女性の社会人の服装のマナー!ビジネスシーンで着たい服

社会人になると、会社では今までと違う服装のマナーが必要です。子供っぽい洋服のままでは、周りからの印象も良くありません。
そこで、女性のビジネスシーンに似合う服装の選び方についてご紹介します。
これから社会人になる方は、どんな服装で会社に行けばよいのかわからないという方も多いと思います。基本は落ち着いたベーシックな着こなしがマストです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

No Image

バレエの子供の素質として大切なことや上達の見極めのポイント

バレエを習う子供には素質というものもあります。子供はバレエが好きでもバレエの素質はあるのかと気になる...

妊娠報告に伝えたい言葉!友達におめでとうの返事をするときは

友達から妊娠報告があり、どんな返事をしようか悩むことがあります。妊娠報告への返事をするときは、知って...

本出版のお祝いは何がベスト?本当に喜ばれるお祝いとは

知人や友達、恩師が本を出版したらお祝いは、どの様にしたら良いのでしょうか。なかなかあることではないの...

【営業】電話の折り返しのマナーやコツとこないときの対処法とは

営業マンは毎日取引先などへ電話をかけることが多いですが、その際に折り返し電話をかけることも多いですよ...

病院への電話のかけ方!コツや注意点とマナーについて

病院への電話のかけ方について悩んだことはありませんか?例えば、初めての病院への予約の電話や予約のキャ...

スノボ始める初心者に必要なセットは何があるの?

今年の冬に初めてスノボに挑戦する初心者なら、まず始めることは道具などの準備です。スポーツ用品店で...

香典の金額は2万円でもいいの?夫婦連名で香典を包む時の考え方

香典を夫婦連名でそれぞれ1万円包みたい場合、封筒の中身の金額は2万円になります。ただこの2万円と...

わかると面白い!相撲の行司の掛け声や意味について

相撲を見ているとお相撲さんの他にも、行司や行司の掛け声に注目が行きます。行司の掛け声には意味...

体育の授業で行われる種目にはどんな種類があるのか

小学校や中学校に行ったのなら、体育の授業は必ずありますよね。その時に行われる種目は、おおよそは同...

卓球のスマッシュが入らない時に考えられる原因と対策について

卓球のスマッシュが入らない!チャンスボール!ここで決めたい!そう思うと、意識しすぎて...

剣道の試合のルールを解説!初心者でもわかりやすくルール紹介

剣道の試合を見に行く時、試合のルールがわからなければ心から試合を楽しめないものです。一体どんなルール...

スキーのエッジについたサビを自分で取る方法をご紹介します

仲間たちとの楽しいスキー。しかし、滑った後そのまま放置してしまっているとエッジにサビがついてしまうこ...

バレエのコンクールに出場する時に先生に渡すお礼の相場と考え方

お金がとにかく掛かることで有名なバレエ。普段の月謝や衣装代だけでもお金が掛かる上、コンクール出場...

ご祝儀袋はふくさでの渡し方がマナー?結婚式での渡し方

結婚式でご祝儀袋を渡す時、ふくさを使った渡し方が一番ベストです。ふくさで包むのには理由があり、よ...

ジムのトレーナーの給料の目安といろいろな働き方

ジムのトレーナーとして働きたいという場合には、仕事内容はもちろん、給料の相場も気になります。実際...

スポンサーリンク

女性のビジネスシーンでの服装は会社の雰囲気に合わせるのが正解

社会人になって会社で働くようになると、仕事で着る服装にも気をつけなければなりません。制服の仕事やスーツ着用なら良いのですが、私服で働く仕事ならどのような服装が良いのかがわからないのではないでしょうか。ビジネスカジュアルと言ってもピンとこない人も少なくなはずです。

カジュアルな服装で良いとされていても、学生時代やプライベートでの服装とは違ってきます。職場には上司のようば目上の立場の人いますし、お客様に対応する場合も考えられます。どんなシチュエーションでもおかしくない格好をしなくてはなりません。
ビジネススーツならお客様に失礼にはなりませんが、カジュアルで良い職場ならスーツだと周りの社員から浮いてしまいます。

ビジネス用の服装に迷ったら、トップスはシャツ、ボトムには膝丈のスカート又はフルレングスか足首丈のパンツという組み合わせと考えてください。これに季節に合わせてカーディガンを合わせたり、冬ならトップスをニットに変えるのも良いでしょう。来客に備えてジャケットを用意しておくと良いです。シャツとスカートやパンツという組み合わせなら、どんなアイテムにも使える黒や紺のジャケットを1枚用意しておくだけできちんとした服装に見えます。

あとは会社の他の社員の服装を観察することです。周りに合わせた服装をすることが一番大切です。

女性の服装はビジネスでは露出が多いものはNG

女性がビジネス用の服で気をつけたいのが、露出の多い服装です。

カジュアルと言ってもビジネスを意識した節度のある服装を心がけてください。

ミニスカートやショートパンツは選ばない人も多いかと思いますが、ノースリーブも露出が多くなってしまいます。夏の暑い時期ならノースリーブを選びたくなりますが、ジャケットやカーディガンを用意しておきましょう。お客さんに対応するときなど1枚羽織るだけで露出を控えることができます。

オフショルダーはオシャレですが、カジュアルになりすぎてしまいます。肌の露出も多くなっていまいますので、ノースリーブの場合と同じく上に羽織るものを用意してください。

ビジネスシーンでは女性のスカート丈は膝丈くらいがベストです。

会社によっては膝上7センチと決められているところもありますので、これを目安にすると良いかもしれませんね。短くても膝上7センチまでです。
あまり長すぎても動きにくかったり、カジュアル感が出すぎてしまいます。特に足首までくる丈だとリゾートぽさが出てしまうものもあります。

ビジネスシーンで活躍する服装、爽やかな色のシャツは着回し抜群

仕事が私服とは言っても、そんなにたくさんのアイテムを用意するのも大変になってしまいますよね。できれば着回しのきくアイテムを上手に使いたいところではないでしょうか。

そこでオススメなのが、爽やかな色のシャツです。基本の白シャツは一番使えるアイテムです。デザイン違いで数枚用意しておくと便利でしょう。どんな色にも使いますし、白いシャツはきちんとした印象がありますのでビジネスでも大活躍ですし、着こなし方ひとつでカジュアルにもできます。

次にブルー系のシャツもおすすめです。爽やかなブルーのシャツはビジネスにも大活躍でしょう。仕事なら下に合わせるスカートやパンツには黒や紺が多いのはないでしょうか。ブルーのシャツとも相性が良いですし、白いパンツと合わせると涼しげで爽やかな着こなしになります。
ブルーのシャツは夏のイメージがあるかもしれませんが、黒やグレーといったジャケットやカーディガンと合わせるとシックな装いになります。一年中使える便利なアイテムのひとつです。

女性のスーツはベーシックな色がおすすめ

仕事にはスーツを着用したり、普段はカジュアルでも場合によってはスーツを着ることもありますよね。女性のスーツにはいろいろなデザインや色があるので、仕事用のスーツも迷ってしまうことでしょう。

仕事で使う女性用のスーツならグレーや紺といった大人しめの色がオススメです。

男性の場合だと黒や濃紺、グレーといったダークカラーのスーツが多いので、女性も落ち着いた色のスーツだと職場にも馴染みます。
黒いスーツでも良いですが、女性の場合はお葬式で着るフォーマルスーツのイメージになってしまいます。ちょっと抑え気味のグレーや紺といった色の方が無難になります。

ダークカラーのスーツだと淋しい感じがするのなら、ジャケットの中に着るブラウスで工夫してみるのも良いでしょう。シンプルなシャツカラーではなく、リボンのついたブラウスや開襟シャツを合わせてみてください。パリッとした綿シャツではなく、柔らかいシルクやレーヨン素材のシャツだと印象も変わってきます。

春夏の時期ならベージュのような明るめの色も良いでしょう。季節感を上手に取り入れて、女性ならではのスーツ選びをしてみてください。

スーツ着用の場合には夏でも長袖が基本

仕事でスーツを着る場合は、暑い夏でもジャケットは長袖が基本になります。女性用のジャケットには半袖もタイプもありますが、接客をする場合はきちんとした長袖のジャケットを着用してください。
クールビズの時期なら半袖でも可としている会社もありますが、その場合は7分袖を選ぶようにしましょう。七分袖なら半袖よりもカジュアル感もなく、軽やかでありながらきちんとして見えます。

スーツはサイズ選びも大切です。ジャケットは程よくフィットしているサイズを選んでください。身ごろに適度なゆとりがあり、肩幅が合っているものを選んでください。
スカートの場合は、座った時の丈の長さにも気をつけてください。タイトスカートなら座ると丈が上がって足が露出してしまいます。試着したときに実際に座ってみて、丈の具合を確かめるようにしましょう。

仕事で着る服装は、その職場の雰囲気に合わせて選ぶことがポイントです。カジュアルすぎずに、適度にきちんした印象のある服装を選んでくださいね。着回ししやすいアイテムも上手に取り入れてください。