ご祝儀袋の入れ方!台紙がついている場合の使用方法とマナー

ご祝儀袋を開けたら中から台紙が出てくる場合があります。あまりご祝儀袋を使う機会がない方は、台紙は必要なのか?そのまま使うものなのか?迷ってしまいますよね。

そこでご祝儀袋に入っている台紙はどうするのが良いのか、台紙が入っている理由について、また台紙よりも重要なお札の入れ方など、ご祝儀袋のマナーについてもご紹介をいたします。

見る人が見ると、マナー違反だとすぐにわかってしまうので、ちょっとしたことですが注意をしてくださいね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

バスケシュートの飛距離を伸ばす方法とは?コツやポイントを紹介

バスケのシュート飛距離がなかなか伸びない…。そんなときにはフォームを見直す機会かもしれません。...

問い合わせ電話のかけ方!ビジネスマナーを知って印象良い電話を

取引先やお得意さんに問い合わせの電話をかける時、まだ電話をかけ慣れて居ない人はかけ方についてあまり良...

柔術の試合に勝てない時の対処法!練習や試合ま準備で目指せ勝利

柔術をしている人の中には、なかなか試合に勝てないという悩みを抱えている人もいるのではないでしょうか。...

都庁のインターンシップに参加する場合の服装について徹底解説

都庁で行うインターンシップ、1Dayと数日間以上のものばありますが、どんな服装で行けばいいのか悩んで...

同僚の結婚式の断り方のポイントとご祝儀・二次会の断り方を解説

会社の同僚の結婚式に招待された時、予定が合わずに出席することができない・やむを得ない理由で欠席しなく...

ふくさを使った包み方と香典をお渡しする時のマナーと注意する事

急なお葬式や親族の法事などで香典を用意することになった場合のマナーについて紹介します。香典は...

ご祝儀袋を包むふくさはハンカチでもOK?包み方や色について

ご祝儀袋を持ち運ぶ時ふくさに包んでいますか?ふくさを使用する理由を知っているでしょうか?あま...

航空自衛隊の戦闘機パイロットの年収となるための長い道のり

航空自衛隊に入隊したい、中でも戦闘機のパイロットになりたい人はどのくらいの年収がもらえるのか気になる...

銭湯のマナー・かけ湯をしてから入浴!覚えておきたい入浴マナー

温泉や銭湯に入浴する時は、湯船に浸かる前にかけ湯をするのがマナーです。でも、どうして入浴前にかけ湯を...

飲食店のキャンセル料は払わないといけない?キャンセル料とは

飲食店のキャンセル料が発生するのは、何日前から?払わないと請求される?友達と一緒にご飯を食べ...

病院への電話のかけ方!コツや注意点とマナーについて

病院への電話のかけ方について悩んだことはありませんか?例えば、初めての病院への予約の電話や予約のキャ...

卓球の基本の練習方法!初心者が上達するための練習メニュー

中学生になり、初めて卓球を始める方も多いと思います。早く上達するために家でも練習をしたいという場合に...

バスケとミニバスケの違いとは?中学校で活躍する方法

バスケとミニバスケにはどのような違いがあるのでしょうか?小学生のミニバスから中学校のバスケ部に入ると...

高級レストランに行くときの服装は、大学生ならどうする

レストランには二通りあり、ファミリーレストランに代表されるカジュアルなレストランと、ホテルなどにある...

明日の仕事が憂鬱だけど、なんとかしたいなら

世の中で働いている人達の中で「仕事大好き!毎日の仕事が楽しくてしょうがない!」という人はどれくらいい...

スポンサーリンク

ご祝儀袋に台紙が入っている場合の入れ方について

お祝いをお金で贈るときにはご祝儀袋を使います。結婚のお祝いの場合は結びきりの水引がついたご祝儀袋を用意してください。ご祝儀袋の中には水引が立派なものや鶴や亀がついているものもありますが、包む金額に合わせて選ぶようにしましょう。

ご祝儀袋の中の厚紙

この厚紙はご祝儀袋の台紙です。

ご祝儀袋を使うときまで良い状態を保つために、ご祝儀袋の中に台紙が入れられています。

立派な水引がついているご祝儀袋だと、水引が重たいためご祝儀袋の紙自体が折れやすくなります。お店に陳列されている時やお客さんが手にとって選んでいるときなどに折れてしまうことがあります。また、購入してバッグの中に入れている間に折れてしまう可能性も考えられます。

ご祝儀袋の中の台紙はお金を入れるときに取り出してください。お金と一緒に使った方が補強されて良い感じがしますが、台紙はあくまでも祝儀袋を良い状態に保つためのものです。

ご祝儀袋に台紙は入っているが、中袋がない場合の入れ方

ご祝儀袋には中袋がついています。ご祝儀袋にお金を入れるときは、この中袋の中にお金を入れて、中袋ごとご祝儀袋の中に入れます。

台紙のみの中袋がついていないご祝儀袋もある

包む金額が少額の場合は、ご祝儀袋のタイプもシンプルなものになるので、中袋まで用意する必要がないこともあります。
お祝儀袋に立派な水引がついていて金額も高額にするのなら、中袋を使った方が良いでしょう。

ご祝儀袋に中袋がついていないのなら、お金を包むための紙を自分で用意してください。中袋お金を包むときは白い無地の紙を使います。

お金の包み方

  1. 白い紙を縦長にして置いたら、右上の角を少しだけ下に引いて斜めに置いてください。
  2. 紙の中央にお札を縦長に置きます。肖像画がある表側を上にし、頭を左側に向けてください。
  3. お札の左側の紙を右に向けて折ります。縦長の底辺の部分と右側の辺が重なるようにして三角形を作るようにします。
  4. 次にお札のサイズに合わえて上下を折ります。お札が折れないようにして上の紙を下に折ったら、下の紙も同様に上に折ります。
  5. 最後に右側の紙を折り、余った部分を裏側へ折り返してください。

ご祝儀袋は台紙よりもお札の入れ方が重要

ご祝儀袋の中に入っている台紙は必要ないため外して使いますが、ご祝儀袋を使うときはお金の入れ方にもマナーがあります。適当に入れてしまうと香典をつつむときの不祝儀の入れ方になってしまいますので、気をつけてください。

ご祝儀袋の中には中袋がついています。お金はこの中袋の中に入れてから、中袋ごとご祝儀袋に入れます。

結婚祝いのお札は新札を用意し、お金の向きを全て揃えること

中袋の表側とお札の表面を合わせて入れます。お札は肖像がある面が表になります。

ご祝儀袋には水引がついていますので、水引を外してから中袋をセットしてください。

ご祝儀袋の表面と中袋の表面も揃える

中袋をご祝儀袋の中に入れたら、水引を取り付けてください。ご祝儀袋の裏面は紙が上下で重なるようになっています。お祝いごとの場合は下の紙が上にくるようにします。逆にすると不祝儀になってしまいますので、気をつけましょう。

ご祝儀袋は短冊の書き方にも注意が必要

ご祝儀袋の中にお金を入れたら、最後に表書きを完成させます。水引のあるご祝儀袋には短冊がついています。この短冊に書き入れます。

水引の上に「御祝い」や「寿」といった文字を入れ、水引の下に自分の名前を入れる

結婚式なら御祝や寿といった文字が良いでしょう。結婚御祝など4文字にならないように気をつけてください。4文字はお祝いごとには不適切とされています。

お祝いのご祝儀袋には濃い黒の墨やインクを使う

薄墨や薄いインクは不祝儀に使いますので、お祝いごとには使わないようにしましょう。毛筆か筆ペンを使って書くのがマナーです。

どうしても用意できなかった場合は黒のインクのボールペンを使ってください。万年筆は失礼にあたるため使わないようにしましょう。太字のタイプの方がバランスが取りやすくなります。

水引の下の部分には名前を書きますが、上の御祝などの文字よりもやや小さめに書くとバランスが良くなります。名前はフルネームで書いてください。

ご祝儀袋は袱紗に入れて!袱紗の使い方や選ぶポイント

ご祝儀を渡すときは、袱紗を使うようにしましょう。ご祝儀袋をそのままバッグの中に入れて直接手渡すのでは社会人としてちょっと恥ずかしくもあります。袱紗が無い場合は、ひとつ用意しておくと良いでしょう。

袱紗は2種類がある

主に色で使い分けられていて、慶事には暖色系の色、弔事には寒色系の色を使います。

鶴や亀などの刺繍がされたものもある

鶴や亀、松といった縁起が良いとされているものが刺繍されている場合は慶事用で、菊や蓮などのお葬式をイメージさせるものが刺繍されているのは弔事用になります。
紫色の袱紗なら慶事にも弔事にも使うことができます。薄紫は慶事用になりますので、はっきりとした濃い紫色の袱紗を選んでください。

ご祝儀袋を袱紗に入れたら、渡す直前に袱紗から取り出し、ご祝儀袋の向きを相手の方へ向けて渡してください。

ご祝儀袋の使い方にもマナーがあります。お金の入れ方や袱紗の使い方も覚えて、社会人として恥ずかしくない正しいやり方を身につけてくださいね。