新婦の母として出席する時のネイル事情とネイルデザイン

新婦の母として出席する時、服装に合わせてネイルもしようと考えますが、そもそもネイルをしてもマナー違反にならないのか、着物を着る場合でもネイルをしていいかどうかで悩んでしまうのではないでしょうか。
そこで今回は、新婦の母として出席する場合のネイルマナーについてご説明します。
最近は母と娘と一緒に行うブライダルネイルも人気があるようです。
結婚式の思い出の一つとして、お揃いネイルをするのもおすすめです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

【洋食のマナー】魚料理をきれいに食べるコツとテーブルマナー

普段は箸を使う日本人にとって、洋食のテーブルマナーはちょっと苦手という方が多いのではないでしょうか。...

スキーのエッジについたサビを自分で取る方法をご紹介します

仲間たちとの楽しいスキー。しかし、滑った後そのまま放置してしまっているとエッジにサビがついてしまうこ...

結婚式を断る時の上手な断り方と理由の伝え方【大人のマナー】

知人からの結婚式の招待状が来ると嬉しい気持ちになりますが、やむを得ず欠席をしなければいけない時には、...

スキー初心者の道具選びのポイント!チェックするべき項目

スキーをこれから始めるというスキー初心者はどのような道具を揃えれば良いのでしょうか?スキーを選び...

バスケシュートの飛距離を伸ばす方法とは?コツやポイントを紹介

バスケのシュート飛距離がなかなか伸びない…。そんなときにはフォームを見直す機会かもしれません。...

縦書きや横書きのときのホチキスの位置とは?止め方を紹介

縦書きと横書き、ホチキスはどの位置に止めるのが正しいのでしょうか?たかがホチキス、されどホチキス。...

ゴミ出しルールの文書作成のコツとルール違反する住民への対応

ゴミ出しのルールを守らない住民に対して、ルールを明記した文書を作成することがあります。文書には「...

中学生の勉強法・ノートのとり方を工夫して成績をアップさせよう

自分に合った勉強法が分からない・受験を控えているから成績が上がる勉強法を知りたいという中学生もいるこ...

スノボウェアの下に着る洋服選び【レディース編】

初めてスノボに行くという場合には、ウェアの下に何を着れば良いのか悩む方が多いようです。気温が低く...

No Image

いとこの結婚式を欠席!欠席連絡のタイミングとご祝儀について

いとこの結婚式に招待されていても、予定が合わない・遠く出席できないなど、結婚式を欠席しなくてはならな...

内定の報告を先生にしたい!メールや手紙で報告する場合の注意点

苦労した就活でようやく内定がもらえたら、これまでお世話になった先生へ報告したいですよね。でも...

明日ある面接に緊張している人へ。緊張をほぐす方法を紹介します

明日の面接では緊張しすぎて上手くしゃべることができないのでは・・失敗してしまったらどうしよう・・と不...

外国の人やハーフの人の名前にある「ミドルネーム」ってなに

日本人の名前と言えば、「名字」と「名前」の2つの言葉で構成されていますよね。しかし、外国人やハー...

柔術の試合に勝てない時の対処法!練習や試合ま準備で目指せ勝利

柔術をしている人の中には、なかなか試合に勝てないという悩みを抱えている人もいるのではないでしょうか。...

バレーボールのフローターサーブの練習方法と上達のコツ

バレーボールの試合はまずサーブから始まります。そのサーブがなかなか上手く入らないと悩んでいる方は多い...

スポンサーリンク

新婦の母として式に出席する際のネイルマナーについて

大切な娘の結婚、正式に育児が一段落したようで嬉しい反面、ちょっぴり寂しさを感じるお母さんもいるのではないでしょうか。

ついこの前まであんなに小さかったのに。
結婚式は親にとっても、非常に感慨深いことです。

今まで一生懸命に育ててきた娘の門出を、新婦の母として美しく祝福してあげたいものですね。

実は新婦の母として結婚式に出席する場合、ネイルはどうしたらいいのかと疑問は少なくありません。

服装は暗黙の決まりがあるように思いますが、ネイルについてはこれといったマナーが明確になっていないので迷いが生じるのです。

新婦の母としては品のあるネイルが理想

出席するときの服装との相性のあるとは思いますが、やはり新婦の母として華美になりすぎない品のあるネイルであることが理想です。

特に着物で出席する場合、留袖を着る母親が多いと思います。
留袖の雰囲気に派手なネイルをしてしまうと、せっかくの和の雰囲気が少し崩れてしまうように見えます。

ネイルの長さも記念すべき娘の結婚式だからと気合を入れて長くしてしまうと、少々威圧感を感じることもありますし、お客様へのおもてなしをするときに邪魔になることもあります。

ネイルにデコレーションをするというよりは、シンプルであっても綺麗に手入れされた品のあるネイルというイメージを持って下さい。

新婦の母なら上品ネイルがベスト。ベースはピンクベージュがおすすめ

新婦である娘はブライダルネイルをして、いつもより華やかな印象の指先になります。

一方新婦の母の場合は、華やかさを主張するよりも品や清潔感を大切にすることが理想です。

新婦の母も出席してくれたお客様への挨拶や、新婦から両親への挨拶などで多くの人から見られる場面があります。
あまりに目立つネイルをすると、そのお客様全員の目に触れるということでもあります。

個人差もありますが、目立ちすぎるネイルに少々抵抗を感じる人もいます。
お祝いの席に暗い色のネイルや、長いネイルはイメージとは合わないように思います。

ベージュや淡いピンクのように、違和感なく馴染む色を選ぶと、主張はなくても品があり、指が長く美しく見えます。

先端だけを白く塗ったフレンチネイルのデザインであっても、自然に美しく仕上がります。

新婦の母ならネイルは爪を磨くだけでも十分。結婚式のネイルは不快感を与えないことを念頭に

結婚式には多くの方が出席しています。
性別や年齢もみんなバラバラで、ネイルを見たときに感じる印象も人それぞれ違います。

新婦の母なら誰も不快にさせないネイルを

感じ方には個人差がありますが、新婦の母として出席するのなら誰からも不快に感じられないネイルを意識して欲しいです。

派手で不便に見えるほど長いネイルは、好きな人もいれば不快に感じる人もいます。
個人差がはっきりと分かれるようなネイルと言えます。

シンプルなネイルであれば、普通に考えると不快に感じる人はほとんどいないと思います。

シンプルだからこそ手入れされている美しさが際立ちます。
華美にならないように何もせず、ささくれだらけのネイルではこれまた不快に感じる人は出てきます。

どんな好みの人からも受け入れられるネイル、お手入れということを考えれば自然とイメージが湧いてきます。

特に新婦の母は出席しているお客様をもてなす立場でもあります。

より多くの方と関わるということを理解して下さい。

最近は新婦と母親揃ってのブライダルネイルが大人気

シンプルで上品に、ということを言ってきましたが、最近では新婦と母親が揃ってブライダルネイルをするというケースも増えているようです。

以前はブライダルネイルというと、新婦本人だけが許されることだというイメージがありました。

しかし最近では、産まれたときから花嫁になるまで育ててくれた母親にも、結婚式で美しくスポットライトを浴びて欲しいと願う娘の思いをネイルで表現することがあるのです。

デコレーションがあまり多くないネイルであれば、母と娘でお揃いのネイルデザインにすることもあるようです。

お互いのネイルを見た出席者も、きっと仲の良い素敵な親子なんだなと心を和ませてくれますね。

新婦の母親なら一点豪華主義のアクセサリーで勝負

新婦の母としてドレスアップするには、アクセサリーを上手く取り入れることもいいと思います。

ただここでも忘れてはならないのが、品のあるアクセサリーです。
キラキラ光るアクセサリーをいたるところに付けていては、正直品は感じませんよね。

ネックレス、指輪、腕時計を一つずつ身につけるくらいがバランス良く見えます。

常識ではありますが、当然新婦の母も動物の毛や革を使用しているアクセサリーは結婚式にはNGなので、注意して下さい。

親族がふさわしくない身なりをしてしまうと、主役である新郎新婦が笑顔で結婚式に出席出来なくなってしまいます。

大切な二人の人生の門出を気持ちよく送り出せるよう、親族としての常識ある身だしなみは想像している以上に大切なことなのです。

ネイルやアクセサリーなど、一見細かく思う部分でも多くの方に見られています。
心配なときは娘に相談しながら、一緒に決めていってもいいですね。