女性の社会人の服装のマナー!ビジネスシーンで着たい服

社会人になると、会社では今までと違う服装のマナーが必要です。子供っぽい洋服のままでは、周りからの印象も良くありません。
そこで、女性のビジネスシーンに似合う服装の選び方についてご紹介します。
これから社会人になる方は、どんな服装で会社に行けばよいのかわからないという方も多いと思います。基本は落ち着いたベーシックな着こなしがマストです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

新築祝いのお返し【親編】相場と贈る時期・内祝い選びのポイント

親から新築祝いを頂いていたら、新居完成の後に新築祝いのお返しをします。このときに悩むのが、親からの新...

男の嫉妬は怖い!仕事で・職場で女性に嫉妬する男への対処法

会社の同僚男性に仕事の面で嫉妬をされている、職場で嫌な思いをしているという女性もいるのではないでしょ...

パワハラされてツライ…。仕返しをしてから退職したい人は

働くことは生きていく上で必要なことではありますが、パワハラを受けることは必要なことではありません。...

スノボの初心者の服装とは?持っていくべき必需品を紹介

スノボ初心者は服装でどんなことに気をつけたらいいいのでしょうか?とにかく寒くないようにと着込んでしま...

ホテルのベッドの使い方とは?部屋を出るときのマナー

ホテルのベッドは寝にくくて眠りが浅いのが悩みという方はもしかしたら、そのベットの使い方間違っているか...

スキーは姿勢が大事!基本の姿勢や止まり方、滑り方の姿勢を解説

スキーには基本の姿勢があります。ただ原理はわかっていても身に付けるまでが難しいため、予習しておく...

年末年始に帰省でバイトを休む場合の上手な伝え方

アルバイトをしている方で、年末年始は帰省のためにバイトを休みたけど、なかなか休みが言い出しにくいとい...

ご祝儀の金額、部下へ贈る場合はいくら包むべき?ご祝儀マナー

結婚式に出席する際に悩むのがご祝儀の金額。特に上司として部下へ贈る場合、いくら包むべきか頭を悩ませて...

ダイビングが趣味。女性がハマる理由と抱える色々な悩みとは

ダイビングが趣味という女性にその魅力を聞いてみました。ダイビングはお金がかかるイメージがあり...

野球のドラフトの仕組みについて気になるルールを解りやすく解説

野球のドラフト会議の仕組みについて、野球を観るのは好きだけどドラフト会議の仕組みやルールまではよく解...

内祝いを贈る時のお礼状はどんな封筒にすべき?封筒の選び方

結婚や出産などでお祝いをもらったお礼いに内祝いと一緒にお礼状を添えたい場合、どんな封筒に入れるべきで...

品出しのバイトとは?女性も活躍している品出しについて

品出しのバイトは女性にはきついのでしょうか?確かに、スーパーの品出しなら牛乳や油など重たいものを上げ...

結婚式で荷物を預けるクロークの活用法とサブバッグの選び方

遠方での結婚式の場合には、荷物が多くなることもあります。結婚式の会場にたくさんの荷物を持って行く時に...

お茶とお菓子の置き方には決まりがある!お茶の基本の作法とは

会社や自宅に来客があった場合に、おもてなしとしてお茶やお菓子をお出しする機会もあるでしょう。...

運動は食前にする?それとも食後?運動を行うタイミングについて

運動するなら、効果を最大限にする方法で行いたいですよね。運動って、食前にするべきなのでしょう...

スポンサーリンク

女性のビジネスシーンでの服装は会社の雰囲気に合わせるのが正解

社会人になって会社で働くようになると、仕事で着る服装にも気をつけなければなりません。制服の仕事やスーツ着用なら良いのですが、私服で働く仕事ならどのような服装が良いのかがわからないのではないでしょうか。ビジネスカジュアルと言ってもピンとこない人も少なくなはずです。

カジュアルな服装で良いとされていても、学生時代やプライベートでの服装とは違ってきます。職場には上司のようば目上の立場の人いますし、お客様に対応する場合も考えられます。どんなシチュエーションでもおかしくない格好をしなくてはなりません。
ビジネススーツならお客様に失礼にはなりませんが、カジュアルで良い職場ならスーツだと周りの社員から浮いてしまいます。

ビジネス用の服装に迷ったら、トップスはシャツ、ボトムには膝丈のスカート又はフルレングスか足首丈のパンツという組み合わせと考えてください。これに季節に合わせてカーディガンを合わせたり、冬ならトップスをニットに変えるのも良いでしょう。来客に備えてジャケットを用意しておくと良いです。シャツとスカートやパンツという組み合わせなら、どんなアイテムにも使える黒や紺のジャケットを1枚用意しておくだけできちんとした服装に見えます。

あとは会社の他の社員の服装を観察することです。周りに合わせた服装をすることが一番大切です。

女性の服装はビジネスでは露出が多いものはNG

女性がビジネス用の服で気をつけたいのが、露出の多い服装です。

カジュアルと言ってもビジネスを意識した節度のある服装を心がけてください。

ミニスカートやショートパンツは選ばない人も多いかと思いますが、ノースリーブも露出が多くなってしまいます。夏の暑い時期ならノースリーブを選びたくなりますが、ジャケットやカーディガンを用意しておきましょう。お客さんに対応するときなど1枚羽織るだけで露出を控えることができます。

オフショルダーはオシャレですが、カジュアルになりすぎてしまいます。肌の露出も多くなっていまいますので、ノースリーブの場合と同じく上に羽織るものを用意してください。

ビジネスシーンでは女性のスカート丈は膝丈くらいがベストです。

会社によっては膝上7センチと決められているところもありますので、これを目安にすると良いかもしれませんね。短くても膝上7センチまでです。
あまり長すぎても動きにくかったり、カジュアル感が出すぎてしまいます。特に足首までくる丈だとリゾートぽさが出てしまうものもあります。

ビジネスシーンで活躍する服装、爽やかな色のシャツは着回し抜群

仕事が私服とは言っても、そんなにたくさんのアイテムを用意するのも大変になってしまいますよね。できれば着回しのきくアイテムを上手に使いたいところではないでしょうか。

そこでオススメなのが、爽やかな色のシャツです。基本の白シャツは一番使えるアイテムです。デザイン違いで数枚用意しておくと便利でしょう。どんな色にも使いますし、白いシャツはきちんとした印象がありますのでビジネスでも大活躍ですし、着こなし方ひとつでカジュアルにもできます。

次にブルー系のシャツもおすすめです。爽やかなブルーのシャツはビジネスにも大活躍でしょう。仕事なら下に合わせるスカートやパンツには黒や紺が多いのはないでしょうか。ブルーのシャツとも相性が良いですし、白いパンツと合わせると涼しげで爽やかな着こなしになります。
ブルーのシャツは夏のイメージがあるかもしれませんが、黒やグレーといったジャケットやカーディガンと合わせるとシックな装いになります。一年中使える便利なアイテムのひとつです。

女性のスーツはベーシックな色がおすすめ

仕事にはスーツを着用したり、普段はカジュアルでも場合によってはスーツを着ることもありますよね。女性のスーツにはいろいろなデザインや色があるので、仕事用のスーツも迷ってしまうことでしょう。

仕事で使う女性用のスーツならグレーや紺といった大人しめの色がオススメです。

男性の場合だと黒や濃紺、グレーといったダークカラーのスーツが多いので、女性も落ち着いた色のスーツだと職場にも馴染みます。
黒いスーツでも良いですが、女性の場合はお葬式で着るフォーマルスーツのイメージになってしまいます。ちょっと抑え気味のグレーや紺といった色の方が無難になります。

ダークカラーのスーツだと淋しい感じがするのなら、ジャケットの中に着るブラウスで工夫してみるのも良いでしょう。シンプルなシャツカラーではなく、リボンのついたブラウスや開襟シャツを合わせてみてください。パリッとした綿シャツではなく、柔らかいシルクやレーヨン素材のシャツだと印象も変わってきます。

春夏の時期ならベージュのような明るめの色も良いでしょう。季節感を上手に取り入れて、女性ならではのスーツ選びをしてみてください。

スーツ着用の場合には夏でも長袖が基本

仕事でスーツを着る場合は、暑い夏でもジャケットは長袖が基本になります。女性用のジャケットには半袖もタイプもありますが、接客をする場合はきちんとした長袖のジャケットを着用してください。
クールビズの時期なら半袖でも可としている会社もありますが、その場合は7分袖を選ぶようにしましょう。七分袖なら半袖よりもカジュアル感もなく、軽やかでありながらきちんとして見えます。

スーツはサイズ選びも大切です。ジャケットは程よくフィットしているサイズを選んでください。身ごろに適度なゆとりがあり、肩幅が合っているものを選んでください。
スカートの場合は、座った時の丈の長さにも気をつけてください。タイトスカートなら座ると丈が上がって足が露出してしまいます。試着したときに実際に座ってみて、丈の具合を確かめるようにしましょう。

仕事で着る服装は、その職場の雰囲気に合わせて選ぶことがポイントです。カジュアルすぎずに、適度にきちんした印象のある服装を選んでくださいね。着回ししやすいアイテムも上手に取り入れてください。