暮らしに新しいをプラス

ふじや流プラス

友人への出産祝いに贈るお金の相場とお祝いのマナーを解説

      2019/06/04

友人への出産祝いに贈るお金の相場とお祝いのマナーを解説

友人が赤ちゃんを出産した時、出産祝いを贈ろうと考えますよね。ここで気になるのが、出産祝のお金の相場ではないでしょうか。

ここでは、友人に贈る出産祝いの金額の相場についてお伝えします。大切なご友人が元気な赤ちゃんを出産したときは、心からのお祝いを込めて出産祝いを贈りましょう。

また、出産祝いを贈る時のマナーや注意点、のし袋に関する情報や、お金以外でおすすめの出産祝いについてもご紹介します。

これからご紹介する内容を参考に、出産祝いに関するマナーや贈り物について確認してみましょう。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

友人の出産祝いの相場は?お金の相場について

友人の出産祝いの相場は、5千円~1万円です。
知り合いであれば5千円前後、仲の良い親友の場合には1万円前後と、友人との関係性によっても変わってきます。

共通の友人が何人か集まってお祝いに駆けつける場合には、友達同士が連名で出産祝いを贈るのも良い方法

この場合には1人当たりの予算は3千円~1万円程度。連名にするグループの人数によって異なりますが、1万円~5万円が総額になるようにまとめると良いでしょう。

友人への出産祝いは、高額になりすぎてしまうと友人に気を遣わせてしまいます。
出産祝いには、内祝いでお返しをするというしきたりがあるので、高額なお祝いだとお返しを考える友人の負担にもなります。
あまり気を遣わせることなく、ありがたく貰ってもらえるような金額を用意するのが良いでしょう。

友人の出産祝いのお金は何に包む?出産祝いを包む袋

出産祝いに渡す現金は、必ず「ご祝儀袋」に入れましょう。
親しい友人であれば、そのまま渡したり、手持ちの封筒に入れて渡したりしたくなる方もいるかも知れませんが、「親しい仲にも礼儀あり」ですので、専用の袋を購入することをおすすめします。

最近では100均でも可愛らしい出産祝い専用のご祝儀袋があります。
友人の出産ラッシュには、袋代も馬鹿にはなりませんので、ぜひ活用してみて下さい。

ご祝儀袋の表書きは、最近ではプリント済みのものが多いです。
「御祝」「御出産御祝」とプリントされているものを使用し、下部には自分のフルネームを記入しましょう。

出産祝いは、贈る側も貰う側も嬉しい気持ちになるものです。
きちんとしたマナーを知った上で、渡すことが出来ると良いですね。

友人の出産祝いにはお金以外のものでもOK!おすすめのお祝い

お金以外のもので、友人の出産をお祝いしたいと考える方も多いでしょう。
出産祝いはお金以外の物を贈っても大丈夫!
どうせなら、友人に喜んでもらえるプレゼントを用意しましょう。

親しい友人だと、友人の好みを良く知っているでしょうから、プレゼントも選びやすいですね。

  • スタイ
  • 肌着
  • おむつケーキ

など、友人が好きそうなデザイン、色のものを選んで贈ります。
これらは、いくつあっても困らないものばかりなので、贈っても困らせることは少ないと思います。

おもちゃ等、すでに友人が持っていたり、同じ様に出産祝いで貰っていたりすると、困らせてしまう場合もあります。
親しい友人だからこそ、事前に「何が欲しい?」と必要なものを聞いておくのも一つの手。友人も親しいあなたにだからこそ、おねだりすることもできますよね。

「カタログギフト」も出産祝いには最適の贈り物

特に、友人の好みのものが用意できるか不安な方や、現金を包むのは気が引けてしまう方にはおすすめ。
カタログの中から好きな商品を選ぶことができるので、受け取った側としても必要なものを選択できて無駄がありません。
金額設定の幅も広く、自分の予算に合わせて選べるのが嬉しいですね。

友人に出産祝いを贈る時のマナー

友人に出産祝いを贈る時には、最低限のマナーを守った行動をしましょう。

まずはじめに、お祝いを渡す前の事前確認です。
赤ちゃんは無事に生まれたのか、母子共に健康なのか、は必ず確認をしましょう。

確認がとれたら、出産祝いを贈ります。

直接友人に手渡しする場合には、事前に連絡をとって、友人の都合を聞きましょう。
出産直後の面会は避けますが、入院中の面会の場合にも注意が必要です。

産後の友人は、おそらく体力的にも疲れているでしょうし、初産の場合には赤ちゃんとの関わりにもまだ慣れていないことが予想されます。
病院でも、面会は長くなりすぎないように、長くても30分程度を目安にして早々にお別れしましょう。

他にも面会しに来る関係者が多いことを考えれば、友人に会いに行くのは時間を置いてからということにして、出産祝いは郵送で済ませるのも良いでしょう。
一緒に手紙を添えて、「落ち着いたら赤ちゃんを紹介してね。」などと一言書いておくと良いと思います。郵送する場合には、現金書留のみでの扱いになりますので、専用の封筒を購入して送付しましょう。

友人に出産祝いを贈る時期はいつがいい?最適なお祝いの時期

出産祝いの決まりやルールについて紹介してきました。
最後に、肝心の出産祝いを渡す時期について解説して終わりにしたいと思います。

出産を終えたお母さんや、産まれてきたばかりの赤ちゃんの事を考えると、産後すぐの時期は避けたほうが良いでしょう。産後1週間もすれば、退院して少し落ち着いてくる頃ですので、良い時期です。連絡を入れて、産後1ヶ月になる前までにはお祝いを渡すようにしましょう。

産後1ヶ月を過ぎてしまうと、貰った出産祝いに対するお返し(内祝い)を贈る時期に重なってしまいます。
お返しを用意し終わった後に出産祝いを渡すと、お返しを再度注文しなくてはいけなくなり、相手側に迷惑を掛けてしまうことになりますので、それ以前に済ませることが大切です。

自分の都合と、相手の都合の折り合いがつく時期に、できるだけ早めに贈りましょう。
後回しにしていると、タイミングを逃して渡し損ねてしまうこともよくあります。

これまで紹介してきたように、出産祝いには細かなルールがあります。
親しき仲にも礼儀あり、と良く言われますが、友人だから何でもありというわけにはいきませんよね。大切な慶事だからこそ、しっかりとした決まりを守って、友人へのお祝いの気持ちを伝えたいものです。

 - マナーや作法にアイデアを

ページ
上部へ