明日ある面接に緊張している人へ。緊張をほぐす方法を紹介します

明日の面接では緊張しすぎて上手くしゃべることができないのでは・・失敗してしまったらどうしよう・・と不安になるのもわかります。

しかし、今まで頑張ってきたのですから大丈夫!面接までたどり着いたのですからあとは自分を信じて乗り切るだけです。

そうは言っても緊張しますよね。そんなときには、この方法で緊張をほぐすといいでしょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

サッカー【パスの蹴り方】基本や注意点と正確なパスのコツ

サッカーのパスの蹴り方にはコツがあります。サッカーは味方にパスをつないでゲームを作っていくことでゴー...

仕事なのに寝坊した!頭の中は『遅刻VS休む』の大乱闘!

仕事なのに寝坊した! 遅刻して出勤するより、休むという選択をした方がビジネス的にもいいと聞きま...

スノーボードの上達のコツ。基本・エッジ・ターンのやり方

スノーボードをカッコよく滑りたいと思っても、最初のうちは転んでばかりで上手く滑れるのかなと心配になっ...

品出しのバイトとは?女性も活躍している品出しについて

品出しのバイトは女性にはきついのでしょうか?確かに、スーパーの品出しなら牛乳や油など重たいものを上げ...

画家とイラストレーターの違いを比較。仕事内容や収入まで

絵を描く仕事といえば画家やイラストレーターなどありますが、そこにはどんな違いがあるのでしょう。 同...

卓球のラリーが続かないワケと、ボールに慣れる練習方法を紹介

卓球を始めたばかりの頃はなかなかラリーが続かないということがよくあります。 同じように打ち返し...

東京オリンピックのボランティアになるための英語力について解説

東京オリンピックの開催が決まったことで、ボランティアとして参加してみたいと考えた人も多かったでしょう...

スノボの初心者の服装とは?持っていくべき必需品を紹介

スノボ初心者は服装でどんなことに気をつけたらいいいのでしょうか?とにかく寒くないようにと着込んでしま...

【バスケのコツ】試合で活躍するために覚えておいてほしいこと

中学校で部活に入って初めてバスケの試合に出るかもしれないと思うと、誰でも緊張してしまうでしょう。 ...

大学生の面接時の荷物はどうするのか、面接の流れを追って解説

就職活動をしている大学生は企業の面接を受ける機会があるでしょう。 面接のタイプは企業によって様...

リレーのアンカーとして走るコツや役割、リレーメンバーの決め方

運動会のリレーのアンカーと言えば、クラス一の速い子であり、リレーの最後を飾る言わば花形みたなものです...

フォーマルバッグの選び方、結婚式と葬式に兼用できるバッグ

冠婚葬祭の時にはフォーマルバッグを持つのがマナーとされていますが、結婚式やお葬式はそう回数が多くはな...

消防士の面接ではどんな髪型がベスト?好印象を与える髪型とは

消防士採用試験は、筆記や体力試験の他にも「面接試験」があります。 この3つの試験を突破して晴れて消...

野球【ピッチャー】コントロールを良くするポイントや練習のコツ

野球はピッチャーのコントロールの良し悪しによって試合の展開が変わってきます。コントロールの良いピッチ...

妊娠報告に伝えたい言葉!友達におめでとうの返事をするときは

友達から妊娠報告があり、どんな返事をしようか悩むことがあります。妊娠報告への返事をするときは、知って...

スポンサーリンク

明日の面接で緊張しているなら質問されそうなことを予習しよう

明日面接で、緊張している。どうしたらこの緊張がほぐれるかな?そんな風に感じていませんか?

面接の前日に緊張するのは、あなた一人ではありません。そこで、前日に面接のことで緊張しているのなら、面接で質問されそうなことを予習してみてはいかがでしょうか。

まず、どんな質問をされそうなのか?ですが、「あなたのESや応募資料から想定できるもの」だと思います。

例えば、「あなたの大学での出席日数があまりよくないようですが、どういった理由でそうなったのですか?」であったり、「弊社は、転勤が多いのですが、問題はありませんか」であったり、ひねくれた質問が来ることも想定されます。どうしてそのような質問をしてくるのか。会社としては、あなたの実力をそのような質問をして計っているのだと思います。そのような質問に対しても、堂々と笑顔で答える事ができるように、前もって上手な答えを考えておきましょう。

明日の面接で緊張してしまいそうなら質問の答えから話そう

明日、面接で緊張している。それなら、際どい質問をされる可能性もあるので、その質問をどううまくかわして行くか、上手な答えを考えておく準備をしておくことについて上記では触れてきました。

面接って緊張してしまうと、何を話していいのかわからなくなる、相手の質問がわからなくなってしまうなんてこともありえると思います。

その問題をうまく解決する方法ですが、「解答を真っ先に出す」ことにあります。

つまり、結論に繋がる部分をダラダラと話すのではなく、始めに結論、答えを話してしまうことです。

その方が、聞き手も楽ですし、答えている自分も楽になります。回答や結論を始めに口にしているので、安心感を得られますし、緊張もほぐれてきます。

面接で質問に答える時ですが、始めからゴールを意識して話していきましょう。

面接がある明日の為にこうして緊張をほぐそう!

明日、面接で緊張しているのなら、面接でうまく答える秘訣、始めに答えや結論を言うことを意識して、本番でも緊張から解放されるテクニックを学ぶことについてみてきましたよね。

ここでは、別の緊張をほぐす方法をみていきたいと思います。

「イメージトレーニング」

アスリートの方も実行していますが、本番の面接をイメージして、「私は絶対に採用される」と前向きなイメージ、入室から退室まで、自分が成功するイメージを持つことが大切になってくると思います。

どんな際どい質問がきたとしても、生き生きとした態度で答えている。面接官から「この子はできるな」という印象をつけることができる。そのような場面をイメージすることができると良いと思います。

自分はこの面接を勝ち抜いて、この仕事をゲットする!そのような強いイメージを持つことで気持ちも楽になってくると思います。イメージトレーニングで緊張を和らいでいきましょう。

明日ある面接はこう乗り切ろう!入室するときのポイント

面接で緊張している時に、簡単にできる緊張をほぐす方法を数点、上記ではみてきました。

最後に、実際の面接の際、どのようなことをしたら緊張をほぐすことができるのか、入室や面接中にできることについて触れておきたいと思います。

  • 入室の時
    この会社で働く!そのようなワクワク感を想像しながら入室すると良いと思います。緊張でこわばっている顔よりも、生き生きしている顔で入室した方が、良い印象を与えると思います。
  • 面接官に好意を見せる
    面接の時間を自分の為に割いてくれたことについて、感謝の気持ちを表しましょう。あなたがそのような「好意」をみせることによって、相手もあなたに対して「好意」を見せてくれると思います。
  • 面接官を見て挨拶をする
    入室する際、面接官をみて挨拶をすることも大切だと思います。好印象を与えることができます。また、どんな顔で話しているのか、確認するためにも、面接の前に鏡の前で練習してみるのも良いかもしれませんよね。
    笑顔で面接で対応することができるよう、本番に向けて練習していきましょう。