バスケ【試合のコツ】活躍するために今からあなたができること

バスケの試合のコツというと、シュートやドリブルを上達するための練習が浮かんでいませんか?
では、まずどうしてあなたがバスケの試合で活躍できないのかを考えてみましょう。
バスケの試合で活躍するためには何が大切なのかを見直すことで、何を練習するべきかが見えてくるはずです。

そこで、バスケの試合で活躍するためのコツについて、活躍するために大切なことやそのための技術、そしてそれを達成させるための基本単位の重要性、またシュートチャンスを生み出すための練習などお伝えしていきましょう。

これで、試合で活躍するために大切なコツがわかり、今日からさらに磨きをかけた練習ができるでしょう。ぜひ頑張ってください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

合気道と空手の違い!子供に習わせたい時の判断基準と特徴を解説

子供に武術を習わせたいと思っているお母さんの中には、合気道と空手のどちらを習わせたら良いか迷っている...

日本のマナーは食事から始めるとより良いです

日本においてマナーは「作法」とも言われ、食事に関しては箸の扱い方や物の食べ方などにおいていくつかルー...

問い合わせ電話のかけ方!ビジネスマナーを知って印象良い電話を

取引先やお得意さんに問い合わせの電話をかける時、まだ電話をかけ慣れて居ない人はかけ方についてあまり良...

結婚式披露宴の時間に間に合う余裕を持った受付到着時間をご紹介

結婚式の披露宴に招待をされたら、余裕を持った到着時間を設定してください。開始時間ギリギリの到着や受付...

卓球のダブルスのサーブは対角線に入れるように打つのがルール

卓球にはシングルスとダブルスがありますが、この2つにはサーブを打つ時のルールが違います。ダブルスでサ...

兄弟の結婚祝いはいつ渡す?という疑問を解決!相場も紹介

親族の結婚式、特に兄弟の結婚式は特別な思いがあるのではないでしょうか?もちろん結婚祝いを渡すでしょう...

遠方の葬儀に子連れで参列する時の判断基準と子供の服装・マナー

遠方で葬儀が行われるとき、子供を連れて葬儀に参列すること、特に小さい子供を連れて葬儀に参加するのはと...

韓国はご飯を残すのが当たり前!他にも合った驚きのマナーとは

韓国に行ったことがあったり、ドラマなどの食事のシーンを見ていて驚いたことはありませんか?日本...

結婚式の子供のご祝儀の目安。決め方とご祝儀のマナー

結婚式に子供と一緒に出席する場合に悩むのが、ご祝儀はどうしたら良いのか、ということではないでしょうか...

結婚で転職する男性へ成功させるための大切なポイントを紹介

結婚を機に転職を考える男性は少なくありません。例えば、収入面や会社の将来性など自分一人なら問題なかっ...

スノボ初心者の滑り方!知っておくと上達する滑り方のコツ

初めてスノボをするというスノボ初心者は、まず何から練習すればいいのか悩む方も多いと思います。そこ...

職場で独り言いわないで!注意する時のコツって?対処法とは

職場で独り言を言う人がウザい!本人はどうして心の声をいちいち口に出して言うのかな?注...

剣道の小手は自宅でも洗えます!洗い方や汚れの原因について

子供が剣道を習い始めたら、防具や小手が洗えるのかどうか?その洗い方については、お母さんにとっては気に...

化粧をしない女性は社会人としてマナー違反?化粧に対する考え方

「化粧をしない女性は社会人としてマナー違反だ」という議論が世の中を騒がせていますが、女性が化粧をしな...

初心者必見!テニスのオーバーグリップテープの替え時と巻き方

テニスを始めたらオーバーグリップテープという言葉を耳にするようになります。テニスのグリップには、元々...

スポンサーリンク

バスケの試合で活躍するためのコツとは

バスケの試合で飛躍するためには大切なコツがあります。

1つ目に「シュート」

試合で活躍しているエースと呼ばれる選手たちはみんなシュート力が高いです。
バスケは試合で点が入らないと意味がありません。そのため強いチームは他よりもシュート力が高いのです。

特に、レイアップシュートやジャンプシュートを練習しシュート力を上げていきましょう。

飛躍するために大切なことの2つ目

バスケはオフェンスとディフェンスを繰り返しながら行うスポーツです。

オフェンスでは得点に繋げるためにドリブルやパスでの攻撃やスピードが勝負となり、どうやって攻めるかがカギとなります。

ディフェンスはいかに相手のオフェンスの動きを阻止し、ボールを自分のチームに上手に回すことが出来るかがポイントになります。

こうした攻撃や守備をしっかり練習することで、得点に繋げることができます。

もし、あなたがバスケの試合で活躍することができない原因が考えられるのであれば、上記のことを参考にして練習をしてみてはいかがでしょうか。

バスケの試合でシュートを打つためのコツ

バスケの試合でシュートを打つためにはコツが必要になります。シュートのコツとしてフォーム、ボールの回転、シュート時の体の向き、シュート後の着地点などがあります。

バスケの試合では近くに相手のディフェンダーがいて味方のパスを受け取ることが出来ないことがあります。このような時はゴール前に走って見ましょう。そうするとディフェンダーはゴール近くでパスを受けると、シュートを決めると思いマークしてきます。そこで急に方向転換して戻るとマークを外しパスを受けることができます。

走るコースがVの字になるのでVカットと呼ばれる動きになります。Vカットは一番使われるカットでペリメーターでパスをもらい、オープンになりたい時に多く使われます。Vカットは選手同士のボディコンタクトが大切になります。

バスケの試合で大切なコツは基本単位の重要性

バスケの試合大切なコツは基本単位になります。シュート力を活かすためのマークを外す技術は、2対2のチームオフェンスによって達成されます。

マークを外すには大きく分けて2つの方法があります。1つはカット、もう1つはスクリーンです。カットやスクリーン、又は両方を使うとマークを外す基本になります。スクリーンを使うにはチームメートとの協力が必要になります。そのため2人いるとマークを外したり、スクリーンを行うなど基本的なプレイをすることができます。

試合でも2対2で攻めるのが基本になります。相手チームのディフェンスが鍛えられていると2対2でマークを外してもヘルプが来ます。しかしヘルプが来ると、ノーマークが出来ているので、ノーマークにパスを出しシュートを打たせます。これが2対2の応用的なチームオフェンスになります。

バスケの試合でシュートチャンスを生み出すためには

バスケの試合でシュート素早く打てる態勢でボールをもらうようにしましょう。ボールをもらいチャンスが来ても、シュートを打つことができないと意味がありません。

シュートを打つことが出来ない原因としてシュートまでの動作が遅いことがあります。シュートを多く打つ選手は、ボールをもらってからシュートを打つまでの動作がとても早いです。そのためシュートを打つまでの動作を早く出来るように練習をしましょう。

シュートを打つ動作が早い選手は1秒かからずに打ちます。いきなり1秒で打つようになるのはとても難しく、フォームが乱れてしまうので練習をしてシュートの時間を短く出来るように練習をしましょう。

2つ目はシュートが打てる態勢でボールをもらえていないことです。ディフェンスが一番警戒するのはシュートです。ディフェンスもシュートを打たせないようにプレッシャーをかけて守ります。そのためボールをもらう前からシュート態勢でいる方がシュートを打つまでの時間が短くなります。たくさのシュートチャンスを掴み点を獲得出来る選手を目指しましょう。

バスケを好きな気持ちを忘れずに試合を楽しみましょう

誰しもバスケをしていると上達したいと思いますよね。バスケが上手くなりたいと思うなら、純粋に楽しみたいという気持ちを忘れないことが大切です。

好きだとプレーを楽しむことも出来ますし、上達も早くなります。選手になると厳しい練習を毎日します。しかし練習を苦痛と思うか、上達するために又は自分の目標のために練習をするかで変わってきます。バスケをいかに好きになれるかで上達の仕方も変わってきますし、目標も変わります。好きなことはいつまでも頑張る事ができます。