パーティードレスの選び方。結婚式にNGな色と注意したいマナー

結婚式に招待された時には、どんな色やデザインのパーティードレスを着ようか迷ってしまいます。また、結婚式にはNGと言われる色もあります。
そこで、結婚式のパーティードレスを選ぶ時の注意点や、選び方についてご紹介します。結婚式のようなフォーマルな場所には、服装にもマナーがあります。会場に着いてから後悔しないために、服装のマナーを覚えておきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

御祝儀を連名で包むときの表書き・友達と連名で包むときの書き方

友達同士で御祝儀を包むことになった時、連名で包む場合は、御祝儀袋の表書きにどのように名前を記載すれば...

野球が全世界で普及していないのはなぜ?オリンピックがカギかも

野球は世界に普及していないマイナーなスポーツだって知っていましたか?日本ではメジャーなスポー...

【テニスの練習メニュー】シングルスの試合で勝つための方法

テニスのシングルスの試合に出ることになると、勝つためにどんな練習をすればいいのか悩む人も多いでしょう...

飲食店の店員がマスクをすることに対する世間の反応とは

飲食店の店員など接客業の人は基本的にマスクをしない方が良いと言われていますが、マスクをする人も増えて...

病院への電話のかけ方!コツや注意点とマナーについて

病院への電話のかけ方について悩んだことはありませんか?例えば、初めての病院への予約の電話や予約のキャ...

スキーのターンの種類と特徴。滑り方のコツや練習方法も紹介

颯爽とスキーを滑る姿は、男性も女性も格好いいと思いますね。スキーの初心者は基本の滑り方「ボー...

娘に嫉妬する母親。母親は娘に何を投影するのか。その心理とは

娘に対して嫉妬する母親。母親は、大地のような広い心で何ごとにも許しを。母親は、泉よりも深...

内祝いを贈る時のお礼状はどんな封筒にすべき?封筒の選び方

結婚や出産などでお祝いをもらったお礼いに内祝いと一緒にお礼状を添えたい場合、どんな封筒に入れるべきで...

No Image

いとこの結婚式を欠席!欠席連絡のタイミングとご祝儀について

いとこの結婚式に招待されていても、予定が合わない・遠く出席できないなど、結婚式を欠席しなくてはならな...

ご祝儀の相場について。結婚式で上司から贈る場合のルール

結婚式のご祝儀には、どのくらいの金額を包めば良いのか迷うことも多いと思います。新郎新婦の職場の上司と...

手紙を友達に書く場合の書き出しのルールと例文や感動する書き方

突然の再開や、久しぶりのクラス会や同窓会がきっかけなどで友達に手紙を書く機会はあるでしょう。...

遠方の葬儀に子連れで参列する時の判断基準と子供の服装・マナー

遠方で葬儀が行われるとき、子供を連れて葬儀に参列すること、特に小さい子供を連れて葬儀に参加するのはと...

サッカーのパスにはどのような種類がある?パスの特徴の話

サッカーのパスにはどのような種類があるのでしょうか?繋がるパスを出すためには、その場面に合わせたもの...

東京オリンピックのボランティアになるための英語力について解説

東京オリンピックの開催が決まったことで、ボランティアとして参加してみたいと考えた人も多かったでしょう...

ゴミ出しの時間は朝何時が常識?ゴミ出しの時間帯とルール

ゴミ出しの時間は朝なのはわかっていても、いったい何時から何時までに出すべきなのか、明確な時間がわから...

スポンサーリンク

結婚式のパーティードレスでNGな色は白

昔から結婚式のゲストが白い服を身に着けるのは避けるべきされていますが、その理由としてはやはり、多くの花嫁が着る衣装とも大きく関係してきます。結婚式用のパーティードレスを選ぶ際には、他にも注意が必要な色柄があるということを覚えておきましょう。

花嫁との色被りはNG

結婚式では多くの花嫁が純白のドレスを着用するため、白=花嫁の色という認識が定着しています。

うっかり女性ゲストが白い服を着てしまうと、配慮のない人という目で見られてしまう可能性が高いです。本人にとってはけっしてそんなつもりはなくても、もしもそれが花嫁側のゲストであれば、花嫁自身が常識のない人を招いたと思われてしまい、結果的に恥をかかせることにもなりかねないのです。

また、たとえ厳密に白ではなくても、遠目からは白に見えてしまうような、薄いベージュやイエロー、シルバーといった色も避けるべきでしょう。それらの色は白っぽく見えると言うだけでなく、フラッシュ撮影をした際には白に見えてしまうこともありますので、くれぐれもご注意を。

結婚式で黒い色のパーティードレスを着る時にはアクセサリーで華やかさを

結婚式という華やかな場において、フォーマル感を意識しすぎるあまり、全身真っ黒で統一している女性を見かけることがありますが、これもやはりマナー違反です。黒のパーティードレスが悪いというわけではありませんし、同じ黒でもデザインによってはステキなのですが、やはり上から下まで真っ黒というのでは、地味どころか喪服のような印象を与えてしまう恐れもありますので、こちらも注意が必要となります。

アクセサリーや小物使いで華やかさを足す

結婚式で黒いパーティードレスドレスを着るのでしたら、黒以外の色を効果的に使うのがポイント。

黒に映えるのはシルバーやゴールド系のアクセサリーです。コサージュと靴の色を合わせることで、大人の女性の魅力をより引き立ててくれてステキですね。

同じ黒でも、生地によってまた印象は変わってきます。シフォンやレースが多用されたタイプは女性らしい華やかさを、ベルベット素材のドレスは、大人の女性の上品さを演出することが出来るでしょう。

パーティードレスは露出控えめが基本

パーティードレスの中には、ノースリーブやミニ丈のものも多いですよね。結婚式の挙式や披露宴で着ることを想定すると、過度な露出は控えるのが鉄則です。

結婚式の時間帯によって選ぶ

基本的に、挙式においては肩見せスタイルはNGですので、羽織ものを着用するようにしましょう。

同様に、披露宴が昼間に行われる場合は、肩は隠したほうが良いとされています。ただし、夜の時間帯に行われる披露宴に関しては、肩を出したパーティードレスもそのまま着用OKとされていますので、時間帯に合わせて着こなし方を変えると良いかと思います。

上品さを優先する

いくらまだ20代であっても、極端なミニ丈や、胸元が大きく開いたデザインのドレスは避けるべきです。華やかながらも上品で、女性らしい服装を心がけましょう。

結婚式のパーティードレスは季節に合わせて色を選ぶのもおすすめ

パーティードレスの色に迷ったら、結婚式が行われる季節によって色を決めるのもおすすめです。

ドレスの色

パステルカラーが似合う春

毎年のように、春先は淡いパステルカラーのニットが店頭に並びますよね。柔らかい色使いのパーティードレスを着ることで、結婚式の場でも映えることでしょう。

夏は元気なビタミンカラーを

夏の暑さに負けない、カラフルで目に鮮やかな色のパーティードレスは、結婚式の華やかな雰囲気を盛り上げるのにも一役買うことでしょう。

秋の装いにピッタリな深めの色合いが吉

同じような色味でも、ひまわりのような明るい黄色は夏向きですが、マスタードに近い色合いだと秋の結婚式にもピッタリ。

冬は暖かみを感じる色を取り入れて

艷やかかなキャメルや深いボルドーなど、大人の女性ならではの上品さを引き出してくれる色合いを選ぶのもステキです。

季節に左右されないネイビーを選ぶのもアリ

入学式などのフォーマルな場でも、最近着ている女性が増えているのがネイビーです。きちんと感がありつつも、アクセサリーなどの合わせ方によっては、結婚式のような華やかスタイルにもしっかり対応できます。

結婚式に相応しくない素材や柄

結婚式で時折見かける、アニマル柄やファー素材のポイント使いも、本来はマナー違反とされています。こちらは結婚式に限らず、弔事にも当てはまることなのですが、動物の殺生をイメージさせる物を身に着けること自体を避けるべきという考え方が、根強く残っているためと言われています。

動物の本物の毛や皮を使っていなければ良いのではないかという意見もあるようですが、見た目にはその違いがわかりにくいため、よほどのことがない限りは避けたほうが無難かと思います。

結婚式に関しては、革製のバッグや靴は問題ありませんし、むしろ正装にふさわしいとされていますが、ファーに関しては、フェイクファーであれば問題ないと捉える方が増えてきている反面、食事の場において毛が舞うことを不快に思われる方がいることも覚えておきましょう。

せっかく結婚式に出席するのですから、自分に似合うパーティードレスを選びたいところです。季節や時間帯に合わせてデザインや色、素材を変えることで、より結婚式にふさわしい服装を心がけたいものですね。