【テニスの練習メニュー】シングルスの試合で勝つための方法

テニスのシングルスの試合に出ることになると、勝つためにどんな練習をすればいいのか悩む人も多いでしょう。

そこで今回は、テニスのシングルスの試合で勝つための練習メニューについて説明します。自宅で一人でできる練習メニューもご紹介しますので、ぜひ始めてみて下さい。

また、試合に勝つためには戦略についての知識も必要になります。どのコースを狙えばいいのか、どんな意識を持てばいいのかについて理解しましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

サッカーの夏休みのおすすめ練習メニューをご紹介【高校編】

高校のサッカー部の夏休みの練習メニューを考えるように言われても、何から始めればいいのかわからない人も...

住所の正式な番地の書き方!縦書きをする際には注意が必要

ハガキや封筒に縦書きで宛名や住所を書く時、番地の書き方に注意をしていますか?宛名書きをする場...

野球の投手の為のトレーニングの種類とやり方を解説

高校生でも球速150キロというのも珍しくはないでしょう。野球選手はほぼ毎日トレーニングをして...

ネクタイの色の選び方とマナー!結婚式は白以外の色もOK

結婚式に初めて出席するとき、ネクタイの色は白でなくてはならないのか、知識がなければわからないものです...

洋食のテーブルマナー・食べ終わりのマナーやNGな行動を解説

初めて彼と洋食を食べに行くことになった時、テーブルマナーを知って恥ずかしくない振る舞いをしたいと考え...

スキー初心者向けのエッジの研ぎ方や頻度について解説します

スキー初心者であっても、エッジを研ぐことによって滑りは変わると言われていますが、研ぎ方がわからない人...

スキー初心者の道具選びのポイント!チェックするべき項目

スキーをこれから始めるというスキー初心者はどのような道具を揃えれば良いのでしょうか?スキーを選び...

No Image

結婚式の出席を断る時のマナーについて知りたい

結婚式はその人にとって、特別に大事な日ですから、出来るだけ祝福してあげたいですよね。しかし、人に...

バブル時代の給料平均からみる今では考えられない仰天エピソード

今では考えられないあのバブル時代。給料の平均をみても、新卒の新入社員でさえかなりの高額を手にして...

日本のマナーは食事から始めるとより良いです

日本においてマナーは「作法」とも言われ、食事に関しては箸の扱い方や物の食べ方などにおいていくつかルー...

野球が全世界で普及していないのはなぜ?オリンピックがカギかも

野球は世界に普及していないマイナーなスポーツだって知っていましたか?日本ではメジャーなスポー...

電車の車掌の給料の目安や休暇について。車掌になるまでの流れ

高卒でも就職できる仕事として、電車の車掌の仕事に就きたいと考え方もいると思います。そこで、気にな...

新築祝いのお返し【親編】相場と贈る時期・内祝い選びのポイント

親から新築祝いを頂いていたら、新居完成の後に新築祝いのお返しをします。このときに悩むのが、親からの新...

ボクシングの過酷なルール「計量」に関する疑問を解決します

ボクシングには様々なルールがありますが、計量もそのひとつ。ボクシングは体重によって階級が細かく分...

一人暮らしの引っ越しの挨拶はするべき?大家さんへの挨拶について

これから一人暮らしをする人の中には、大家さんに引っ越しの挨拶をするべきかどうか悩んでいる人もいるので...

スポンサーリンク

テニスのシングルスで大切なサーブの練習メニューについて

テニスに勝つためには何を強化するべきか。それは「サーブ」です。
テニスはサーブから始まる競技なので、サーブレベルをアップさせることが、勝利に繋がると言っても過言ではありません。

試合に勝つためにもサーブ練習にまず力を入れることが大切ですが、ではどのような練習に取り組むと効果的なのかについてご説明します。

もしあなたが狙ったサーブを打っても、すぐに打ち込まれてしまうようであれば、スライスサーブを混ぜるなど、通常のサーブとの予測がつきにくくなるようなサーブを身に付ける練習を行いましょう。

サーブのフォームを確認することを練習メニューに加える

フォームを確認することで、自分の欠点に気付くことができます。
もしインパクトでしっかりボールを捉えることができていないのであれば、正確にトスアップとスイングができるよう練習することが必要です。

レベルが高い選手ほど、どんなサーブでもすぐに対応する能力を持っていますし、相手の癖やパターンをすぐに読むことができます。
コースを読まれないことも大切ですが、得意なコースを見つけることも大切です。
確実にサーブを打ち込めるよう、鉄板コースに磨きをかけておくことも忘れずに練習しましょう。

テニスのシングルスの試合に勝つためのおすすめ練習メニューをご紹介します

テニスのシングルスの場合の練習方法についてご紹介します。

シングルスはダブルスよりも広い範囲で戦うため、甘い返球にしないことが絶対条件です。

同じ位置でストロークからクロスへ交互に打ち分ける練習メニュー

この練習を続けることで、同じコースにきたボールを打ち返す時にでも、ストレートとクロスに瞬時に打ち分けることができるようになります。

またストレートに打った後、逆サイドへ走って、またストレートを打つ移動ショットの練習も効果的です。
これは実践に役立つ練習方法ですし、試合中に移動しながらでもストレートへ打つ感覚を養うことができるのでおすすめです。

ストレートを打つ移動ショットではなく、ストレートのボールをずっとクロスに打ち返す練習もあります。
移動しながらひたすらクロス打ちをするのですが、この練習を行うことで相手をより動かくことができ、それによってオープンスペースを狙いやすくなります。

あなたがチャンスと思っても、相手がコースを予測して走り出してしまうこともあります。ストレート、クロスを駆使して周りを俯瞰(ふかん)しながら試合運びをすることが大切です。

シングルスではバックハンドを狙う練習メニューも必要です

サーブから試合が始まるテニスは、サーブを強化するのが勝利への近道ではありますが、もう一つシングルスの試合で有効的な練習があります。
それが「バックハンドを狙う練習」です。

シングルスではバックハンドにデメリットはひとつもなく、メリットしかありません

相手の弱点を掴むことができるためチャンスボールも生まれやすく、あなたの守備範囲も広くなります。

バックハンドはフォアハンドよりも打つ頻度が低いため、苦手意識を持っている人がほとんどです。打たれたボールをわざわざバックハンドで回り込んで打つことはありません。バックハンドを狙う練習がいかに大切かがわかるのではないでしょうか。

特にプレッシャーがかかる試合では、フォアハンドが中心となりバックハンドを打つことが少なくなります。
それこそが狙いなのです。

相手が苦手とするバックハンドを狙う練習を行うことで、相手のミスを誘うことができ勝利を導くことができるのです。

実際の試合で意識することはありませんが、このバックハンドを意識するだけでも全然違うと思います。
ぜひ練習メニューに取り入れてみてはいかがでしょうか。

テニスのシングルスの試合で勝つための戦略についても理解しましょう

シングルスの試合運びを有利にするためには、戦略について考えることも重要です。

シングルスは守備範囲が広いため、飛んでくるコース全てを打ち返すことは難しいものです。
飛んできやすいコースと低いコースがありますが、飛んでくる確率が低いコースを無理に追いかける必要はありません。
それは、無理に追いかけることで、その後のプレーにも影響を与えてしまうからです。

あなたがクロスに打ち込んだ場合、あなたは相手からクロスに打たれる可能性があるとみて構えると思います。
クロスに打つ確率の方が高いですし、たとえストレートに打ったとしても、甘い球になることの方が高くなります。
ストレートに打たれるかもしれないと警戒し構えることも大切かもしれませんが、クロスからストレートに狙って打つような選手は、実力がある人です。

ストレートをもし決められても、それは仕方がないと諦め、次のプレーに備えて体力を温存しておく方が賢い選択なのです。

テニスの試合に勝つための自宅でできる練習メニュー

自宅での自主練習に活かせるメニューを紹介します。

シングルスの練習

相手のサーブをイメージしながら行う素振り練習

相手のサービスを返すショット「リターン」が入らないと試合にはならないため、リターンステップからの素振り練習は、自宅練習に取り入れたい練習の一つです。
ラケットを持って、前に踏み込んでいくフットワークのステップから、ラケットの素振りまでの一連の動作を行いましょう。
これが身に付けばテニスも上達し、より攻撃的なショットを打てることができるでしょう。

トスアップ練習

トスアップ練習はラケットが無くてもテニスボール一つで行えます。
椅子に座った状態で、良いトスアップができるよう何度もボールを上げて練習するのです。意識したい点が、ボールの握り方や腕の動かし方です。
ポイントはボールの横を持つようにし、肘の曲げ伸ばしの反動だけを使った不安定なトスアップにならないようにすることです。

攻撃的なリターンができるようなスプリットステップ

スプリットステップがきちんとできてるかどうかで、ボールに対する反応に差がでます。それだけ重要なのがスプリトステップなのです。
相手の打球に集中し、スムーズに反応できるよう、つま先だけで着地することを意識しながら、重心を落としたステップの練習をしましょう。
これも自宅でできる練習なので、確実に身に付くよう努力して練習しましょう。