バスケ【試合のコツ】活躍するために今からあなたができること

バスケの試合のコツというと、シュートやドリブルを上達するための練習が浮かんでいませんか?
では、まずどうしてあなたがバスケの試合で活躍できないのかを考えてみましょう。
バスケの試合で活躍するためには何が大切なのかを見直すことで、何を練習するべきかが見えてくるはずです。

そこで、バスケの試合で活躍するためのコツについて、活躍するために大切なことやそのための技術、そしてそれを達成させるための基本単位の重要性、またシュートチャンスを生み出すための練習などお伝えしていきましょう。

これで、試合で活躍するために大切なコツがわかり、今日からさらに磨きをかけた練習ができるでしょう。ぜひ頑張ってください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

サッカーのパスの受け方・パスとトラップの正確な技術を習得

サッカーをしている人の中には、パスの受け方がわからずに上手にパスをもらうことができない人もいるのでは...

結婚式の子供のご祝儀の目安。決め方とご祝儀のマナー

結婚式に子供と一緒に出席する場合に悩むのが、ご祝儀はどうしたら良いのか、ということではないでしょうか...

パイロットの訓練は厳しい!その厳しさは機長になっても続く

制服姿がカッコいい、男性だけでなく女性も憧れる職業の一つパイロットですが、その訓練はやはり厳しいもの...

バレエのコンクールに出場する時に先生に渡すお礼の相場と考え方

お金がとにかく掛かることで有名なバレエ。 普段の月謝や衣装代だけでもお金が掛かる上、コンクール出場...

卓球のラケットの特徴【ペンタイプ】ペンホルダーについて解説

これから卓球を始めようと思ってる人の中には、どんなラケットを選べばいいか悩んでいる人もいるのではない...

野球のピッチャーに必要なトレーニングとストレッチについて

野球のピッチャーは、とにかくトレーニングをする種類と量が多いのです。 ですから、目的意識をもって、...

スキー初心者向けのエッジの研ぎ方や頻度について解説します

スキー初心者であっても、エッジを研ぐことによって滑りは変わると言われていますが、研ぎ方がわからない人...

喪中期間は結婚式の招待を断る?不幸があったときの結婚式マナー

自分の喪中期間に結婚式に招待された場合、結婚式に出席しても良いのか、マナーについて気になるものです。...

縦書きや横書きのときのホチキスの位置とは?止め方を紹介

縦書きと横書き、ホチキスはどの位置に止めるのが正しいのでしょうか?たかがホチキス、されどホチキス。 ...

ご祝儀の金額、部下へ贈る場合はいくら包むべき?ご祝儀マナー

結婚式に出席する際に悩むのがご祝儀の金額。特に上司として部下へ贈る場合、いくら包むべきか頭を悩ませて...

結婚式のサブバッグは100均でも大丈夫?選ぶ際のポイント

結婚式に持っていくバッグ!おしゃれで可愛いものが販売されていますが、どれも小さくて荷物が入り切らない...

新婦の母として出席する時のネイル事情とネイルデザイン

新婦の母として出席する時、服装に合わせてネイルもしようと考えますが、そもそもネイルをしてもマナー違反...

スキーとスノボのウェアの違いと兼用するときの注意点を紹介

スキーとスノボのウェアの違いはそれぞれのスポーツに合わせた機能面です。どちらも寒い雪山のゲレンデで行...

お通夜のお香典の金額の相場と渡す際の注意点

お通夜に参列する場合お香典を準備しますが、いくら包もうかと金額に悩んでしまいます。 お香典の金...

合気道と空手、どっちを習わせようか迷ったら

子供に何か習い事をさせようと思った時に、定番のピアノや水泳、英会話も良いですが、身も心も本格的に強く...

スポンサーリンク

バスケの試合で活躍するためのコツとは

バスケの試合で飛躍するためには大切なコツがあります。

1つ目に「シュート」

試合で活躍しているエースと呼ばれる選手たちはみんなシュート力が高いです。
バスケは試合で点が入らないと意味がありません。そのため強いチームは他よりもシュート力が高いのです。

特に、レイアップシュートやジャンプシュートを練習しシュート力を上げていきましょう。

飛躍するために大切なことの2つ目

バスケはオフェンスとディフェンスを繰り返しながら行うスポーツです。

オフェンスでは得点に繋げるためにドリブルやパスでの攻撃やスピードが勝負となり、どうやって攻めるかがカギとなります。

ディフェンスはいかに相手のオフェンスの動きを阻止し、ボールを自分のチームに上手に回すことが出来るかがポイントになります。

こうした攻撃や守備をしっかり練習することで、得点に繋げることができます。

もし、あなたがバスケの試合で活躍することができない原因が考えられるのであれば、上記のことを参考にして練習をしてみてはいかがでしょうか。

バスケの試合でシュートを打つためのコツ

バスケの試合でシュートを打つためにはコツが必要になります。シュートのコツとしてフォーム、ボールの回転、シュート時の体の向き、シュート後の着地点などがあります。

バスケの試合では近くに相手のディフェンダーがいて味方のパスを受け取ることが出来ないことがあります。このような時はゴール前に走って見ましょう。そうするとディフェンダーはゴール近くでパスを受けると、シュートを決めると思いマークしてきます。そこで急に方向転換して戻るとマークを外しパスを受けることができます。

走るコースがVの字になるのでVカットと呼ばれる動きになります。Vカットは一番使われるカットでペリメーターでパスをもらい、オープンになりたい時に多く使われます。Vカットは選手同士のボディコンタクトが大切になります。

バスケの試合で大切なコツは基本単位の重要性

バスケの試合大切なコツは基本単位になります。シュート力を活かすためのマークを外す技術は、2対2のチームオフェンスによって達成されます。

マークを外すには大きく分けて2つの方法があります。1つはカット、もう1つはスクリーンです。カットやスクリーン、又は両方を使うとマークを外す基本になります。スクリーンを使うにはチームメートとの協力が必要になります。そのため2人いるとマークを外したり、スクリーンを行うなど基本的なプレイをすることができます。

試合でも2対2で攻めるのが基本になります。相手チームのディフェンスが鍛えられていると2対2でマークを外してもヘルプが来ます。しかしヘルプが来ると、ノーマークが出来ているので、ノーマークにパスを出しシュートを打たせます。これが2対2の応用的なチームオフェンスになります。

バスケの試合でシュートチャンスを生み出すためには

バスケの試合でシュート素早く打てる態勢でボールをもらうようにしましょう。ボールをもらいチャンスが来ても、シュートを打つことができないと意味がありません。

シュートを打つことが出来ない原因としてシュートまでの動作が遅いことがあります。シュートを多く打つ選手は、ボールをもらってからシュートを打つまでの動作がとても早いです。そのためシュートを打つまでの動作を早く出来るように練習をしましょう。

シュートを打つ動作が早い選手は1秒かからずに打ちます。いきなり1秒で打つようになるのはとても難しく、フォームが乱れてしまうので練習をしてシュートの時間を短く出来るように練習をしましょう。

2つ目はシュートが打てる態勢でボールをもらえていないことです。ディフェンスが一番警戒するのはシュートです。ディフェンスもシュートを打たせないようにプレッシャーをかけて守ります。そのためボールをもらう前からシュート態勢でいる方がシュートを打つまでの時間が短くなります。たくさのシュートチャンスを掴み点を獲得出来る選手を目指しましょう。

バスケを好きな気持ちを忘れずに試合を楽しみましょう

誰しもバスケをしていると上達したいと思いますよね。バスケが上手くなりたいと思うなら、純粋に楽しみたいという気持ちを忘れないことが大切です。

好きだとプレーを楽しむことも出来ますし、上達も早くなります。選手になると厳しい練習を毎日します。しかし練習を苦痛と思うか、上達するために又は自分の目標のために練習をするかで変わってきます。バスケをいかに好きになれるかで上達の仕方も変わってきますし、目標も変わります。好きなことはいつまでも頑張る事ができます。