質問と答えがずれる原因と対処法!会話を成り立たせる方法を解説

会話をしていると、相手からされた質問と自分の答えがずれる事に気がつくこともあります。

相手が納得していな様子だったり、お互いの話が噛み合っていないと、会話のキャッチボールが上手にできないこともあります。

ここでは、相手からされた質問と、自分の答えがずれる原因と対処法についてお伝えします。

会話が成り立たないと、上手にコミュニケーションを取ることができません。原因と対処法を知って、話が成り立つようにしましょう。

自分のことばかりではなく、相手の気持ちも理解して会話ができるようになりましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

バスケのコツ!シュートの成功率を上げたいなら指先を意識しよう

バスケの技術の中でも重要なシュート。コツを身に付けて成功率を上げたい!そんなあなたに耳寄りな情報が「...

バレエの発表会に来てくれた人へのお礼状の書き方について解説

子供の初めてのバレエの発表会。家族だけではなくママ友や幼稚園のお友達も見に来てくれると、子供も親も嬉...

No Image

【男性の服装】平服とカジュアルの違い。二次会の正しい服装選び

結婚式の二次会の案内が来た時に悩むのが、どんな服装で行けば良いのだろうかということではないでしょうか...

野球が全世界で普及していないのはなぜ?オリンピックがカギかも

野球は世界に普及していないマイナーなスポーツだって知っていましたか?日本ではメジャーなスポー...

品出しバイトの志望動機のコツ!即採用に繋がるポイントの考え方

品出しのバイトの志望動機では、自分がどうして品出しのバイトに応募したのかという理由やきっかけを答えな...

結婚式で荷物を預けるクロークの活用法とサブバッグの選び方

遠方での結婚式の場合には、荷物が多くなることもあります。結婚式の会場にたくさんの荷物を持って行く時に...

サッカーのパス練習を1人でする方法!毎日の練習が上達への近道

サッカーのパス練習は1人じゃできない、そう思っていませんか?パス練習こそ1人でできますし、1人で...

ドライバーのコツとは?初心者は力の入れすぎを直しましょう

初心者がドライバーを打つときにはどのようなコツが必要なのでしょうか?ドライバーを打つときには、どんな...

成人式の二次会の服装と靴は会場に合わせて選ぶのが間違いなし

成人式に出席する時には振り袖という女性が多いですが、二次会に出席する時には、着替えるのが一般的です。...

化粧をしない女性は社会人としてマナー違反?化粧に対する考え方

「化粧をしない女性は社会人としてマナー違反だ」という議論が世の中を騒がせていますが、女性が化粧をしな...

手続きが必要な口座解約!旧姓の口座を解約する方法

古い書類などを整理していると、一緒に通帳が出てくることありますよね。口座名が旧姓の場合など、明らかに...

遠方の葬儀に子連れで参列する時の判断基準と子供の服装・マナー

遠方で葬儀が行われるとき、子供を連れて葬儀に参列すること、特に小さい子供を連れて葬儀に参加するのはと...

字が綺麗な女は好印象!美文字が与える印象と綺麗な字を書く方法

綺麗な字を書く女性って憧れますよね!字が綺麗だと、なんだかその人の性格や生活も良いイメージがありませ...

喪中期間は結婚式の招待を断る?不幸があったときの結婚式マナー

自分の喪中期間に結婚式に招待された場合、結婚式に出席しても良いのか、マナーについて気になるものです。...

洋食のテーブルマナー【スープの飲み方】基本のマナーを解説

初めてフランス料理を食べに行くときは、テーブルマナーがわからないものです。実際に洋食を食べに行く前に...

スポンサーリンク

質問されたことと答えがずれる!ずれる理由

たとえば、人から何か質問された際に、相手の人が何を知りたがっているのかがわからないということはありませんか?それが自分と親しい間柄の人であれば、もう一度聞き返したり、素直に質問の意味を聞いてみたりすることもできるかもしれませんが、そうでない場合は、とりあえず当たり障りないことを言って取り繕おうとしてはみたものの、結局は相手からされた質問に対しての答えがずれてしまうこともあるでしょう。

これが度々続くと、相手からは「あの人とは会話が成立しない」と思われてしまう可能性もありますよね。では、そもそも質問と答えがずれる原因とは、どのようなことが考えられるのでしょうか?

質問されたことに対しての答えがずれる原因とは

  • 質問の意味が理解できない
  • 相手の質問を都合よく解釈してしまう
  • とりあえず適当にごまかそうとする

聞かれたことに対して、「一体この人は何を知りたいのか?」が理解できていないと、どうしても相手が欲しいのとは違う答えになってしまうものです。そればかりか、質問の意図を自分勝手に都合よく解釈して、とりあえずわかったフリをして適当に答えてしまうため、やはり質問と答えがずれることになるのです。

質問と答えがずれると質問した人の負担になることが

質問に対して、相手が本当に知りたいことではなく、的外れな答えを返してしまうと、それ以上会話が続かなくなってしまうものです。質問した相手にも「なぜこのような答えが返ってきたのか?」と、一旦考えさせることになるため、会話のテンポも悪くなってしまいますよね。

自分の質問の意図を相手がどのように解釈したのかを考えたうえで、どうしても答えが欲しい場合はもう一度わかりやすく聞き返す必要がでてしまいますが、親しい間柄の人ならまだしも、それが自分よりも目上の人などの場合は、これ以上は失礼に当たるかもしれないと、結局知りたいことを聞けずに終わってしまう可能性が高くなるでしょう。

質問に対しての答えがずれると、会話のテンポが悪くなるばかりか、相手にもこのようなムダな気遣いをさせることになり、負担をかけるてしまうことにもなりかねないのです。

質問を理解できずに答えがずれるときは質問をしっかり聞くこと

たとえば、○か✕かで答えられるような簡単な質問に対しても、いちいち答えがずれる人もいますよね。質問した相手は、今は○か✕か以外の答えは求めていないのに、なぜだか勝手に話を膨らませて、結局答えにたどり着くまでに時間がかかったり、質問の答えになっていなかったりすると、相手もついイライラしてしてしまうことにもなるでしょう。

質問に対して答えがずれるのを防ぐために

まずはしっかりと話を聞いて、質問の意味を理解する必要があります。質問と答えがずれてしまうことが多い人は、そもそも人の話をしっかりと聞く体勢ができていないことが多いものです。何か別のことをしながらとか、他のことに気を取られながら話半分の状態で話を聞いていても、きちんと相手の質問の意味が理解できないのは当たり前です。

まずは、日頃から相手に集中して話を聞くことを意識して、話の中でわからないことが出てきたら、そのまま流さずに聞き返すようにすることで、内容を理解しないままに話が進んでいくことや、質問に対しての答えがずれるのを防ぐことができます。

質問と答えがずれる人は自分のことだけ考えない!会話のキャッチボールを

まだ他の人が話をしている途中で、すぐに自分の話にすり替えてしまう人もいますよね。いつもこんなことばかりしていると、周囲からは「自分の話ばかりする自分勝手な人」というレッテルを貼られてしまうことにもなりかねません。こういうタイプは、相手の質問に対しても、意図を勝手に解釈してしまい、本当に欲しい答えではなく、自分が話したいことばかりを答えるため、どんどん会話が噛み合わなくなってしまうのです。

それどころか、相手は自分の話を満足に聞いてもらえないため、会話していてもフラストレーションがたまる一方になるため、やがて会話をすることすら避けられてしまう可能性もあるでしょう。

自分が聞きたいことに対して相手の答えがずれてしまうと、「この人は私の話をきちんと聞いてくれていないから、話が噛み合わないのだろう」と思われてしまうのは当然のことでしょう。こうならないためにも、自分が話したい気持ちをグッとこらえて、まずは相手の話をしっかりと聞いたうえで、簡潔に答えるクセをつけるようにしましょう。

質問と答えがずれる時に正確な答えを出すには

質問に対しての答えがずれないように、日頃から心がけておきたいことは「相手が求める正確な答えを出すこと」です。何かの質問をされる場合、たいていはその前の会話のなかにも答えのヒントがあるハズですから、会話の中に出てきた内容をしっかりと把握したうえで、あいまいにではなくより具体的に答えることを意識しましょう。

たとえば「暇な日はいつなの?」と質問されたら、「今週はわりと忙しいんだよね」と答えるよりも、「○曜日なら空いてるよ」と具体的に答えた方が、相手も誘いやすいですよね。相手が暇な日を聞いてくるということは、あなたを遊びやデートに誘いたいということです。それに対して、明確にいつが暇なのかを答えてもらえないと、相手の人は「自分に対して興味がないのかもしれない」と思ってしまう可能性が高くなるのです。

誰かに質問された時は、相手が自分に対して何を求めているのかを考えたうえで、その答えを簡潔に伝えるように心がけることで、会話のキャッチボールが上手くできるようになるでしょう。