化粧をしない女性は社会人としてマナー違反?化粧に対する考え方

「化粧をしない女性は社会人としてマナー違反だ」という議論が世の中を騒がせていますが、女性が化粧をしないで外出するのは本当にマナー違反なのでしょうか。

世の中で化粧をするのは大半が女性です。朝の出勤前、忙しい時間にメイクをする時間を取るのはなかなか大変なものです。

そこで今回は、女性の化粧がマナー違反になるのかと、化粧をすることについての女性の声をお伝えします!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

年賀状に書く結婚式後の一言!上司や親戚、友達への添え書き

結婚式後の年賀状には印刷された文面以外にも一言を添えたほうが良いのでしょうか?ついつい沢山の...

大学生の面接時の荷物はどうするのか、面接の流れを追って解説

就職活動をしている大学生は企業の面接を受ける機会があるでしょう。面接のタイプは企業によって様...

卒業式に相応しい服装選び。母親のコーディネートのポイント

お子様の卒業式に、母親はどのような服装で出席すれば良いのかお悩みの方はいませんか?卒業式での服装は上...

結婚式のサブバッグは100均でも大丈夫?選ぶ際のポイント

結婚式に持っていくバッグ!おしゃれで可愛いものが販売されていますが、どれも小さくて荷物が入り切らない...

バスケとミニバスケの違いとは?中学校で活躍する方法

バスケとミニバスケにはどのような違いがあるのでしょうか?小学生のミニバスから中学校のバスケ部に入ると...

消防士の面接ではどんな髪型がベスト?好印象を与える髪型とは

消防士採用試験は、筆記や体力試験の他にも「面接試験」があります。この3つの試験を突破して晴れて消...

バスケのシュートフォームでチェックしたい足の角度や向き

バスケは綺麗なシュートフォームを身に付けることで、シュート率を上げることができますが、ポイントは「足...

ネクタイの色の選び方とマナー!結婚式は白以外の色もOK

結婚式に初めて出席するとき、ネクタイの色は白でなくてはならないのか、知識がなければわからないものです...

卓球の練習方法【初心者向け】一人で出来る練習や多球練習のコツ

部活で卓球を始めたがなかなかボールが上手く打てない、返球が出来ないなど初心者の人は感じているのではな...

結婚式披露宴の時間に間に合う余裕を持った受付到着時間をご紹介

結婚式の披露宴に招待をされたら、余裕を持った到着時間を設定してください。開始時間ギリギリの到着や受付...

一人暮らしの引っ越しの挨拶はするべき?大家さんへの挨拶について

これから一人暮らしをする人の中には、大家さんに引っ越しの挨拶をするべきかどうか悩んでいる人もいるので...

卓球初心者の練習方法!素振り・壁打ち・球を打つ練習で卓球上達

卓球を始めたばかりの初心者の人の中には、どのような練習方法で練習を行えば上達するのか知りたい人もいる...

柔軟剤の臭いに苦情!キツすぎる臭いはスメルハラスメントに!

洗濯物をいい香りに、ふんわりとした仕上がりにしてくれる柔軟剤。自分の好きな香りのものを見つけて常用し...

御祝儀を兄弟に渡す時期は?ご祝儀マナーをご紹介

結婚する兄弟へ御祝儀を渡す時期はいつがいいのか。今回はこの悩みについてご説明したいと思います。...

同僚の結婚式の断り方のポイントとご祝儀・二次会の断り方を解説

会社の同僚の結婚式に招待された時、予定が合わずに出席することができない・やむを得ない理由で欠席しなく...

スポンサーリンク

化粧をしない女性は社会人としてマナー違反?

女性が化粧をしないで職場に行くのはマナー違反なのか、そうではないのか。
女性の意見としてはだいたい半々ですが、ややマナー違反ではないという意見が上回っているようです。

マナー違反だと思う方は、化粧は相手に不快感を与えない為のマナーだという意見です。化粧をして印象良く見せることは、スーツを着ることと同格のマナーだという考え方です。

それに対して、マナー違反ではないという方は、化粧をしていなくてもきちんとしていれば良いと思うという意見や、客先に行くわけではないので、同僚に綺麗な姿を見せる必要はないという意見がありました。

化粧をするかしないかは、相手が不快に感じるか、そうでないかで判断すると良さそうですね。
若くて美しくみえる方なら、きっと化粧をしていなくても文句など言われないのでしょう。

ただし、化粧をしない方の中には面倒だからしないという方もいます。
そういった方は服装に対しても面倒だからとなりがちですから、社会人としては注意が必要かもしれません。

化粧をしない社会人は成人する前は化粧をするのがマナー違反だった事実

社会人になると、女性が化粧をしないのはマナー違反だと言われたりするようになります。
ですが、学生時代には化粧はNGですよね。
中学校や高校で化粧を勧めることはまず無いでしょう。
校則で禁止されている場合もあるくらいです。

それが、社会人になると途端に「化粧をしていないのはマナー違反」という、見えない圧力にさらされるようになります。

日本では社会人の多くの女性が化粧をしていますが、実はその中の大半の女性は化粧を面倒だと感じているのです。
「化粧していないのはマナー違反」というこの風潮が解かれたら、自分はしないという女性も結構いるのです。

もちろん、自分を素敵に見せてくれるから化粧しているという方もたくさんいます。
私もその1人です。

社会通念上の義務のようなこのルールは、きっと失くすことは難しいでしょう。
どうせ化粧をしなくてはいけないなら、ポジティブに捉えたいなと思います。

化粧をしない社会人の中には「化粧ができない人」もいる

社会人になっても化粧をしないのはマナー違反だと言われても、困りますという方達がいます。

それはただ単に面倒だからではなく、したくても出来ない人たちです。
敏感肌やアトピーなどはもちろん、ストレスなどによって皮膚疾患をかかる人はたくさんいます。

皮膚にトラブルを抱えている人の中には、どんな敏感肌用やドクターズコスメなどの肌トラブルを起こしにくい商品を使っても、全く改善しないという方もいます。
荒れた肌に化粧をするのは、肌トラブルをさらに悪化させてしまうかもしれません。

こういった肌トラブルを抱える方は、無理に化粧をするのは控えたほうが良いでしょう。

また、化粧をしたいけどできないという人の中には、職種的に出来ないという人もいます。
例えば食品工場などで働く方です。
衛生管理の厳しい工場で働く場合には、異物混入などの危機回避のために化粧を禁止している場合もあります。
化粧が面倒な人にとっては、堂々とすっぴんで通勤できますから快適な職場と言えるかもしれませんね。

社会人の女性たちが化粧に悩むリアルな声

社会人女性の多くは化粧をして出勤しています。
しかし、化粧は毎日のことですから悩みもたくさん出てくるが現実です。

一番の悩みは面倒なことではないでしょうか。
朝は忙しい時間ですから、朝ごはんの時間を削って化粧をするなんてことも良くある話です。

また、化粧をしていればそれでOKというわけは無いのも悩みではありませんか?

周りの年上の人たちが薄化粧だと、流行の化粧をしていったら「濃い」とか「若いから」なんていわれてしまいますよね。

だからと言ってすっぴんだと非常識だの色気がないだのと、言われてしまうこともあるかもしれません。

社会人として職場へ化粧していく場合には、職場の人たちの基準によって良し悪しが決まるのも悩むポイントだと思います。

会社には少々地味でダサいくらいが、もしかしたら無難なのかも知れません。

化粧をする時のポイントは?

せっかく化粧をするのなら、楽しくしたいですよね。
化粧の良いところは、コンプレックスを隠してくれるところです。

シミやあざなどはわりと隠せますよね。
コンプレックスが解消されると、自分にも自信が持てるようになって、外出するのも楽しくなります。

また、化粧をするときには他人からの評価よりも、どんな自分になりたいかを基準にした方が楽しめます。

「可愛い印象に」とか「色っぽく」など、願望にそった化粧にチャレンジしてみましょう。
「きっと似合わない」などという思い込みは捨てましょう!
チャレンジして似合わなかったら、別の化粧にすれば良いだけです。

化粧を楽しむためには、流行りものを取り入れるのもおすすめです。
ずっと同じ化粧の仕方では、自分も飽きてきますよね。
ですから、たまには流行の眉毛に変えてみたり、流行のカラーを取り入れてみると、気分も変わってまた化粧を楽しめるようになりますよ。