握力を鍛えるメリットを理解して、たくましい前腕を手に入れよう

たくましい腕になるために、握力を鍛えて前腕を太くしたいと考える男性も多いでしょう。

しかし、握力を鍛えることで得られるメリットは、前腕が太くなるだけではありません。その他にもいろいろなメリットはあるのです。

今回は握力を鍛えることによって得られるメリットについて説明します。握力は年齢とともに低下していきます。それを防ぐためにも鍛えるようにしましょう。

また、握力を鍛えるためには「ハンドグリップ」を使ったトレーニング方法がおすすめです。ジムに通うわずに握力を効果的に鍛えてみませんか?

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

バスケとミニバスケの違いとは?中学校で活躍する方法

バスケとミニバスケにはどのような違いがあるのでしょうか?小学生のミニバスから中学校のバスケ部に入ると...

No Image

いとこの結婚式を欠席!欠席連絡のタイミングとご祝儀について

いとこの結婚式に招待されていても、予定が合わない・遠く出席できないなど、結婚式を欠席しなくてはならな...

袱紗には慶弔両用の色があります!袱紗を使用する際の注意点

お祝い事や、お悔やみ事で使用する袱紗。社会人のマナーとして用意をしておくのが良いでしょう。し...

バブル時代の給料平均からみる今では考えられない仰天エピソード

今では考えられないあのバブル時代。給料の平均をみても、新卒の新入社員でさえかなりの高額を手にして...

スノーボード初心者への教え方!楽しく安全に滑る基本のステップ

スノーボードを初めて滑るという方には、何から教えれば良いのでしょうか?まず、初心者は転倒が多くな...

結婚式で荷物を預けるクロークの活用法とサブバッグの選び方

遠方での結婚式の場合には、荷物が多くなることもあります。結婚式の会場にたくさんの荷物を持って行く時に...

トレーニングのメニュー。組み方の基準は自分の予定に合わせる

トレーニングのメニューを、理想で組んではなりません。組み方は『自分が無理せず行える日数』をし...

ご祝儀の金額、部下へ贈る場合はいくら包むべき?ご祝儀マナー

結婚式に出席する際に悩むのがご祝儀の金額。特に上司として部下へ贈る場合、いくら包むべきか頭を悩ませて...

ボクシングの過酷なルール「計量」に関する疑問を解決します

ボクシングには様々なルールがありますが、計量もそのひとつ。ボクシングは体重によって階級が細かく分...

スクワットの重量の平均は何kg?自分の体重に合わせて始めよう

ジムなどでバーベルスクワットに挑戦する場合、重量は何kgにすればいいのかわからない人も多いのではない...

少年野球の練習を見る時の服装!保護者は控えめな装いがベスト

子供の少年野球の練習を見に行く時、あなたは服装に気をつけているでしょうか。たとえ子供が一生懸命に...

結婚式の持ち物をご紹介!男性ゲストの必要最低限の持ち物とは

結婚式の持ち物はどのようなものが必要なのでしょうか、結婚式に大きなバッグを持ち込むのはマナー違反。そ...

運動は食前にする?それとも食後?運動を行うタイミングについて

運動するなら、効果を最大限にする方法で行いたいですよね。運動って、食前にするべきなのでしょう...

卓球のスマッシュが入らない時に考えられる原因と対策について

卓球のスマッシュが入らない!チャンスボール!ここで決めたい!そう思うと、意識しすぎて...

妊娠報告に伝えたい言葉!友達におめでとうの返事をするときは

友達から妊娠報告があり、どんな返事をしようか悩むことがあります。妊娠報告への返事をするときは、知って...

スポンサーリンク

握力を鍛えることで得られるメリットはたくさんあります

握力を鍛えることで得られるメリット

握力の数値が一番高いピークの年齢は決まっているということをご存知ですか?

文部科学省の調査によると、成人男性の握力の平均は約50kg、女性が30kg程度だという結果が出ています。

ピークを迎える年代は男性は30代前半、女性は40代前半です。

重いものを持ち上げるには腕の力が必要ですが、必要なのは腕力だけではなりません。

握力も必要なのです。

握力をトレーニングすれば結果的に重いものを難なく持ち上げることが可能になります。
我が家でも子供と一緒に毎晩寝る前に握力トレーニングをしています。

瓶のふたが開かなくて困る時があるので、子供と一緒に握力が強くなったら何かと便利そうです。

握力を鍛えるメリットは、スポーツの種類によっても違います

そもそも握力とは、手でものを握るときに使う力のことをいいます。

握力を鍛えるメリットは、スポーツの種類によっても違います。

握力を鍛えると、日常生活では硬いビンの蓋でも楽々で開けられるようになることもありますが、野球や柔道などスポーツの種類によっても握力を鍛えるメリットは違うのです。

例えば野球であれば、握力が上がることでバットを強くしっかり握ることができ、結果としてバットコントロールまで上達させることが可能になります。

また柔道では相手の道着をしっかりとつかみ合うシーンをよく見かけますよね。

道着を掴むことは柔道ではとても大切なことです。道着をしっかりとつかめる握力があれば、試合により集中することができるので勝率もあがるでしょう。

最近人気のクライミングも握力がとても大切です。

クライミングをやったことがある人なら、経験があると思いますが、クライミングでは痛くなるほど握力と腕力を使いますよね。

握力、腕の力で自分の体重を支えるため、クライニングには必須の筋力と言えます。

3つの種類の握力を鍛えないと、メリットを得ることはできません

握力にはいくつかの種類があり、「ピンチ」「クラッシュ」「ホールド」はどれも鍛えるべき筋力です。

  • ピンチは、手のひらに触れずにものを持つ、つまむ力のことを指します。洗濯ばさみをピンチとも言いますよね。指先でものをつかみ、離さない力のことです。野球やバスケットボールなどボールを使ったスポーツの投げる動きに直結する力です。
  • クラッシュは、握る力です。テレビでリンゴを握りつぶすシーンを見たことがありますよね。あのときに使っているのが握力です。また体力測定などのときに握力計で計測しているのがクラッシュ力です。ちなみにゴリラの握力は推定500キログラムだと言われています。
  • ホールドはその名の通り、ものを握ったままで保つ力のことを言います。例えば買い物袋を持っているときに手が痛くなって限界を感じてしまうのがホールド力になります。ボルダリングなどので岩に指をかけて耐える力もこちらのホールドになります。

以上の3つの力を鍛えることで、日常生活はもちろん、スポーツにも役立つ握力を得ることができます。

握力を鍛えるためには「ハンドグリップ」がおすすめです

ハンドグリップを使った握力の鍛え方やコツ

今や100均でも売っているハンドグリップ。このハンドクリップを使うと、握力の強化だけではなく、手首を鍛えることもできるんだそうです。

先程も書きましたが、我が家にもクラスでワースト3に入るほど握力の弱い子供がいるので、早速100均で買ってきましたが、思っていた以上に効果があるようです。

ちなみに100均には子供でも使える弱いものから強いものまで種類も豊富に揃っているので、ぜひ立ち寄ったときにはチェックしてみてください。

ハンドグリップの効果

コスパも最高のハンドクリップで握力を鍛えると筋肉が付き、握力を強くすることができます。

さらに手首も鍛えられるので、重い荷物を持つのがしんどいという人にもとても役立ちます。

また握力を鍛えることで手先も器用になります。

最初は弱いものから徐々に始めて、慣れてきたら強度を上げていきましょう。

握力アップを目指すなら、毎日トレーニングしましょう

先ほど、握力を着けるためには「ハンドグリップ」がおすすめだと書きましたが、トレーニングの頻度も気になりますよね。

前腕は他の部位よりも回復力が強い筋肉だと言われています。

通常、筋トレをする場合は、部位によっては回復力が弱いため1日おきなどでトレーニングした方がよい場合もありますが、前腕は腹筋などと同じように直ぐに回復するため、毎日鍛えてもまったく問題ありません。

また、筋肉痛にはなりにくい部位ですが、もしも筋肉痛になった場合は休むことが必要です。

ダンベルを使ったトレーニングや指腕立て伏せをすることも、本格的に握力を鍛えたいならおすすめですが、毎日続けるには、手軽な方法が良いですよね。

ハンドクリップを続けることはもちろん、お風呂のときに手を握ったり開いたりを繰り返すだけでも多少の効果が得られるようです。

またギュッとこぶしを握りしめて360度手首を回す方法や、タオルをこれまたギュッと絞ることでも握力を鍛えることができます。

また自分の両手の指を揃えて組んで両方の外側にゆっくりと引っ張ることを繰り返すという方法も有効です。

これなら続けやすいですよね。