卒業式に相応しい服装選び。母親のコーディネートのポイント

お子様の卒業式に、母親はどのような服装で出席すれば良いのかお悩みの方はいませんか?卒業式での服装は上品で落ち着いた印象の着こなしがおすすめです。
そこで、卒業式におすすめの母親のコーディネートについてご紹介します。
卒業式では記念写真も撮り、思い出として残ります。その場の雰囲気に合わせた服装で大切な式典に出席しましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

野球の投手が球速アップをするために意識したいコツを紹介

野球の投手が球速アップをするためには、どんなことに意識してボールを投げたらいいのでしょうか?球速の速...

ルーズリーフの使い方!アイデア一つで自分だけのノートに変身

ルーズリーフは使い方次第!アイデア一つで勉強効率もアップします。ただ残念ながら使い方を知らずにた...

高校の合格祝いはいつまでに渡すといい?合格祝いについて

知り合いや親戚が高校に進学する場合、合格祝いはいつまでに渡すと良いのでしょうか。高校の進学に...

スキーの面倒なワックスがけにはスプレー!その使い方を解説

スキーを滑りやすくするためにはワックスが必要だということはわかってはいても、ワックスがけは面倒なもの...

ポケットチーフは結婚式に必ず必要ではないが購入する価値はある

結婚式に参列する時、ポケットチーフは必要か必要じゃないのか。スーツを着る男性なら一度は考えたこと...

サッカーのパスの受け方・パスとトラップの正確な技術を習得

サッカーをしている人の中には、パスの受け方がわからずに上手にパスをもらうことができない人もいるのでは...

バドミントンの試合で緊張!緊張を受け止めて試合に勝つには

バドミントンの試合の前、どうしても緊張をして体がカチカチになってしまう人もいるのではないでしょうか。...

ご祝儀の金額、部下へ贈る場合はいくら包むべき?ご祝儀マナー

結婚式に出席する際に悩むのがご祝儀の金額。特に上司として部下へ贈る場合、いくら包むべきか頭を悩ませて...

色の種類を漢字で書く時はどんな文字で表すの

色の種類は赤、青、黄色など、シンプルに表現するのなら、数十種類程でしょう。しかし、さらに細かく漢...

男性の結婚式の服装マナー。夏の結婚式で覚えておくNGスタイル

夏の結婚式に招待された場合には、男性はどのような服装が相応しいのでしょうか。そこで、夏の結婚式に...

結婚式なのにふくさがないのはNG?ふくさのマナーと代用品

結婚式に出席するときは、ふくさにご祝儀を包んで持参します。ですが、ふくさを用意しておらず、手元にふく...

お祝いのお返しに商品券は大丈夫?商品券を贈る際の注意点

出産祝いや入学祝い、進学祝いなどのお祝いをもらうと、その都度お返しの内祝いを用意します。何度...

バレエは基礎が大事!子供のうちからしっかり見付けさせよう

バレエの基礎を続けるのは子供でもしんどいもの。でもバレエこそ基礎が一番大事で、基礎がしっかりして...

友人への出産祝いに贈るお金の相場とお祝いのマナーを解説

友人が赤ちゃんを出産した時、出産祝いを贈ろうと考えますよね。ここで気になるのが、出産祝のお金の相場で...

No Image

【男性の服装】平服とカジュアルの違い。二次会の正しい服装選び

結婚式の二次会の案内が来た時に悩むのが、どんな服装で行けば良いのだろうかということではないでしょうか...

スポンサーリンク

卒業式の母親の服装は式典に相応しいものを

お子さんもどんどん大きくなると、入学式を終えたかと思ったら、今度は卒業式です。子供も大きくなり、今度は卒業式かなんてため息や喜び、あなたの心の中にも忙しさや嬉しさがあると思います。

卒業式では落ち着いた色を選ぶこと

入学式はお子さんも可愛らしかったですし、お母さんもパステルカラーのワンピースなどが相応しい場になります。ですが、卒業式となると、より落ち着いた色、黒系のスーツやワンピースを着ましょう。

もしかしたら、会場の気温調節が難しい時期かもしれません。ですので、ジャケットも持参した方が体温調節を図れます。フォーマルなワンピースにプラスして、それに合うジャケットを着て出席しましょう。

派手な格好をしても浮くだけです。周囲の方も入学式とは違い、より落ち着いた色を選んで、卒業式に出席すると思います。スカートやワンピースにしても、足は隠れる長さにしましょう。

あまりイケイケな格好ではなく、品のある格好が好まれます。

卒業式の母親の服装にアレンジの利くセットスーツもおすすめ

お子さんがいると、入学式が来たかと思うと、次は卒業式、親の方も入学式にも卒業式にも両方着れる服があると、助かるのが忙しい毎日を切り抜ける本音だと思います。

あなたが、ワンピースにこだわらず、セットスーツが好きな方なら、うまくコーディネートをして、入学式はこんなコーディネート、卒業式は別のコーディネートにするなど、工夫する事もできると思います。

それにネックレスやイヤリングなど、別の物を取り入れれば、いつも同じ格好ではなくなります。ストッキングの色も変える、バッグもいつくか持っていれば、卒業式も入学式も全く同じ格好ではなくなります。

結婚前に派遣や正社員で働いていた方なら、先方からセミフォーマルな格好を求められる時にセットスーツを着る機会も多いと思います。入学式や卒業式にそれをアレンジして着るのも手です。結婚、出産を経験しても働きたい方なら、セットスーツも職場で着用できますね。ただ、色だけには注意しましょう。

お仕事でも使える着回し抜群のスーツ

結婚、出産を経験した後も、女性の方も正社員ではないかもしれませんが、働ける時代です。そうすると、職場で着る服装が、子供の入学式や卒業式でも着れたりします。

ただ、職場でも着れる物を購入するとなると、やはり、「ドレスコード」は確認するべきです。大体の職場は、黒や紺、深い色をした青など、一般常識範囲内でのスーツの着用が求められます。

入学式や卒業式の時だけ着るなんて勿体無いとも思いますよね?確かにそうです。でも、そうであっても、色だけは、職場でも着れる物を選んで下さい。白が許可されている職場もあるとは思いますが、それも職場によりけりです。職場でのドレスコードも確認した上で、子供の入学式や卒業式にも着れる物を選ぶのが、より賢い選択だと思います。

スーツは職場と兼用でも良いと思いますが、他のバッグなどは、やはり特別な物を用意するべきです。結婚式などでも身につけられるパール関連のアクセサリーも職場では着ないと思いますが、用意すべきです。

卒業式の母親の服装は上品さを大切に。靴とバッグの選び方

入学式、卒業式、共に母親の服装には、上品さが求められます。女性としての上品さを引き立てる為にも、ワンピースやスカートを着るべきです。プラスして、靴やバッグもその「上品さ」に似合う物を揃えて、バランスを取りましょう。

卒業式はヒールの高さに注意する

あまり高すぎるヒールは卒業式に履くべきではありません。ヒールの高さも5cmが限度です。日頃からヒールが高い靴に慣れていない方は、わざわざ高いヒールを選ぶことも無いとは思います。でも、いつも履き慣れている方は、いつもより少し低いヒールを履くよう、心がけましょう。

卒業式のバッグはできるだけ無地が良い

バッグでも上品さは出ます。できるだけ落ち着いた色で、柄もワンポイントくらいで十分です。入学式も卒業式も主役は子供です。親はあくまでも見守るのが役目です。バッグも目立つ物ではなく、柄もあまりない物を選びましょう。上品さで勝負をしましょう。

卒業式では寒さ対策も忘れずに

卒業式のこの時期、日本のどの地域でも、恐らく会場では「寒さ」を感じやすくなります。まだ冬ですし、肌寒さを感じるのは当然です。

地域によっても違うとは思います。天気予報などをチェックして、寒さが予想される場合は、調節ができる限り、まずは、内側に着る物を一枚多く着ましょう。他にも、カイロやストールを持参する、スリッパも持っていくなど、足も寒さから守るなどの対策はできます。

貼るカイロをジャケットに貼るなどの対策もできますが、やけどには気をつけて下さい。厚手のタイツを履く、ホッカイロを貼る部分もお腹にするなど、寒さを感じやすい部分を何かで羽織る方法もお薦めです。

卒業式に、母親として、どんな服装をするべきなのか、色やスタイルについて上記の記事で説明しました。寒い時期なので、服装だけではなく、防寒対策もしっかりするべきです。卒業式のシーズンは大体の場合、冬なので、寒さが予想されます。ホッカイロを使う、スリッパも持参する、タイツを履く、ストールも首に巻くなど防寒対策もしっかりとして出席して下さい。また、パールなどの高級さを意識したアクセサリーも身に着けるべきです。ただ単純に品のある服装をするだけではなく、アクセサリーもアクセントにして、素敵なお母さんを卒業式で演出して下さい。洋服選びな上手なお母さんです。