卓球のダブルスのサーブは対角線に入れるように打つのがルール

卓球にはシングルスとダブルスがありますが、この2つにはサーブを打つ時のルールが違います。ダブルスでサーブを打つ時は、自分からみて対角線のコートにサーブを出すという決まりがあります。

ここでは、卓球のダブルスでサーブを打つ時の決まりについてお伝えします。

シングルスとは違うルールもありますので、ダブルス初心者の人はしっかりとルールを確認して試合に挑みましょう。

卓球のダブルスは二人でチームを組んで行う競技です。お互いにルールを知って上手にコミュニケーションを取りながら、試合に勝つことを目標に頑張ってください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

兄弟の結婚・ご祝儀相場は?結婚式なしのときのご祝儀について

兄弟が結婚することになり、ご祝儀について考えている人もいますよね。特に、結婚式なしの場合はご祝儀をど...

問い合わせ電話のかけ方!ビジネスマナーを知って印象良い電話を

取引先やお得意さんに問い合わせの電話をかける時、まだ電話をかけ慣れて居ない人はかけ方についてあまり良...

スキーの面倒なワックスがけにはスプレー!その使い方を解説

スキーを滑りやすくするためにはワックスが必要だということはわかってはいても、ワックスがけは面倒なもの...

職場で独り言いわないで!注意する時のコツって?対処法とは

職場で独り言を言う人がウザい!本人はどうして心の声をいちいち口に出して言うのかな?注...

袱紗は色が重要!白の袱紗の使用用途と使用する場合の注意点

贈り物用の金品などを覆う袱紗の中には、色が白の袱紗もあります。袱紗は色によって使い分けることが重...

野球が全世界で普及していないのはなぜ?オリンピックがカギかも

野球は世界に普及していないマイナーなスポーツだって知っていましたか?日本ではメジャーなスポー...

縦書きや横書きのときのホチキスの位置とは?止め方を紹介

縦書きと横書き、ホチキスはどの位置に止めるのが正しいのでしょうか?たかがホチキス、されどホチキス。...

バスケのシュートの飛距離アップのコツと必要な事について

バスケをやっていて3ポイントシュートが届かない、練習していてもショットの安定性がないといった悩みはあ...

サッカーのパス回しのコツは?うまくパスをするコツとパスの方法

サッカーは足でボールを蹴り、パス回し・ドリブルをすることでボールを繋ぎ、ゴールにシュートを決めて得点...

高校の合格祝いはいつまでに渡すといい?合格祝いについて

知り合いや親戚が高校に進学する場合、合格祝いはいつまでに渡すと良いのでしょうか。高校の進学に...

電話番号を聞くときの敬語の使い方や聞き方の正しいコツとは

相手の電話番号を聞く機会というのは、ビジネスなどでよくあるかもしれませんが、このとき敬語を使った正し...

男性の結婚式の服装マナー。夏の結婚式で覚えておくNGスタイル

夏の結婚式に招待された場合には、男性はどのような服装が相応しいのでしょうか。そこで、夏の結婚式に...

水泳の選手コースはいつから入れる?その条件を徹底解説

子供が水泳を習い始めると「いつかは選手コースに進んでもらいたい。」と親なら期待を持ってしまうでしょう...

スキーターンのときの体重移動についてコツやポイント

スキーのターンをするときにはどのように体重移動をしたらいいのでしょうか?上手く体重移動ができないと転...

お通夜のお香典の金額の相場と渡す際の注意点

お通夜に参列する場合お香典を準備しますが、いくら包もうかと金額に悩んでしまいます。お香典の金...

スポンサーリンク

卓球にダブルス・サーブは対角線に出す

中学校に入ると部活を始める人がグッと増えますよね。
卓球もこの時期から始める方の多い競技です。

卓球を始めると人数や実力、指導者などにもよると思いますが、シングルスからダブルスへ変更になることもありますよね。
シングルスを一度経験した人が、ダブルスに変更した時に迷ってしまうのが、サーブです。

シングスのサーブのルールはダブルスでもいきていますが、更に追加されるルールがあるのです。
その一つが、「対角線に出す」ことです。

ダブルスのサーブは必ず対角線に出さなくてはいけません。
詳しく説明すると、自分のコートの右半面でワンバウンドさせてから、相手コートの向かって左半面に入るようにサーブを打たなくてはいけないのです。

シングルスのときよりも、シビアな範囲になりますから、コントロール力が必要になります。

サーブを対角線に出すのはダブルス特有のルール

卓球でサーブを対角線に出すというのは、ダブルス特有のルールです。

シングルスの場合には、「対角線」と決められていないので、相手のコート内であればどのコースに出しても問題ありませんが、ダブルスの場合には相手コートに向かって左半面だけという制約があるので、サーブは対角線に出さなくてはいけないのです。

センターライン上やエッジはセーフゾーンとなります。
ただし、真上から見た時にセンターライン上でも、センターラインの外にボールが触れた状態ではフォルトと判断されます。
この微妙な判断は審判に委ねられます。
審判は注意を払って最善を尽くすと思いますが、始めのうちは確実なコースを狙うほうが良いでしょう。

卓球のダブルスのサーブは常に対角線に!サーブを出す順番について

卓球のダブルスのサーブには、対角線に出す事以外にもルールがあります。

それは、サーブの順番です。

Aチーム(A1さん、A2さん)とBチーム(B1さん、B2さん)の試合でご説明しましょう。
この時、AチームのA1さんからサーブをして、レシーバーはB1さんになったとしたら、サーブは以下の様な順番で回ることになります。

  1. A1さんのサーブ(B1さんのレシーブ)
  2. B1さんのサーブ(A2さんのレシーブ)
  3. A2さんのサーブ(B2さんのレシーブ)
  4. B2さんのサーブ(A1さんのレシーブ)

ダブルスでは、ペアが交互に打つというルールもありますから、必然的にサーバーとレシーバーは固定されることになります。

最終セット・チェンジコートになってからのサーブについて

卓球のダブルスではサーブの順番が決まっていることと、ペアが交互に打つというルールから、 サーバーとレシーバーが固定されてしまします。

しかし、対戦相手には得手不得手がつきものですが、ずっと同じ相手ではどちらかのチームが不利になってしまう場合が出来てきますよね。
それを解消するために、ダブルスではセット毎にサーバー権を入れ替えることで、レシーバーを変えるというルールもあるのです。

先程はA1さんがサーブの時には、レシーバーはB1さんでしたよね?
このチームでの2セット目の対戦では、A1さんのサーブはB2さんが受けなくていけなくなるのです。
2セット目は以下のような順番で回ります。

  1. B1さんのサーブ(A1さんのレシーブ)
  2. A1さんのサーブ(B2さんのレシーブ)
  3. B2さんのサーブ(A2さんのレシーブ)
  4. A2さんのサーブ(B1さんのレシーブ)

3セット目には先程ご紹介した1セット目と同じ順番に戻ります。

少しややこしいので、慣れるまではレシーブをしたら次は自分がサーブの順番だと覚えて置くとよいでしょう。

順番を間違った場合には、気づいた時点で順番を直しますが、すでにポイントが決まっている部分についてのやり直しは行いません。

卓球のサーブに関するその他のルール

これまでご紹介したように、サーブコースやサーブの順番、サーブ権交替などダブルスのサーブには特有のルールが設けられています。
しかし、これらのルールはシングルスのサーブルールに上乗せさせるルールですから、基本となるルールも知っておく必要があります。

卓球のサーブの基本ルール

  • サーバーはボールが対戦相手に見えるように手のひらに乗せること。
  • 手のひらにボールを乗せた状態で一度静止して、相手が構えてからトスすること。
  • トスは卓球台より上で行い、真上に16cm以上の高さまでボールをあげること。
  • トスであげたボールが上昇している時には打たないこと。
  • サーブのスイングは、ラケットを体や卓球台で隠さず、対戦相手に見えるような状態から打つこと。
  • サーブは自分のコートにワンバウンドさせてから、相手コートに入れること。

このように、実はサーブにはたくさんのルールがあります。
基本的には、対戦相手にしっかりとボールやラケット見せて、打ち返せる体勢が整った状態でサーブするということです。
卓球台や体などでボールやラケットを隠さないという点に気をつければ、殆どの場合には引っかからない事が多いので、神経質になる必要はありません。

また、サーブがネットにあたって相手コートに入った場合には、やり直しとなります。
回数制限はないので、何度でもやり直しとなりますから、果敢に攻めることが出来ますね。
ただし、相手コートに入らず自分のコートに戻って来てしまった場合には、相手の得点となりますから注意しましょう。

シングルスからダブルスに変わると、サーブのコースや順番に迷ってしまうのは、誰にでもあることです。
慣れるまではペアと確認しながら進めると良いでしょう。