職場に配るお菓子はいらない?迷惑に思う心理とお菓子外しとは

長期休暇のあとなど、職場でお土産のお菓子を配る人もいますよね。この習慣を「いらない」と感じている人がいるのをご存知ですか?

職場でお菓子を配る人は善意で行っていることが多いでしょうが、コレが周囲にストレスを与えてしまう事もあります。

職場でお土産などのお菓子を配る習慣と、「お菓子外し」についてまとめました!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

バレエのコンクールに出場する時に先生に渡すお礼の相場と考え方

お金がとにかく掛かることで有名なバレエ。普段の月謝や衣装代だけでもお金が掛かる上、コンクール出場...

サッカー【パスの蹴り方】基本や注意点と正確なパスのコツ

サッカーのパスの蹴り方にはコツがあります。サッカーは味方にパスをつないでゲームを作っていくことでゴー...

【サッカーの練習方法】中学生が一人でできる練習方法とコツ

中学でサッカー部に入っていろいろ練習しても、なかなか上達しないと悩んでいる人もいるでしょう。...

バレーボールのサーブカットのコツ!できない理由と上達するコツ

バレーボールをしている人の中には、サーブカットがなかなかうまくできない事に頭を悩ませている人もいるの...

体育の授業で行われる種目にはどんな種類があるのか

小学校や中学校に行ったのなら、体育の授業は必ずありますよね。その時に行われる種目は、おおよそは同...

スクワットを始める人へ、重量の目安と正しいやり方を解説

下半身強化のためにスクワットを始めようとする場合、普段筋トレを行っていない人はおのくらいの重量からス...

No Image

体育のサッカーのコツや自分のポジションの探し方と基本の動作

学生の皆さんは学校の体育の授業で、サッカーをする場合があるでしょう。サッカーは簡単そうですが、た...

結婚式でマナー違反にならないために!親族の和装に合う髪型

結婚式に親族として参加をする場合、親や姉妹は和装が一般的です。着付けと一緒に髪型のセットもプロの方に...

ご祝儀は夫婦別々?連名?夫婦で結婚式に出席・ご祝儀のマナー

知人の結婚式に夫婦で招待された時、ご祝儀は夫婦別々に包むのか、それとも連名で包むのか、知識や経験がな...

品出しのバイトとは?女性も活躍している品出しについて

品出しのバイトは女性にはきついのでしょうか?確かに、スーパーの品出しなら牛乳や油など重たいものを上げ...

先勝の結婚式・午後からの結婚式はNG!でも午前中はOKです

結婚式の日取りを決める時、六曜を意識して日取りを決めることがあります。先勝は午後の結婚式がNGと言わ...

ドライバーのコツとは?初心者は力の入れすぎを直しましょう

初心者がドライバーを打つときにはどのようなコツが必要なのでしょうか?ドライバーを打つときには、どんな...

ご祝儀袋の入れ方!台紙がついている場合の使用方法とマナー

ご祝儀袋を開けたら中から台紙が出てくる場合があります。あまりご祝儀袋を使う機会がない方は、台紙は必要...

バレエの発表会当日に持っていく持ち物とあると便利な持ち物

初めてのバレエの発表会。緊張してドキドキしている人や、当日を楽しみに待っている人もいるのではないでし...

都庁のインターンシップに参加する場合の服装について徹底解説

都庁で行うインターンシップ、1Dayと数日間以上のものばありますが、どんな服装で行けばいいのか悩んで...

スポンサーリンク

長期休暇後の職場のお菓子配りがいらないという声も!

長期休暇などで遠出した場合、出社した際にはお土産のお菓子を配る習慣がある職場も少なくありません。もちろん渡す方は、当然相手に喜んでもらえると思ってお土産を渡しているわけですが…実は中にはそれを迷惑だと感じている人もいます。

しかし当然「いらない」と言って返すことも出来ず、「ありがとう」と言って受け取っているのです。その為、渡した方もまさか相手が迷惑に感じているなんて知る由もありません。

では、いらないと感じている人達は何故そのように思うのでしょうか?

理由の一つ目に、そもそも甘いものなどが嫌いだから貰っても食べないということがあげられます。でもそれを正直に言うのも相手に失礼だと感じてしまう為、とりあえずは受け取るのです。一人暮らしなどで他に食べてくれる人がいないという場合には、中には家に帰ってから捨てているという人もいるみたいですよ…。

そして、お返しをしなきゃいけないと気を遣う為いらないと感じている人たちもいます。やっぱり貰ってばかりでは悪いと思い、自分もどこかに行った際にはお土産を買ってこなくては…と気が重くなるのです。いっそのこと、こういった習慣が無くなればいいのになんて考えています。

職場で配るお菓子をいらないと思う心理は?

お土産でなくとも、職場でお菓子をくれる人っていますよね。きっとお菓子をくれる本人も自分だけ食べていては悪い思い、周りの人にもお菓子を配るのでしょう。しかし、その善意が逆に迷惑だと感じてしまうことがあります。

やはり、人間である以上どうしても「貰ってばかりではいけない、お返しをしなきゃ」という心理が働くのです。「お返しをしてあげたい」というのであれば良いのですが、「お返しをしなきゃ」となってしまうと負担でしかありません。

たまにであれば良いものの、それが毎日のように続くとなれば重荷になるのも当然です。

そして同じように「喜ばなきゃ」とも思う為、ますますストレスは溜まっていきます。貰うお菓子が全て好きなものとは限りませんし、中には自分が苦手とするものもあることでしょう。そういった場合でも、無理して喜ばなくてはいけないことに疲れてしまうんですよね。

もういらないと思っても、断るのもなかなか勇気がいります。いらないと伝えることが出来た場合でも、遠慮していると思われてしまったりしてなかなか上手く断ることが出来ないのが現実なのです。

職場に配るお土産のお菓子はいる?いらない?

お休みで旅行などへ行った際には、職場でお土産を配る習慣がある会社も多いことでしょう。しかしこの習慣に関して、7割近くの人達が「不要」と感じていることがわかりました。

まず、この習慣が必要だと感じる人たちは、お土産を配ることをコミュニケーションの一つだと捉えています。お土産を配ることで旅行先の話をしたりするなどして、会話が広がるのです。

有給休暇などを取得して旅行に出かけた場合には、そのお礼を兼ねてお土産を買ってくるのがマナーだと感じている人もいます。

一方でお土産は不要と感じている人達は、その習慣自体が面倒くさいものだと捉えています。休みの中で行っているのだから、そこまでする必要は無いという考えです。

あとは、経済的負担の面から不要という意見も。少人数の職場であれば大きな負担にはなりませんが、確かに職場の人数が多い場合には5千円近くになってしまうこともありますからね。

職場に持っていくお菓子を選ぶ時のポイント

職場の人たちへお土産のお菓子を買っていく際、あなたは何を基準に選んでいますか?とにかく美味しいもの?有名なもの?安いもの?

それぞれ選ぶ基準は様々かと思いますが、職場へのお土産のお菓子を選ぶ際には気をつけなくてはいけない、ポイントがありますので覚えておきましょう。

まずは、食べやすいものを選ぶということです。例えばケーキのようなものとなれば、まずは包丁で切り分けるところから始まり、食べる際にはお皿やフォークが必要になります。そして使った食器はその後誰かが片付けなくてはいけません。それに加えて、家に持ち帰ることも難しいのでその場で食べてしまわなくてはいけないのです。

そう考えると、色々と手間がかかると思いませんか?こういったことを考慮して、食べやすいものを選ぶというのはとても重要になるのです。出来れば個包装のものにした方が親切でしょう。

そして、日持ちするものを選ぶようにしてください。お土産を渡す日に全員出勤しているとも限りませんので、消費期限や賞味期限が短いものは避けるようにしましょう。ケーキなどの生ものでは無く、賞味期限が長めに設けられているクッキーなどをおすすめします。

職場でお菓子外しにあった時の対処法

「お菓子外し」という言葉を聞いたことはありますか?

休憩中などにお菓子を配りあう習慣のある職場がありますが、その中で特定の人にだけお菓子をあげないという状況を「お菓子外し」と呼んでいます。基本的には女性間で起こるトラブルです。簡単に言うと、仲間外れにしているということです。

では、どうしてこのようなことをするのでしょうか?理由は様々で、仕事や人間関係で揉めたという場合もあれば、ただただ気に食わないからといった理由でお菓子外しをすることもあるようです。なんとも子供じみていますよね…。

たかがお菓子、されどお菓子。

そんなお菓子外しにあってしまった場合、なんとかしてやり返したい!と思うところですが、気にしないのが一番です。そこで悪口を言ってしまったりすればトラブルに発展して更に面倒なことになってしまう可能性もありますので、ここは大人な対応でスルーしましょう。