スキーとスノボーはどっちが簡単?はじめる前に知りたいこと

スキーとスノボーはどっちが簡単にはじめることはできるのでしょうか?どちらもやったことがない初心者だと、それぞれの魅力もわからないので、どちらをはじめるべきか悩んでしまいます。

そこで、スキーとスノボーをはじめる前に知りたいことについて、どっちが簡単にできるようになるのか、今からはじめるならどっちがいいのか、怪我をしにくさやはじめるときの初期費用などお伝えしていきましょう。

これを読めば、スキーとスノボーのどちらをはじめようか悩んでいるあなたも、はじめる前に知っておきたい魅力や費用などもわかるので参考になるでしょう。どちらも試してみるのもオススメです。ぜひ楽しんでみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

お祝いのお返しに商品券は失礼?結婚祝いの内祝いのマナーを解説

結婚式のお祝いを頂いていたとき、どんな内祝いをお返ししようか悩むこともあります。内祝いをお返しした人...

同僚の結婚式の断り方のポイントとご祝儀・二次会の断り方を解説

会社の同僚の結婚式に招待された時、予定が合わずに出席することができない・やむを得ない理由で欠席しなく...

お通夜のお香典の金額の相場と渡す際の注意点

お通夜に参列する場合お香典を準備しますが、いくら包もうかと金額に悩んでしまいます。お香典の金...

ダンスの上達期間と効率的なコツコツ練習で上達スピードもアップ

ダンスが上達する期間とは一般的にどれくらいなのでしょうか?ダンスを始めたばかりだと、いつになったら人...

新築祝いのお返し【親編】相場と贈る時期・内祝い選びのポイント

親から新築祝いを頂いていたら、新居完成の後に新築祝いのお返しをします。このときに悩むのが、親からの新...

No Image

卓球【ダブルス】サーブのルールや勝つためのポイント

卓球のダブルスのサーブは、シングルと違って打つ順番などがわかりづらくルールがあります。ダブルスをはじ...

No Image

袱紗の慶弔両用タイプの使い方。包み方から渡し方までご紹介

袱紗(ふくさ)には慶弔両用タイプがありますが、それぞれ使い方にはマナーがあります。包み方から渡し...

地鎮祭の服装にジーパンはOK?地鎮祭の服装と流れ・地鎮祭とは

地鎮祭を行う時、どんな服装で出席したら良いのかわからない人もいますよね。地鎮祭に何度も出席する経験が...

字が綺麗な女のイメージ。字が綺麗なことにデメリットはない

字が綺麗な女性に対して、マイナスイメージはないと言っていいでしょう。字を綺麗に掛けるというこ...

ご祝儀は夫婦別々?連名?夫婦で結婚式に出席・ご祝儀のマナー

知人の結婚式に夫婦で招待された時、ご祝儀は夫婦別々に包むのか、それとも連名で包むのか、知識や経験がな...

男の嫉妬は怖い!仕事で・職場で女性に嫉妬する男への対処法

会社の同僚男性に仕事の面で嫉妬をされている、職場で嫌な思いをしているという女性もいるのではないでしょ...

バレエの発表会に来てくれた人へのお礼状の書き方について解説

子供の初めてのバレエの発表会。家族だけではなくママ友や幼稚園のお友達も見に来てくれると、子供も親も嬉...

バレーボールのサーブカットのコツ!できない理由と上達するコツ

バレーボールをしている人の中には、サーブカットがなかなかうまくできない事に頭を悩ませている人もいるの...

バレーボールのサーブ・無回転サーブの基本や打つ時のコツを解説

バレーボールをしている人の中には無回転サーブを打てるようになりたいと考えている人もいるのではないでし...

結婚式と二次会の断り方!断る理由と失礼にならないマナーを解説

結婚式の案内が来た時、結婚式に出席したくないときもありますよね。あまり仲の良い相手ではないときは特に...

スポンサーリンク

スキーとスノボーはどっちが簡単にできるようになるか

これからウインタースポーツを始めよう思い、スキーにしようかスノボーにしようか迷っているという人も多くいると思います。

どちらも板の上に乗って雪の上を滑るスポーツですが、どちらの方がより簡単に始めることができるのか気になりますよね。

スキーとスノボーのバランスの違い

初心者の場合、スノボーの板の上にたってバランスを保つことも難しく感じると思います。スノボーの場合は両足が同じ板につき、さらにストックもないので立つことすら困難に感じるのです。

その点、スキーは足に長い板はつきますが、足はバラバラですしストックもあるのでバランスをとることは簡単になります。

また、曲がるのもスキーの方が簡単にできるようになります。スキーは片足に体重を移動すれば曲がることができるので、すぐにマスターできる人が多いです。

スノボーは体を傾けながら体重移動するので難しく感じる方が多く、とくに斜面の下の方に背を向けるように曲がる時は恐怖を感じるという方が多くいます。

なので、曲がることができるようになるのもスキーの方が簡単だと思います。

ブレーキをかけることに関してはスノボーの方が簡単です

スキー初心者はまずハの字でブレーキを掛けることを覚えるのですが、このコツを掴むまでが難しいです。始めたばかりは怖さも感じるので腰が引けてしまい、よりブレーキを掛けることができなくなってしまうのです。

スキーかスノボーか今からはじめるならどっちがいいのか

ウインタースポーツが初めてな場合、どちらからはじめるべきなのか迷いますよね。

全くウインタースポーツをやったことのない初心者なのであれば、スキーをはじめることをおすすめします。

スキーもスノボーもどちらも基本は同じ

はじめる時はいきなり滑る練習からするのではなく、まずは転ぶ方法を覚えます。

手を出したり変な体勢で転んでしまうと怪我をしてしまう恐れもあるので、上手に転ぶ練習をするのです。

また、板の上でバランスをとる練習もしますが、このときにスキーの場合ストックがあるのでスムーズに行うことができます。

その他にも、雪山の危険についてなども覚える必要があります。

このような基本的なことはどちらを始める場合でも必要なことなので、より簡単に練習をするためには、スキーの方がおすすめになるのです。

スキーとスノボーなら怪我がしにくいのはどっち

スキーやスノボーをはじめようと考えている人が気になることの1つに、怪我をする可能性があるということもあるのではないでしょうか。

休みの日にスキーやスノボーを楽しんでいるときに怪我をしてしまった場合、仕事に影響が出てしまいますよね。このようなことにならないためにもより怪我をしにくい方法で楽しみたいと思う人もいるでしょう。

スキーとスノボーでは、スキーの方が怪我をする可能性が低い

どちらもスポーツなので絶対に怪我をしないというわけではありませんが、スキーの場合両足がバラバラに動くので怪我をしにくいです。また、ストックもあるので転倒することもより少ないと思います。

スノボーの場合、転ぶときに手が出てしまうことが多く手首を痛めてしまうこともよくあります。初心者の場合は特に手がでてしまうことが考えられるのでより怪我をしやすいのです。

スノボーの方が安くはじめられる

スキーやスノボーを始めるときには道具を揃える必要があるので出費がかさみますよね。より安く始めたい場合はどちらから始めた方がいいのでしょうか。

ウエアーや帽子や手袋などはどちらも必ず必要なものなので、ここの費用に変わりはありませんが、違うのは板と靴ですよね。

スノボーは1枚の板と靴だけですが、スキーの場合は2本の板とストックと靴

スキーの方が必要な物が多い分費用が高いことが多いです。より少ない費用で始めたい場合はスノボーの方がいいと思います。

ですが、最近ではレンタルを行っている場所も多いのであまり行く機会がない場合はレンタルすることもおすすめです。

また、レンタルしてスキー、スノボーどちらも挑戦してみて、自分の好みにあう方を購入するというのもいいかもしれませんね。

どちらも自分がやりたいものを楽しむのが一番

初心者の場合、基本を覚えるためにスキーの方が始めやすかったり、怪我をしにくかったり、スノボーの方が費用が安いなどそれぞれにメリットやデメリットがあります。

どちらにしようか迷った場合このようなメリットやデメリットを考えながら決めることもいいとは思いますが、何より1番大切なことは自分が楽しめる方を選ぶということです。

どちらを始めたとしてもある程度滑られるようになるまでは、どちらも練習が必要なものです。自分のやりたい方をやらないと楽しむこともできなくなってしまい最悪の場合、スキーもスノボーもやらなくなってしまうことも考えられます。

どちらか迷った場合は、自分がどちらをやりたいのかをまず考えましょう。

そして、はじめるときは独学で覚えるよりもできる人に教えてもらった方が上達が早いので、初心者スクールに入ったり、できる友人などに教えてもらいながら練習をしてください。

どちらをはじめるとしても大切なことは、楽しく滑るということです。スキーやスノボーを楽しんでくださいね。