男の嫉妬は怖い!仕事で・職場で女性に嫉妬する男への対処法

会社の同僚男性に仕事の面で嫉妬をされている、職場で嫌な思いをしているという女性もいるのではないでしょうか。

仕事を頑張れば頑張るほど同僚男性からの風当たりが強くなり、仕事をしずらい状況になっている人もいるかもしれません。

女性の嫉妬の話はよく聞きますが、実は男性の嫉妬は女性よりも怖いと言われています。男性が嫉妬をする理由や嫉妬の特徴・対処法を知って、会社での人間関係を円滑にできるようにしましょう。

仕事を頑張ることは悪いことではありません。自信を持ってこれからも仕事をしてくださいね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

スノーボードの初心者はスタンスをどう決める?コツやポイント

スノーボードの初心者はスタンスをどう決めたらいいのでしょうか?自分の利き足がどちらかを知る方法とは?...

お茶とお菓子の置き方には決まりがある!お茶の基本の作法とは

会社や自宅に来客があった場合に、おもてなしとしてお茶やお菓子をお出しする機会もあるでしょう。...

レストランのマナー。ナフキンの使い方やポイントを簡単解説

レストランではマナーを守る必要がありますが、ナフキンもその一つ。よくお皿の上にナフキンがセッティ...

バスケのシュートフォームでチェックしたい足の角度や向き

バスケは綺麗なシュートフォームを身に付けることで、シュート率を上げることができますが、ポイントは「足...

卒業式に相応しい服装選び。母親のコーディネートのポイント

お子様の卒業式に、母親はどのような服装で出席すれば良いのかお悩みの方はいませんか?卒業式での服装は上...

高校のノートの取り方にはコツがある!周りと差がつくノート使い

高校生ともなると、ノートの取り方にも個人差が出てきます。成績が良い人のノートを見たことありますか...

テニスの練習方法。自宅で存分にできるトレーニング

テニスはラケットとボールを使って、コートで練習しないと上達しないと思ってはいませんか?もちろ...

電車内でのキャリーバッグの置き方のポイント・注意点を解説!

電車にキャリーバッグを持ち込んで乗車する時は、置き方を考えて乗車することが大切でです。自分のことだけ...

スキー初心者におすすめな滑り方とは?スキー練習方法について

スキー初心者はどのような滑り方をしたらいいのでしょうか?まず、初心者が滑るのはボーゲンとなりますが、...

バスケのコツ。女子バスケが上手くなるコツと練習方法と大切な事

バスケットボールは重いと感じる女子も多いでしょう。ですがボールをドリブルしたり味方にパスを出した...

体育の授業は何が目的で行われているのか知りたくありませんか?

学校の勉強は国語、算数(数学)、理科、社会、それに英語に家庭科、保健体育などなど、さまざまな教科があ...

縦書きや横書きのときのホチキスの位置とは?止め方を紹介

縦書きと横書き、ホチキスはどの位置に止めるのが正しいのでしょうか?たかがホチキス、されどホチキス。...

御祝儀を連名で包むときの表書き・友達と連名で包むときの書き方

友達同士で御祝儀を包むことになった時、連名で包む場合は、御祝儀袋の表書きにどのように名前を記載すれば...

コンビニのイートインで勉強してもいい?時間制限はあるの

コンビニのイートインは勉強するのに向いている?確かになんでもそろっているコンビニで勉強できるなら、と...

消えるボールペンは履歴書で使用可能?特徴とデメリット

消えるボールペンは間違った場所を消すことができて便利ですよね。しかしその特徴があることから正式な書類...

スポンサーリンク

仕事ができる女性に男は嫉妬する!男性の嫉妬の特徴

最近では女性も積極的に社会進出していることが珍しくはなくなり、男女が対等に仕事が出来る環境が当たり前になってきています。

職種によっては男女比に偏りがあるケースもありますが、それぞれが活躍出来る場が広がり、そのおかげで女性も自身の能力を十分に発揮出来るチャンスがあります。

女性が仕事で活躍することに、嫉妬している男もいる

女性に嫉妬する相手は女性かと思いがちですが、仕事における嫉妬は圧倒的に男性の方が多いのです。
男性である自分が、女性に仕事で負けたくないというプライドが高ければ高いほど、実力のある女性に対して嫉妬の気持ちを高めていきます。

自分の地位や実力が脅かされるのではという嫌悪感や不安が、やがて嫉妬という感情に変化していくのです。

実際に自分の地位や実力を守るために、ライバルとなる人を蹴落とそうとする男性は実は少なくありません。

仕事ができる女性への男の嫉妬・男が嫉妬する理由

仕事が出来る女性は、なぜ男性の嫉妬の対象になってしまうのでしょうか?

男女が対等に働ける社会にはなっていますが、根底にはまだまだ仕事は男の世界という概念も残っています。
男性が多く働く職場では、特に男社会という概念が払拭されていない傾向にあります。

男の社会に女性がやってきて、しかも頭角を現そうとしているなんて許せないのです。

女に自分が築き上げた地位に追いつかれたり、追い越されたりすることは屈辱にさえ感じてしまうのです。

自分の地位やキャリアに自信のある男性ほど、女性の仕事への頑張りを疎ましく思う

仕事という同じ土俵の上では、男とか女とかないのですが、性別による判断でまだまだ偏見が残っているという事実が嫉妬を駆り立てる部分にもつながっているのです。

同僚男性が仕事面で嫉妬してくるときの対処法

職場の同僚男性が嫉妬してくると、場合によっては仕事に集中出来ず支障が出ることもあります。
同僚であっても仕事を邪魔する権利はないですし、嫉妬で仕事が進まないなんて耐えられません。

こうなると、上手く対処して自分自身を守る必要がありますね。

嫉妬対策で一番簡単な方法は構わないこと

まともに相手にすると、火に油を注ぐことになるので、こちらは全く気にしていませんというスタンスでいることです。

次第に男性の方も熱が冷めるといいのですが、男性が仕事面で嫉妬するときはなかなか熱が冷めないようなのです。

ずっと嫉妬が続くと、さすがに無視しておくことにも限界が来ますよね。

嫉妬男性がさほど強敵ではない相手なら、お灸をすえることも一つ

女であっても敵わない相手かも、と思わせられたら徐々にライバルとして対象外になるはずです。そもそも戦う土俵が違う、と思わせることが出来ればいいですね。

お灸をすえることが出来ない相手なら、相手を褒めて少し下手に出る

「あなただからこそ、この仕事が出来るのね」という一言は、嫉妬男性からするとこの上ない褒め言葉です。

きっと気分も良くなって嫉妬という攻撃が少なくなるでしょう。

男の嫉妬は怖い!職場での嫉妬を予防して仕事をスムーズにしよう

嫉妬の感情が女性の方が深いと思いがちです。

確かに男性の方が嫉妬する場面は少ないかもしれませんが、一度嫉妬をし始めると実は男性の嫉妬の方が怖く厄介だったりします。

男性からの嫉妬が原因で思うように仕事が出来ない、という経験をした女性も少なくありません。

男性の嫉妬は仕事に支障をきたすほどのパワーを持っている

こんな経験をするなら、男性からの嫉妬の対象にはなりたくありません。

全く嫉妬をされないということは、仕事が出来る女性にとっては難しいかもしれませんが、嫉妬を軽減するための対応を紹介したいと思います。

一定の距離を置く

距離が近いと細かな部分まで見えてしまうので、嫉妬する男性に必要以上の実力や能力を知られることがあります。

一定の距離を置いておけば、大きな実力は知られたとしても細かな実力は隠しておくことが出来ます。

知られずにいれば、強い嫉妬は防ぐことが出来るので、能ある鷹は爪を隠す精神でいましょう。

少しへりくだる気持ちも必要

嫉妬されたくないなら、失敗談を話したり、苦手分野をさらけ出すことも効果的です。

少しでも男性が自分より劣っている、と感じられる部分を見つければ嫉妬の対象からは外れるでしょう。

弱点を知られるようでいい気はしませんが、嫉妬という攻撃から身を守るには有効な方法です。

嫉妬してくる男と戦おうとせずに仕事を頑張ろう

そもそも仕事において、女性が男性に嫉妬されるのは、それだけ仕事が出来ているから、結果を残しているからです。

嫉妬されるほど有能だということです。誰しもがこれほど有能とは限りません。

嫉妬されることは怖いですが、嫉妬されるほどの能力があるのだと自信を持っていいことです。

仕事は基本的には自分との戦い

自分が手を緩めれば結果はそれなりになるし、自分の頑張り次第で仕事の結果に影響が出ます。

自分に甘えが出れば結果を残すことが出来なくなるので、意識すべきライバルは嫉妬する男性ではないことを認識して下さい。

嫉妬する男性をスルー出来れば、きっとそれが一番平和でベストな対処法だと思います。