テニス初心者が社会人からでも楽しめるオススメなテニスの始め方

テニスの初心者で社会人からテニスを始めても楽しめるのかと躊躇されていませんか?
運動は苦手だし、今から始めてできるようになるのかと心配になったりするのもわかります。
しかし、むしろテニスは大人になってから始めるのにピッタリなスポーツなんです。

そこで、テニス初心者が社会人からでも楽しめるオススメなテニスの始め方について、テニスを始めるのに必要なのは時期ではないこと、社会人になってから始めるならテニススクールやテニスサークルで習うのがオススメな理由、始めるために必要な準備するものや趣味としてのテニスの良いところなどお伝えしていきましょう。

これを読めば、あなたもすぐにテニスが始めてみたくなります。始め方にも悩みませんし、テニスの魅力が知りたくなるでしょう。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ボウリングのフォームをきれいに見せる投球方法を徹底解説

プロボウラーのフォームっていつ見てもきれいですよね。でも素人がマネしてみても、なかなか同じフォームに...

海外のリゾートバイトを短期で!おすすめや後悔しない選び方

海外でのリゾートバイトを短期でしてみたいけど、実際考えると不安になる人もいるはず。海外留学に行きたい...

品出しバイトの志望動機のコツ!即採用に繋がるポイントの考え方

品出しのバイトの志望動機では、自分がどうして品出しのバイトに応募したのかという理由やきっかけを答えな...

卓球の練習メニュー【中学生編】上達するためのポイント

卓球の練習メニューについて中学校の部活の場合、どんな練習方法が良いのでしょうか?卓球はしっかりと練習...

洋食マナーのフォークの使い方!基本やスマートに使う順番を紹介

洋食にはマナーがあり、食事を食べるときはフォークやナイフの使い方や使う順番にも気をつけなければなりま...

年下先輩社員が怖い時の接し方と上手く付き合っていくためのコツ

先輩だからといって年上とは限らないのが職場。自分より年下が先輩ということはよくあることですし、その年...

職場で独り言いわないで!注意する時のコツって?対処法とは

職場で独り言を言う人がウザい!本人はどうして心の声をいちいち口に出して言うのかな?注...

名前を赤字で書いてはいけない理由!赤字がNGなのはコレが理由

「名前を赤字で書いてはいけない」と言われたことがある人もいますよね。でも、名前を赤字で書いてはいけな...

ホテルのベッドの使い方と良く眠れるおすすめな使い方

ホテルに宿泊した時に、キレイに整えられたベッドはとても気持ちが良いですね。ですが寝ようと思っ...

祝儀袋の書き方・連名4人以上でご祝儀を出すときの書き方

連名4人で祝儀袋にご祝儀を包む時、ご祝儀袋の表書きにはどのように記入しているでしょうか。ご祝儀袋の表...

剣道の小手は自宅でも洗えます!洗い方や汚れの原因について

子供が剣道を習い始めたら、防具や小手が洗えるのかどうか?その洗い方については、お母さんにとっては気に...

ボクシングの過酷なルール「計量」に関する疑問を解決します

ボクシングには様々なルールがありますが、計量もそのひとつ。ボクシングは体重によって階級が細かく分...

結婚式のお呼ばれにはヘアアレンジが必要なポニーテール

結婚式にお呼ばれをしたら、まずは服装が気になりますが、髪型やヘアアレンジもマナー違反にならないように...

バスケのコツを徹底解説!ディフェンスは攻めることも大切です

部活でバスケをしている人の中には、ディフェンスが上達しないことが悩みだという人もいるでしょう。...

春の飾り付けを折り紙を使ってするのなら、これがおすすめ

春は明るく希望に満ちた季節ですよね。そんな明るい気持ちをより明るくするために飾り付けで盛り上げる...

スポンサーリンク

テニスは初心者でも社会人になってからでも楽しめる

スポーツを楽しんでいる社会人の多くが、子どもや学生時代に取り組んでいた部活やサークルでスポーツを経験していた人たちばかりだと思っていませんか。
やったことがないから、周りはできる人たちばかりだからと躊躇してしまう、大人になってから始めるスポーツの数々。

しかし、まったく躊躇する必要も、心配することもありませんよ。

社会人になってからテニスを始める人達の多くは、年度初めの4月に新しいことに挑戦してみたいと思ったり、引っ越しなどをきっかけに始めたりするようです。

社会人は年度始めの4月に始めれば、同じような境遇の方に出会えたり、仲間ができること間違いなしです

また、やる気さえあれば、いつ、どんな時に始めても、大丈夫。
余計な心配よりも、テニスをすることで得られる、良い面に注目してみましょう。

テニス初心者が社会人から始めるならテニススクールへ

テニスを始めようと思って、いきなりテニスコートに一人で行く方はまずいません。
大抵の方が思い浮かべるのが「テニススクール」。

テニススクールは、テニスのレベルによっていろいろなレッスンが選べるので、初心者でも気にせず参加することができる場所です。
自分の上達に合わせてレッスンを受けられるので、一緒に入会した仲間と励まし合ったり、上達したら一緒に試合に出てみたりと、楽しいことが沢山あります。

社会人で、仕事帰りや休日の空き時間を利用したいと考えるのであれば、テニススクールはおすすめです。
テニスの基礎からしっかり教えてもらうことができるので、上達も早いです。
スクールの仲間と切磋琢磨して、上級レッスンを目指す楽しみもありますね。

しかし、ある程度の費用がかかることは、予め理解しておきましょう。
また、せっかくお金を払ったのに、レッスンに入る生徒の人数が多くて、自分の順番がなかなか回ってこない時もあるかもしれません。

テニススクールの入会を決めるときには、事前に見学に行き、様子を見ておくとよいでしょう。

社会人のテニス初心者ならまずは地域のテニスサークルもオススメ

運動神経が良くてある程度の基礎が身についているという方は、テニスサークルに入会しても良いかもしれません。
初心者大歓迎のサークルや、試合が主なサークルなど様々ですが、テニススクールでは味わえない、自分よりもレベルの高い人達との出会いがあります。
即実践、試合出場を目指している方には向いているでしょう。

テニスサークルにテニスの指導者の経験がある人がいれば別ですが、テニススクールに比べると指導のレベルは下がります。また、教え方も人によって異なるので、なかなか基本の動きが身につかない場合もあり、基礎をしっかり学びたい人には向きません。

ネットで検索すれば、全国に沢山のテニスサークルを見つけることができます。
どのような人を募集しているのかをしっかり確認し、募集要項に自分が当てはまる場合には、見学や入会を申し込んで見ると良いでしょう。
初心者は必ず、初心者でも良いかどうかを確認することを忘れないようにしましょう。

テニス初心者が始めるために準備するもの

テニスを始めるには、いくつかのものを用意しておく必要があります。
テニススクールの中には、道具が全て揃っていて、運動する服装さえしていれば、道具の持ち込み不要な場所もありますが、だいたいは用具の準備が必要でしょう。

テニスラケット

インターネットやスポーツ用品店で購入できますが、初心者の場合は実際に店員さんに確認しながら、選ぶ手伝いをしてもらった方が安心です。
男性、女性でラケットの選び方も違いますし、ガットのテンションなどは、始めは店員さんにお任せすることになるでしょう。
硬式用、軟式用でラケットが異なるので、注意しましょう。

テニスシューズ

テニスコートの種類によって異なるので、悩んでしまうかもしれませんが、オールコート用のものを選んでおけば間違いありません。
実際にフィッティングして、履きやすいものを選ぶとよいでしょう。

テニスバッグ

ラケットやテニスシューズを入れるのに必要です。
始めはなくても構いませんが、本格的にスクールやサークルに入会したときには、合ったほうが断然便利です。
ラケットやシューズの他にも、タオル、ウェア、バイザーなどを入れるのにも役立ちます。好みのデザインのものを購入しましょう。

テニスはいつまでも続けられる最高の趣味になります

テニスはハードな運動に思われそうですが、ラリーのスピードによって、自由自在に難易度を変えられる点から言えば、非常に負担が軽いスポーツとも言えます。
そのため、子どもからお年寄りまで、幅広い年齢層で楽しまれていて、生涯を通してできるスポーツなのです。

運動は健康維持のためには欠かせないので、どうせするなら長く楽しめるテニスを今のうちに始めておくことは、とても良いことなのです。

また、少ない人数で楽しむことができるので、テニス仲間全員が参加できない日でも、最低自分の他に1人いれば楽しめます。
大人数とのお付き合いが苦手な方でも、2~3人の少ない人との関わりで済むなら、安心できるという方もいるかもしれません。

屋内でも楽しめるテニスは、天候や気温に左右されないので、場所さえ押さえておけば、毎週決まった時間に必ずできる点も、メリットの一つです。
コートの利用料金も、仲間と割り勘にすれば、たいした金額にはなりませんので、ジムなどに通うよりも少ないお金で、楽しく体を鍛えることもできますね。