ネクタイの色の選び方とマナー!結婚式は白以外の色もOK

結婚式に初めて出席するとき、ネクタイの色は白でなくてはならないのか、知識がなければわからないものです。

白色のネクタイ以外のものでも大丈夫なのであれば、違うネクタイを選びたいと考える人もいるのではないでしょうか。

ここでは、結婚式に身に付ける男性のネクタイの色や柄についてお伝えします。ネクタイ選びのマナーやポイントを知って結婚式に出席し、新郎新婦の結婚を心からお祝いしてあげましょう。

また、おすすめのネクタイの色についてもご紹介しますので、こちらも是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

卓球のラケットの特徴【ペンタイプ】ペンホルダーについて解説

これから卓球を始めようと思ってる人の中には、どんなラケットを選べばいいか悩んでいる人もいるのではない...

卓球初心者への指導のコツや効果的なおすすめ練習方法について

卓球初心者に指導をすることは簡単ではありません。どんな競技でも初心者はいますが、初心者というのはその...

フォーマルバッグの選び方、結婚式と葬式に兼用できるバッグ

冠婚葬祭の時にはフォーマルバッグを持つのがマナーとされていますが、結婚式やお葬式はそう回数が多くはな...

内定の報告を先生にしたい!メールや手紙で報告する場合の注意点

苦労した就活でようやく内定がもらえたら、これまでお世話になった先生へ報告したいですよね。 でも...

ペンの持ち方が変。改善して美しい字を書くためには

ペンの持ち方が変だと思っていても、書きやすさを優先させてしまって、正しいペンの持ち方で文字を書くこと...

わかると面白い!相撲の行司の掛け声や意味について

相撲を見ているとお相撲さんの他にも、行司や行司の掛け声に注目が行きます。 行司の掛け声には意味...

ボレーが上達するテニスの練習メニューを詳しくご紹介します

相手のショットをダイレクトに打ち返すボレーは、テニスのダブルスにとって欠かせない練習メニューのひとつ...

結婚式なのにふくさがないのはNG?ふくさのマナーと代用品

結婚式に出席するときは、ふくさにご祝儀を包んで持参します。ですが、ふくさを用意しておらず、手元にふく...

警察官採用時の身辺調査の実態!身辺調査にまつわる疑問を調査

警察官採用試験時には身辺調査が実施されるという話を聞いた事ありませんか? もし警察に一度でもお...

神社のお供え物の順番は?正しい順番と神棚の設置場所・参拝方法

家に神棚を設置しようと思っている、または設置したばかりの人は、お供え物を上げる順番について悩むことも...

【お車代の封筒の名前の書き方】相手の名前は書かないことが基本

結婚式で渡すお車代。渡す相手を間違えないように、封筒に相手の名前を書こうと考える人もいるでしょう。 ...

【袱紗の渡し方】包み方から結婚式での渡し方まで徹底解説

結婚式に初めて出席することになった場合、ご祝儀をいつどうやって渡せばいいのかわからない人の方が多いで...

卓球の初心者が試合するときにはパニックにならないことが大切

卓球の初心者が試合でよくしてしまうミス、それは慌ててしまうことです。練習のようにできない、相手の強さ...

結婚式のご祝儀の相場は?部下へのお祝いとご祝儀のマナー

結婚式の招待状を受けると、おめでたい気持ちとともに湧き上がってくるのが、結婚式のマナーやご祝儀に関し...

サークルに入ってないと就活で不利?サークルと就活の関係

就職活動中の学生の皆さんの中には、大学でサークルに入っていないという人もいますよね。 サークルに入...

スポンサーリンク

結婚式のネクタイは白がマナー?シルバーグレーも人気

男性の方は、結婚式に出席となると、大概の場合は、ネクタイは白がマナーだと思いますよね?でも、それだと、定番すぎる。何か、別の色で結婚式に出て、もう少しファッションを強調したい。

もう一歩踏み込んだファッションを求めているのなら、シルバーグレーはいかが?

白だけじゃつまんない。他の方とかぶりたくない。では、シルバーグレーがお薦めです。

模様も、小さな丸が沢山入っているもの、斜め横に線が入っているものでも結婚式で着用可能な柄です。

フォーマルな時にでも、使えますし、結婚式の二次会など、フォーマルさが少し薄れる時にでもマナーに適った色です。

白は新郎向けだし、なんだか味気ないと感じている方、シルバーグレーで模様付きのネクタイなんていかがですか?

ただし、大きな丸の模様など、あまり自己主張の激しすぎる模様は避けて下さい。あくまでも新郎を引き立てる柄で結婚式に出席して下さいね。色だけではなく、柄にも注意が必要になります。

結婚式で身に付けるネクタイの色選び!白以外でおすすめのカラー

基本的に、結婚式に出席するのであれば、ネクタイは白です。ですが、あなたの年齢が割と若く、若々しさを強調しても良い年齢なら、パステルカラーのネクタイを選んで、もう少しオシャレさを楽しむこともできます。

青やピンクもお薦め

白のネクタイじゃ新郎とかぶってしまうし、主役である、新郎には目立って欲しい。あなたがまだ20代、30代と若いのなら、パステルカラーを利用して、若さを強調しつつ、結婚式でも失礼にならないネクタイの色が上記です。青がスガスガしい色ですし、ピンクも可愛げがあります。白のネクタイもあまり使用する機会があまりないかもしれないので、パステルカラーで少し遊ぶというのもあなたの美意識に合っていると思います。

薄い黄色もお薦め

上記の様なパステルカラーもお薦めですが、「ゴールド」を意識した、黄色もゴージャスが出ていて、結婚式にはお似合いの色だと思います。白じゃ物足りないし、青やピンクも自分にはフィットしない。では、薄い黄色を選びましょう。濃い黄色でもその場の雰囲気を盛り上げることも可能だと思います。

結婚式のネクタイは白以外でもOK!ネクタイの柄選びについて

結婚式に出席する際、ネクタイの色ですが、別に白にこだわる必要はありません。青やピンクの様なパステルカラーで、少しオシャレを意識して出席することも可能です。

色は、あなたの年齢に合わせて、青やピンクなどの、パステルカラーでも良いです。でも、柄については、もう少し配慮が必要になります。

動物系のネクタイは避ける

大体の場合、上記でも触れている通り、小さな丸の柄、斜め横に線が入っている柄を選んで、結婚式に出席するのが適切になります。それらの範囲であれば、全く失礼にもならず、結婚式に出席でき、周囲の目も気になりません。

注意が必要なのは、動物をイメージするような柄です。避けて下さい。結婚式には適切な柄ではありません。お店でも、動物系以外の柄は沢山売っているので別を選びましょう。

小さな丸が沢山入っている柄など、可愛らしい物を選んで、結婚式に出席できるようにして下さい。 色も合格、柄も合格であれば、大体はカバーできています。全く問題なく結婚式に出席できます。

結婚式のネクタイのマナー・NGなネクタイ

結婚式に出席するのに、逆にどんなネクタイだとマナーに反しているのか、その点も考えて結婚式に出席したいですよね?

まるでお葬式のような、黒のネクタイはマナー違反 海外ではそうでもないようですが、日本では、黒を強調した服装をすると、どうしてもお葬式をイメージしてしまいます。そのため、結婚式に黒のネクタイはしないで下さい。黒でなくても、パステルカラーのネクタイが手元にあるのなら、ピンクなど、黒以外のネクタイを身に着けて、結婚式に出席して下さい。

上記でも触れてはいますが、柄が動物系のものも結婚式には合わないネクタイの柄になります。シンプルな小さな丸が入っているネクタイを選んで、結婚式に出席しましょう。

ネクタイの色に迷ったら新郎新婦との関係で色を考えよう

どのネクタイの色にしようかな?迷いに迷って、まだ決まらない。友人の結婚式に出席するのに、まだ、ネクタイの色が決まらない。

結婚するのが親族なら、白が妥当

結婚式で結婚する方が、あなたの身内なら、白のネクタイが妥当だと思います。身内ですから。もしくは、シルバーでも代用は可能になります。

親しい友だちの結婚式

白にこだわる必要はありません。パステルカラーである、ピンク・青・黄色など、あなたのファッションセンスを基準にして選んでも失礼にはなりません。

ただ、あまり派手すぎる柄は避けて下さい。

定番の柄がお薦め

可愛らしさを意識するなら、ピンクがお薦めです。あなたの若々しい年齢を意識するのなら、青が調度良いと思います。

男性にとって、結婚式にするにあたり、ネクタイの色はちょっと悩みになると思います。

基本は白ですが、シルバーでも大丈夫です。青やピンクなんていう選択肢もありえます。ただ、柄は定番なものを選びましょう。

あまり派手すぎると、マナー違反になり、出席できません。また、親族が結婚するのなら、やはり白がフォーマルです。友人ならもっと幅を広げてパステルカラーでも大丈夫です。黒は日本では葬式をイメージさせるので、結婚式には不適切です。日本にいるのであれば、日本のしきたりに従って、黒は選ばずに結婚式に出席して、結婚式を楽しみましょう。