化粧をしない女性は社会人としてマナー違反?化粧に対する考え方

「化粧をしない女性は社会人としてマナー違反だ」という議論が世の中を騒がせていますが、女性が化粧をしないで外出するのは本当にマナー違反なのでしょうか。

世の中で化粧をするのは大半が女性です。朝の出勤前、忙しい時間にメイクをする時間を取るのはなかなか大変なものです。

そこで今回は、女性の化粧がマナー違反になるのかと、化粧をすることについての女性の声をお伝えします!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

帽子着用時のマナー・男性と女性で違う帽子を被るときのマナー

オシャレのアイテムとして普段から帽子を着用する機会が多いという人もいますよね。帽子が好きでいつも着用...

画家とイラストレーターの違いを比較。仕事内容や収入まで

絵を描く仕事といえば画家やイラストレーターなどありますが、そこにはどんな違いがあるのでしょう。同...

格闘技の試合前のメンタル調整!緊張は決してダメではない

格闘技の試合前、メンタルをどの様に調整することが出来るのか、緊張をするタイプの方は気になりますよね。...

年賀状のコメントなしは失礼になるのかどうか【年賀状のマナー】

毎年の年賀状はいつも年末ギリギリになって準備を始めるという方も多いと思います。そこで気になるのが...

ご祝儀の金額、部下へ贈る場合はいくら包むべき?ご祝儀マナー

結婚式に出席する際に悩むのがご祝儀の金額。特に上司として部下へ贈る場合、いくら包むべきか頭を悩ませて...

スライスの打ち方とは?テニスのスライスを打つコツ

テニスのスライスを打つときにはどのようなことに気をつけたらいいのでしょうか?スライスを打つ時に意識す...

サークルに入ってないと就活で不利?サークルと就活の関係

就職活動中の学生の皆さんの中には、大学でサークルに入っていないという人もいますよね。サークルに入...

【洋食のマナー】魚料理をきれいに食べるコツとテーブルマナー

普段は箸を使う日本人にとって、洋食のテーブルマナーはちょっと苦手という方が多いのではないでしょうか。...

気になっている中国人女性にプレゼントを贈りたい

気になっている女性とお近づきになるのなら、プレゼントも有効な手段のひとつです。しかしその相手が中...

スキーとスノボのウェアの違いと兼用するときの注意点を紹介

スキーとスノボのウェアの違いはそれぞれのスポーツに合わせた機能面です。どちらも寒い雪山のゲレンデで行...

バスケのコツを徹底解説!ディフェンスは攻めることも大切です

部活でバスケをしている人の中には、ディフェンスが上達しないことが悩みだという人もいるでしょう。...

韓国はご飯を残すのが当たり前!他にも合った驚きのマナーとは

韓国に行ったことがあったり、ドラマなどの食事のシーンを見ていて驚いたことはありませんか?日本...

電車で新聞をガサガサするのは迷惑行為?電車内での迷惑行為とは

電車に乗っている時、車内が混雑しているのにもかかわらず新聞をガサガサ広げている人っていますよね。周囲...

スキーとスノボのウェア兼用を考えているならコレがおすすめ

スキーとスノボのウェアは兼用できるものなのでしょうか?どちらもしたいという人にはこのウェアがオススメ...

仕事なのに寝坊した!頭の中は『遅刻VS休む』の大乱闘!

仕事なのに寝坊した!遅刻して出勤するより、休むという選択をした方がビジネス的にもいいと聞きま...

スポンサーリンク

化粧をしない女性は社会人としてマナー違反?

女性が化粧をしないで職場に行くのはマナー違反なのか、そうではないのか。
女性の意見としてはだいたい半々ですが、ややマナー違反ではないという意見が上回っているようです。

マナー違反だと思う方は、化粧は相手に不快感を与えない為のマナーだという意見です。化粧をして印象良く見せることは、スーツを着ることと同格のマナーだという考え方です。

それに対して、マナー違反ではないという方は、化粧をしていなくてもきちんとしていれば良いと思うという意見や、客先に行くわけではないので、同僚に綺麗な姿を見せる必要はないという意見がありました。

化粧をするかしないかは、相手が不快に感じるか、そうでないかで判断すると良さそうですね。
若くて美しくみえる方なら、きっと化粧をしていなくても文句など言われないのでしょう。

ただし、化粧をしない方の中には面倒だからしないという方もいます。
そういった方は服装に対しても面倒だからとなりがちですから、社会人としては注意が必要かもしれません。

化粧をしない社会人は成人する前は化粧をするのがマナー違反だった事実

社会人になると、女性が化粧をしないのはマナー違反だと言われたりするようになります。
ですが、学生時代には化粧はNGですよね。
中学校や高校で化粧を勧めることはまず無いでしょう。
校則で禁止されている場合もあるくらいです。

それが、社会人になると途端に「化粧をしていないのはマナー違反」という、見えない圧力にさらされるようになります。

日本では社会人の多くの女性が化粧をしていますが、実はその中の大半の女性は化粧を面倒だと感じているのです。
「化粧していないのはマナー違反」というこの風潮が解かれたら、自分はしないという女性も結構いるのです。

もちろん、自分を素敵に見せてくれるから化粧しているという方もたくさんいます。
私もその1人です。

社会通念上の義務のようなこのルールは、きっと失くすことは難しいでしょう。
どうせ化粧をしなくてはいけないなら、ポジティブに捉えたいなと思います。

化粧をしない社会人の中には「化粧ができない人」もいる

社会人になっても化粧をしないのはマナー違反だと言われても、困りますという方達がいます。

それはただ単に面倒だからではなく、したくても出来ない人たちです。
敏感肌やアトピーなどはもちろん、ストレスなどによって皮膚疾患をかかる人はたくさんいます。

皮膚にトラブルを抱えている人の中には、どんな敏感肌用やドクターズコスメなどの肌トラブルを起こしにくい商品を使っても、全く改善しないという方もいます。
荒れた肌に化粧をするのは、肌トラブルをさらに悪化させてしまうかもしれません。

こういった肌トラブルを抱える方は、無理に化粧をするのは控えたほうが良いでしょう。

また、化粧をしたいけどできないという人の中には、職種的に出来ないという人もいます。
例えば食品工場などで働く方です。
衛生管理の厳しい工場で働く場合には、異物混入などの危機回避のために化粧を禁止している場合もあります。
化粧が面倒な人にとっては、堂々とすっぴんで通勤できますから快適な職場と言えるかもしれませんね。

社会人の女性たちが化粧に悩むリアルな声

社会人女性の多くは化粧をして出勤しています。
しかし、化粧は毎日のことですから悩みもたくさん出てくるが現実です。

一番の悩みは面倒なことではないでしょうか。
朝は忙しい時間ですから、朝ごはんの時間を削って化粧をするなんてことも良くある話です。

また、化粧をしていればそれでOKというわけは無いのも悩みではありませんか?

周りの年上の人たちが薄化粧だと、流行の化粧をしていったら「濃い」とか「若いから」なんていわれてしまいますよね。

だからと言ってすっぴんだと非常識だの色気がないだのと、言われてしまうこともあるかもしれません。

社会人として職場へ化粧していく場合には、職場の人たちの基準によって良し悪しが決まるのも悩むポイントだと思います。

会社には少々地味でダサいくらいが、もしかしたら無難なのかも知れません。

化粧をする時のポイントは?

せっかく化粧をするのなら、楽しくしたいですよね。
化粧の良いところは、コンプレックスを隠してくれるところです。

シミやあざなどはわりと隠せますよね。
コンプレックスが解消されると、自分にも自信が持てるようになって、外出するのも楽しくなります。

また、化粧をするときには他人からの評価よりも、どんな自分になりたいかを基準にした方が楽しめます。

「可愛い印象に」とか「色っぽく」など、願望にそった化粧にチャレンジしてみましょう。
「きっと似合わない」などという思い込みは捨てましょう!
チャレンジして似合わなかったら、別の化粧にすれば良いだけです。

化粧を楽しむためには、流行りものを取り入れるのもおすすめです。
ずっと同じ化粧の仕方では、自分も飽きてきますよね。
ですから、たまには流行の眉毛に変えてみたり、流行のカラーを取り入れてみると、気分も変わってまた化粧を楽しめるようになりますよ。