テニス初心者が練習をするための心がけとルールとマナーについて

テニスの初心者が練習をする前に、覚えて置かなければならないことがあります。
それは、ルールとマナーです。

他には、練習するにあたって心がけることや注意事項などがあります。

テニスは一人でできるスポーツではありません。
対戦相手と勝負するスポーツですので、上手下手の前に『プレーヤーとしてのマナー』が大切となります。

そういったことを踏まえて、練習に取り組み、更に自主練で上達を目指していきましょう。
プレーもミスばかりだと、相手に迷惑がかかってしまいます。

今回は、テニス初心者が練習をし、プレーする時の心がけやマナー、そしてルールについてご説明いたします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

卓球の基本の練習方法!初心者が上達するための練習メニュー

中学生になり、初めて卓球を始める方も多いと思います。早く上達するために家でも練習をしたいという場合に...

海外のリゾートバイトを短期で!おすすめや後悔しない選び方

海外でのリゾートバイトを短期でしてみたいけど、実際考えると不安になる人もいるはず。海外留学に行きたい...

結婚式の子供のご祝儀の目安。決め方とご祝儀のマナー

結婚式に子供と一緒に出席する場合に悩むのが、ご祝儀はどうしたら良いのか、ということではないでしょうか...

卓球のスマッシュの練習方法!上達するための練習のコツ

卓球はスマッシュが決まった瞬間が一番楽しいのではないでしょうか。しかし、卓球のスマッシュはなかな...

女性の社会人の服装のマナー!ビジネスシーンで着たい服

社会人になると、会社では今までと違う服装のマナーが必要です。子供っぽい洋服のままでは、周りからの印象...

岩盤浴でスマホが大丈夫でも注意したい事とルールやマナー

しっかり汗を流したい・体も心もリフレッシュしたいと岩盤浴は女性にも男性にも人気があります。ス...

格闘技の試合前のメンタル調整!緊張は決してダメではない

格闘技の試合前、メンタルをどの様に調整することが出来るのか、緊張をするタイプの方は気になりますよね。...

エチケットとマナーの違いは?違いを知ってルールを守った生活を

エチケットとマナーは似たような意味合いで使われることが多い言葉です。でも、この2つの言葉の意味を理解...

面【剣道】のお手入れ方法とは?面の洗い方を紹介します

剣道の面のお手入れはどのようにしたらいいのでしょうか?日頃のお手入れのポイントとは?防具は、...

仕事なのに寝坊した!頭の中は『遅刻VS休む』の大乱闘!

仕事なのに寝坊した!遅刻して出勤するより、休むという選択をした方がビジネス的にもいいと聞きま...

電車の車掌の給料の目安や休暇について。車掌になるまでの流れ

高卒でも就職できる仕事として、電車の車掌の仕事に就きたいと考え方もいると思います。そこで、気にな...

バレーボールのサーブ・無回転サーブの基本や打つ時のコツを解説

バレーボールをしている人の中には無回転サーブを打てるようになりたいと考えている人もいるのではないでし...

家遊びで友達と盛り上がる遊び、お金のかからない遊びを紹介

放課後や休日はどのように過ごしていますか?高校生はバイトや部活や勉強でしょうか?実は友達と家...

結婚式のサブバッグは100均でも大丈夫?選ぶ際のポイント

結婚式に持っていくバッグ!おしゃれで可愛いものが販売されていますが、どれも小さくて荷物が入り切らない...

野球とサッカーでは身体能力の差がある?身体能力が高い人の特徴

昔から根強い人気のあるスポーツ、野球とサッカー。子供たちに将来なりたいのは?と聞くと、だいたい野...

スポンサーリンク

テニスとは、どのようなスポーツなのでしょう

初心者の方に大切なテニスの基本をご紹介していきます。

まずは、テニスというスポーツについての基本です。

テニスとは

ネット越しに、向こう側のコート内にボールが入るように調整しながら、ラケットでボールをお互いに打ち合います。

ボールを自分でコントロールしながら打ち、相手と打ち合うラリーを続けたり、勝ち負けを考えたり、ボールを追いかけたり、運動強度も幅広く調整できるので、本格的なスポーツとしてはもちろん、健康のために気持ちよくテニスをやる目的の人、趣味の一つとして楽しみたい人など様々で、就学前の子供でも年齢を重ねた人でも幅広い人が楽しむ事ができます。

テニスラケットの選び方

貸し出しがあるテニススクールなどに通っていても、自分のラケットがあればそれに馴染むし、素振りなどの練習などにも使用できます。

実際に手に取ってみて、自分の手によく馴染むものを選びましょう。

重すぎてしまうと負担がかかって傷めてしまう可能性があるので、重過ぎないものを選びましょう。また、適正なガットを張ってもらいましょう。

テニスの初心者が心がけなければならないマナー

スポーツはルールはもちろん、マナーが大切です。

マナーを守る事で、安全に楽しむ事につながりますので、常に気を配れるようにしましょう。

テニスのマナー

足元にボールがある場合は取り除く

もしもボールがあったままだと、踏んで転んでしまったりなど危険があります。
自分のところ、相手のところの足元にボールがないかを見て、落ちていたら拾いましょう。
もちろん隣のコートにボールが入ってしまった場合も、プレーを中断した時を見計らって、相手側に伝えてから拾いにいきましょう。
拾ってもらった時はもちろん、中断して拾わせてもらった時も一言お礼などを言いましょう。

打って落ちたボールもそのままにしないようにしましょう。

テニス中のコートの近くを通らない

通るときは、プレーしていない時を見計らいましょう。
思わぬ事故に繋がるので無理に通らないようにしましょう。

挨拶

試合が終わった時等の挨拶は大切です。

お互い気持ちよく出来るよう心がける事、安全を考える事で自然と出来るマナーばかりですので、周りを見れるようにして心がけましょう。

テニス初心者は練習を始める前にしっかりとルールを覚えておくこと

テニスのルールを説明します。

テニスはより多くのポイントを先に獲った方が勝ちです。

得点を獲る度に、1ポイント、2ポイントと増えていき、先に4ポイントを獲った方が1ゲーム獲得です。

先に6ゲームを獲った方が1セット獲得です。
(セットの事を試合などでマッチと呼ぶ事もあります。)

そして5セットマッチがあり、先に3セット獲得した方が勝ちとなります。

スコアでの表示は、1ポイントに15となり、2ポイントだと30です。

  • ラブ
    (言い方の説明です。ラブというコールになります。以下略)
    ポイント0(スコア表示0)
  • フィフティーン
    ポイント1(スコア表示15)
  • サーティー
    ポイント2(スコア表示30)
  • フォーティー
    ポイント3(スコア表示40)
  • ゲーム
    ポイント4(スコア表示G)

コールは、例えばスコアが「0-15」なら「ラブ・フィフティーン」などです。
この場合は、サーバー側がポイント0でレシーブ側が1ポイントという意味です。

「30-30」なら「サーティー・オール」となります。
お互い2ポイントづつという意味です。

テニスの初心者が感じる『練習のじゃまになっている』という申し訳ない気持ちについて

テニスを練習しようとしていても、相手が上手な人だと、自分が初心者で出来ないと、全然試合にならなくて申し訳なくなってしまう気持ちが出てきてしまいやすいです。

そこで迷惑なのでは?などとやらなくなってしまっては勿体無いです。

申し訳ない気持ちを原動として、一生懸命練習して、沢山動けるように頑張ればいいのです。

頑張っている姿は相手にも伝わりますし、頑張ろうという気持ちは、より向上させる事が出来ます。

自分が苦手な事や、どうしたらもっと上手に出来るのかなどを考え、それを克服して、迷惑がかからないようにしようという気持ちが上達アップのコツです。

初心者だから下手でも当たり前だと思わずに頑張って動きましょう。

基本のラケットの持ち方や動かし方、体の動き方や姿勢、重心移動などとても大切なので見直しましょう。

できればちゃんとしたDVDを観るのがおすすめですが、ネットなどの動画などもたくさん存在しています。
色々とチェックして、実際に練習して上達していきましょう。

テニスの初心者さんにして欲しい練習メニュー

基本的な素振りは大切です。

正しいフォームで動けるように素振りをしておく事で、変な癖が付いてしまう事の予防になります。

ただ、適当に振るのでは意味がありません。
実際に正しいフォームをイメージして、そのイメージの軌道でなぞるようにスイングしていきます。

ゆっくりでも、身体をしっかりと回しながら軌道を意識しましょう。

  • レディポジション
    「構え」の姿勢であるレディポジションをご紹介します。肩幅ほどに足を開いて、ヒザを少し曲げます。
    体重を少し内側(左右の足の親指側)にかけ、ラケットを体の前に縦になるよう構えます。
  • ターン
    ボールの方にある足を横に踏み出して、身体を横側に向ける事をターン(もしくはユニットターン)です。
  • テイクバック
    ターンをした後、ラケットを即後ろに引いて、ボールを打つ準備がテイクバックです。
  • ヒット
    1歩踏み込みながらボールを打つ事です。
  • フォロースルー
    打った後の、振り抜く事をフォロースルーです。

基本の動きをイメージしながら、ストローク、ボレー、サーブ、スマッシュなどの練習をしましょう。