帽子着用時のマナー・男性と女性で違う帽子を被るときのマナー

オシャレのアイテムとして普段から帽子を着用する機会が多いという人もいますよね。帽子が好きでいつも着用している、たくさん帽子を持っているという人もいるでしょう。

帽子を着用する時に気になるのが、被る時のマナーです。帽子のマナーって、男性と女性では違うってご存知でしたか?

そこで今回は、帽子を着用する時に気をつけたいマナーや注意点・被り方のコツについてお伝えします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

スノボ初心者の滑り方!知っておくと上達する滑り方のコツ

初めてスノボをするというスノボ初心者は、まず何から練習すればいいのか悩む方も多いと思います。そこ...

どうして質問に答えないの?相手の心理を知りたい

人とのコミュニケーションの中で一番重要なのは会話のやり取りです。会話のやり取りの中でこちらから質...

遅刻の理由を先に言わない方がいい場合もあるので注意しよう

寝坊して会社に遅刻しそう、取引先との約束の時間に遅刻しそうなど、社会人になっても遅刻してしまうことは...

バレエは基礎が大事!子供のうちからしっかり見付けさせよう

バレエの基礎を続けるのは子供でもしんどいもの。でもバレエこそ基礎が一番大事で、基礎がしっかりして...

ボクシングのルールの中でもわかりにくいダウンについて徹底解説

テレビなどでボクシングを見ていても、ルールがよくわからないという人も多いと言います。中でも「...

反省文の書き方で大学生が書く場合の注意点とは

最近は大学生でも反省文の提出を求められることがあるようです。校内外で校則違反をした場合などが多い...

兄弟へのご祝儀の金額の相場と渡し方【夫婦で出席する場合】

自分の兄弟の結婚式に夫婦で出席するとなると、ご祝儀はいくら用意すればいいのか迷ってしまうのではないで...

ホテルのベッドの使い方と良く眠れるおすすめな使い方

ホテルに宿泊した時に、キレイに整えられたベッドはとても気持ちが良いですね。ですが寝ようと思っ...

バドミントンの試合で勝てるコツがある。勝つ為に出来る事

バドミントンの試合でなかなか勝つ事が出来ない、勝てそうで勝てないという状況はあると思います。...

お祝いのお返しに商品券は大丈夫?商品券を贈る際の注意点

出産祝いや入学祝い、進学祝いなどのお祝いをもらうと、その都度お返しの内祝いを用意します。何度...

No Image

結婚式の友人代表スピーチ!面白いエピソードの盛り込み方

結婚式に友人代表スピーチを頼まれたら、面白いエピソードを交えて場を和ませたい!そう思う方も少なくはな...

ダブルステニス前衛の基本的な動きと上達に繋がる動き

ダブルステニスの前衛はどのような動きをしたらいいのでしょうか?なかなか活躍できないときには、こんなこ...

スキーとスノボのウェア兼用を考えているならコレがおすすめ

スキーとスノボのウェアは兼用できるものなのでしょうか?どちらもしたいという人にはこのウェアがオススメ...

袱紗には慶弔両用の色があります!袱紗を使用する際の注意点

お祝い事や、お悔やみ事で使用する袱紗。社会人のマナーとして用意をしておくのが良いでしょう。し...

サッカーの夏休みのおすすめ練習メニューをご紹介【高校編】

高校のサッカー部の夏休みの練習メニューを考えるように言われても、何から始めればいいのかわからない人も...

スポンサーリンク

帽子の着用マナーは男性と女性とで違う

帽子は屋内では取るのがマナーだと思っていませんか?しかし帽子のマナーについては、色々と例外があったり、男性と女性とでは違いがあります。

どうして男性と女性とでは、マナーが違うのか?昔から女性の帽子については、アクセサリーとみなされていたからというのが通説です。

しかし女性でもどんな場所でも着用がOKではありません。仕事場、映画館など、他の人が見て不快に思うような場所では、帽子を脱ぐのがマナーです。

また男性の場合は駅や空港、公共機関、公共スペースなどでは、帽子の着用はマナー違反にはなりにくいようです。

しかし公共機関といっても、学校はNG!そして女性の前でも帽子を脱ぐのがマナーなんです。

その他にも挨拶をするときや国歌が流れる時などにも、帽子を脱ぎます。でも女性なら人と挨拶する時も国歌が流れても、帽子を脱がなくてOK!女性と男性とでは帽子に関してのマナーが違うということを頭に入れていてください。

男性と女性の帽子のマナー・こんなルールにも気をつけて!

こんな場所では帽子を脱ぐ?脱がない?

帽子のマナーといえば着脱に関してだけのように思ってしまいますが、実は他にも帽子のマナーは存在しているんですよ。

例えば、帽子を脱いで手に持ったときは、内張りを見せないようにする。これもマナーです。

そして意外と知らないのが、帽子につけるピン飾りの位置!女性なら右側に付くように、男性なら左側につけるのがマナーなんです。

帽子にピン飾りや羽根をつけている人も見たら、位置にも注意をして観察してみてください。ここで帽子のマナーを知っているかどうかが分かりますよ!

こんな風に帽子のマナーを調べてみると、知っているようで知らない事沢山あります。

元々帽子を被る生活は海外から来ています。洋画などを見ているときに、帽子に注意をすると自然と帽子のマナーについて知る事が出来ます。ぜひ注意をしてご覧になってください。

女性の帽子の着用マナーには例外もある

男性と女性の帽子のマナーを比べると、脱がなくていい場所が多かったりと違いが見られました。

そして一概に帽子を被ってはいけないといえない場合、ケースバイケースという事も増えています。

しかしその場合についても、その場所でふさわしい帽子を選ぶ事が重要なポイントです。
また特殊な帽子といえばトーク帽、この帽子はお葬式の時に被る帽子です。

もちろんトーク帽は葬儀の最中でも、脱ぐ必要はありません。しかし、マナーは存在しているので注意が必要です!そのポイントは参列者が被るものではないというところ。

お葬式だからトーク帽!そのような考えて遺族や親族ではないのに、被ってしまうのはNGなんです。

帽子を被る時には、その帽子によってのマナーが存在する事がありますので、女性だからOK!と安易に考えず、まずはしっかりと確認をしてから出かけてください。

帽子をかぶる時のマナーは相手を不快にさせないかどうかが基準

女性だと室内で帽子を被ってもOKな場合が多いですが、帽子によっては悩んでしまうこともありますよね。

ニット帽などのツバがない帽子は大丈夫?またツバがあってもキャップや麦藁帽子は例外!何てこともあります。

このように帽子のマナーについては一概には言えないところがあります。

少し前だと屋内で帽子をかぶるのはマナー違反という考えが主流でしたが、最近では場所によってはマナー違反ではないのでは?と思ったり、意外と屋内で帽子を被っている人が多かったりします。

そこで、人に不快感を与えるかどうかを基準に考えて見ましょう。映画館などは公共スペースですが、前の人が帽子を被っていたらどうでしょうか?とても邪魔ですよね。

またホテルのロビーなどでは同じ屋内でも帽子を被っていても違和感はありません。しかし遊びに来た友達が家の中でずっと帽子を被っていたら?それは違和感がありますよね。
自分のことはわからなくなりがちですが、人がやっていたらどうだろう?そう思うことによって、周りの人がどう思うか?知る事が出来ます。

マナー違反かどうか迷ったら、周りに迷惑をかけていないかを第一に考えて見ましょう。

帽子のタイプ別・かぶり方のコツ

帽子は色々なタイプが販売されています。タイプによって帽子にあった被り方をするとオシャレです。

またキャップやニット帽などは、女性だと髪のたらし方などで印象が違って見えます。

帽子を被る時に髪をまとめるのか?まとめないのか。自分にあった帽子の被り方を研究してみてください。

どう被るのがオシャレなのか、イマイチ分からない・・・。そんな場合は、ネットや雑誌などを参考にしてみてくださいね。

もちろん参考にしても、そのまま鵜呑みにしてはいけません。自分に似合うか似合わないかを確認する事が重要!

お出かけ前には必ず鏡でチェック!ここがポイントです。

顔の輪郭によってはキャップはイマイチだけど、ニット帽は似合う!ニット帽よりもベレー帽などというように似合う帽子も人それぞれ!

帽子を被る時はマナーも重要ですが、自分に似合ったものを選ぶこともスマートに帽子を被るコツですよ!