暮らしに新しいをプラス

ふじや流プラス

サッカーのパス回しのコツは?うまくパスをするコツとパスの方法

      2019/03/20

サッカーのパス回しのコツは?うまくパスをするコツとパスの方法

サッカーは足でボールを蹴り、パス回し・ドリブルをすることでボールを繋ぎ、ゴールにシュートを決めて得点を競うスポーツです。

ボールを繋ぐには、パスを上手く繋げることが大切ですが、どんなふうにすればうまくパスが繋がるか、そのコツを知りたい人もいるのではないでしょうか。

ここでは、サッカーのパス回しをうまく回すコツについてお伝えします。

パスは相手にボールをつなげる目的で行うプレイです。パスを出す側・受ける側のコツを知って、うまくパス回しができるようにしましょう。

また、パスを出す側が上手にパスを出す方法についてもお伝えします。コツを掴んでプレイに活かし、試合に勝利できるようにしましょう。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

サッカーでうまくパス回しをするコツや受け方のポイント

世界で活躍するサッカー選手のプレイを見ていると、ドリブルでパスをゴールまで上手に繋ぎ得点を決めている選手が多いですよね。

そんな世界で活躍する選手のように、サッカーでうまくパス回しをするにはどのような練習やコツをつかめば良いのでしょうか。

パスを出す時の良い出し方やタイミング

ボールを上手にコントロールするには、まず自分の身体の適切な位置にボール持ってくることが大切なポイントになってきます。

パスを出す時のタイミングも、相手のスピードのタイミングに合わせた正確なパスを迅速に出すようにしましょう。

パスをもらう時の受け方のコツ

パスをもらう時の方法に、インサイドやインステップでボールを受けとめる方法があります。

この方法でパスをもらうことができると、足元を見なくてもボールのスピードを静止させることなく、ゴールに向かっていくことができます。

また、もらったボールを相手チームにボールをすぐに出したい時には、インサイドやインステップを使うことでボールをきちんと止めることができ、適切なパスを出すことができます。

このようにコツを掴むことで、きちんとボールを受け止めることができ、ゴール方向にボールを運んでいくことができるようになるのです。

サッカーのパス回しをうまくするコツは受け手のことを考えて出す

サッカーのパスを出す時にも、パスを出す相手がどんなパスを好むかを考えなければならないのも、サッカーの戦術です。

パスを出す相手のポジショニングがどの場所によっても、パスの出し方も変わってきます。

その為、パスを出す相手によってどんなパスを出すかの目的は何かを考えることも重要です。

パスを受ける相手の状況によって出し方を考える

パスを出す時に考えなければならないポイントは、背後から相手チームが近づいてきている時には、パスを出す選手の足に、どのくらいの強さでパス出すかで、パスを受ける選手がどのような状況なのかを把握することができます。

また、ボールを出した後も、すぐにサポートに入れるように注意をしながら、次にパスを繋ぐ相手がどの選手なのかを見極めて、効果的なパスを優先させることが重要なポイントです。

サッカーのパスを上手く出すコツ

上手なパスを出すためには、どんな秘訣や方法があるのでしょうか。
ここでは、以下の要素についてご紹介していきたいと思います。

パスの正確性をあげるための方法

パスを出す時には、自分で思い描いている方向にパスを出しますが、なかなかうまく思ったところに、パスを出すことが難しいと感じている人も多いのではないかと思います。

パスの正確性をあげるための方法で1番重要なのは、多くの練習量をこなしていくことが最も重要です。

また、サッカーではとっさの判断力がとても大切で、その状況に応じた的確なパスを出すことを、見極めることを判断しなければなりません。

しかしすぐに実践出来るものではなく、上手なパスを出すには常にいろんなことを考えながらプレーし、試合中での失敗や成功をもとにパスの選択肢やバリエーションを増やし、経験値を積むことで、培われていくのです。

インサイド・アウトサイド・インステップを使ったパス回しのコツ

上記ではパスを上手に出すコツについてご紹介してきました。
次はインサイド・アウトサイド・インステップを使ったパス回しのコツをご紹介していきたいと思います。

インサイドで蹴ってパスを出す時のコツ

最もコントロールしやすく正確なパスを出せる方法で、インサイドは足の内側でボールを蹴ります。

足首をしっかり曲げて固定し、軸足を少し内側に向けくるぶしの下の部分にボールの中心がくるように当てます。

アウトサイドで蹴ってパスを出す時のコツ

アウトサイドは足の外側を少し外側に向けてて、膝の下の振りを振り下ろすように、ボールを押し出すように蹴ります。

インステップで蹴ってパスを出す時のコツ

ボールを蹴る時には軸足をボールの真横に置き、ボールを飛ばしたい方向に向けます。
足の甲でボールの中心を捉え、真っ直ぐな状態で足を振り抜きます。

インフロント・アウトフロントでパス回しをするコツ

サッカーのスキルレベルをあげるためにも、パスを強く、遠くへ蹴ることも必要です。
その方法としてインフロント・アウトフロントのパスがあります。

インフロントでパスを出すコツ

インフロントパスは足の甲の横の中心を捉え、足の内側の近いところで蹴るパスです。
ポイントはボールの下を蹴り上げるイメージで、ボールの中心より外側に蹴るのが大切なポイントです。

アウトフロントでパスを出すコツ

ボールに対して真っ直ぐに助走をし、足の外側の中指、薬指、小指の3本で蹴るイメージです。インフロントパスとは逆で、ボールの中心より内側に蹴るのがポイントです。

プロのサッカー選手は試合中にパスを出す時に、メッセージを込めてパスを送るそうです。

こうしたことを踏まえ、試合では上手なパスを出せるように繰り返し練習をしていきましょう。

 - マナーや作法にアイデアを

ページ
上部へ