年下先輩社員が怖い時の接し方と上手く付き合っていくためのコツ

先輩だからといって年上とは限らないのが職場。自分より年下が先輩ということはよくあることですし、その年下先輩社員がパワハラ並みに怖い人という可能性もあります。

年下の先輩社員が怖い時はどんな接し方が一番ベストなのでしょうか。今後も上手く付き合っていくためには?

自分より年下が先輩というのは正直やりづらいかもしれませんが、仕事と割り切る気持ちも必要です。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

バスケのシュートの飛距離アップのコツと必要な事について

バスケをやっていて3ポイントシュートが届かない、練習していてもショットの安定性がないといった悩みはあ...

上司との喧嘩【仲直り】は部下から言うもの。大人の階段を上ろう

上司と喧嘩になってしまった!仕事を辞める選択肢も頭をよぎるも、そんな子供みたいなことはすぐにはで...

結婚式と二次会の断り方!断る理由と失礼にならないマナーを解説

結婚式の案内が来た時、結婚式に出席したくないときもありますよね。あまり仲の良い相手ではないときは特に...

テニスの練習メニューを紹介。少人数でも出来る様々な練習方法

テニスの練習がしたいと思っても、人数が少ない場合はどんな練習をすると良いのでしょう。ここでは少人...

職場で独り言いわないで!注意する時のコツって?対処法とは

職場で独り言を言う人がウザい!本人はどうして心の声をいちいち口に出して言うのかな?注...

兄弟の結婚祝いはいつ渡す?という疑問を解決!相場も紹介

親族の結婚式、特に兄弟の結婚式は特別な思いがあるのではないでしょうか?もちろん結婚祝いを渡すでしょう...

結婚式の断り方は仕事でもいい?欠席の理由や伝え方について

結婚式の断り方にマナーはあるのでしょうか?仕事を理由に結婚式を欠席するときの使え方について紹介します...

フラダンスの発表会にもらうと嬉しい花束や差し入れをご紹介

フラダンスの発表会に招待されたら花束を用意する方も多いのではないでしょうか。フラダンスなら南...

消えるボールペンは履歴書で使用可能?特徴とデメリット

消えるボールペンは間違った場所を消すことができて便利ですよね。しかしその特徴があることから正式な書類...

外野のグローブを型付けするポイントと型付けが重要な理由

グローブには外野用や内野用があり、守備によってグローブが違ってくるのはご存知ですよね。そして新品...

野球のドラフトの仕組みについて気になるルールを解りやすく解説

野球のドラフト会議の仕組みについて、野球を観るのは好きだけどドラフト会議の仕組みやルールまではよく解...

卓球初心者への指導のコツや効果的なおすすめ練習方法について

卓球初心者に指導をすることは簡単ではありません。どんな競技でも初心者はいますが、初心者というのはその...

体育の授業を行う目的と大人になってからわかる必要な意味

体を動かすことが苦手で、体育の授業はいつも憂鬱という方はいませんか?数学や国語などは、大人になっ...

合気道と空手、どっちを習わせようか迷ったら

子供に何か習い事をさせようと思った時に、定番のピアノや水泳、英会話も良いですが、身も心も本格的に強く...

銭湯のマナー・かけ湯をしてから入浴!覚えておきたい入浴マナー

温泉や銭湯に入浴する時は、湯船に浸かる前にかけ湯をするのがマナーです。でも、どうして入浴前にかけ湯を...

スポンサーリンク

年下の先輩社員が怖い時の接し方は?

会社の人間関係は難しいもので、怖いのは何も年上の先輩ではなく、年下の先輩が怖いこともあると思います。

そういった場合ですが、どうやって年下の先輩に接していけば良いのでしょうか。

その職場の環境にも寄ると思います。年齢が関係なく、接する事ができる環境であれば、例え年齢が年下であっても、お互いのリーダーシップを尊重することができると思います。ただ、会社側が、業績を気にする会社であれば、あなたの立場はやはりきついものになってくると思います。

会社の景気を向上させるには、やはり良い成績が必要になってきます。もし、あなたの悩みである年下の先輩の成績が良いようでしたら、会社としては、有難い存在となってしまいますから、今の職場で頑張りたいのであれば、あなたもその先輩に対して、へりくだって職場で仕えていく姿勢が必要になってきます。

年下なのに怖い先輩に対しては軽く受け流すのが一番

職場で年下の先輩が怖い、そういった時は、自分がへりくだって、その上司とうまくつきあっていくことが大切な点を上記ではみてきました。

次に、年下なのに怖い先輩に対してですが、あまり重く、深く受け止めずに、軽く受け流してその場を乗り切る点について触れていきたいと思います。

年上の上司ならともかく、年下の上司から色んな人の前で怒られると、恥ずかしいし、「どうして私がこんなに怒られなくちゃいけないの」と感じる事もあると思います。

その場合ですが、「受け流す」事も大切だと思います。

色んな職場がありますが、大勢の前で起こる上司ですが、大抵あなただけではなく、他の人に対しても同じ態度を示しています。その為、悩んでいるのはあなただけではないと思います。

上司から発せられる一つ一つの厳しい言葉をそのまま受け止めたり、覚えたりするのではなく、受け流すこと、または、あまり深く受け止めないことがその場を上手く通り抜けれるコツだと思います。

あまりストレスを感じずに、楽観的に行くことも大切ではないでしょうか。

怖い年下の先輩社員と円滑に付き合っていくためには

先程は、怖い年下の先輩に怒られる時ですが、その一つ一つの厳しい言葉に目を向けるのではなく、受け流すこと、その事について深く考えないことがコツであることをみてきなした。

でも、毎日毎日そんなことが続くと、どうにかしてその怖い年下の先輩と上手なコミュニケーションをとっていけないか?と思うこともあると思います。

その悩みに対する答えですが、2つあります。下記の点を参考にして見て下さい。

  1. その先輩のサポートをする
    その怖い先輩であっても、何かかしら足りない点はあると思います。その点をあなたが補ってあげることによって、その上司と良いコミュニケーションをとるキッカケになると思います。上司をしっかり支えることができる部下として実力を発揮してみたらいかがでしょうか。
  2. 仕事は仕事と割り切る
    根本、ストレスを感じない職場はありません。年上の上司であろうと、年下の上司であろうと、上司との関係、同僚との関係はどこでも問題があります。
    「ここはお給料をもらう場所」として、割り切ることも社会人としては大切な要素になってきます。

職場は年功序列ではない!年下であっても先輩なら敬語が基本

怖い年下の先輩とどうやって上手につきあっていくのか、ポイントを2つみてきました。

次に、職場では、どんな状況であっても、上司に対しては敬語を使わなくてはならない、その重要性についてみていきたいと思います。

年下であっても、上司であれば、しっかりとした敬語を使うべきです。年齢は自分の方が上であるから、人生経験は自分の方が上だと感じるかもしれませんが、それでも、相手が上司であるのなら、職場では敬語を使ってコミュニーションをとりましょう。

今までずっと職場では先輩は全員年上であった、そういう環境にあるのなら、年下の先輩に敬語を使うことに少し違和感を感じるかもしれません。

要は慣れです。年下の上司であっても、敬語を使って話すことができるようになったら、あなたの問題は解決されるのですから、例え、相手が年下の上司であったとしても、ここは自分が大人になって敬語を使うことを選んでいきましょう。逆に言えば、その点を改善すれば、あなたの問題は解決になります。

年下の先輩は正直いってやりづらいという意見が多い

職場では、年下が上司であっても、敬語を使うことが基本であること、ビジネスマナーに叶っていることを上記ではみてきました。

最後に、現実的にみて、年下の先輩は職場ではやりづらいのか、職場の意見を紹介して終わりにしたいと思います。

自分より年下の上司がいたら、やりづらいと思う方々ですが、正直やりづらいと思う方々が、約8割もいました。

そして、実際、年下の上司がいた場合ですが、どう接するか、その質問に対してですが、

「年下であっても、先輩なので、先輩として接する」

上記の意見が8割を超えていました。

折角決まった職場、確かに上司が年下だとやりづらい点はあるけれど、それはそれ、仕事は仕事と捉えて、辛い所を我慢して、働いている人が殆どなのではないでしょうか。