柔軟剤の臭いに苦情!キツすぎる臭いはスメルハラスメントに!

洗濯物をいい香りに、ふんわりとした仕上がりにしてくれる柔軟剤。自分の好きな香りのものを見つけて常用しているという人もいますよね。好きな匂いを嗅ぐと気分も良くなります。

ですが、その柔軟剤が周囲の人を不快な気持ちにさせていることもあるようです。自分にはいい匂いでも、周りの人には不快な臭いに感じているかもしれませんよ!

柔軟剤の臭いで苦情が出ることもありますので、柔軟剤の使用方法には気をつけるようにするのがマナーです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

春の飾り付けを折り紙を使ってするのなら、これがおすすめ

春は明るく希望に満ちた季節ですよね。そんな明るい気持ちをより明るくするために飾り付けで盛り上げる...

スキーの面倒なワックスがけにはスプレー!その使い方を解説

スキーを滑りやすくするためにはワックスが必要だということはわかってはいても、ワックスがけは面倒なもの...

スキー初心者の道具選びのポイント!チェックするべき項目

スキーをこれから始めるというスキー初心者はどのような道具を揃えれば良いのでしょうか?スキーを選び...

日本の文房具はとても優秀!海外の反応もかなりいいんです

日本の文房具の良さは海外の反応からも知ることができると言えそうです。日本にいると書きやすい、...

中国の結婚式のご祝儀の相場と日本の結婚式の違いを徹底解説

中国にいる友人の結婚式に出席することになった場合、ご祝儀はいくら用意すればいいのか悩む人も多いでしょ...

卓球の初心者が出来るサーブ練習のやり方とポイントを紹介

卓球を始めたばかりのころは、サーブが入らなかったりすぐにネットに引っかかってしまうでしょう。...

スノボウェアの下に着る洋服選び【レディース編】

初めてスノボに行くという場合には、ウェアの下に何を着れば良いのか悩む方が多いようです。気温が低く...

野球のドラフトの仕組みについて気になるルールを解りやすく解説

野球のドラフト会議の仕組みについて、野球を観るのは好きだけどドラフト会議の仕組みやルールまではよく解...

勉強がストレスになったら泣くことで発散!勉強ストレス解消方法

一生懸命勉強をしていると、どんどんストレスが溜まってしまうものです。勉強することが泣くほど嫌に思える...

高校生の勉強時間について!進学校と中堅校の差と勉強方法

高校生の勉強時間は進学校と中堅校では、どのくらいの差があるのでしょうか。驚くことに受験が間近...

ダンスは独学でもプロを目指せる?プロのダンサーになる方法

ダンスは独学でもプロになれる?プロになりたい!という人も多いと思います。独学だとプロにはなれない...

No Image

【男性の服装】平服とカジュアルの違い。二次会の正しい服装選び

結婚式の二次会の案内が来た時に悩むのが、どんな服装で行けば良いのだろうかということではないでしょうか...

ご祝儀袋の基本的な入れ方と中袋ののりづけについて徹底解説

社会人になって初めて結婚式に出席するとなると、お祝儀袋にお金をどう入れればいいのか迷ってしまうのでは...

職場に配るお菓子はいらない?迷惑に思う心理とお菓子外しとは

長期休暇のあとなど、職場でお土産のお菓子を配る人もいますよね。この習慣を「いらない」と感じている人が...

バレーボールのフローターサーブの練習方法と上達のコツ

バレーボールの試合はまずサーブから始まります。そのサーブがなかなか上手く入らないと悩んでいる方は多い...

スポンサーリンク

柔軟剤の臭いに苦情が出ることも!スメハラ注意です

洗濯物を室内干しすると、独特の臭いが残り嫌なものです。それを解消するために続々と新商品が販売されているのが香りつきの柔軟仕上げ剤。

部屋干しの臭いだけでなく、普段着ている服から香るフローラルやシトラスの香りが癒しになると爆発的に広まりました。中にはフレグランスを謳い、香水のようなイメージで販売されるものもあります。

ただ、最近ではこの柔軟剤の香りを不快だと感じる人も多く、SNSなどでは「スメハラ(スメルハラスメント)」として話題になっています。

通勤中の電車やバスなどの密閉空間では、その香りが嫌いでも逃げようがないこと。人によっては用量を守らないのか、香りがキツく頭痛がするなどの「被害」を訴える人もたくさんいるのです。

スメルハラスメントという言葉は以前から使われていましたが、体臭や強い香水の香りに対して使われるものでした。

国民生活センターに寄せられた柔軟剤の香りに対する相談件数は、2008年度に14件であったものが2014年には167件と激増しています。また、うち100件以上は体調を害したという危害情報が含まれています。

【苦情】柔軟剤の臭いが迷惑

派遣会社に勤め、30社以上で勤務したという人の経験では、職場に一人は柔軟剤の香りが強すぎる人に遭遇したといいます。

多くの人は、香りつきの柔軟剤を使っていることはわかるけれど、近くに行ったときにわかる程度の香りでした。

しかし、中には使用方法の用量をどれだけオーバーしているのかと思うほど、強く芳香を放つ人がいるのです。

人間の嗅覚は臭いに慣れて、麻痺してしまうもの。本人は「自然に香る程度」だと思っているようで、周囲に迷惑になるレベルだとは考えも及ばないようです。

夏場などは汗臭いよりは、いい香りがする方が迷惑にならないと考えて柔軟剤を多めに使うといった「周囲に配慮した結果」であるケースも多くあります。

しかし、花の香りや果物の香りと表示していても香りの元は多くが科学物質。

過敏な人は、自分で使っていないのに周辺に強い香りを放つ人がいるだけで健康被害を受ける場合があるのです。

柔軟剤の臭いの苦情を本人に伝える時は

体調不良の原因が職場でのスメルハラスメントだとわかっても、なかなか当の本人に「臭いがキツ過ぎるのでやめてください」とは言えないものです。

同僚や部下でも言いにくいことですから、それが上司であったらなおさらです。

そんなときは、遠まわしに苦情だと受け取ってもらえそうな言い方をしてみてはどうでしょう。

「○○さん、柔軟剤使ってらっしゃいますよね」と、当たり障りの無い会話のなかで自然に話題を出します。

「少し香りが強いシリーズのものですか?席を外しているときでも柔軟剤の残り香で跡をたどれそうですよね」といった程度に、臭いが強いことを伝えてみるのです。

鈍い人でなければ自分が発している柔軟剤の臭いが周りに迷惑になっているのかな、と気付いてくれるでしょう。

柔軟剤の香りでご近所トラブルが起きることも

強い柔軟剤の香りが迷惑だという話を聞くと、狭い空間や職場など一定の人数が集まる空間を思い浮かべます。

しかし、マンションやアパートなどの集合住宅でベランダに干した洗濯物からの臭いが強すぎると近隣トラブルまで起きているのです。

匿名で苦情がポストに投函される。柔軟剤を使っていない家に苦情が入れられ、嫌な気分になった、など。

重大な事件になった近隣トラブルでは、ごく些細なことが原因だった例も多くあります。柔軟剤の香りも、そのきっかけにならないように配慮して使うことが必要でしょう。

その他にも映画やコンサートなどで隣に座った人から強い柔軟剤や香水の臭いがしていたら、迷惑この上ないと感じます。

学校でも、体操着や給食着、その他の布製品から強い臭いがしていて児童・生徒の中には体調不良を訴える子もいます。

ふわっと香る程度なら「いい香り」でも、強すぎると「臭い」ものになってしまい、体調まで崩してしまうので使用量などには注意したいものですね。

柔軟剤の臭いで実際にあった実例

香りつき柔軟剤の使用で、体調不良を感じたという体験談では次のようなケースも報告されています。

本人が使用した柔軟剤で影響が出たケース

自宅での洗濯時に香りつき柔軟剤を使ったところ、その臭いを嗅いで気持ちが悪くなり、家族にも同じような体調不良を訴える者がでた。

また、香りつき柔軟剤を使ったタオルで顔を拭いた直後から咳が止まらなくなり、病院に行くと複数の薬を出された。家族にも同様の症状が現れた。

他人が使用していた柔軟剤で影響が出たケース

マンションのベランダで、近隣の洗濯物から臭う柔軟剤で鼻や喉に痛みを感じる。

また、隣人の洗濯物から臭う柔軟剤がキツく、窓を開けたり換気扇を使うだけでも症状が出る。