離乳食・11ヶ月頃に食べさせたい手づかみ食べのレシピや注意点

離乳食は順調ですか? 11ヶ月ころになると手づかみで色んな物を食べさせてあげたいですね。

手づかみは手が汚れるし、グチャグチャにされるし、お行儀が悪いというママもいることでしょう。

ですが手づかみにはとてもいい効果があります。その効果とはどんな事なのでしょう。

手づかみ食べにおすすめなご飯を使ったレシピや、栄養満点のレシピを紹介します。
また手づかみ食べの時に注意する事、対策などもみてみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

一人暮らしでもアパートの挨拶は必要?迷った時の判断ポイント

女性がアパートで一人暮らしをする時、引越しの挨拶をするべきかどうかで悩んでしまいます。それは、ど...

スキー初心者の道具選びのポイント!チェックするべき項目

スキーをこれから始めるというスキー初心者はどのような道具を揃えれば良いのでしょうか?スキーを選び...

スノーボード初心者への教え方!楽しく安全に滑る基本のステップ

スノーボードを初めて滑るという方には、何から教えれば良いのでしょうか?まず、初心者は転倒が多くな...

スノボウェアの下に着る洋服選び【レディース編】

初めてスノボに行くという場合には、ウェアの下に何を着れば良いのか悩む方が多いようです。気温が低く...

ジムに必要な持ち物。女性のジム通いに持っていくべき物リスト

体型の変化が気になり、ジムに通う女性も多いですよね。しかし、初めてジムを利用する時には、どんな物を持...

公務員のピアスは女性はアリだけど就活試験では外すべき

公務員として働いている職員でピアスを付けている女性を見かけたこともあるのではないでしょうか?...

卓球のラリーが続かないワケと、ボールに慣れる練習方法を紹介

卓球を始めたばかりの頃はなかなかラリーが続かないということがよくあります。同じように打ち返し...

結婚式で荷物を預けるクロークの活用法とサブバッグの選び方

遠方での結婚式の場合には、荷物が多くなることもあります。結婚式の会場にたくさんの荷物を持って行く時に...

ダブルス卓球の動き方とは?ミスを人のせいにしない事が大切

ダブルス卓球の動き方はシングルスとどう違うのでしょうか?ダブルスの上達に欠かせないのは、個人の能力に...

スキーのターンの種類と特徴。滑り方のコツや練習方法も紹介

颯爽とスキーを滑る姿は、男性も女性も格好いいと思いますね。スキーの初心者は基本の滑り方「ボー...

住所の正式な番地の書き方!縦書きをする際には注意が必要

ハガキや封筒に縦書きで宛名や住所を書く時、番地の書き方に注意をしていますか?宛名書きをする場...

ダンスの上達期間と効率的なコツコツ練習で上達スピードもアップ

ダンスが上達する期間とは一般的にどれくらいなのでしょうか?ダンスを始めたばかりだと、いつになったら人...

結婚式の断り方は仕事でもいい?欠席の理由や伝え方について

結婚式の断り方にマナーはあるのでしょうか?仕事を理由に結婚式を欠席するときの使え方について紹介します...

サッカーのパス回しのコツは?うまくパスをするコツとパスの方法

サッカーは足でボールを蹴り、パス回し・ドリブルをすることでボールを繋ぎ、ゴールにシュートを決めて得点...

法事の香典で新札はOK?香典を包む時の常識とマナーを解説!

法事に参列する時は色々なマナーが気になるものです。相手に失礼にならないようにするためには、予めしっか...

スポンサーリンク

11ヶ月の離乳食で手づかみ食べがいい理由とは

11ヶ月頃になると赤ちゃんも自分自身で、離乳食をつかんで食べるようになります。これを手づかみ食べとよび、赤ちゃんの成長にとっては良いことなのです。

この頃の赤ちゃんは何にでも興味津々です。触ったりなめたりしてその感触を確かめます。このようなことを通して五感を発達させていき、成長をしていきます。

ママにとっては手づかみ食べをされると、手が汚れるだけではなく、テーブルや椅子、床までご飯が飛び散り、それなのに赤ちゃんの口にはそれほど入っていない。と悲しいことづくめかもしれませんが、成長を促すために必要なことだと理解して、赤ちゃんを見守ってあげてくださいね。

この時期をすぎると、スプーンやフォークの使い方の上手になり、本格的に自分で食べられるようになるので、いっときの辛抱です。

11ヶ月頃の赤ちゃん、離乳食を手づかみ食べしない赤ちゃんもいます

11ヶ月ころになると手づかみ食べをするようになるとお話しましたが、赤ちゃんによっては成長の度合いも違いますし、性格によって手づかみ食べをしない場合もあります。

はじめての育児では、ついつい育児書通りではないと不安になったり、周りの赤ちゃんと比べてしまうこともありますが、成長に合わせて時期が来れば手づかみ食べをするようにな場合もあります。

その他にも離乳食自体に興味がなく、まだミルクでお腹を満たしている場合や、食べさせてもらうのが好きな場合、大人と同じように手につくベタベタな感触が好きではない場合もあります。

このような場合は離乳食が進むにつれ、ミルクの量が減ってくると食べることに興味を持ち出したり、感触が嫌だというときには手でつかみやすいものを用意するなどの工夫をすると、手づかみ食べをしだすときもあります。

食事は楽しく食べるのが基本ですから、赤ちゃんの好きなようにさせてあげて、あまり神経質にならないようにしてくださいね。

11ヶ月ころの離乳食に作りたい、手づかみ出来るハンバーグ

タンパク質も摂取できるようになっている11ヶ月ころの離乳食なら、ハンバーグはいかがですか?

豆腐を入れたり、野菜をすりおろしていれることによって、お肉以外の栄養素も摂ることができます。

また手づかみ食べをするこの時期ですから、持ちやすい形状のハンバーグはピッタリですよね。

そしてハンバーグは作るのも意外と簡単で、混ぜて焼くだけでOKなのも嬉しいところです。

赤ちゃんの離乳食に簡単!豆腐ハンバーグレシピ

  1. ボウルに水切りした絹ごし豆腐を入れて、ひき肉を入れ、すりおろした人参など野菜を混ぜます。みじん切りした玉ねぎも炒めるのが面倒なら、刻んだままをこのときに一緒に混ぜ込んでください。食感が少し残って美味しいですよ!
  2. 赤ちゃん用に塩は本当に少々で大丈夫、あとは粘りが出るまで混ぜて焼くだけでです。

たくさん作ってタネを冷凍しておけば、食べるときにその都度解凍して使用することができます。
密閉できる袋にタネを入れて、菜箸などで一回で使用する分量ごとに区切りをつけて冷凍をすると、チョコレートのようにパキッと割って使うことができて便利ですよ。

手づかみ離乳食はやっぱりご飯。おすすめレシピの紹介です

手づかみ離乳食ではご飯を小さなおにぎりにすると、食べやすく持ちやすいのでおすすめです。

でもおにぎりだけだと、食べている赤ちゃんにとってもママにとっても、見た目の代わり映えがせずに飽きてしまうのではないでしょうか。

そんなときに試してみてほしいのが、ご飯を焼くレシピです。焼きおにぎりではありませんよ。

焼き卵かけご飯です!その作り方はネーミングどおり。卵をといたら、そこにご飯を混ぜ入れてフライパンで焼くだけです。

小さく焼いて手づかみ食べサイズにしてくださいね。また上記した豆腐ハンバーグのように、野菜をすって混ぜ合わせてもOKです。赤ちゃんが好きな具材を一緒に混ぜ込んで、味に変化をつけてあげると、飽きずに食べることができます。

ご飯だと手づかみしにくいから、ついパンにしちゃうという方も試してみてくださいね。

手づかみで離乳食を食べる時に注意したい事や衛生面などの気になること

手づかみ食べだからこそ注意してほしい点があります。それは食事の温度!赤ちゃんの肌は薄く大人よりも敏感で、熱さも感じやすくなっています。

大人にとっては触れる熱さでも、赤ちゃんにとっては熱くてびっくりする温度かもしれません。

手づかみ食べをするときには、特に冷ましてからテーブルに出すようにしてくださいね。
またママにとっての手づかみ食べの最大の問題点は、衛生面ではないでしょうか。手で直接食べるなんて不衛生ではない?その手で他の場所もベタベタ触ってしまうと、汚れが色んな場所に付着してしまう!なんて思ってしまいますよね。

子供の手が衛生的ではないと感じる場合は、食事前と後でしっかりと手洗いをする習慣をつけましょう。

ママの気になる問題点が解決されるだけではなく、赤ちゃんにもご飯を食べるときの手洗いが習慣化され一石二鳥です。

その他にも汚れる場所は汚れてもいい対策を取ると気にならなくなります。テーブルの下にはレジャーシート、服には汚れてもすぐに洗えるビニール製のスタイなどを使えば、手づかみ食べをしても、汚れを気にすることなく見守ることができます。