはどうしよう?」「あれはどうするべきなのかな?」色々と悩みますよね?

年賀状に関しては、何をどうするべきなのか、何か結婚に関して一言書くべきなのか、どんなマナーがあるのか、あなたも疑問に思います。

手書きで無くても良いが、一言何か書くべき

結婚に関する一言は、年賀状に書く方がマナーに適っています。ただ、年賀状を書く枚数が多い方は、「そんな事をしている時間は無い」と内心思いますよね?

そんな場合は、初めから印刷をし、別のプライベートな一言を手書きで書いても失礼には当たりません。印刷で「私たち、今年結婚しました」と一言書き、それからあなたの手書きで「お元気ですか?また遊びにきて下さい」と一言添えるという方が、相手の方とのコミュニケーションもスムーズになる年賀状だと思います。

年賀状に書く一言は、手書きである必要はありません。ですが、何か、結婚に関する一言は年賀状には記述するべきです。

結婚式後の年賀状、友人に一言添える場合

結婚式に出席してくれた友人に年賀状を送る際、結婚に出席してくれた事について、何か書くべきなのか、どうするのか迷いますよね。何か結婚に関する一言や、結婚したのだから、年賀状の柄も少し結婚に関する物を選ぶべきなのかどうかも迷います。

答えから言いますと、特に何もこだわる必要はありません。今までと同じ様に年賀状を作成して書けば良いと思います。

ただ、年賀状に書く一言に「結婚式に出席してくれてありがとう」の様な、結婚式にまつわる事、そして、出席してくれた事に対して、「ありがとう」の感謝の気持ちを表す一言があった方が、その友達との関係もうまくいきます。

一言あるだけで、年賀状やあなたへの印象も随分と変わります。空欄があり、あなたの結婚式に出席してくれた友達に年賀状を送るのであれば、その一言を書いて、友人へ感謝の気持ちを伝えましょう。あるのと無いのでは、全くと言って印象が違いますし、その年賀状を読んだ友達も、笑顔になります。周囲にもあなたの良い評判が伝わると思います。

結婚式後に上司や先輩に年賀状を出す場合の一言

結婚して、その後に、仕事の上司が先輩に年賀状を出すのでしたら、その年賀状には、正しい日本語で、敬語も正しく使っている、一言を書く必要はあります。

職場の先輩で、年齢も上の方ですから、友人に送る年賀状とは違い、年賀状に書く一言に関しても、配慮する必要はあります。

言葉遣いとしては、「私たちの結婚式に出席してくださり、誠にありがとうございました」など、聞いていて、「やはり目上の方に書く表現だな」と思われる言葉を使います。友人に書くような「元気?今年は会おうね」などでは、不適切になります。その辺も考えて、職場の上司や年上の方には年賀状を書きましょう。

例え年賀状とは言え、「学ぶ」という姿勢も大切になります。年賀状であっても、適切な言葉遣いで、綺麗な文字で一言、縦書きで書きましょう。

横よりは縦が年上の方に出すのに適切な書き方になります。デザインも縦書きを選びましょう。

結婚式後の年賀状に一言添える際の注意点

結婚式後、初めての年賀状ですが、出す相手が、結婚式に出席してくれた方か、そうで無いかによって、書き方が少し異なります。

あなたの結婚式に欠席だった方に対しても、一応「昨年、結婚させて頂きました」という一言は書きましょう。親族の方は大体出席だとは思います。それでも、結婚に関する一言は書きましょう。「心よりお祝いして下さり、ありがとうございました」の様な一言で良いと思います。

また、去年という言葉の使用は避け、昨年という言葉にして下さい。また、なるべく「、」は使わない様にしましょう。

使う言葉に注意し、結婚式に参加してくれた事を感謝するか、結婚した事を簡単に報告する一言があれば、あまり問題は無いと思います。後は、相手の方が年上であれば、なるべく敬語を使い、漢字の間違いにも気をつければ、それ程問題の無く、失礼の無い年賀状の出来上がりだと思います。友人であれば、年賀状の柄にもこだわる必要はありません。

年賀状は印刷する前に一言添えやすい文面を選ぶことが重要

結婚式後などのタイミングに関わらず、年賀状選びは少し慎重になりましょう。というのも、あなたが一言添えたいと思っていても、柄が大きすぎて、書くスペースが無いのなら、元もこうも無いからです。

スペースがしっかりとした柄を選ぶ事。

あまり柄が大きすぎても、書くスペースがありません。余白がしっかりとある柄を選びましょう。

年賀状の印刷に任せすぎない

あまり柄や印刷に文章を任せすぎると、それだけであなたが書く事が無くなります。その為、柄や印刷にあまり頼りすぎず、あなたも手書きで何か書ける程度の文章に絞り込みましょう。

書きたい事がかけなくなる様な年賀状には仕上げない様にして下さいね。それも年賀状選び、文章選びで大切な要素になります。

結婚式後に、どんな年賀状を選ぶべきなのか、また、結婚について一言を書くとしたら、どんな一言が最適なのか、マナーについて紹介しました。あなたの参考にはなりましたか?友達に送るのと、会社の上司に送るのでは、書き方が違います。それについても触れています。是非参考にして下さい。年賀状に関して、どんな絵柄や印刷する文章についても触れています。あまり印刷している量が多いと、あなたが手書きで書く事が無くなります。その量にも気をつけて、年賀状を期日までに郵便局に投函して下さい。