入学式の服装のポイントは?注意が必要なママの服装について

入学式は子供が主役!わかっていてもやっぱりママの服装も気になるところですよね。目立ち過ぎを気にするあまり、地味になりすぎると入学式には不向きになってしまい、注意が必要です。

ここではママの服装、カラー選びについて、またコーディネートに困らない基本のセレモニーセットについてもご紹介をいたします。当日になって困らないように、事前の準備も忘れずに行ってくださいね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

野球の投手の為のトレーニングの種類とやり方を解説

高校生でも球速150キロというのも珍しくはないでしょう。野球選手はほぼ毎日トレーニングをして...

銭湯でタオルで前を隠す人の割合は?公共浴場に入る時のマナー

銭湯や温泉などの公共浴場に入浴する時、タオルを使って前を隠す人もいます。何も隠さずにそのままの状態で...

バスケシュートの飛距離を伸ばす方法とは?コツやポイントを紹介

バスケのシュート飛距離がなかなか伸びない…。そんなときにはフォームを見直す機会かもしれません。...

御祝儀を兄弟に渡す時期は?ご祝儀マナーをご紹介

結婚する兄弟へ御祝儀を渡す時期はいつがいいのか。今回はこの悩みについてご説明したいと思います。...

No Image

電話での相手の会社の呼び方と気をつけたいビジネスマナー

電話での相手の会社の呼び方は書面の場合とは違ってきます。これから社会人として働くなら、取引先の呼び方...

ネクタイの色の選び方とマナー!結婚式は白以外の色もOK

結婚式に初めて出席するとき、ネクタイの色は白でなくてはならないのか、知識がなければわからないものです...

結婚式のサブバッグは100均でも大丈夫?選ぶ際のポイント

結婚式に持っていくバッグ!おしゃれで可愛いものが販売されていますが、どれも小さくて荷物が入り切らない...

ご祝儀袋の入れ方!台紙がついている場合の使用方法とマナー

ご祝儀袋を開けたら中から台紙が出てくる場合があります。あまりご祝儀袋を使う機会がない方は、台紙は必要...

明日の仕事が憂鬱だけど、なんとかしたいなら

世の中で働いている人達の中で「仕事大好き!毎日の仕事が楽しくてしょうがない!」という人はどれくらいい...

水泳の選手コースはいつから入れる?その条件を徹底解説

子供が水泳を習い始めると「いつかは選手コースに進んでもらいたい。」と親なら期待を持ってしまうでしょう...

お祝いのお返しに商品券は失礼?結婚祝いの内祝いのマナーを解説

結婚式のお祝いを頂いていたとき、どんな内祝いをお返ししようか悩むこともあります。内祝いをお返しした人...

スキー初心者におすすめな滑り方とは?スキー練習方法について

スキー初心者はどのような滑り方をしたらいいのでしょうか?まず、初心者が滑るのはボーゲンとなりますが、...

バブル時代の給料平均からみる今では考えられない仰天エピソード

今では考えられないあのバブル時代。給料の平均をみても、新卒の新入社員でさえかなりの高額を手にして...

サッカーの夏休みのおすすめ練習メニューをご紹介【高校編】

高校のサッカー部の夏休みの練習メニューを考えるように言われても、何から始めればいいのかわからない人も...

野球【ピッチャー】コントロールを良くするポイントや練習のコツ

野球はピッチャーのコントロールの良し悪しによって試合の展開が変わってきます。コントロールの良いピッチ...

スポンサーリンク

入学式のママの服装!カラーに注意を

まず気をつけてほしいポイントは「カラー」です。

入学式はお祝い事ですので黒やネイビーなどの暗めの色は避けてください。もしこのような色味の服装をするときはコサージュなどで華やかさを足しましょう。

入学式定番の色味は「淡いピンク」「グレー」「ベージュ」「アイボリー」

明度が高くて彩度が低めのものです。入学式は春に行うため、春らしいカラーを取り入れましょう。
また、光沢やツヤ感のあるものを着ると上品で良いですね。

入学式のママの服装はスーツ?ワンピース?それぞれの特徴

「スーツ」にするべきか「ワンピース」にするべきか…入学式では多くのママが迷った経験があるはずです。

ママの服装二つの特徴

スーツ

  • メリット:歩きやすい、きちんと感がでる
  • デメリット:他の人と代わり映えしない

ワンピース

  • メリット:体形をカバーできる
  • デメリット:体形のメリハリがつけにくく寸胴にみえてしまうことも

それぞれに良さも弱点もありますので、自分の体形や髪型に合わせて選ぶと良いですよ。

基本のコーデがあると入学式も卒業式も困りません

そもそもコーディネートの基本ができていると、入学式だけでなく卒業式にも対応できるので便利です。

基本のコーディネートは「ワンピースorトップス+(スカートorパンツ)の上にジャケット」です。

入学式に合うアイテムの選び方

ジャケット

ジャケットはラウンドネック(丸首)のものとVネックのものがあります。
ラウンドネックは優しい印象に、Vネックはクールできちんと感がでますね。自分のバストのボリュームによって選ぶのも良いでしょう。
おなじ素材の付属のベルトでウエストに線を入れてあげることで体形にメリハリをつけることもできますよ。
ジャケットを選ぶときには肩幅や袖の長さに気をつけてチョイスしましょう。
肩幅はちょうどいいサイズかすこしオーバーサイズのものを、袖は長すぎるとだらしなく見えてしまうので長すぎないものを選んでください。
もし自分で選ぶことが心配なときはスーツ屋さんへ行きプロの方と一緒に選ぶのが良いですよ。
また、お勧めしたいのは七部袖です。手首や足首が見えると女性の上品さを演出することができ、小さいお子さんのメモリアルセレモニーでは邪魔にならず便利ですよ。

ワンピース、スカート

スカート丈はひざが隠れる長さにしましょう。極端に短いものは式には不相応なのでやめましょう。
ワンピースはノースリーブだとジャケットを脱ぎにくいデザインになってしまうので、袖のあるデザインのものがお勧めです。

パンツ

パンツはジャケットと同じ生地でできたものがお勧めです。
パンツを着用する場合に案外落とし穴になってしまうのが下着です。下着のラインが出てしまうと上品さを欠いてしまいます。切りっぱなしでアウターに響かないものがお勧めですよ。
また、パンツを着用するときはトップスで女性らしさを演出しましょう。シフォン素材のものをチョイスしたり、フリルが付いているデザインはやわらかい印象を与えます。

入学式の小物で気をつけるべきポイント

メモリアルセレモニーの際は「つま先とかかとが隠れるパンプス」が基本です。
また、高すぎたり細すぎたりするヒールは不相応なので避けましょう。明るい色のスーツやワンピースを着用するときは靴も暗い色のものを避けると良いでしょう。
ベージュや淡いピンクなど、肌なじみのよい色のものを履くと足が綺麗にみえてお勧めです。

ストッキング

ストッキングは肌浮きしないようなナチュラルなものを選びましょう。肌が透けて見える程度のものなら黒でもかまいません。
しかし、明るい色のスーツやワンピースにあわせるのであれば黒はなじまないので注意してください。

バッグ

フォーマルでは小さなレザーバッグがお勧めです。バッグは靴の色とあわせると失敗がありませんよ。
スパンコールなど、光物があしらわれたようなバッグは不向きですので控えましょう。

アクセサリー

小さいお子さんの入学式であれば引っ張られたりして危ないのですのでつけなくても大丈夫ですよ。
パールやコットンパールが無難でお勧めです。

ママの味方!入学式と卒業式両方使えるお得なセット

いろいろなフォーマルシーンに対応できる「スーツセット」はママの強い見方になってくれることでしょう。靴やコサージュまでセットになっているものだとコーディネートを全く悩まなくて済みます。大助かりですね!

入学式だけでなく卒業式やその後の謝恩会など、いろんなシーンに合わせてあわせられるセットですので、是非チェックしてください。

入学式には服装の事前準備をお忘れなく

服装の事前チェックは必ず行いましょう。
少なくとも式の3日前には一度着用してサイズが合っているかどうかなどを確かめてください。
また、しわやほこり、よごれが気になった場合はお手入れをしましょう。どうしてもセルフケアでは落ちないものはクリーニングに出してしまうことをお勧めします。

着用後はブラッシングして汚れを落とし、一晩ほど風通しの良いところへ干しましょう。
この時ジャケットは厚みのあるハンガーにかけることがお勧めです。
しばらく使わないのであればクリーニングへ出し、次の着用機会まで大切にしまっておきましょう。