トレーニングのメニュー。組み方の基準は自分の予定に合わせる

トレーニングのメニューを、理想で組んではなりません。

組み方は『自分が無理せず行える日数』をしっかり決めてからとなります。

週に2回と毎日なら、1回に行うトレーニングの内容が変わってきます。

気持ちにやる気があっても、実行不可能なメニューなら、組む意味がありません。

自分のスキルと、実行可能なトレーニングメニューを組めるよう、アドバイスさせていただきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

手続きが必要な口座解約!旧姓の口座を解約する方法

古い書類などを整理していると、一緒に通帳が出てくることありますよね。口座名が旧姓の場合など、明らかに...

スキーとスノボどっちも楽しみたい!という欲張りなあなたへ

スキーとスノボは冬のスポーツとして人気がありますし、どっちも楽しみたいのが本音ではないでしょうか。...

飲食店にはちょっとの持ち込みでも非常識になると知っておこう

飲食店へ持ち込みをして飲食するのは非常識な行動だと理解している人は多いと思いますが、赤ちゃんの離乳食...

銭湯のマナー・かけ湯をしてから入浴!覚えておきたい入浴マナー

温泉や銭湯に入浴する時は、湯船に浸かる前にかけ湯をするのがマナーです。でも、どうして入浴前にかけ湯を...

遠距離恋愛からの結婚・仕事辞めるか悩んだときの考え方と選択肢

遠距離恋愛の恋を実らせ、お付き合いしていた男性と結婚を決めたとき、自分の仕事をどうしようか悩む女性も...

サッカーのパスの受け方・パスとトラップの正確な技術を習得

サッカーをしている人の中には、パスの受け方がわからずに上手にパスをもらうことができない人もいるのでは...

遅刻の理由を先に言わない方がいい場合もあるので注意しよう

寝坊して会社に遅刻しそう、取引先との約束の時間に遅刻しそうなど、社会人になっても遅刻してしまうことは...

バレエの発表会に来てくれた人へのお礼状の書き方について解説

子供の初めてのバレエの発表会。家族だけではなくママ友や幼稚園のお友達も見に来てくれると、子供も親も嬉...

ゴミ出しルールの文書作成のコツとルール違反する住民への対応

ゴミ出しのルールを守らない住民に対して、ルールを明記した文書を作成することがあります。文書には「...

卓球初心者への指導のコツや効果的なおすすめ練習方法について

卓球初心者に指導をすることは簡単ではありません。どんな競技でも初心者はいますが、初心者というのはその...

サッカーのパスにはどのような種類がある?パスの特徴の話

サッカーのパスにはどのような種類があるのでしょうか?繋がるパスを出すためには、その場面に合わせたもの...

ダブルステニス前衛の基本的な動きと上達に繋がる動き

ダブルステニスの前衛はどのような動きをしたらいいのでしょうか?なかなか活躍できないときには、こんなこ...

洋食のテーブルマナー・食べ終わりのマナーやNGな行動を解説

初めて彼と洋食を食べに行くことになった時、テーブルマナーを知って恥ずかしくない振る舞いをしたいと考え...

ダイビングが趣味。女性がハマる理由と抱える色々な悩みとは

ダイビングが趣味という女性にその魅力を聞いてみました。ダイビングはお金がかかるイメージがあり...

バレーボールのフローターサーブの練習方法と上達のコツ

バレーボールの試合はまずサーブから始まります。そのサーブがなかなか上手く入らないと悩んでいる方は多い...

スポンサーリンク

トレーニングメニューの内容よりも、日程の組み方について

トレーニングする時は週に何日だったら無理なく通えるかを考える

理想の体に近づくためには、地道なトレーニングは欠かせません。

欲望のままに好きな物を食べ、運動もせずにいると、無駄なお肉が体に付きだらしのない体になってしまいますよね。

でも、トレーニングというと、そのハードなイメージから始めることを躊躇する人も多いのではないでしょうか。

特に、仕事をしていると体が空く時間は仕事帰りや休日など、どうしても限られてしまいます。

トレーニングをするためにジムに通う場合は、どのくらいだったら無理なく通えるかを考えて日数を割り出してみましょう。

できるだけ短期間で筋力を付けたいなどという理想から、毎日行く予定を組んでしまうと、途中で飽きてしまったり、疲労して、体がジムから遠ざかってしまうという人は多いですよ。

体づくりは1日ではならず!

時間をかけて、無理なくジムに通いながら、理想の体を作っていきましょう。

トレーニングメニューは『目的』に向かって組む

どんな自分になりたいかを考えてトレーニングする目的を持つこと

わざわざ会費を出してジムに通うのには、しっかりとした目的を持つことが大切です。

ジムに行けば自然と格好良い体になるんじゃないかというような適当な気持ちでジムに通っても、成果が出ることは少ないでしょう。

「疲れにくい体にするために持久力を強化したい」とか「上半身を強く大きくしたい」というそれぞれの目的によって、やるべきトレーニング方法は違ってきます。

持久力をつけるためには、有酸素運動やインターバルトレーニング、軽めの負荷をかけた筋トレが効果的ですが、上半身の筋肉を大きくするためには、胸筋や肩、二の腕や背中などの大きな筋肉に負荷をかけた筋トレが効果的です。

具体的な目的が見つからない時には、どんな自分になりたいかを考えることで、目的が見えてくることもあります。

トレーニングメニューの組み方【初心者編】

週2回の余裕があるトレーニングがおすすめ

効率的に筋トレを行うためには、1ヶ月単位ではなく、1週間単位の短めのスパンでトレーニングメニューを組み立てることが大切です。

筋トレをして理想の体を作るためには、たった2~3日頑張ったところで効果は表れません。
数週間や数ヶ月持続できてはじめて体に変化が現れるものです。

今まで本格的なトレーニングをしたことがないという初心者の方は、週2回のトレーニングがおすすめです。

週2回であれば、仕事帰りで余裕のある時や休日などにも無理なく通えて続けやすいですね。

体の筋肉を強化するためにも、週2回のトレーニングが適切と言えます。

そして、トレーニングメニューを組む場合は、自分の体の状態に合わせたものにする必要があります。

いきなり、ベンチプレスで負荷をかけすぎてしまうと、体に負荷がかかりすぎて痛めてしまったり、ただ苦しいだけで終わってしまうことも。

筋トレは継続性が重要です。

無理なく続けられるように、多少筋トレを楽しめるくらい余裕のあるトレーニングを組むようにしましょう。

トレーニングメニューの質を上げるための注意点

どこを鍛えているのかを意識しながらトレーニングする

筋トレマニアとも言うほど、筋トレ好きの方のトレーニングを見ていると、筋トレをしている時、鍛えている部位をしっかり見ながら行っていますよね。

これは、ただ筋肉が好きだからという訳ではなく、しっかりターゲットを意識することで、質の良い効果的なトレーニングになるためです。

どこを鍛えているのかを見ながら行うことにより、意識的に動かす筋肉の量が増えるということも研究成果によって分かっています。

各動きを15~20回程度を1セットとして、最低でも3セットの動作をくり返すことにより、筋肉はより効率的に鍛えられます。

筋肉は超回復によって大きくなる

筋肉は負荷をかけて鍛えることにより、筋繊維が壊れ、修復されることにより、大きくなります。

この、筋肉が破壊から修復されるまでの期間を「超回復」と言い、この期間を空けて、筋肉を休ませることにより、筋肉は効率よく育つのです。

そのため、筋肉をつけたいからと言って毎日筋トレをするのは逆効果。

筋肉を休ませるには、2~3日が必要なので、週2回のトレーニングがベストなのです。

続けてきたトレーニングメニューで物足りなさを感じた時のメニューの組み方

トレーニングメニューに物足りなさを感じたらドロップセットを締めに行う

最初の頃は、辛くて苦痛だった筋トレの動きも繰り返していくうちに楽に出来るようになることもあります。

最初は普段使われていない筋肉を呼び起こすように動かしていたため、筋肉痛を伴いますが、徐々に筋肉が付いてくると、筋肉痛もなくなりトレーニングメニューを物足りなく感じることもあります。

こんな時、トレーニングメニューに刺激を少し加えることで、トレーニングのマンネリ化から抜け出すことが出来ます。

一般的に、ドロップセットと言われる方法がよく使われているトレーニング方法です。

ドロップとは、重さを落とすこと。

最初は、一番重量の高い物から始め、徐々に重量を落とし、休憩をはさみます。

このセットを2~3セット、トレーニングの最後の締めとして行うことで、筋肉が効率的に刺激されます。