野球【ピッチャー】コントロールを良くするポイントや練習のコツ

野球はピッチャーのコントロールの良し悪しによって試合の展開が変わってきます。コントロールの良いピッチャーは少ない球数で打者を打ち取る事ができ、試合を有利に進めることができるのです。ですから、速い球を投げる事はピッチャーにとって大切な事ではありますが、コントロールを良くする事も大切な事なのです。

そこで、ピッチャーのコントロールを良くするためにできることについて、ピッチャーのコントロールの重要性やコントロールを良くするポイント、コントロールを磨くコツと練習方法、基本であるキャッチボールなどお伝えしていきましょう。

これを参考にすれば、今自分のピッチングのコントロールにお悩みのあなたもきっとコントロールを磨くことができます。コントロールが良くなればピッチャーとして起用される機会も増え、チームの勝利にも貢献できるでしょう。ぜひ頑張ってください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ご祝儀袋の基本的な入れ方と中袋ののりづけについて徹底解説

社会人になって初めて結婚式に出席するとなると、お祝儀袋にお金をどう入れればいいのか迷ってしまうのでは...

No Image

体育のサッカーのコツや自分のポジションの探し方と基本の動作

学生の皆さんは学校の体育の授業で、サッカーをする場合があるでしょう。サッカーは簡単そうですが、た...

卓球の練習方法・初心者の中学生の練習と一人でもできる練習方法

中学生になってから卓球を始めた人の中には、周囲と比べてなかなか自分のテクニックが上達せずに悩んでいる...

バレエの発表会に来てくれた人へのお礼状の書き方について解説

子供の初めてのバレエの発表会。家族だけではなくママ友や幼稚園のお友達も見に来てくれると、子供も親も嬉...

パイロットの訓練は厳しい!その厳しさは機長になっても続く

制服姿がカッコいい、男性だけでなく女性も憧れる職業の一つパイロットですが、その訓練はやはり厳しいもの...

化粧をしない女性は社会人としてマナー違反?化粧に対する考え方

「化粧をしない女性は社会人としてマナー違反だ」という議論が世の中を騒がせていますが、女性が化粧をしな...

結婚式に参列する時に持っていく女子のための持ち物リスト

結婚式に招待されて参列する時には、どのような持ち物が必要なのでしょうか?結婚式に行く時には、フォ...

サッカーのパス練習を1人でする方法!毎日の練習が上達への近道

サッカーのパス練習は1人じゃできない、そう思っていませんか?パス練習こそ1人でできますし、1人で...

懸垂を行うと筋肉のどこに効果があるのか、詳しく説明します

筋トレの一つである「懸垂」。腕を使うから、腕の筋肉に一番効果があると思っている人も多いでしょう。...

ご祝儀袋はふくさでの渡し方がマナー?結婚式での渡し方

結婚式でご祝儀袋を渡す時、ふくさを使った渡し方が一番ベストです。ふくさで包むのには理由があり、よ...

テニスの練習方法。自宅で存分にできるトレーニング

テニスはラケットとボールを使って、コートで練習しないと上達しないと思ってはいませんか?もちろ...

フェイントテクニックを磨いてサッカー上達!フェイント練習方法

サッカーはゴールキーパー以外足を使ってプレイをするスポーツです。ここで重要になってくるのがフェイント...

サッカーの夏休みのおすすめ練習メニューをご紹介【高校編】

高校のサッカー部の夏休みの練習メニューを考えるように言われても、何から始めればいいのかわからない人も...

高校の部活マネージャーあるある言いたい!

高校の部活動ではマネージャーの働きなくしては、充分な活動が出来ませんよね。いつもニコニコしている...

ゴールドの結婚指輪の着用は葬式でOK?NGとされるデザインは

ゴールドの結婚指輪は肌なじみが良いと人気です。しかしその一方で葬式などにつけていっても大丈夫?と心配...

スポンサーリンク

野球はピッチャーのコントロールによって試合展開が変わってくる

野球のピッチャーというと速球!速球が投げられれば打たれずに勝つことができる。そう考えてしまいがちです。しかし実際はというと、速球が投げられてもコントロールがよくなければ、試合に勝つことはできません。

また速球も、野球を長年続けている方だと目が慣れてきて、だんだんとバットにボールがあたるようになってきます。

逆に球が遅くても、コントロールが良ければ打たせてアウトを取ることも、際どいところに投げてストライクを取ることもできます。

また変化球と組み合わせて、アウトを取ることも可能です。

その他にもストライクを取ることで、球数が少なくなり投手の疲れが最小限に抑えられたり、テンポが良くなることによって野手のモチベーションにも関係してきます。

この様にコントロールが良い選手のメリットは沢山あります。速球を投げられることは魅力的なことですが、決して速球だけが全てではありません。

野球でピッチャーがコントロールを良くするポイント

どんなスポーツにも共通する大事なポイント!それはフォームです。バスケ選手ならシュートフォームが大切なように、野球のピッチャーなら投球ホームフォームがコントロールに大きく関係をしてきます。

まずは自分の投球フォームを客観的に観察してみましょう。ビデオやスマホなどを使用して録画をしてみてください。フォームがバラバラになってしまっていませんか?

安定した投球フォームには下半身の強化が欠かせません。トレーニングもしっかりと行い必要な筋力を付けるようにしましょう。

また下半身の力を球に活かすことも大切です。そのためには体重移動がスムーズに行われているかどうか、球に力が上手く伝わっているかも確認をしてください。

一見スピードを重視したトレーニングに思えますが、コントロールにも関係する大切なポイントです。

その他には自分が投げたい方向に体がしっかりと向いているかも重要です。そして微妙なコントロールは足のつま先がどちらを向いているかで決めることができます。

インコースを狙うならつま先は内側に、アウトコースを狙う場合は外側に向くのが自然です。もしコントロールが悪いと感じるのなら、つま先を意識してみてください。ほんのわずかに動かすだけでも、違いがありますよ。

野球のピッチャーがコントロールを良くするコツは目の使い方

よく見ることはスポーツにとって大切なことです。ゴルフをしていると球から目を離さない!よく注意をされます。そして目を離して違う場所を見てしまうと、すぐさま狙った場所とは違う方向に球が飛んでいってしまいます。

それほど見ることは重要なポイント。そしてこれは野球のピッチャーのコントロールにも言えることです。

もちろんこの場合、球に視線を送るわけではありません。球を投げたい一点に集中させましょう。

とは言っても見すぎてもいけません。何故かと言うと、知らず知らずのうちに力みにつながってしまうからです。

肩の力を一度抜いて、リラックスさせて目標の位置を見る。プロ野球の中継などを見ていても一度視線を外したり、肩の力を抜くような仕草をよく見かけますよね。緊張のし過ぎはNG!リラックスをして適度な集中を心掛けましょう。

ピッチャーのコントロールを磨くための練習方法

ピッチャーのコントロールには下半身の安定が大切だとお話をしました。そして下半身を安定させるためには走り込みが必要です。

野球と言えば走り込み。小学生や中学生だと、なぜ走り込みをさせられるのか?時には走ってばかりで嫌になってしまうこともあると思いますが、下半身を強化、安定させるためには必要なトレーニングなのです。

またピッチャーのコントロールの練習方法ならピッチング練習も欠かせません。

シャドーピッチングで体重移動や腕の振りを確認しましょう。シャドウピッチングならボールを必要としないので、お家でも練習ができます。

鏡に写して確認をしたり、大きな鏡がない場合は窓に全身を写してフォームを確認することも可能です。ただ練習をするだけではなく、ポイントを意識して行ってくださいね。

ちなみにシャドウピッチングはボールの代わりに、タオルを掴んで行うと、腕の振りが確認できるのでオススメです。

ピッチャーはやっぱり基本であるキャッチボールが大切

野球の基本中の基本、キャッチボールもピッチャーのコントロールに大切だと言われています。

キャッチボールは相手をめがけてボールを投げます。これこそがピッチャーのコントロールの礎。逆に言えばキャッチボールでめがけた所にボールが投げられないようでは、ピッチャーは務まらないとも言えます。

またキャッチボールはだんだんと距離を長くしていきますよね。

長い距離を自分の思った所に投げられる、投球できる選手はマウンドに立っても狙った場所に投げることができます。投球練習と同じ様に狙った場所を見すぎてしまうと、肩にも力が入りコントロールが悪くなります。リラックスをして大体の位置をポイントして見るようにしてくださいね。

野球の走り込みと同じ様に、基本練習には大事な要素が含まれています。準備運動程度と軽く考えずに、しっかりと基礎を身につけること。練習の意図を汲み取って、自分の野球に存分に活かしてくださいね。