住所の正式な番地の書き方!縦書きをする際には注意が必要

ハガキや封筒に縦書きで宛名や住所を書く時、番地の書き方に注意をしていますか?

宛名書きをする場合には、普段とは違った数字のルールが存在しています。またマナーとしての書き方と郵便局が例としている書き方にも違いがあります。

どのような場面で書くのかによって、使い分けが出来るように、知識を身につけて今後に役立ててください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

春の飾り付けを折り紙を使ってするのなら、これがおすすめ

春は明るく希望に満ちた季節ですよね。そんな明るい気持ちをより明るくするために飾り付けで盛り上げる...

スノボ初心者の滑り方!知っておくと上達する滑り方のコツ

初めてスノボをするというスノボ初心者は、まず何から練習すればいいのか悩む方も多いと思います。そこ...

ゴミ出しの時間は朝何時が常識?ゴミ出しの時間帯とルール

ゴミ出しの時間は朝なのはわかっていても、いったい何時から何時までに出すべきなのか、明確な時間がわから...

剣道の小手は自宅でも洗えます!洗い方や汚れの原因について

子供が剣道を習い始めたら、防具や小手が洗えるのかどうか?その洗い方については、お母さんにとっては気に...

テニスの練習メニューが楽しいと上達に繋がる!初心者でもできる

テニスの練習メニューが楽しいと感じられるようになると、テニスのレベルが上ってきたということでしょう。...

高校の合格祝いはいつまでに渡すといい?合格祝いについて

知り合いや親戚が高校に進学する場合、合格祝いはいつまでに渡すと良いのでしょうか。高校の進学に...

入学式の服装のポイントは?注意が必要なママの服装について

入学式は子供が主役!わかっていてもやっぱりママの服装も気になるところですよね。目立ち過ぎを気にするあ...

野球の練習メニュー【中学生編】決め方や強くなるためのポイント

野球の練習メニューについて中学生の場合には、どんな練習をするべきか指導者を任されて悩む人は多いです。...

【営業】電話の折り返しのマナーやコツとこないときの対処法とは

営業マンは毎日取引先などへ電話をかけることが多いですが、その際に折り返し電話をかけることも多いですよ...

スーパーのレジでカゴ詰めの作業は大変だった!テクニックを紹介

スーパーでレジ打ちの仕事をしている人の悩みの一つにカゴ詰めの作業がありますね。買い物カゴには...

飲食店のキャンセル料は払わないといけない?キャンセル料とは

飲食店のキャンセル料が発生するのは、何日前から?払わないと請求される?友達と一緒にご飯を食べ...

兄弟の結婚祝いはいつ渡す?という疑問を解決!相場も紹介

親族の結婚式、特に兄弟の結婚式は特別な思いがあるのではないでしょうか?もちろん結婚祝いを渡すでしょう...

塩でお清めができるのはなぜ?塩を使う意味とお清めの方法

お葬式などに参列したあとに、塩を使いお清めをすることもありますよね。でも、なぜ塩を使ってお清めをする...

お車代の相場は?葬儀に僧侶にお渡しするお車代について

葬儀に僧侶に来ていただいたら、お布施だけではなくお車代もお渡しするのが一般的です。そこで気に...

【洋食マナー】ライスを食べる時のフォークの使い方と食べ方

洋食でのマナーで悩むのが「ライスの食べ方」ではないでしょうか。洋食ではフォークとナイフと使って食...

スポンサーリンク

縦書きの住所、番地の書き方には注意が必要

年賀状などハガキや縦型の封筒に宛名やあて先を書く際は縦書きに記入する人が多いと思います。
たまにハガキでも横書きで書かれているものもありますが、正式に出そうと思ったときは縦書きで出すのがいいでしょう。

住所の番地などに数字を使いますよね。
今までもらったハガキの中には1、2のようなアラビア数字を使って書いている人、一、二のように漢数字を使っている人様々でした。

縦書きの正しい数字の使い方は漢数字

三丁目二番地一号のように使ってください。
漢数字の使い方にも気をつける点があるのでみてみましょう。

住所であれば二桁の12のようなときがありますよね。その際は一二と書いても十二と書いてもきちんと配達はされます。
ですが、縦書きにしたときに一二の場合だと、書き方や見方では三に見えてしまいますよね。

ですので、一番いいのはきちんと一と二のスペースを空けてキレイに書き見やすいようにすることです。

自信がない方や確実に届けたい人は、十二と書くと読み間違いが起こることがほとんどないのでいいですね。

また、一をつかうか十を使うかは統一してしたほうがいいです。例えば14は一四と書いても読み間違いはありません。
しかし先に十二と書いたなら、14も十四と書くようにしたほうが統一感があって読みやすいと思います。

また、住所に使われる数字が三桁のこともあると思います。
その際は十とは違い「百」や「千」は使わないで書きましょう。

縦書きのハイフンを使った住所の番地の書き方

送られてくる郵便物の住所を見ていると○丁目○番地が省略されてハイフンで表されているものがよくありますよね。

基本的には横書きのときに使われることが多いのですが、もちろん○丁目○番地を省略してハイフンで住所を書いても問題はありません。

また、手書きの場合ノと書いてあるものもありますが、みやすさという点からハイフンのほうをおすすめします。

縦書きで漢数字を使うことは基本ですが、もしアラビア数字で書いてしまったときにハイフンを使ってしまうと1とハイフンの区別もつきにくく見づらくなってしまいます。
その時には、ハイフンで省略せずに○丁目○番地としっかりと書くようにするといいですね。

正式な住所の番地の書き方について

ところで自分の住所を知らない人はいないと思いますが、正確な住所を知っていますか。

正確な住所は住民票を見るとわかる

ずっと同じ家に住んでいる方は知る機会も少ないですが、引越しの多い方だと住所の表記の仕方の違いに気づいている方もいるかもしれません。

例えば、「○○番地○」「○○番地の○」のように普段は番地の後に「の」をつけていなかったけど正式には「の」がついていたというようなことがあります。

ほかにも実際に私が住んだことのある地域で「○条◎丁目△番地□」の○のみ漢数字のところもありました。
住んでいるのがアパートやマンションの場合アパート名の名前の後にハイフンがはいってから○号室と書くものもありましたし、室がつかずに○号で終わるものがありました。

住民票を取りに行く機会はなかなかないかもしれませんが、市役所などに行く機会があれば一通とっておくのもいいですね。
正しいと思っていた自分の住所が実は違ったということもあるかもしれませんね。
また、正しいものを知っていれば契約書など重要な書類に住所を書くときにも役に立ちそうですね。

このように地域によって住所の表記の仕方が異なるので、仕事や目上の方などきちんと書きたいといったときは省略せずに書くように心がけましょう。

郵便局が例としてあげている縦書き住所や番地の書き方

これまで、縦書きの場合は漢数字か好ましいということを紹介してきました。
では実際配達をしてくれる郵便局ではどのような書き方を推奨しているのかをみていきますね。

郵便局ではアラビア数字の使用をした書き方が紹介されています。
その際は番地などを省略してハイフンで書いてもかまいません。

先ほども言いましたが、12のような数字を縦書きで漢数字でかくと一二と見づらいためアラビア数字で書くことが推奨されているのだと思います。

だからといって漢数字で書くのがだめというわけではありません。

もし漢数字で書くときは、一文字一文字丁寧に書くことと、数字と数字の間隔を適度にあけるように気をつけましょう。

今まで私が実際にアラビア数字も漢数字もそれぞれ使ってハガキを出したことがありますが、返ってきたり、間違って届いた経験もありません。

ですが、配達してくれる方のことを考えて、「どうしても!」というとき以外はアラビア数字を使って書くのもいいのかもしれませんね。

住所の番地の書き方やその他の注意点

住所の番地の数字の使い方について書いてきましたが、最後に住所の書き方や宛名を書く際の注意点を紹介しますね。

住所や文字の大きさによっては一行におさまらないときがありますよね。
そんな時は、無理やり一行におさめる必要はありません。

住所は改行して二行で書きましょう

改行する場所に注意
「○丁目△番地□」とあった場合、丁目や番地の途中で改行しないようにしましょう。
最後まで書いて、建物名から改行したほうが区切りもよく見た目にも読みやすいのでおすすめします。

そこまで長い住所はあまりないかと思いますが、二行でおさめるようにするといいですね。

住所は間違いなく正確に書くように心がけましょう

先ほども言ったように地域によって住所の表記の仕方が異なります。
住所が正しく書かれていないと、相手によっては指摘を受けることにもなるそうです。

仕事で住所を書く際には正式な漢数字で書くことも忘れないようにしましょう。

会社の取引先や重要な書類を出す際には、きちんと正確に住所を書くようにしましょうね。
そして、相手先に失礼のないように漢字の間違いや脱字に気をつけて書きましょう。

友達に手紙をだすなど私用で書く際は、見やすさを重視してアラビア数字をつかったりハイフンで省略してもいいですね。