遅刻の理由を先に言わない方がいい場合もあるので注意しよう

寝坊して会社に遅刻しそう、取引先との約束の時間に遅刻しそうなど、社会人になっても遅刻してしまうことはあります。

すぐに遅刻した理由を言いたいところですが、言わない方がいい場合もあれば、ウソでも理由を述べた方がいい場合も実はあります。

遅刻の理由を言わない方がいい場合とは?
ではご覧ください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

サークルに入ってないと就活で不利?サークルと就活の関係

就職活動中の学生の皆さんの中には、大学でサークルに入っていないという人もいますよね。サークルに入...

バスケシュートの飛距離を伸ばす方法とは?コツやポイントを紹介

バスケのシュート飛距離がなかなか伸びない…。そんなときにはフォームを見直す機会かもしれません。...

成人式の二次会の服装と靴は会場に合わせて選ぶのが間違いなし

成人式に出席する時には振り袖という女性が多いですが、二次会に出席する時には、着替えるのが一般的です。...

兄弟の結婚祝いはいつ渡す?という疑問を解決!相場も紹介

親族の結婚式、特に兄弟の結婚式は特別な思いがあるのではないでしょうか?もちろん結婚祝いを渡すでしょう...

柔軟剤の臭いに苦情!キツすぎる臭いはスメルハラスメントに!

洗濯物をいい香りに、ふんわりとした仕上がりにしてくれる柔軟剤。自分の好きな香りのものを見つけて常用し...

日本のマナーは食事から始めるとより良いです

日本においてマナーは「作法」とも言われ、食事に関しては箸の扱い方や物の食べ方などにおいていくつかルー...

日本の文房具はとても優秀!海外の反応もかなりいいんです

日本の文房具の良さは海外の反応からも知ることができると言えそうです。日本にいると書きやすい、...

野球が全世界で普及していないのはなぜ?オリンピックがカギかも

野球は世界に普及していないマイナーなスポーツだって知っていましたか?日本ではメジャーなスポー...

懸垂を行うと筋肉のどこに効果があるのか、詳しく説明します

筋トレの一つである「懸垂」。腕を使うから、腕の筋肉に一番効果があると思っている人も多いでしょう。...

ご祝儀袋へのお札の入れ方と書き方のマナー【大人のマナー講座】

ご祝儀袋にお札を入れようとして、入れ方に戸惑ってしまうということはありませんか?結婚式のご祝儀を渡す...

質問と答えがずれる原因と対処法!会話を成り立たせる方法を解説

会話をしていると、相手からされた質問と自分の答えがずれる事に気がつくこともあります。相手が納...

お車代の相場は?葬儀に僧侶にお渡しするお車代について

葬儀に僧侶に来ていただいたら、お布施だけではなくお車代もお渡しするのが一般的です。そこで気に...

夫婦で香典を包む金額の目安は?表書きの書き方と香典袋について

夫婦で香典を包むことになったけど、香典の金額はいくら包めばよいのかわからない、マナー違反にならないよ...

剣道の試合のルールを解説!初心者でもわかりやすくルール紹介

剣道の試合を見に行く時、試合のルールがわからなければ心から試合を楽しめないものです。一体どんなルール...

スキーとスノボどっちも楽しみたい!という欲張りなあなたへ

スキーとスノボは冬のスポーツとして人気がありますし、どっちも楽しみたいのが本音ではないでしょうか。...

スポンサーリンク

遅刻の理由は聞かれるまで言わない方がいい!?

遅刻したときの言い訳は今の自分を守るためのものであって、未来の自分を守るものではありません。
遅刻した原因が自分に無ければ、相手にすぐにでも遅刻した原因を打ち明けたいですよね。

しかし、遅刻した理由を相手が聞いてこないうちに自分から話して言い訳してしまうと、「必死に言い訳してるなあ」と思われてしまうことがほとんどです。

聞いて欲しいと思う理由はほとんど自分を守るための言い訳なのです。

言い訳の内容を考えるよりも、言い訳を話すタイミングを考えましょう。
理由を話すタイミングによって相手に与える印象は大きく変わるのです。

相手が遅刻の理由を聞いてくるまでは、無理に言い訳することはしなくて良いです。

遅刻した理由を言わないのではなく素直に話して謝罪する方がいい場合もある

寝坊して遅刻してしまった場合、寝坊してしまったことをきちんと伝えて素直な謝罪をしましょう。
何で寝坊してしまったのか、上司が納得するような言い訳を少しだけ足すと良いです。

例えば、体調不良だったこともあり寝坊してしまった、試験の勉強を遅くまでしていて寝坊してしまった、などあなたの立場やタイミングに合った言い訳を少しだけ足すことで、ただ寝坊したと伝えるときよりも印象は違って聞こえます。

伝えるときはどうしようもなかった理由と謝罪を完結に伝えましょう。

理由と謝罪をただ伝えればよいということではなく、今後の対策や今後はもうしませんなど、同じことを繰り返さないという反省の意思を伝えられると完璧です。

間違えても、ばればれな嘘をつくのだけはやめましょう。
嘘だと気づかれるうえに信頼もなくしてしまう可能性があります。

遅刻してしまった理由と原因を伝え、素直な気持ちで謝罪をするその気持ちが大切なのです。
同じことを繰り返さないと言ったからには、次回から気をつけましょう。

お得意先との打ち合わせに遅刻した時は理由を言わないでまずは誠意を込めてお詫びをし、会社に遅刻した時は不可抗力的なことを理由にするのがベスト

お得意先との約束の時間に遅刻してしまった場合、言い訳を考える前にまずは遅刻がわかった時点ですぐに連絡を入れましょう。
そのときにどれくらい遅れそうなのかも伝えたうえで一刻も早く向かいましょう。

お得意先も忙しい中時間を割いて打ち合わせに来たのに、さらに待たされると気分を大変害してしまいますよね。
もしも相手の方が気の短い担当者であった場合、今後の取引にも影響してしまうことも考えられます。

そのような最悪な事態を避けるためにも到着した段階で言い訳を繰り広げるのは火に油を注ぐようなものなのでやめましょう。
まずは誠意をこめてお詫びしましょう。

その後の遅刻の言い訳をするなら「お客さんからの緊急の連絡があり対応していたため遅刻してしまった」と言うのがベストです。
お客さん思いであることが伝わって納得してもらいやすいです。

この場合も見え透いた嘘を並べるのはやめましょうね。

理由はともかく遅刻がわかった時点ですぐに連絡するのが大事!

遅刻するとわかった時点で会社に遅刻する旨の連絡を入れましょう。
寝坊して遅刻する場合は、寝坊してしまったことを伝え、誠意のある謝罪をして急いで向かうということを伝えましょう。
いつごろに会社に到着するかということも伝えておくと良いですね。

遅刻をするということを会社に電話連絡をすることが大切です。
こちらから一方的にメールを送ったとしても、それが相手に読まれなければ無断遅刻と同じようなものです。
会社へ急いで向かう必要はありませんが、一応誠意を伝えるために言っておくと良いです。

寝坊して遅刻することに対して、上司から怒鳴られることもありますが、寝坊してしまったのは自分で、悪いのも自分です。
反論せずに言われたことをすべて受け止めましょう。

始末書や謝罪文を書かされることもありますが、受け止めてしっかり書きましょう。

遅刻というのはとても重大なミスで、それが原因で仕事がなくなってしまったり信頼がなくなってしまったりしても文句は言えません。
一度してしまったミスはこれからの頑張りでフォローしましょう。
なくしてしまった信頼は努力で取り戻しましょう。