袱紗は色が重要!白の袱紗の使用用途と使用する場合の注意点

贈り物用の金品などを覆う袱紗の中には、色が白の袱紗もあります。
袱紗は色によって使い分けることが重要ですが、白の袱紗はどんな時に使えるのでしょうか。白の袱紗を使用する場合の注意点とは?
袱紗は色も重要ですが、柄にも注意が必要です。特に袱紗がなく、手持ちの白のハンカチで代用する場合は気をつけましょう。
一つは持っておきたい、おすすめの袱紗もご紹介します。ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

しゃぶしゃぶの食べ方には順番がある?正しいマナーとは

友達との夕食や接待でも食べる機会の多いしゃぶしゃぶ。でも実は食べ方には順番があるということをわかって...

スキーのエッジについたサビを自分で取る方法をご紹介します

仲間たちとの楽しいスキー。しかし、滑った後そのまま放置してしまっているとエッジにサビがついてしまうこ...

ボクシングの過酷なルール「計量」に関する疑問を解決します

ボクシングには様々なルールがありますが、計量もそのひとつ。 ボクシングは体重によって階級が細かく分...

ご祝儀の金額、部下へ贈る場合はいくら包むべき?ご祝儀マナー

結婚式に出席する際に悩むのがご祝儀の金額。特に上司として部下へ贈る場合、いくら包むべきか頭を悩ませて...

電車の車掌の給料の目安や休暇について。車掌になるまでの流れ

高卒でも就職できる仕事として、電車の車掌の仕事に就きたいと考え方もいると思います。 そこで、気にな...

卓球のラケットの特徴【ペンタイプ】ペンホルダーについて解説

これから卓球を始めようと思ってる人の中には、どんなラケットを選べばいいか悩んでいる人もいるのではない...

コンビニバイトで注意すべき言葉遣いについて徹底解説

コンビニバイトのような接客業では言葉遣いに注意すべきだということはわかっていても、普段使っていないと...

お通夜のお香典の金額の相場と渡す際の注意点

お通夜に参列する場合お香典を準備しますが、いくら包もうかと金額に悩んでしまいます。 お香典の金...

バスケのシュートがゴールに届かない悲劇。足りないものは〇〇

バスケのシュートがゴールに届かない。 正確にゴールをうつには、何が必要なのでしょうか? ...

海外のリゾートバイトを短期で!おすすめや後悔しない選び方

海外でのリゾートバイトを短期でしてみたいけど、実際考えると不安になる人もいるはず。海外留学に行きたい...

女性の社会人の服装のマナー!ビジネスシーンで着たい服

社会人になると、会社では今までと違う服装のマナーが必要です。子供っぽい洋服のままでは、周りからの印象...

ジムのトレーナーの給料の目安といろいろな働き方

ジムのトレーナーとして働きたいという場合には、仕事内容はもちろん、給料の相場も気になります。 実際...

娘に嫉妬する母親。母親は娘に何を投影するのか。その心理とは

娘に対して嫉妬する母親。 母親は、大地のような広い心で何ごとにも許しを。 母親は、泉よりも深...

スキーターンのときの体重移動についてコツやポイント

スキーのターンをするときにはどのように体重移動をしたらいいのでしょうか?上手く体重移動ができないと転...

スノボ初心者の滑り方!知っておくと上達する滑り方のコツ

初めてスノボをするというスノボ初心者は、まず何から練習すればいいのか悩む方も多いと思います。 そこ...

スポンサーリンク

袱紗は色が重要、白の袱紗の使用用途

結婚式などのお祝いごとでご祝儀袋を包む袱紗、また弔事の際にお香典を包むのも袱紗です。

金封が汚れないように、また金封をそのままで渡さない、敬う気持ちや心遣いを表す意味も袱紗には込められています。
しかし袱紗は使用しているからOKというわけではありません。慶事用、弔事用と使い分けするのがマナーです。

慶事用ならば暖色系で華やかな色や柄が入っているものを使用する、弔事用であれば寒色系の色を使用するのが一般的です。

そこで気になるのが、どちらにも属さない白はどうなのか?と言う点。白だと両用できるのではと思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

白はどちらに使用しても、明らかにマナー違反だと思われる色ではない

しかしマナーを重んじる年配の方にとっては、慶事用で使用をすることを嫌う方もいらっしゃいます。

今から慶事用に袱紗を用意するのなら違う色の袱紗を選ぶことをおすすめします。

パールなどで装飾されている白色の袱紗なら、結婚式などの華やかな場にも使える

袱紗を選びに行くと、色だけでなく柄物やデザイン性があるものも販売されています。

華やかなデザインの白の袱紗は慶事用に向いている

例えばリボンやレースがついていたり、パールなどの装飾品がついていたり、また真っ白ではなくベージュと白の組み合わせで、可愛らしくデザインされていたり。このような袱紗は見た目も華やかでお祝いごとに使用しても大丈夫です。

しかし、あまりにも可愛らしいものは、持つ人を選び誰にでもピッタリと言うわけには行きません。

沢山の種類が合って迷ってしまう場合は、年齢に合ったデザイン、またこの先も長く使えるような物を選ぶ基準として、考えてみてください。

結婚式で袱紗がない時は、白色のハンカチなら代用可能

袱紗の必要性についてご紹介をしましたが、用意をしようと思っていたけど忙しくて間に合わなかったり、気に入ったものが見つからなかったということもありますよね。

そんな時はハンカチで代用をしても大丈夫です。

と入ってもハンカチは好みが出るものですよね。可愛い柄ばかりを集めてしまっていたり、犬や猫、アニマル柄が好きだったり、タオル生地が好みだったり。いくら代用と言っても、派手過ぎたりその場に似合わないもので包むことはできません。

白色のハンカチは一枚あると便利

ハンカチとして場面を選ばないだけではなく、袱紗としても代用ができるので重宝します。

ちなみに袱紗は色や柄だけではなく、包み方にもマナーがあるのをご存知でしょうか。包み方が逆になってしまうと、用途としても逆の意味を持ってしまうので、せっかくの袱紗もマナー違反となってしまいます。この点についても十分に注意をしてくださいね。

袱紗の代用としてハンカチを使用する場合は、色だけでなく柄にも注意しよう。縁起が悪いとされる花や植物について

色選びや包み方の他にも、まだ注意点が袱紗にはあります。それは柄です。柄がついていると華やかに見え慶事用と判断をしがちですが、花が施されている場合には慶事用として向かない物があることを知っておかなければいけません。

袱紗の菊や蓮などはお悔やみ事を連想させる柄

また花自体に悪い意味がある物や、花が付く状態や枯れた状態が、良くない事をイメージさせるといった物もあります。

花柄や刺繍が施されていると上品な感じがしたり、また柄によっては同じ花がついていても可愛く見えることもあります。

しかし見る人が見ると、マナー違反として捉えられてしまいます。花柄を選ぶ際には喜びをイメージさせる桜などを選ぶ。また鶴や亀など、昔から縁起がよいとされている柄など、前もって下調べをしておくのも良いかもしれません。

袱紗を購入するなら、慶弔両用で男女兼用にもなる紫色の袱紗がおすすめ

袱紗についていろいろ知ると、かえって袱紗選びが大変になってしまいませんか?そして使う機会が多いわけではないのに、慶事用、弔事用、また夫婦だと男女それぞれに選び方やカラーも変わってきます。マナーと言えども、袱紗を家族で4枚も揃える必要があるの?と考えてしまう方もいらっしゃるでしょう。

男女問わず、慶弔両用できる紫色の袱紗がおすすめ

袱紗選びに迷ってしまったら、紫色を選べば間違いがありません。

しかしここでも注意が必要なのは柄です。どちらにも使えそうに見えても慶事と弔事では包み方が逆になります。

包んだ時に柄が逆についてしまったのでは、やはり失礼にあたります。紫色を選んで兼用として使いたいのなら無地のものや、柄がついていても上下で左右されないものを選ぶようにしましょう。

年齢が若いうちは袱紗を使っていなくても、少々場違いだと感じる袱紗を使っていても、周りの方も多めに見てくれるでしょう。しかし年を重ねていくと、そうはいきません。お話をしてきたように、その場面に合った袱紗を、マナーを考えた袱紗使いをするように心がけてください。