お茶とお菓子の置き方には決まりがある!お茶の基本の作法とは

会社や自宅に来客があった場合に、おもてなしとしてお茶やお菓子をお出しする機会もあるでしょう。

お茶とお菓子の置き方がよくわからないとうこともあると思います。

お茶とお菓子の位置や出す順番、おしぼりも出す場合はどこに置いたらいいのかを紹介します。

茶托にも向きがあるって知っていますか?

お茶出し際のマナーをみてみましょう。

また美味しいお茶の入れ方も知っておきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

入学式の服装のポイントは?注意が必要なママの服装について

入学式は子供が主役!わかっていてもやっぱりママの服装も気になるところですよね。目立ち過ぎを気にするあ...

体育の授業は何が目的で行われているのか知りたくありませんか?

学校の勉強は国語、算数(数学)、理科、社会、それに英語に家庭科、保健体育などなど、さまざまな教科があ...

お祝いのお返しに商品券は大丈夫?商品券を贈る際の注意点

出産祝いや入学祝い、進学祝いなどのお祝いをもらうと、その都度お返しの内祝いを用意します。 何度...

ご祝儀の相場について。結婚式で上司から贈る場合のルール

結婚式のご祝儀には、どのくらいの金額を包めば良いのか迷うことも多いと思います。新郎新婦の職場の上司と...

パーティードレスの選び方。結婚式にNGな色と注意したいマナー

結婚式に招待された時には、どんな色やデザインのパーティードレスを着ようか迷ってしまいます。また、結婚...

卓球のスマッシュ速度は球技で一番!速く打つポイントや練習方法

卓球のスマッシュの速度はボールを使ったスポーツの中でも最も速いと言われています。卓球のスマッシュの速...

新婚家庭へ結婚祝いのプレゼントで食べ物を贈る時の上手な選び方

結婚祝いのプレゼントに食べ物を贈りたいという時には、「もしかして結婚祝いに食べ物を贈るというのはマナ...

似ているけれども全然違う?野球とベースボールの違い

野球とベースボールにはどのような違いがあるのでしょうか?ルールは同じでも、ここまで細かい違いがあると...

結婚式なのにふくさがないのはNG?ふくさのマナーと代用品

結婚式に出席するときは、ふくさにご祝儀を包んで持参します。ですが、ふくさを用意しておらず、手元にふく...

体育の授業で行われる種目にはどんな種類があるのか

小学校や中学校に行ったのなら、体育の授業は必ずありますよね。 その時に行われる種目は、おおよそは同...

バスケのシュートフォームでチェックしたい足の角度や向き

バスケは綺麗なシュートフォームを身に付けることで、シュート率を上げることができますが、ポイントは「足...

体育の授業を行う目的と大人になってからわかる必要な意味

体を動かすことが苦手で、体育の授業はいつも憂鬱という方はいませんか? 数学や国語などは、大人になっ...

格闘技の試合前のメンタル調整!緊張は決してダメではない

格闘技の試合前、メンタルをどの様に調整することが出来るのか、緊張をするタイプの方は気になりますよね。...

高級レストランに行くときの服装は、大学生ならどうする

レストランには二通りあり、ファミリーレストランに代表されるカジュアルなレストランと、ホテルなどにある...

高校生の勉強時間について!進学校と中堅校の差と勉強方法

高校生の勉強時間は進学校と中堅校では、どのくらいの差があるのでしょうか。 驚くことに受験が間近...

スポンサーリンク

お茶やお菓子の置き方のマナーについて

家に来客があった時は、お茶とお茶菓子を出すのがマナーですよね。

会社でも同じです。

お茶とお菓子を出す場合、ただ置けば良いという訳ではなく、ちゃんと決まりがあるのをご存知でしょうか。

基本的には、お客様から見た状態で、お茶が右、お菓子が左になるように置きます。

おしぼりを付ける場合は、お客様が手に取りやすいように、一番右側になるように置きます。

お茶を入れる湯呑にも、ものによっては決まりがあります。

茶托に木目模様がついているものであれば、木目がお客様から見て横向きになるように置きます。

また、絵柄がポイントで付いている茶碗であれば、絵柄をお客様の方に向けます。

出す順番は、方向によって変わります。

お客様の左側から出す場合はお茶から、右側から出す場合はお菓子から出します。

これは、先に出したものの上を後から出したものが通るのを避けるためです。

このようなマナーを日頃から意識していると、いざという時に慌てなくて済みそうですね。

お茶のお菓子やおしぼりの位置関係や置き方

特に会社では、茶托を使ってお客様にお茶を出すことが多いと思います。

お客様に出すものに水滴が付いていると失礼に当たりますので、茶托やお茶碗が濡れていないかきちんと確かめましょう。

お茶碗が濡れていると、茶托も濡れてしまうので、お茶碗が濡れている場合はきちんと拭いてから茶托に置きます。

おしぼりは、固く絞ってから、キレイに巻き直して出すのがマナーです。
お客様におしぼりを出すときには、巻き終わりの三角形の部分を下にします。

ケーキをお菓子として出す時には、ケーキの周りのセロファンは剥がした方が食べやすいので剥がし、ケーキ底のホイルはそのままでも良いでしょう。

置き場所は、お客様から見て(左)お菓子—お茶—おしぼり(右)となるように置きます。

最初のうちは、置き場所どっちだったっけ?と忘れてしまうこともありますが、右手でおしぼりが取れるから右がおしぼりと覚えると、あとはお茶とお菓子だけなので、わかりやすいのではないでしょうか。

お茶やお菓子の置き方で日本茶の場合とカップ・ソーサーの場合

お菓子にも、和菓子と洋菓子がありますが、種類にかかわらず、お客様に出す時にはお菓子が先です。

お菓子を出してから、お茶を出すという順番です。

お茶にも、日本茶や紅茶、コーヒーといった種類があります。

日本茶の場合は、茶托やお茶碗の向きや水滴がないかなどに注意が必要です。

紅茶やコーヒーの場合は、カップ&ソーサーを使います。

紅茶は浅めのカップ、コーヒーは深めのカップが良いでしょう。

お客様に出すときは、お客様が飲みやすいように持ち手を右向きにしておくという方法が多いです。

そしてシュガーやミルク、スプーンなどは、ソーサーの手前などに置きます。

お茶を出す時、部屋の中にサイドテーブルなどがある場合は、そこで、茶托とお茶碗、カップ&ソーサーをセットしますが、ない時は、テーブルの下座で一旦置いてからセットします。

紅茶と洋菓子の場合は?

紅茶というと、「英国式」を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

イギリスでは、アフタヌーンティーといって、午後に紅茶と共に軽食やお菓子を取るという文化があります。

イギリスで紅茶を飲む場合は、お客様の目の前でホストが紅茶を注ぎ、1人ずつに手渡すというのが流儀なのです。

なので、日本のように、あらかじめカップに入れられた紅茶は本場の流儀からすると違うようです。

自宅にお客様が来た場合は、この英国の流儀のように、大きめのポットに紅茶を入れて、お客様のカップに注ぐというスタイルでも良いですね。

その場合、紅茶に使用するミルクや砂糖、レモンなどは、テーブルにあらかじめ用意しておくと良いでしょう。

お菓子と一緒に紅茶も出します。

三角形のケーキであれば、三角形の角が左側を向くように置き、食べる時も左側から切ります。

食べ終わったケーキの底のホイルは2つ折りにするなどし、お皿の奥側にフォークと一緒に置くのがマナーです。

おいしいお茶の入れ方を紹介します

同じ急須とお湯を使っているのに、ある人が入れるお茶はとても美味しいということありませんか。

お茶の淹れ方というのはとても重要で、淹れ方により味も変わってきます。

お茶の上手な淹れ方を知って、美味しいお茶を淹れられるようになるといいですよね。

  • お茶に使う水
    ミネラルウォーターが美味しく淹れられるような気がしますが、お茶に向いている水は軟水です。
    高い外国産のミネラルウォーターを使うなら、普通の水道水を沸騰させたものを使う方がお茶には良いのです。
  • お茶に最適な温度
    煎茶には旨味成分のテアニンが含まれていて、これは50度以上のお湯で抽出されます。
    温度が高すぎると、旨味と同時に渋みも出てしまいます。
    煎茶を上手に淹れるなら、低めの温度のお湯で抽出するということがおすすめです。
    お茶を淹れる時は、一旦湯冷ましなどの容器に沸騰したお湯をとることで温度が10度ほど下がりますので、これを何回か繰り返し、お湯を適温にします。
    また、この時、一旦湯呑みにお湯を受けると、湯呑みを温めるという効果もあるので一石二鳥の効果が得られます。