食事中のゲップはマナー違反!食事中のゲップを予防する方法

食事中にゲップをする人がいますよね。ゲップは生理現象ですから、出てしまうのは仕方がないことでしょう。でも、食事をしている席でゲップをされてしまうと、やっぱりいい気持ちにはなりません。

食事中のゲップはマナー違反です!ゲップが出るメカニズムをしって、出ないように対策をしましょう。

そこで今回は、食事中のマナーとゲップが出そうな時の対処法についてお伝えします!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

問い合わせ電話のかけ方!ビジネスマナーを知って印象良い電話を

取引先やお得意さんに問い合わせの電話をかける時、まだ電話をかけ慣れて居ない人はかけ方についてあまり良...

飲食店の店員がマスクをすることに対する世間の反応とは

飲食店の店員など接客業の人は基本的にマスクをしない方が良いと言われていますが、マスクをする人も増えて...

結婚式の祝儀袋は処分しにくい…リメイク方法と処分方法

結婚式の祝儀袋はいつまでとっておけばいいのでしょうか?処分に困ってしまう結婚式の祝儀袋…迷っているの...

水泳の選手コースはいつから入れる?その条件を徹底解説

子供が水泳を習い始めると「いつかは選手コースに進んでもらいたい。」と親なら期待を持ってしまうでしょう...

ダブルスに勝つ卓球のコツ・多球練習とフットワークの練習方法

卓球の試合には、1対1で行うシングルスの試合と2対2で行うダブルスの試合があります。ダブルスの試合に...

卓球のスマッシュにはコツがある。打ち方と決定力を上げるコツ

卓球の試合や練習でスマッシュが決まったら気持ちが良いですね。 ですがスマッシュがネットに引っか...

バドミントンの試合で緊張!緊張を受け止めて試合に勝つには

バドミントンの試合の前、どうしても緊張をして体がカチカチになってしまう人もいるのではないでしょうか。...

ベビーカーは電車で邪魔?お互いが嫌な気持ちにならないように

電車でベビーカーが邪魔、子どもが泣いていてうるさい!などとキツイ言葉をかけられてしまうことがある一方...

バスケのコツを徹底解説!ディフェンスは攻めることも大切です

部活でバスケをしている人の中には、ディフェンスが上達しないことが悩みだという人もいるでしょう。 ...

野球が全世界で普及していないのはなぜ?オリンピックがカギかも

野球は世界に普及していないマイナーなスポーツだって知っていましたか? 日本ではメジャーなスポー...

年下先輩社員が怖い時の接し方と上手く付き合っていくためのコツ

先輩だからといって年上とは限らないのが職場。自分より年下が先輩ということはよくあることですし、その年...

卓球のラケットの持ち方!正しい握り方を解説【初心者向け】

卓球のラケットの持ち方は大きく分けて2種類の持ち方があります。卓球初心者にとっては、どちらの方が良い...

野球の練習メニュー・守備が上達する練習法と練習メニューを紹介

野球の守備がうまくなる練習メニューについて知りたい・練習するときはどんなことを意識して練習をすればい...

卓球のダブルスのサーブは対角線に入れるように打つのがルール

卓球にはシングルスとダブルスがありますが、この2つにはサーブを打つ時のルールが違います。ダブルスでサ...

バブル時代の給料平均からみる今では考えられない仰天エピソード

今では考えられないあのバブル時代。 給料の平均をみても、新卒の新入社員でさえかなりの高額を手にして...

スポンサーリンク

食事中のゲップはマナー違反!ゲップが出そうな時は

食事中のゲップはマナー違反です!

食事を食べている最中や食事を食べた後にゲップをする人は、どう思われているのでしょうか?

「一緒にいる私まで恥をかく」
「一緒に食事をしている人のことを考えられない人間だと思うから幻滅する」

など、ゲップをした男性の人格までも疑われてしまうのです。
ゲップは生理現象なので出てしまうのは仕方ありませんが、人前では出さないように気をつけたほうが良いですね。

あなたがゲップをすることで一緒に食事をしている人まで、恥ずかしい思いをしてしまうのです。

ゲップが出そうなときは水分をとりましょう。
固形物を少し食べるのもよいです。
こうすることで出そうになっていたゲップを胃に押し戻してくれます。

それでも出そうな感じが治まらなければ、誰にも迷惑にならないように小さく出すとよいです。
また、トイレなどに逃げて出し切ってしまうのも良い方法ですね。
ゲップは相手や周りが不快になってしまうので、自然現象とは言えいつものように出してしまうのは避けましょう。

マナーは大切!食事中にゲップが出ないようにするには

食事中のマナーなどはその人の品格が出ますので、ゲップはマナー違反となりますし、同時にその人の品格が失われてしまいます。

そもそもゲップは、胃の中に空気が溜まることが原因となっているのです。
ご飯を食べるときは空気も一緒に飲み込まれ、これが肺に向かわずに胃の中へ入って溜まっていきます。
そして胃の中がいっぱいになると食道と胃のつなぎ目の筋肉が開いて、余分な空気が押し出されるのです。
これがゲップという現象です。

ゲップは食べ方に気をつけることで減らすことができます。
早食いはたくさん空気を吸い込んでしまい、ゲップの元になってしまいます。
また、あごが上がった状態でご飯を食べることでも、空気が入りやすくなってしまいます。

これらのことに気をつけることで胃に空気が入りにくくなり、ゲップも出にくくなります。
また、床に寝転がることでお腹が圧迫され胃の中の空気を排出することができるので、デート前などのゲップを出したくないというときに活躍できる方法となりますね。

食事中のゲップはマナー違反!他にもこんなことがマナー違反です

食事中のゲップはマナー違反ですが、ゲップの他にも食事中にやってはいけないマナー違反があります。

それは、口をあけながらくちゃくちゃと音を立てて食べることです。
食事中のマナーで1位2位を争うくらい気をつけたいことですよね。
相手がこのマナー違反をしている場合、好きな相手だったら千年の恋も冷めてしまうほど不快です。
しかし、やっている本人は意外と気づいていないのです。
普段の癖は外でも出てしまうので、普段からマナーについては気をつけたいものです。

また、ひじをついて食べることもマナー的によくありません。

子供の頃についてしまった癖は、大人になるとなかなか直せないものです。
大人になった今でもその癖が付いている人はすぐに治したほうが良いですね。
子供がいる人の場合は小さいうちからマナーについてしつけをしておいた方が、大人になってから苦労することは少ないです。

癖や慣れというものは非常に恐ろしいです。

日本と海外で違う食事中のマナーについて

日本と海外では食事中のマナーは全く違います。

日本と海外で大きく異なるのは食器の扱い方です。
日本ではお茶碗などの食器を手に持って食べることが良いこととされていますが、中国や韓国などでは食器を持ち上げることはマナー違反なのです。

インドなどでは手を使って食べる風習があります。
現地の方々と仲良くなりたい!という方は相手の国の風習のとおり手を使って食べると、距離がぐっと近くなることがあります。
ここで気をつけたいのが、左手を使ってはいけないということ。
左手は不浄の手とされているので、食事を食べるときや人と握手をするときなど左手ではなく必ず右手で行いましょう。

少しの間違いが周りの人に大変不快な思いをさせてしまうことがあるので、気をつけましょう。

こうした国以外でもそれぞれ国ごとにマナーが違うので、旅行などに行くときはそれぞれ事前にマナーなどを調べて行くと相手に不快な思いや自分達が恥じをかくことを防ぐことができますね。

ゲップが出やすい人と対処法

ゲップが出やすい人はどんな人でしょうか?
また、ゲップが出そうなときの対処法は一体何でしょうか?

ゲップが出やすい人の特徴は、暴飲暴食や早食いをする人に多いです。

さらに、緊張やストレスにさらされている人は緊張感やストレスを感じたときに、知らず知らずのうちに空気を飲み込んでいることがあります。
そのため、胃の中に空気が溜まりやすくなってゲップが出やすくなってしまうのです。

胃腸の調子が優れない人は、胃腸の機能が低下気味で空気の移動が滞ってしまい、空気が口へ逆流してゲップとなって出てしまうのです。

ゲップが出そうなときの対処法は、胃に刺激を与えないように常温の水をゆっくり飲むことでゲップを抑えることができます。

あごを引いて気道を狭くすることや、胸を張って姿勢を良くし、気道を確保することでゲップを抑えることができます。

さらに、便秘が続くとお腹にガスが溜まり、ゲップも出やすくなってしまうので、適度な運動などで便秘を解消することでゲップを抑えることができますよ。