テニス初心者が練習をするための心がけとルールとマナーについて

テニスの初心者が練習をする前に、覚えて置かなければならないことがあります。
それは、ルールとマナーです。

他には、練習するにあたって心がけることや注意事項などがあります。

テニスは一人でできるスポーツではありません。
対戦相手と勝負するスポーツですので、上手下手の前に『プレーヤーとしてのマナー』が大切となります。

そういったことを踏まえて、練習に取り組み、更に自主練で上達を目指していきましょう。
プレーもミスばかりだと、相手に迷惑がかかってしまいます。

今回は、テニス初心者が練習をし、プレーする時の心がけやマナー、そしてルールについてご説明いたします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

スキー初心者の道具選びのポイント!チェックするべき項目

スキーをこれから始めるというスキー初心者はどのような道具を揃えれば良いのでしょうか?スキーを選び...

卓球の練習方法・初心者の中学生の練習と一人でもできる練習方法

中学生になってから卓球を始めた人の中には、周囲と比べてなかなか自分のテクニックが上達せずに悩んでいる...

スキーリフトの乗り方!子供でも安全に乗るためのアドバイス

子供と一緒にスキーに行くという時には、お父さんやお母さんがスキーを教えることが多いと思います。そ...

バレエの先生への差し入れはコレで決まり!人気の差し入れ

バレエの先生が公演を開くことになったら、子供がお世話になっていることも考えると 差し入れをしなくては...

フォーマルバッグの選び方、結婚式と葬式に兼用できるバッグ

冠婚葬祭の時にはフォーマルバッグを持つのがマナーとされていますが、結婚式やお葬式はそう回数が多くはな...

【袱紗の渡し方】包み方から結婚式での渡し方まで徹底解説

結婚式に初めて出席することになった場合、ご祝儀をいつどうやって渡せばいいのかわからない人の方が多いで...

職場で独り言いわないで!注意する時のコツって?対処法とは

職場で独り言を言う人がウザい!本人はどうして心の声をいちいち口に出して言うのかな?注...

榊や神棚の手入れ方法・手入れする時のポイントや注意点はコレ!

自宅や会社にがある人や、これから神棚を設置するという人の中には、神棚や榊のお手入れ方法がよくわからな...

飲食店の店員がマスクをすることに対する世間の反応とは

飲食店の店員など接客業の人は基本的にマスクをしない方が良いと言われていますが、マスクをする人も増えて...

入学式の服装のポイントは?注意が必要なママの服装について

入学式は子供が主役!わかっていてもやっぱりママの服装も気になるところですよね。目立ち過ぎを気にするあ...

水泳の大会の時の食事のとり方。前日や朝食、合間の栄養補給

水泳の大会の日はベストな体調で臨みたいものです。日頃の練習の結果を出す為にも食事には気を使いましょう...

バレーボールのサーブカットのコツ!できない理由と上達するコツ

バレーボールをしている人の中には、サーブカットがなかなかうまくできない事に頭を悩ませている人もいるの...

スキーの面倒なワックスがけにはスプレー!その使い方を解説

スキーを滑りやすくするためにはワックスが必要だということはわかってはいても、ワックスがけは面倒なもの...

気になっている中国人女性にプレゼントを贈りたい

気になっている女性とお近づきになるのなら、プレゼントも有効な手段のひとつです。しかしその相手が中...

バドミントンの試合で勝てるコツがある。勝つ為に出来る事

バドミントンの試合でなかなか勝つ事が出来ない、勝てそうで勝てないという状況はあると思います。...

スポンサーリンク

テニスとは、どのようなスポーツなのでしょう

初心者の方に大切なテニスの基本をご紹介していきます。

まずは、テニスというスポーツについての基本です。

テニスとは

ネット越しに、向こう側のコート内にボールが入るように調整しながら、ラケットでボールをお互いに打ち合います。

ボールを自分でコントロールしながら打ち、相手と打ち合うラリーを続けたり、勝ち負けを考えたり、ボールを追いかけたり、運動強度も幅広く調整できるので、本格的なスポーツとしてはもちろん、健康のために気持ちよくテニスをやる目的の人、趣味の一つとして楽しみたい人など様々で、就学前の子供でも年齢を重ねた人でも幅広い人が楽しむ事ができます。

テニスラケットの選び方

貸し出しがあるテニススクールなどに通っていても、自分のラケットがあればそれに馴染むし、素振りなどの練習などにも使用できます。

実際に手に取ってみて、自分の手によく馴染むものを選びましょう。

重すぎてしまうと負担がかかって傷めてしまう可能性があるので、重過ぎないものを選びましょう。また、適正なガットを張ってもらいましょう。

テニスの初心者が心がけなければならないマナー

スポーツはルールはもちろん、マナーが大切です。

マナーを守る事で、安全に楽しむ事につながりますので、常に気を配れるようにしましょう。

テニスのマナー

足元にボールがある場合は取り除く

もしもボールがあったままだと、踏んで転んでしまったりなど危険があります。
自分のところ、相手のところの足元にボールがないかを見て、落ちていたら拾いましょう。
もちろん隣のコートにボールが入ってしまった場合も、プレーを中断した時を見計らって、相手側に伝えてから拾いにいきましょう。
拾ってもらった時はもちろん、中断して拾わせてもらった時も一言お礼などを言いましょう。

打って落ちたボールもそのままにしないようにしましょう。

テニス中のコートの近くを通らない

通るときは、プレーしていない時を見計らいましょう。
思わぬ事故に繋がるので無理に通らないようにしましょう。

挨拶

試合が終わった時等の挨拶は大切です。

お互い気持ちよく出来るよう心がける事、安全を考える事で自然と出来るマナーばかりですので、周りを見れるようにして心がけましょう。

テニス初心者は練習を始める前にしっかりとルールを覚えておくこと

テニスのルールを説明します。

テニスはより多くのポイントを先に獲った方が勝ちです。

得点を獲る度に、1ポイント、2ポイントと増えていき、先に4ポイントを獲った方が1ゲーム獲得です。

先に6ゲームを獲った方が1セット獲得です。
(セットの事を試合などでマッチと呼ぶ事もあります。)

そして5セットマッチがあり、先に3セット獲得した方が勝ちとなります。

スコアでの表示は、1ポイントに15となり、2ポイントだと30です。

  • ラブ
    (言い方の説明です。ラブというコールになります。以下略)
    ポイント0(スコア表示0)
  • フィフティーン
    ポイント1(スコア表示15)
  • サーティー
    ポイント2(スコア表示30)
  • フォーティー
    ポイント3(スコア表示40)
  • ゲーム
    ポイント4(スコア表示G)

コールは、例えばスコアが「0-15」なら「ラブ・フィフティーン」などです。
この場合は、サーバー側がポイント0でレシーブ側が1ポイントという意味です。

「30-30」なら「サーティー・オール」となります。
お互い2ポイントづつという意味です。

テニスの初心者が感じる『練習のじゃまになっている』という申し訳ない気持ちについて

テニスを練習しようとしていても、相手が上手な人だと、自分が初心者で出来ないと、全然試合にならなくて申し訳なくなってしまう気持ちが出てきてしまいやすいです。

そこで迷惑なのでは?などとやらなくなってしまっては勿体無いです。

申し訳ない気持ちを原動として、一生懸命練習して、沢山動けるように頑張ればいいのです。

頑張っている姿は相手にも伝わりますし、頑張ろうという気持ちは、より向上させる事が出来ます。

自分が苦手な事や、どうしたらもっと上手に出来るのかなどを考え、それを克服して、迷惑がかからないようにしようという気持ちが上達アップのコツです。

初心者だから下手でも当たり前だと思わずに頑張って動きましょう。

基本のラケットの持ち方や動かし方、体の動き方や姿勢、重心移動などとても大切なので見直しましょう。

できればちゃんとしたDVDを観るのがおすすめですが、ネットなどの動画などもたくさん存在しています。
色々とチェックして、実際に練習して上達していきましょう。

テニスの初心者さんにして欲しい練習メニュー

基本的な素振りは大切です。

正しいフォームで動けるように素振りをしておく事で、変な癖が付いてしまう事の予防になります。

ただ、適当に振るのでは意味がありません。
実際に正しいフォームをイメージして、そのイメージの軌道でなぞるようにスイングしていきます。

ゆっくりでも、身体をしっかりと回しながら軌道を意識しましょう。

  • レディポジション
    「構え」の姿勢であるレディポジションをご紹介します。肩幅ほどに足を開いて、ヒザを少し曲げます。
    体重を少し内側(左右の足の親指側)にかけ、ラケットを体の前に縦になるよう構えます。
  • ターン
    ボールの方にある足を横に踏み出して、身体を横側に向ける事をターン(もしくはユニットターン)です。
  • テイクバック
    ターンをした後、ラケットを即後ろに引いて、ボールを打つ準備がテイクバックです。
  • ヒット
    1歩踏み込みながらボールを打つ事です。
  • フォロースルー
    打った後の、振り抜く事をフォロースルーです。

基本の動きをイメージしながら、ストローク、ボレー、サーブ、スマッシュなどの練習をしましょう。