化粧をしない女性は社会人としてマナー違反?化粧に対する考え方

「化粧をしない女性は社会人としてマナー違反だ」という議論が世の中を騒がせていますが、女性が化粧をしないで外出するのは本当にマナー違反なのでしょうか。

世の中で化粧をするのは大半が女性です。朝の出勤前、忙しい時間にメイクをする時間を取るのはなかなか大変なものです。

そこで今回は、女性の化粧がマナー違反になるのかと、化粧をすることについての女性の声をお伝えします!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

バレエのコンクールに出場する時に先生に渡すお礼の相場と考え方

お金がとにかく掛かることで有名なバレエ。 普段の月謝や衣装代だけでもお金が掛かる上、コンクール出場...

卓球のラケットの特徴【ペンタイプ】ペンホルダーについて解説

これから卓球を始めようと思ってる人の中には、どんなラケットを選べばいいか悩んでいる人もいるのではない...

ゴミ出しの時間は朝何時が常識?ゴミ出しの時間帯とルール

ゴミ出しの時間は朝なのはわかっていても、いったい何時から何時までに出すべきなのか、明確な時間がわから...

野球のピッチャーに必要なトレーニングとストレッチについて

野球のピッチャーは、とにかくトレーニングをする種類と量が多いのです。 ですから、目的意識をもって、...

卓球のラケットの持ち方!正しい握り方を解説【初心者向け】

卓球のラケットの持ち方は大きく分けて2種類の持ち方があります。卓球初心者にとっては、どちらの方が良い...

野球のドラフトの仕組みについて気になるルールを解りやすく解説

野球のドラフト会議の仕組みについて、野球を観るのは好きだけどドラフト会議の仕組みやルールまではよく解...

水泳の大会の時の食事のとり方。前日や朝食、合間の栄養補給

水泳の大会の日はベストな体調で臨みたいものです。日頃の練習の結果を出す為にも食事には気を使いましょう...

レストランのマナー。ナフキンの使い方やポイントを簡単解説

レストランではマナーを守る必要がありますが、ナフキンもその一つ。 よくお皿の上にナフキンがセッティ...

結婚式のご祝儀の相場は?部下へのお祝いとご祝儀のマナー

結婚式の招待状を受けると、おめでたい気持ちとともに湧き上がってくるのが、結婚式のマナーやご祝儀に関し...

野球のバットのグリップ交換の手順や注意点について徹底解説

野球のバットについているグリップテープ。そのグリップ交換を自分でやってみようと思っても、巻き方がよく...

卓球の基本の練習方法!初心者が上達するための練習メニュー

中学生になり、初めて卓球を始める方も多いと思います。早く上達するために家でも練習をしたいという場合に...

ジムのトレーナーの給料の目安といろいろな働き方

ジムのトレーナーとして働きたいという場合には、仕事内容はもちろん、給料の相場も気になります。 実際...

結婚式で荷物を預けるクロークの活用法とサブバッグの選び方

遠方での結婚式の場合には、荷物が多くなることもあります。結婚式の会場にたくさんの荷物を持って行く時に...

洋食のテーブルマナー・食べ終わりのマナーやNGな行動を解説

初めて彼と洋食を食べに行くことになった時、テーブルマナーを知って恥ずかしくない振る舞いをしたいと考え...

面【剣道】のお手入れ方法とは?面の洗い方を紹介します

剣道の面のお手入れはどのようにしたらいいのでしょうか?日頃のお手入れのポイントとは? 防具は、...

スポンサーリンク

化粧をしない女性は社会人としてマナー違反?

女性が化粧をしないで職場に行くのはマナー違反なのか、そうではないのか。
女性の意見としてはだいたい半々ですが、ややマナー違反ではないという意見が上回っているようです。

マナー違反だと思う方は、化粧は相手に不快感を与えない為のマナーだという意見です。化粧をして印象良く見せることは、スーツを着ることと同格のマナーだという考え方です。

それに対して、マナー違反ではないという方は、化粧をしていなくてもきちんとしていれば良いと思うという意見や、客先に行くわけではないので、同僚に綺麗な姿を見せる必要はないという意見がありました。

化粧をするかしないかは、相手が不快に感じるか、そうでないかで判断すると良さそうですね。
若くて美しくみえる方なら、きっと化粧をしていなくても文句など言われないのでしょう。

ただし、化粧をしない方の中には面倒だからしないという方もいます。
そういった方は服装に対しても面倒だからとなりがちですから、社会人としては注意が必要かもしれません。

化粧をしない社会人は成人する前は化粧をするのがマナー違反だった事実

社会人になると、女性が化粧をしないのはマナー違反だと言われたりするようになります。
ですが、学生時代には化粧はNGですよね。
中学校や高校で化粧を勧めることはまず無いでしょう。
校則で禁止されている場合もあるくらいです。

それが、社会人になると途端に「化粧をしていないのはマナー違反」という、見えない圧力にさらされるようになります。

日本では社会人の多くの女性が化粧をしていますが、実はその中の大半の女性は化粧を面倒だと感じているのです。
「化粧していないのはマナー違反」というこの風潮が解かれたら、自分はしないという女性も結構いるのです。

もちろん、自分を素敵に見せてくれるから化粧しているという方もたくさんいます。
私もその1人です。

社会通念上の義務のようなこのルールは、きっと失くすことは難しいでしょう。
どうせ化粧をしなくてはいけないなら、ポジティブに捉えたいなと思います。

化粧をしない社会人の中には「化粧ができない人」もいる

社会人になっても化粧をしないのはマナー違反だと言われても、困りますという方達がいます。

それはただ単に面倒だからではなく、したくても出来ない人たちです。
敏感肌やアトピーなどはもちろん、ストレスなどによって皮膚疾患をかかる人はたくさんいます。

皮膚にトラブルを抱えている人の中には、どんな敏感肌用やドクターズコスメなどの肌トラブルを起こしにくい商品を使っても、全く改善しないという方もいます。
荒れた肌に化粧をするのは、肌トラブルをさらに悪化させてしまうかもしれません。

こういった肌トラブルを抱える方は、無理に化粧をするのは控えたほうが良いでしょう。

また、化粧をしたいけどできないという人の中には、職種的に出来ないという人もいます。
例えば食品工場などで働く方です。
衛生管理の厳しい工場で働く場合には、異物混入などの危機回避のために化粧を禁止している場合もあります。
化粧が面倒な人にとっては、堂々とすっぴんで通勤できますから快適な職場と言えるかもしれませんね。

社会人の女性たちが化粧に悩むリアルな声

社会人女性の多くは化粧をして出勤しています。
しかし、化粧は毎日のことですから悩みもたくさん出てくるが現実です。

一番の悩みは面倒なことではないでしょうか。
朝は忙しい時間ですから、朝ごはんの時間を削って化粧をするなんてことも良くある話です。

また、化粧をしていればそれでOKというわけは無いのも悩みではありませんか?

周りの年上の人たちが薄化粧だと、流行の化粧をしていったら「濃い」とか「若いから」なんていわれてしまいますよね。

だからと言ってすっぴんだと非常識だの色気がないだのと、言われてしまうこともあるかもしれません。

社会人として職場へ化粧していく場合には、職場の人たちの基準によって良し悪しが決まるのも悩むポイントだと思います。

会社には少々地味でダサいくらいが、もしかしたら無難なのかも知れません。

化粧をする時のポイントは?

せっかく化粧をするのなら、楽しくしたいですよね。
化粧の良いところは、コンプレックスを隠してくれるところです。

シミやあざなどはわりと隠せますよね。
コンプレックスが解消されると、自分にも自信が持てるようになって、外出するのも楽しくなります。

また、化粧をするときには他人からの評価よりも、どんな自分になりたいかを基準にした方が楽しめます。

「可愛い印象に」とか「色っぽく」など、願望にそった化粧にチャレンジしてみましょう。
「きっと似合わない」などという思い込みは捨てましょう!
チャレンジして似合わなかったら、別の化粧にすれば良いだけです。

化粧を楽しむためには、流行りものを取り入れるのもおすすめです。
ずっと同じ化粧の仕方では、自分も飽きてきますよね。
ですから、たまには流行の眉毛に変えてみたり、流行のカラーを取り入れてみると、気分も変わってまた化粧を楽しめるようになりますよ。