男の嫉妬は怖い!仕事で・職場で女性に嫉妬する男への対処法

会社の同僚男性に仕事の面で嫉妬をされている、職場で嫌な思いをしているという女性もいるのではないでしょうか。

仕事を頑張れば頑張るほど同僚男性からの風当たりが強くなり、仕事をしずらい状況になっている人もいるかもしれません。

女性の嫉妬の話はよく聞きますが、実は男性の嫉妬は女性よりも怖いと言われています。男性が嫉妬をする理由や嫉妬の特徴・対処法を知って、会社での人間関係を円滑にできるようにしましょう。

仕事を頑張ることは悪いことではありません。自信を持ってこれからも仕事をしてくださいね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

結婚式のサブバッグは100均でも大丈夫?選ぶ際のポイント

結婚式に持っていくバッグ!おしゃれで可愛いものが販売されていますが、どれも小さくて荷物が入り切らない...

妊娠報告に伝えたい言葉!友達におめでとうの返事をするときは

友達から妊娠報告があり、どんな返事をしようか悩むことがあります。妊娠報告への返事をするときは、知って...

卓球初心者の練習方法!素振り・壁打ち・球を打つ練習で卓球上達

卓球を始めたばかりの初心者の人の中には、どのような練習方法で練習を行えば上達するのか知りたい人もいる...

柔術の試合に勝てない時の対処法!練習や試合ま準備で目指せ勝利

柔術をしている人の中には、なかなか試合に勝てないという悩みを抱えている人もいるのではないでしょうか。...

エチケットとマナーの違いは?違いを知ってルールを守った生活を

エチケットとマナーは似たような意味合いで使われることが多い言葉です。でも、この2つの言葉の意味を理解...

スライスの打ち方とは?テニスのスライスを打つコツ

テニスのスライスを打つときにはどのようなことに気をつけたらいいのでしょうか?スライスを打つ時に意識す...

住所の正式な番地の書き方!縦書きをする際には注意が必要

ハガキや封筒に縦書きで宛名や住所を書く時、番地の書き方に注意をしていますか?宛名書きをする場...

夫婦で香典を包む金額の目安は?表書きの書き方と香典袋について

夫婦で香典を包むことになったけど、香典の金額はいくら包めばよいのかわからない、マナー違反にならないよ...

お車代の相場は?葬儀に僧侶にお渡しするお車代について

葬儀に僧侶に来ていただいたら、お布施だけではなくお車代もお渡しするのが一般的です。そこで気に...

名前を赤字で書いてはいけない理由!赤字がNGなのはコレが理由

「名前を赤字で書いてはいけない」と言われたことがある人もいますよね。でも、名前を赤字で書いてはいけな...

バスケのコツを徹底解説!ディフェンスは攻めることも大切です

部活でバスケをしている人の中には、ディフェンスが上達しないことが悩みだという人もいるでしょう。...

フラダンスの発表会にもらうと嬉しい花束や差し入れをご紹介

フラダンスの発表会に招待されたら花束を用意する方も多いのではないでしょうか。フラダンスなら南...

結婚式の男の持ち物、忘れてはいけない物とあると便利な物

結婚式に招待されたけれど結婚式に出席するのは初めてという場合には、当日何を持って行くと良いのかよくわ...

兄弟の結婚祝いはいつ渡す?という疑問を解決!相場も紹介

親族の結婚式、特に兄弟の結婚式は特別な思いがあるのではないでしょうか?もちろん結婚祝いを渡すでしょう...

塩でお清めができるのはなぜ?塩を使う意味とお清めの方法

お葬式などに参列したあとに、塩を使いお清めをすることもありますよね。でも、なぜ塩を使ってお清めをする...

スポンサーリンク

仕事ができる女性に男は嫉妬する!男性の嫉妬の特徴

最近では女性も積極的に社会進出していることが珍しくはなくなり、男女が対等に仕事が出来る環境が当たり前になってきています。

職種によっては男女比に偏りがあるケースもありますが、それぞれが活躍出来る場が広がり、そのおかげで女性も自身の能力を十分に発揮出来るチャンスがあります。

女性が仕事で活躍することに、嫉妬している男もいる

女性に嫉妬する相手は女性かと思いがちですが、仕事における嫉妬は圧倒的に男性の方が多いのです。
男性である自分が、女性に仕事で負けたくないというプライドが高ければ高いほど、実力のある女性に対して嫉妬の気持ちを高めていきます。

自分の地位や実力が脅かされるのではという嫌悪感や不安が、やがて嫉妬という感情に変化していくのです。

実際に自分の地位や実力を守るために、ライバルとなる人を蹴落とそうとする男性は実は少なくありません。

仕事ができる女性への男の嫉妬・男が嫉妬する理由

仕事が出来る女性は、なぜ男性の嫉妬の対象になってしまうのでしょうか?

男女が対等に働ける社会にはなっていますが、根底にはまだまだ仕事は男の世界という概念も残っています。
男性が多く働く職場では、特に男社会という概念が払拭されていない傾向にあります。

男の社会に女性がやってきて、しかも頭角を現そうとしているなんて許せないのです。

女に自分が築き上げた地位に追いつかれたり、追い越されたりすることは屈辱にさえ感じてしまうのです。

自分の地位やキャリアに自信のある男性ほど、女性の仕事への頑張りを疎ましく思う

仕事という同じ土俵の上では、男とか女とかないのですが、性別による判断でまだまだ偏見が残っているという事実が嫉妬を駆り立てる部分にもつながっているのです。

同僚男性が仕事面で嫉妬してくるときの対処法

職場の同僚男性が嫉妬してくると、場合によっては仕事に集中出来ず支障が出ることもあります。
同僚であっても仕事を邪魔する権利はないですし、嫉妬で仕事が進まないなんて耐えられません。

こうなると、上手く対処して自分自身を守る必要がありますね。

嫉妬対策で一番簡単な方法は構わないこと

まともに相手にすると、火に油を注ぐことになるので、こちらは全く気にしていませんというスタンスでいることです。

次第に男性の方も熱が冷めるといいのですが、男性が仕事面で嫉妬するときはなかなか熱が冷めないようなのです。

ずっと嫉妬が続くと、さすがに無視しておくことにも限界が来ますよね。

嫉妬男性がさほど強敵ではない相手なら、お灸をすえることも一つ

女であっても敵わない相手かも、と思わせられたら徐々にライバルとして対象外になるはずです。そもそも戦う土俵が違う、と思わせることが出来ればいいですね。

お灸をすえることが出来ない相手なら、相手を褒めて少し下手に出る

「あなただからこそ、この仕事が出来るのね」という一言は、嫉妬男性からするとこの上ない褒め言葉です。

きっと気分も良くなって嫉妬という攻撃が少なくなるでしょう。

男の嫉妬は怖い!職場での嫉妬を予防して仕事をスムーズにしよう

嫉妬の感情が女性の方が深いと思いがちです。

確かに男性の方が嫉妬する場面は少ないかもしれませんが、一度嫉妬をし始めると実は男性の嫉妬の方が怖く厄介だったりします。

男性からの嫉妬が原因で思うように仕事が出来ない、という経験をした女性も少なくありません。

男性の嫉妬は仕事に支障をきたすほどのパワーを持っている

こんな経験をするなら、男性からの嫉妬の対象にはなりたくありません。

全く嫉妬をされないということは、仕事が出来る女性にとっては難しいかもしれませんが、嫉妬を軽減するための対応を紹介したいと思います。

一定の距離を置く

距離が近いと細かな部分まで見えてしまうので、嫉妬する男性に必要以上の実力や能力を知られることがあります。

一定の距離を置いておけば、大きな実力は知られたとしても細かな実力は隠しておくことが出来ます。

知られずにいれば、強い嫉妬は防ぐことが出来るので、能ある鷹は爪を隠す精神でいましょう。

少しへりくだる気持ちも必要

嫉妬されたくないなら、失敗談を話したり、苦手分野をさらけ出すことも効果的です。

少しでも男性が自分より劣っている、と感じられる部分を見つければ嫉妬の対象からは外れるでしょう。

弱点を知られるようでいい気はしませんが、嫉妬という攻撃から身を守るには有効な方法です。

嫉妬してくる男と戦おうとせずに仕事を頑張ろう

そもそも仕事において、女性が男性に嫉妬されるのは、それだけ仕事が出来ているから、結果を残しているからです。

嫉妬されるほど有能だということです。誰しもがこれほど有能とは限りません。

嫉妬されることは怖いですが、嫉妬されるほどの能力があるのだと自信を持っていいことです。

仕事は基本的には自分との戦い

自分が手を緩めれば結果はそれなりになるし、自分の頑張り次第で仕事の結果に影響が出ます。

自分に甘えが出れば結果を残すことが出来なくなるので、意識すべきライバルは嫉妬する男性ではないことを認識して下さい。

嫉妬する男性をスルー出来れば、きっとそれが一番平和でベストな対処法だと思います。