ポケットチーフは結婚式に必ず必要ではないが購入する価値はある

結婚式に参列する時、ポケットチーフは必要か必要じゃないのか。
スーツを着る男性なら一度は考えたことあるのではないでしょうか。
ポケットチーフが結婚式などフォーマルな装いの時に必要とされているのはなぜなのか、その謎は、ポケットチーフの歴史を紐解くと見えてきそうです。
ポケットチーフは結婚式に参列するなら必ず必要?ポケットチーフがない時は?ポケットチーフの選び方やたたみ方も一緒にご覧ください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ご祝儀袋の基本的な入れ方と中袋ののりづけについて徹底解説

社会人になって初めて結婚式に出席するとなると、お祝儀袋にお金をどう入れればいいのか迷ってしまうのでは...

色の種類を漢字で書く時はどんな文字で表すの

色の種類は赤、青、黄色など、シンプルに表現するのなら、数十種類程でしょう。 しかし、さらに細かく漢...

野球【ピッチャー】コントロールを良くするポイントや練習のコツ

野球はピッチャーのコントロールの良し悪しによって試合の展開が変わってきます。コントロールの良いピッチ...

スキーは姿勢が大事!基本の姿勢や止まり方、滑り方の姿勢を解説

スキーには基本の姿勢があります。 ただ原理はわかっていても身に付けるまでが難しいため、予習しておく...

年下先輩社員が怖い時の接し方と上手く付き合っていくためのコツ

先輩だからといって年上とは限らないのが職場。自分より年下が先輩ということはよくあることですし、その年...

字が綺麗な女のイメージ。字が綺麗なことにデメリットはない

字が綺麗な女性に対して、マイナスイメージはないと言っていいでしょう。 字を綺麗に掛けるというこ...

ゴミ出しルールの文書作成のコツとルール違反する住民への対応

ゴミ出しのルールを守らない住民に対して、ルールを明記した文書を作成することがあります。 文書には「...

スキー初心者向けのエッジの研ぎ方や頻度について解説します

スキー初心者であっても、エッジを研ぐことによって滑りは変わると言われていますが、研ぎ方がわからない人...

祝儀袋の書き方・連名4人以上でご祝儀を出すときの書き方

連名4人で祝儀袋にご祝儀を包む時、ご祝儀袋の表書きにはどのように記入しているでしょうか。ご祝儀袋の表...

レストランのマナー。ナフキンの使い方やポイントを簡単解説

レストランではマナーを守る必要がありますが、ナフキンもその一つ。 よくお皿の上にナフキンがセッティ...

バレーボールのフローターサーブの練習方法と上達のコツ

バレーボールの試合はまずサーブから始まります。そのサーブがなかなか上手く入らないと悩んでいる方は多い...

ダイビングが趣味。女性がハマる理由と抱える色々な悩みとは

ダイビングが趣味という女性にその魅力を聞いてみました。 ダイビングはお金がかかるイメージがあり...

スノボ初心者の滑り方!知っておくと上達する滑り方のコツ

初めてスノボをするというスノボ初心者は、まず何から練習すればいいのか悩む方も多いと思います。 そこ...

香典の金額は2万円でもいいの?夫婦連名で香典を包む時の考え方

香典を夫婦連名でそれぞれ1万円包みたい場合、封筒の中身の金額は2万円になります。 ただこの2万円と...

入学式の服装のポイントは?注意が必要なママの服装について

入学式は子供が主役!わかっていてもやっぱりママの服装も気になるところですよね。目立ち過ぎを気にするあ...

スポンサーリンク

ポケットチーフは結婚式に参列するなら必ず必要?ポケットチーフの必要性とは

普段の生活の中で、スーツにポケットチーフを合わせている男性を見かけることは、まずありませんよね。ポケットチーフといえばやはり、結婚式のようなフォーマルな場限定で見かけるおしゃれな装いだと言えるでしょう。

結婚式にゲストとして招かれたスーツ姿の男性陣は、華やかな女性ゲストと比べると、やはりどうしても地味に収まってしまいがちですので、フォーマルな雰囲気を出すためにも、ポケットチーフの存在は非常に有効ではあります。

しかし、ネクタイやワイシャツとは違って、普段から身に着ける習慣のないポケットチーフに関しては、そもそも結婚式に参列する際には必要なものなのか、必ずしもそうではないのかといったことも、気になるところだと思います。

華やかな雰囲気を高めるポケットチーフ

結論から言えば、ポケットチーフがないからと言って、けっして結婚式におけるマナー違反には当たりません。

ですが、一見するとなんとなく地味になりがちなフォーマルスーツも、ポケットチーフを合わせることで、一気に結婚式にふさわしい華やいだ装いとなるため、おしゃれの一環としてポケットチーフ使いを楽しむのもステキだと思います。

結婚式などフォーマルな装いに必要なポケットチーフ。ポケットチーフが使われるようになった歴史とは

まだ結婚式に参列した経験が少ない男性でしたらなおさら、そもそも結婚式用のスーツすら持ち合わせていないため、普段遣いのスーツにどのようなワイシャツやネクタイを合わせたらフォーマルになるのかと、悩ましいところでしょう。

そこへさらにポケットチーフもとなると、なんとなく気恥ずかしさを感じてしまい、ますますポケットチーフを付けることへのハードルが高くなってしまうのかもしれません。

ポケットチーフの由来とは

このように、日本人には馴染みの薄いポケットチーフですが、元々はヨーロッパ圏の男性がコートの胸ポケットから皮手袋を覗かせていたのがそのはじまりだと言われています。

のちにそれがポケットチーフとして変化し、ポケットチーフを身に着けるために、ジャケットの胸にもポケットがあしらわれるようになったのだとか。

ポケットチーフを身に着ける習慣は、主に富裕層から広まったため、裕福さを表すアイテムとしても使われていたようです。

そのような起源を考えると、日本においてはまだまだ結婚式以外の場においてポケットチーフが根付いていないのも頷けるところではないでしょうか?

ポケットチーフがない時はどうすればいいのか

ポケットチーフは、薄いハンカチのような四角い布を折りたたんで胸ポケットに入れるわけですが、結婚式目前になってポケットチーフが手元にない場合は、さほど使う頻度は高くないポケットチーフをわざわざ買う必要があるのか、もしかしたらハンカチをポケットチーフ代わりにしてもイケるのではないかと考える方もいることでしょう。

ハンカチをポケットチーフ代わりにしても大丈夫?

ポケットからちらっと覗くだけのポケットチーフに、お金をかけたくないという気持ちもよくわかりますし、いちいち買いに行くのも面倒だと感じてもムリはありません。厳密に言えば使い道は違いますが、ポケットチーフをハンカチで代用してもとくに問題はありません。

ただし、ただの白いハンカチや、ましてや柄物のハンカチをただ適当に折って胸ポケットに入れただけでは、それはどう見てもただのハンカチにしか見えませんので、やはりそこは高級感やフォーマル感を意識する必要があります。ポケットチーフの代わりとして使うのでしたら、シルク製の白やシルバーのハンカチを選ばれることをおすすめします。

結婚式に参列するならどんなポケットチーフが必要?ポケットチーフの選び方

昔から結婚式の定番と言えば、黒いスーツに白ネクタイが主流でしたが、時代とともにそれも変化しています。とくに最近の結婚式においては、白いネクタイを身に着けているのは、主に年配の男性陣であることが多く、若い世代の中には「白ネクタイ=おじさん」というイメージができつつあるようです。

しかし、日本においてはまだまだ身に着ける機会の限られているポケットチーフに関しては、結婚式などのフォーマルな場では白もしくはそれに近い色を身に着けるのがマナーとされてます。

実際に店頭で販売されているポケットチーフはまだまだ色のバリエーションも少なく、スーツ販売店においても白がメインで並んでいるところをみると、結婚式以外ではポケットチーフの需要自体が少ないということがよくわかりますよね。

結婚式にゲストとして招かれた男性の中で、スーツにポケットチーフを合わせる方の比率はそこまで高くありませんし、世間的にはよほどおしゃれな男性でない限り、まだまだポケットチーフの存在自体が、さほど重要視されていないということなのでしょう。

そんな中で、あえて白以外のポケットチーフをバランスよく取り入れているケースはレアであり、相当なおしゃれ上級者だと言えるのではないでしょうか?

しかし、フォーマルな場であるということを一番に考えた場合、やはり白もしくは白に近いシルバーなどのポケットチーフを選ぶのが妥当だとも言えます。

結婚式におすすめのポケットチーフのたたみ方

結婚式に出席する際は、絶対にポケットチーフが必要というわけではありませんが、大人のフォーマルマナーとしてぜひ1枚は持っておきたいところです。ポケットチーフを使うからには、たたみ方も覚えておきましょう。

ポケットチーフのたたみ方(初心者向け)

  1. 裏面が上向きになるように広げます。
  2. 上から下に向かって半分の大きさに折りたたみます。
  3. 今度は中心に向かって左右から半分の大きさになるように折ります。
  4. さらにタテに細長くなるように二つ折りします。
  5. 少しだけポケットから覗くくらいの高さになるように下の部分を折り込みます。
  6. ポケットとチーフが平行になるようにしてポケットに入れます。

ポケットチーフのたたみ方(上級者向け)

  1. 裏面を上向きにして、角が上下に来るように広げます。
  2. タテのラインで半分になるように、左半分を右側に重ねます。
  3. 今度は、下から上に向かって半分の大きさに折ります。
  4. もう一度右端の角を持って上の角に重ねて折ります。
  5. 上に三角形の角が3つ集まりますので、それぞれ均等に少しずつ間隔を空けます。
  6. ポケットの高さに合わせて下をの部分を折り込んだ状態でポケットに入れます。

こちらのたたみ方は、結婚式に親族として参列する際などに使われることが多く、ポケットチーフのたたみ方としてはよりフォーマル度が高まります。

ポケットチーフをスマートに使いこなせる大人の男性は、とても魅力的です。必要に合わせてフォーマルスタイルを格上げできるように、ぜひ使い方をマスターしてみてくださいね。