明日ある面接に緊張している人へ。緊張をほぐす方法を紹介します

明日の面接では緊張しすぎて上手くしゃべることができないのでは・・失敗してしまったらどうしよう・・と不安になるのもわかります。

しかし、今まで頑張ってきたのですから大丈夫!面接までたどり着いたのですからあとは自分を信じて乗り切るだけです。

そうは言っても緊張しますよね。そんなときには、この方法で緊張をほぐすといいでしょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

年下先輩社員が怖い時の接し方と上手く付き合っていくためのコツ

先輩だからといって年上とは限らないのが職場。自分より年下が先輩ということはよくあることですし、その年...

バドミントンの試合で勝てるコツがある。勝つ為に出来る事

バドミントンの試合でなかなか勝つ事が出来ない、勝てそうで勝てないという状況はあると思います。...

草野球の投手の投げ方のコツと覚えて欲しい球種について解説

職場の草野球チームで投手をすることになると、投げ方についてまず調べて少しでも多く球種を覚えようと思う...

No Image

いとこの結婚式を欠席!欠席連絡のタイミングとご祝儀について

いとこの結婚式に招待されていても、予定が合わない・遠く出席できないなど、結婚式を欠席しなくてはならな...

ホテルのベッドの使い方とは?部屋を出るときのマナー

ホテルのベッドは寝にくくて眠りが浅いのが悩みという方はもしかしたら、そのベットの使い方間違っているか...

祝儀袋の書き方・連名4人以上でご祝儀を出すときの書き方

連名4人で祝儀袋にご祝儀を包む時、ご祝儀袋の表書きにはどのように記入しているでしょうか。ご祝儀袋の表...

【営業】電話の折り返しのマナーやコツとこないときの対処法とは

営業マンは毎日取引先などへ電話をかけることが多いですが、その際に折り返し電話をかけることも多いですよ...

家遊びで友達と盛り上がる遊び、お金のかからない遊びを紹介

放課後や休日はどのように過ごしていますか?高校生はバイトや部活や勉強でしょうか?実は友達と家...

野球のピッチャーに必要なトレーニングとストレッチについて

野球のピッチャーは、とにかくトレーニングをする種類と量が多いのです。ですから、目的意識をもって、...

電車で新聞をガサガサするのは迷惑行為?電車内での迷惑行為とは

電車に乗っている時、車内が混雑しているのにもかかわらず新聞をガサガサ広げている人っていますよね。周囲...

ご祝儀袋はふくさでの渡し方がマナー?結婚式での渡し方

結婚式でご祝儀袋を渡す時、ふくさを使った渡し方が一番ベストです。ふくさで包むのには理由があり、よ...

内祝いを贈る時のお礼状はどんな封筒にすべき?封筒の選び方

結婚や出産などでお祝いをもらったお礼いに内祝いと一緒にお礼状を添えたい場合、どんな封筒に入れるべきで...

色の種類を漢字で書く時はどんな文字で表すの

色の種類は赤、青、黄色など、シンプルに表現するのなら、数十種類程でしょう。しかし、さらに細かく漢...

離職票の退職理由が体調不良の場合に手続きや知っておきたいこと

離職票の退職理由が体調不良の場合には、失業給付のことなど手続きを確認しておく必要があります。...

結婚式と二次会の断り方!断る理由と失礼にならないマナーを解説

結婚式の案内が来た時、結婚式に出席したくないときもありますよね。あまり仲の良い相手ではないときは特に...

スポンサーリンク

明日の面接で緊張しているなら質問されそうなことを予習しよう

明日面接で、緊張している。どうしたらこの緊張がほぐれるかな?そんな風に感じていませんか?

面接の前日に緊張するのは、あなた一人ではありません。そこで、前日に面接のことで緊張しているのなら、面接で質問されそうなことを予習してみてはいかがでしょうか。

まず、どんな質問をされそうなのか?ですが、「あなたのESや応募資料から想定できるもの」だと思います。

例えば、「あなたの大学での出席日数があまりよくないようですが、どういった理由でそうなったのですか?」であったり、「弊社は、転勤が多いのですが、問題はありませんか」であったり、ひねくれた質問が来ることも想定されます。どうしてそのような質問をしてくるのか。会社としては、あなたの実力をそのような質問をして計っているのだと思います。そのような質問に対しても、堂々と笑顔で答える事ができるように、前もって上手な答えを考えておきましょう。

明日の面接で緊張してしまいそうなら質問の答えから話そう

明日、面接で緊張している。それなら、際どい質問をされる可能性もあるので、その質問をどううまくかわして行くか、上手な答えを考えておく準備をしておくことについて上記では触れてきました。

面接って緊張してしまうと、何を話していいのかわからなくなる、相手の質問がわからなくなってしまうなんてこともありえると思います。

その問題をうまく解決する方法ですが、「解答を真っ先に出す」ことにあります。

つまり、結論に繋がる部分をダラダラと話すのではなく、始めに結論、答えを話してしまうことです。

その方が、聞き手も楽ですし、答えている自分も楽になります。回答や結論を始めに口にしているので、安心感を得られますし、緊張もほぐれてきます。

面接で質問に答える時ですが、始めからゴールを意識して話していきましょう。

面接がある明日の為にこうして緊張をほぐそう!

明日、面接で緊張しているのなら、面接でうまく答える秘訣、始めに答えや結論を言うことを意識して、本番でも緊張から解放されるテクニックを学ぶことについてみてきましたよね。

ここでは、別の緊張をほぐす方法をみていきたいと思います。

「イメージトレーニング」

アスリートの方も実行していますが、本番の面接をイメージして、「私は絶対に採用される」と前向きなイメージ、入室から退室まで、自分が成功するイメージを持つことが大切になってくると思います。

どんな際どい質問がきたとしても、生き生きとした態度で答えている。面接官から「この子はできるな」という印象をつけることができる。そのような場面をイメージすることができると良いと思います。

自分はこの面接を勝ち抜いて、この仕事をゲットする!そのような強いイメージを持つことで気持ちも楽になってくると思います。イメージトレーニングで緊張を和らいでいきましょう。

明日ある面接はこう乗り切ろう!入室するときのポイント

面接で緊張している時に、簡単にできる緊張をほぐす方法を数点、上記ではみてきました。

最後に、実際の面接の際、どのようなことをしたら緊張をほぐすことができるのか、入室や面接中にできることについて触れておきたいと思います。

  • 入室の時
    この会社で働く!そのようなワクワク感を想像しながら入室すると良いと思います。緊張でこわばっている顔よりも、生き生きしている顔で入室した方が、良い印象を与えると思います。
  • 面接官に好意を見せる
    面接の時間を自分の為に割いてくれたことについて、感謝の気持ちを表しましょう。あなたがそのような「好意」をみせることによって、相手もあなたに対して「好意」を見せてくれると思います。
  • 面接官を見て挨拶をする
    入室する際、面接官をみて挨拶をすることも大切だと思います。好印象を与えることができます。また、どんな顔で話しているのか、確認するためにも、面接の前に鏡の前で練習してみるのも良いかもしれませんよね。
    笑顔で面接で対応することができるよう、本番に向けて練習していきましょう。