反省文の書き方で大学生が書く場合の注意点とは

最近は大学生でも反省文の提出を求められることがあるようです。
校内外で校則違反をした場合などが多いですが、普段反省文を書きなれないため、どう書けばいいのか悩んでしまうものです。

大学生が反省文を書く場合、どう書くべきでしょうか。

反省文の書き方、注意点、ポイントなどをまとめました。
大学によってはレポート用紙を指定されたり、手書きではなくWEB上での提出ということもありますので確認しましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

リレーのアンカーとして走るコツや役割、リレーメンバーの決め方

運動会のリレーのアンカーと言えば、クラス一の速い子であり、リレーの最後を飾る言わば花形みたなものです...

卓球の初心者が出来るサーブ練習のやり方とポイントを紹介

卓球を始めたばかりのころは、サーブが入らなかったりすぐにネットに引っかかってしまうでしょう。...

剣道の試合のルールを解説!初心者でもわかりやすくルール紹介

剣道の試合を見に行く時、試合のルールがわからなければ心から試合を楽しめないものです。一体どんなルール...

No Image

電話での相手の会社の呼び方と気をつけたいビジネスマナー

電話での相手の会社の呼び方は書面の場合とは違ってきます。これから社会人として働くなら、取引先の呼び方...

帽子着用時のマナー・男性と女性で違う帽子を被るときのマナー

オシャレのアイテムとして普段から帽子を着用する機会が多いという人もいますよね。帽子が好きでいつも着用...

卓球のスマッシュ速度は球技で一番!速く打つポイントや練習方法

卓球のスマッシュの速度はボールを使ったスポーツの中でも最も速いと言われています。卓球のスマッシュの速...

No Image

卓球【ダブルス】サーブのルールや勝つためのポイント

卓球のダブルスのサーブは、シングルと違って打つ順番などがわかりづらくルールがあります。ダブルスをはじ...

卓球のラケットの特徴【ペンタイプ】ペンホルダーについて解説

これから卓球を始めようと思ってる人の中には、どんなラケットを選べばいいか悩んでいる人もいるのではない...

スキーは姿勢が大事!基本の姿勢や止まり方、滑り方の姿勢を解説

スキーには基本の姿勢があります。ただ原理はわかっていても身に付けるまでが難しいため、予習しておく...

バスケのシュートは回転とアーチ状に高くが成功率をあげるコツ

バスケのシュートがたとえ入っても、無回転のシュートでは上達はしません。シュートには回転が必要です...

結婚式に参列する時に持っていく女子のための持ち物リスト

結婚式に招待されて参列する時には、どのような持ち物が必要なのでしょうか?結婚式に行く時には、フォ...

卓球のラリーが続かないワケと、ボールに慣れる練習方法を紹介

卓球を始めたばかりの頃はなかなかラリーが続かないということがよくあります。同じように打ち返し...

バスケのシュートは何種類くらい?シュートの特徴をご紹介

バスケのシュートは大きく分けるとレイアップ、ダンクシュート、フックシュート、ステップシュート、セット...

力士の給料はどこから?力士の給料は相撲協会や懸賞金が収入源

大相撲の力士たちの給料が一体どこから支給されているのかご存知でしょうか。自分の体で相撲を取り...

入学式の服装のポイントは?注意が必要なママの服装について

入学式は子供が主役!わかっていてもやっぱりママの服装も気になるところですよね。目立ち過ぎを気にするあ...

スポンサーリンク

反省文の書き方、大学生の場合は?

反省文ですが、大学生でも書くことがあるようですが、その書き方ってあるのでしょうか。

どんな場合、大学生でも反省文を書くのか?それは、学校内であったり、学校外で校則に違反したときに書く必要がでてきます。

反省文を書くことによって、自分の過ちを認めて、同じ間違いをしないことを文字にして表現することになります。

大学の場合ですが、宛名を学長にして、自分の所属と学年を記載して名前を書くようです。

その下に何に対して反省文を書かなくてはいけないのか、具体的に書いていくようです。そして、大学関係者の方々に謝罪文を書きます。

最後に、同じ間違いを繰り返さないために、改善策を書いていきます。

書く必要があるようでしたら、上記を参考にして書いてみてください。

大学生が提出する反省文の書き方、形式や長さは?

大学生が提出する反省文の書き方について上記でみてきましたが、形式や長さは決まっているのでしょうか。

反省文に決まった形式はないようです。だからといって「自由に書いていいよ」といわれても、書き方に困る人も出てくるのではないでしょうか。

一般的には、A4サイズ1枚に収まる程度の長さでプリントしたものではないでしょうか。長くても、1200文字程度でしょうか。

ただ、大学によって違う可能性もあるので、短く書くところであれば、400文字程度かもしれません。

大学側から「手書きで」と指定されない限りは、手書きで書く必要もなくなってきているのではないでしょうか。

大学によっては、WEBで提出というところも増えてきているかもしれませんし、提出方法を大学側に確認してみるのも、良いのかもしれませんね。

大学生の反省文、書き方のポイントは?

大学生が書く反省文についてみてきていますが、書き方のポイントとなるものはあるのでしょうか。

大学によっては、指定の用紙に書く必要があるかもしれないので、そうであれば、指定の用紙を入手しましょう。学生課に置いてあるのではないでしょうか。

また、「どうやって書いたらよいのか?何かポイントはあるのか?」と思われるかもしれません。

例文ですが、本ですとか、ネットでも見つけることはできると思います。

書くべきことですが、どんな失敗をしたか、どんな間違いを認めなくてはいけないのか、ということになると思います。

その後ですが、謝罪文になります。「今後はやりません」「今後は注意します」などの文言は必要になるのではないでしょうか。

文章としては相手を感動するものというよりは、どれだけ反省しているのか、その姿勢がわかれば良いと思います。

反省文の書き方で重要な点とは?

大学の反省文の書き方、何を書いたらよいのかについてみてきましたが、ここでは、書き方で重要な点についてみていきたいと思います。

反省文ですが、重要になってくるのは、「事実と原因」「反省と謝罪」「今後の対策」になってくると思います。何について反省しているのか、それに対する反省と謝罪をかきます。また、同じことを繰り返さないためにも、どんな対策が必要になってくるのか、それを言葉に表してきます。

長く書くというよりは、絞って書いた方が良いのかもしれませんね。

単純に、何をしてしまったのか、今後どうすれば良いのかに焦点をあててみたらいかがでしょうか。

また、使う表現方法ですが、敬語を使用しましょう。でも、あまりそれを意識しすぎて、丁寧になりすぎたり、気持ちがこもらない文章になるのは、避けていきましょう。

改善点や対策に関しては、「~したいと思います」というよりは、「~します」というような言い切った表現の方が良いのかもしれませんね。

反省文の書き方で注意したいことは?

大学の反省文について、どんな言葉使いがよいのか、どんなことを書けばよいのかについてみてきましたが、書くことで注意しなくてはいけない点があるのか、ここで少し触れていきたいと思います。

  • わかりやすく簡潔に
    反省文という文章のタイトルで、A4サイズ1枚に収まるように、横書きで書いていきましょう。
  • 正しい敬語を使う
    上記でも書きましたが、意識しすぎて、重複した敬語には気をつけましょう。
  • 謝罪の言葉が事務的にならないように気をつける
    謝罪の言葉として、「申し訳ありません」などありがちな言葉を使用すると、どれだけ反省しているのか、その姿勢が見られないかもしれません。
    「弁解の余地がありません」など言葉を置き換えること、他の良い言い回しを見つけることも大切かもしれませんね。
  • 決意や対策を断言した言葉でかく
    「~したいと思います」という形ではなく、「~します」という断言した言葉を使い、自分の決意の強さを書いた方が良いと思います。

反省文を書く上で、疑問に思っていることが解消されると良いですね。