暮らしに新しいをプラス

ふじや流プラス

反省文の書き方で大学生が書く場合の注意点とは

      2018/10/24

反省文の書き方で大学生が書く場合の注意点とは

最近は大学生でも反省文の提出を求められることがあるようです。
校内外で校則違反をした場合などが多いですが、普段反省文を書きなれないため、どう書けばいいのか悩んでしまうものです。

大学生が反省文を書く場合、どう書くべきでしょうか。

反省文の書き方、注意点、ポイントなどをまとめました。
大学によってはレポート用紙を指定されたり、手書きではなくWEB上での提出ということもありますので確認しましょう。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

反省文の書き方、大学生の場合は?

反省文ですが、大学生でも書くことがあるようですが、その書き方ってあるのでしょうか。

どんな場合、大学生でも反省文を書くのか?それは、学校内であったり、学校外で校則に違反したときに書く必要がでてきます。

反省文を書くことによって、自分の過ちを認めて、同じ間違いをしないことを文字にして表現することになります。

大学の場合ですが、宛名を学長にして、自分の所属と学年を記載して名前を書くようです。

その下に何に対して反省文を書かなくてはいけないのか、具体的に書いていくようです。そして、大学関係者の方々に謝罪文を書きます。

最後に、同じ間違いを繰り返さないために、改善策を書いていきます。

書く必要があるようでしたら、上記を参考にして書いてみてください。

大学生が提出する反省文の書き方、形式や長さは?

大学生が提出する反省文の書き方について上記でみてきましたが、形式や長さは決まっているのでしょうか。

反省文に決まった形式はないようです。だからといって「自由に書いていいよ」といわれても、書き方に困る人も出てくるのではないでしょうか。

一般的には、A4サイズ1枚に収まる程度の長さでプリントしたものではないでしょうか。長くても、1200文字程度でしょうか。

ただ、大学によって違う可能性もあるので、短く書くところであれば、400文字程度かもしれません。

大学側から「手書きで」と指定されない限りは、手書きで書く必要もなくなってきているのではないでしょうか。

大学によっては、WEBで提出というところも増えてきているかもしれませんし、提出方法を大学側に確認してみるのも、良いのかもしれませんね。

大学生の反省文、書き方のポイントは?

大学生が書く反省文についてみてきていますが、書き方のポイントとなるものはあるのでしょうか。

大学によっては、指定の用紙に書く必要があるかもしれないので、そうであれば、指定の用紙を入手しましょう。学生課に置いてあるのではないでしょうか。

また、「どうやって書いたらよいのか?何かポイントはあるのか?」と思われるかもしれません。

例文ですが、本ですとか、ネットでも見つけることはできると思います。

書くべきことですが、どんな失敗をしたか、どんな間違いを認めなくてはいけないのか、ということになると思います。

その後ですが、謝罪文になります。「今後はやりません」「今後は注意します」などの文言は必要になるのではないでしょうか。

文章としては相手を感動するものというよりは、どれだけ反省しているのか、その姿勢がわかれば良いと思います。

反省文の書き方で重要な点とは?

大学の反省文の書き方、何を書いたらよいのかについてみてきましたが、ここでは、書き方で重要な点についてみていきたいと思います。

反省文ですが、重要になってくるのは、「事実と原因」「反省と謝罪」「今後の対策」になってくると思います。何について反省しているのか、それに対する反省と謝罪をかきます。また、同じことを繰り返さないためにも、どんな対策が必要になってくるのか、それを言葉に表してきます。

長く書くというよりは、絞って書いた方が良いのかもしれませんね。

単純に、何をしてしまったのか、今後どうすれば良いのかに焦点をあててみたらいかがでしょうか。

また、使う表現方法ですが、敬語を使用しましょう。でも、あまりそれを意識しすぎて、丁寧になりすぎたり、気持ちがこもらない文章になるのは、避けていきましょう。

改善点や対策に関しては、「~したいと思います」というよりは、「~します」というような言い切った表現の方が良いのかもしれませんね。

反省文の書き方で注意したいことは?

大学の反省文について、どんな言葉使いがよいのか、どんなことを書けばよいのかについてみてきましたが、書くことで注意しなくてはいけない点があるのか、ここで少し触れていきたいと思います。

  • わかりやすく簡潔に
    反省文という文章のタイトルで、A4サイズ1枚に収まるように、横書きで書いていきましょう。
  • 正しい敬語を使う
    上記でも書きましたが、意識しすぎて、重複した敬語には気をつけましょう。
  • 謝罪の言葉が事務的にならないように気をつける
    謝罪の言葉として、「申し訳ありません」などありがちな言葉を使用すると、どれだけ反省しているのか、その姿勢が見られないかもしれません。
    「弁解の余地がありません」など言葉を置き換えること、他の良い言い回しを見つけることも大切かもしれませんね。
  • 決意や対策を断言した言葉でかく
    「~したいと思います」という形ではなく、「~します」という断言した言葉を使い、自分の決意の強さを書いた方が良いと思います。

反省文を書く上で、疑問に思っていることが解消されると良いですね。

 - マナーや作法にアイデアを

ページ
上部へ