【スクワットの重量の決め方】女性の平均重量と回数設定について

バーベルスクワットを始めてみたいと思っても、初心者の女性は重量や回数をどのように決めていいのかわからない人の方が多いのではないでしょうか。

まずは自分の体重で重量を決めるようにしましょう。そして回数は目的によっても違います。

今回は初心者女性のためのバーベルスクワットの重量や回数の決め方について説明します。これから始める人は、自分の体重の約半分の重量から始めましょう。

また、スクワットはヒップアップにも効果があると言われています。自宅でできるスクワットのやり方も紹介しますので、ぜひ挑戦してみて下さい。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

妊娠報告に伝えたい言葉!友達におめでとうの返事をするときは

友達から妊娠報告があり、どんな返事をしようか悩むことがあります。妊娠報告への返事をするときは、知って...

香典を送る場合の宛名は喪主になります。送り方や手紙の書き方

知り合いの訃報を聞いたけれども、仕事や遠方などの理由でどうしても葬儀に参列出来ない場合もあります。...

野球とサッカーでは身体能力の差がある?身体能力が高い人の特徴

昔から根強い人気のあるスポーツ、野球とサッカー。子供たちに将来なりたいのは?と聞くと、だいたい野...

墓参りで供えた花の片付けはどうする?素朴な疑問にお答えします

墓参りの時にはお花を供えますが、その後の片付けのことまで考えたことはありますか?お供え物は持ち帰...

【お車代の封筒の名前の書き方】相手の名前は書かないことが基本

結婚式で渡すお車代。渡す相手を間違えないように、封筒に相手の名前を書こうと考える人もいるでしょう。...

水泳の競泳の競技の種類について。特徴とルール

水泳の競泳の競技にはいろいろな種類があります。『自由形』・『背泳ぎ』・『平泳ぎ』・『バタフライ』...

スノーボードの初心者はスタンスをどう決める?コツやポイント

スノーボードの初心者はスタンスをどう決めたらいいのでしょうか?自分の利き足がどちらかを知る方法とは?...

運動は食前にする?それとも食後?運動を行うタイミングについて

運動するなら、効果を最大限にする方法で行いたいですよね。運動って、食前にするべきなのでしょう...

面【剣道】のお手入れ方法とは?面の洗い方を紹介します

剣道の面のお手入れはどのようにしたらいいのでしょうか?日頃のお手入れのポイントとは?防具は、...

No Image

結婚式の友人代表スピーチ!面白いエピソードの盛り込み方

結婚式に友人代表スピーチを頼まれたら、面白いエピソードを交えて場を和ませたい!そう思う方も少なくはな...

成人式の二次会の服装と靴は会場に合わせて選ぶのが間違いなし

成人式に出席する時には振り袖という女性が多いですが、二次会に出席する時には、着替えるのが一般的です。...

香典の金額は2万円でもいいの?夫婦連名で香典を包む時の考え方

香典を夫婦連名でそれぞれ1万円包みたい場合、封筒の中身の金額は2万円になります。ただこの2万円と...

お祝いのお返しに商品券は大丈夫?商品券を贈る際の注意点

出産祝いや入学祝い、進学祝いなどのお祝いをもらうと、その都度お返しの内祝いを用意します。何度...

腕が細い原因を理解して、正しい方法で筋トレをしましょう

男なのに腕が細いと、なんとか鍛えて腕を太くしたいと考えるのではないでしょうか。しかし、ただな...

バレエは基礎が大事!子供のうちからしっかり見付けさせよう

バレエの基礎を続けるのは子供でもしんどいもの。でもバレエこそ基礎が一番大事で、基礎がしっかりして...

スポンサーリンク

女性のスクワットの重量の決め方について

スクワットは簡単な動きで、自宅でもできるトレーニングです。スポーツジムではバーベルを使ったスクワットをしている人を目にすることもあるでしょう。バーベルを使うことでスクワットに負荷をかけ、より効果的にトレーニングをすることができます。

いざバーベルスクワットを始めたいと思っても、どれくらいの重量にしたら良いのかがわからないですよね。周りの人の重量を見たところで、経験や体力、体格の違いがありますので参考にできるわけではありません。

バーベルの重量の平均値だけを見ると、体重50キロの人の場合で、初心者なら25kg、多少の筋トレの経験がある人で45~65kg、かなりの筋トレ経験者だと85kg以上の重量を使っているようです。このことから、初心者の場合なら自分の体重の半分の重量を目安にすると良いのかもしれません。少し経験のある人なら45kgくらい、自信がある場合は自分の体重と同じ位の重量で試してみると良いでしょう。
自分に適した重量は人それぞれです。初心者ならまずは時分の体重の半分よりも少ないくらいの重量から試してみて、余裕があるようなら重くしていってください。

スクワットの重量と回数設定について

バーベルスクワットの場合は重量の他に回数も重要になってきます。

どれくらいの重量で何回行うと良いのかを知っておくことが大切です。これは鍛えたい部分によっても変わってきます。

筋肉には速筋と遅筋があります。速筋は瞬発力が高いですが持続するのが難しく、遅筋は力は弱いですが持久力が高いという特徴があります。速筋と遅筋は鍛え方が違いますので、どちらの筋肉を鍛えたいかによってトレーニングに仕方が変わってきます。例えばヒップアップしたい場合なら速筋を鍛え、引き締めたい場合なら遅筋を鍛えるようにします。つまりボリュームアップしたい場合は速筋、ボリュームダウンしたい場合は遅筋を鍛えるようにします。

スクワットの重量を考える場合、速筋を鍛える場合なら15回くらいを行ったところで限界がくるような重さにします。

遅筋を鍛える場合は20回以上で限界がくるような重量にしてください。バーベルスクワットで足を引き締めたいのなら20回以上繰り返して行うことができる重量を選びます。

女性がスクワットを行う時はフォームに注意しましょう

バーベルスクワットを行う場合は、重量で負荷を与えるため、フォームには特に気をつけてください。正しいフォームで行わないと体を痛めてしまう場合があります。

スクワットのフォーム

バーベルスクワットはおへその真上にバーベルの中点がきますので、その形を意識してください。
足は肩幅に開きます。バーベルを肩にかついだら、胸を張ってください。お尻を後ろ側に引いて腰を軽く落とします。この時、膝がつま先よりも出ないことがポイントです。膝を痛めてしまわないようにフォームに気をつけてください。上半身を前の方に倒し、お尻を後ろに突き出すような感じにするとイメージがつきやすいです。

スクワットは腰を落としたり立ち上がったりを繰り返す動きになりますが、太ももの筋肉を使うことを意識し、膝や腰には力をかけないようにしてください。

余裕がある時は深くしゃがみ、太ももと床が平行になるようにします。余裕がないうちは軽めでも大丈夫です。上半身が前に傾くような姿勢になることは意識してください。
立ち上がるときはゆっくりと、背中を丸めないようにして立ち上がります。

スクワットは重量よりも呼吸の方が大切です

バーベルスクワットは重量に意識がいってしまいますが、重量よりも呼吸が大切です。

かなりの重量を上げることができるようになっても、呼吸が正しくできていないと効果は期待できません。スクワットをするときはフォームの他に呼吸も意識をして行ってください。

バーベルスクワットをするときの呼吸

バーベルスクワットの動きで辛いのは立ち上がるときです。力を入れるときはついつい息を止めてしまいがちです。一番辛い動きをするときに息を吐くのがコツです。

バーベルを担いで正しい姿勢を取ったら、息を吸いながらしゃがんでいきます。鼻から軽く息を吸いながら、ゆっくりと腰を落としてください。

次に息を吐きながら立ち上がります。口からゆっくりと吐き、立ち上がるまで吐き続けるような感じで息を吐いてください。立ち上がるときに太ももとお尻の筋肉を意識しながら、呼吸に気をつけることでより効果的になります。

スクワットをするときに呼吸に気をつけると腹圧を高めることができるため、お腹を引き締める効果も期待できます。筋力をアップすることができると代謝が高まり、脂肪燃焼効果もアップすることができます。

自宅で行う女性におすすめのスクワットの種類をご紹介します

バーベルスクワットならバーベルが必要なのでスポーツジムでしかできませんが、スクワットだけなら自宅でもすることができます。バーベルがなくても効果がありますので、スポーツジムに通えない時などは自宅でもコツコツ行うようにしましょう。

スクワットにはいくつか種類がありますが、おすすめのスクワットをご紹介します。

  • ノーマルスクワット
    オーソドックスなスクワットです。スクワットに慣れていない人ならノーマルスクワットから始めると良いでしょう。足を肩幅に開いたら、つま先は少しだけ外側に向けてください。背筋を伸ばしたまま、ゆっくりと腰を落としていきます。膝がつま先より前にでないようにし、太ももが床と平行になったら、その姿勢を少しだけキープします。息を吐きながらゆっくりと立ち上がってください。
  • スプリットスクワット
    太ももを鍛えたいときにはスプリットスクワットがおすすめです。かなりきついトレーニングです。足を肩幅に開いて立ち、背筋を伸ばしてください。片足を前に踏み出したら、膝を曲げて腰をゆっくりと落とします。腿の筋肉が伸びているのを感じたら、ゆっくりと戻してください。もう一方の足にかえて、同じように行います。

スクワットは自宅でもできるトレーニングで、フォームも難しくないため気軽に始めることができます。スポーツジムでバーベルを使う場合なら、まずは自分の体重の半分の重量から試してみてください。