NO IMAGE

バレエの子供の素質として大切なことや上達の見極めのポイント

バレエを習う子供には素質というものもあります。子供はバレエが好きでもバレエの素質はあるのかと気になる親も多いでしょう。

そこで、バレエの子供の素質について、大切なことや上達する素質がある子供、バレエの素質がある子供かどうかを見極めるポイントや習い始める年齢、才能の開花などお伝えしていきましょう。

これを読めば、バレエを習う子供にとって何が大切なのかがわかります。親は頑張る子供のためにサポートをしてあげましょう。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

剣道の試合のルールを解説!初心者でもわかりやすくルール紹介

剣道の試合を見に行く時、試合のルールがわからなければ心から試合を楽しめないものです。一体どんなルール...

結婚式のお呼ばれにはヘアアレンジが必要なポニーテール

結婚式にお呼ばれをしたら、まずは服装が気になりますが、髪型やヘアアレンジもマナー違反にならないように...

ボレーが上達するテニスの練習メニューを詳しくご紹介します

相手のショットをダイレクトに打ち返すボレーは、テニスのダブルスにとって欠かせない練習メニューのひとつ...

ペンの持ち方が変。改善して美しい字を書くためには

ペンの持ち方が変だと思っていても、書きやすさを優先させてしまって、正しいペンの持ち方で文字を書くこと...

男の嫉妬は怖い!仕事で・職場で女性に嫉妬する男への対処法

会社の同僚男性に仕事の面で嫉妬をされている、職場で嫌な思いをしているという女性もいるのではないでしょ...

テニス初心者におすすめの練習メニューと上達のコツを解説

テニスを始めたばかりの初心者の人の中には、どんな練習メニューをこなせばテニスが上達するのか知りたい人...

日本のマナーは食事から始めるとより良いです

日本においてマナーは「作法」とも言われ、食事に関しては箸の扱い方や物の食べ方などにおいていくつかルー...

野球のピッチャーに必要なトレーニングとストレッチについて

野球のピッチャーは、とにかくトレーニングをする種類と量が多いのです。ですから、目的意識をもって、...

日本の文房具はとても優秀!海外の反応もかなりいいんです

日本の文房具の良さは海外の反応からも知ることができると言えそうです。日本にいると書きやすい、...

野球の投手が球速アップをするために意識したいコツを紹介

野球の投手が球速アップをするためには、どんなことに意識してボールを投げたらいいのでしょうか?球速の速...

職場で独り言いわないで!注意する時のコツって?対処法とは

職場で独り言を言う人がウザい!本人はどうして心の声をいちいち口に出して言うのかな?注...

バスケシュートの飛距離を伸ばす方法とは?コツやポイントを紹介

バスケのシュート飛距離がなかなか伸びない…。そんなときにはフォームを見直す機会かもしれません。...

卓球のダブルスのサーブは対角線に入れるように打つのがルール

卓球にはシングルスとダブルスがありますが、この2つにはサーブを打つ時のルールが違います。ダブルスでサ...

No Image

灯油ポンプ仕組みは【サイフォンの原理】仕組みと実験を紹介

手動の灯油ポンプをうまく使うと、灯油を自動で入れることができます。この仕組みは一体どのようになってい...

結婚式のご祝儀の相場は?部下へのお祝いとご祝儀のマナー

結婚式の招待状を受けると、おめでたい気持ちとともに湧き上がってくるのが、結婚式のマナーやご祝儀に関し...

スポンサーリンク

バレエの子供の素質で大切なのはやる気

バレエを習っている子供が素質があるかどうか気になりませんか。

バレエは体型がとても大切です。

子供にバレエの素質があるかどうかは体型や骨格からだいたい判断できます。

そいうった面で日本人の骨格は不利であると言われていましたが、日本の食生活も欧米化してきていると言われている近年では日本でも足が細くて長い子供を多く目にします。

このよな点から必ずしも体型や骨格で判断できるとは限らないということが言えます。

それではそもそもの素質はどこで判断するか。
それはその子のやる気です。

吸収力が早く、運動神経の発達段階にある子供はバレエのテクニックをどんどんできるようになります。
このできるようになる感覚がバレエを楽しいと思えるようになります。
そして、「もっと色んなことをできるようになりたい」と向上心に繋がります。

この思いがなければ、どんなにレッスンをしてもできるようになることに限度があります。

子供がバレエの素質があるかどうかは、まず本人がバレエを楽しいと思えてるかどうかを確かめてみましょう。

バレエを習わせて上達する素質がある子供とは

バレエの素質がある子供とは…

それは子供がやる気があるかどうか。
バレエを好きか、楽しいと思えているか、です。
これらの気持ちがバレエへに対する向上心に繋がるのです。

やる気がないのにダラダラ続けていてなんのためにもなりません。
それだったら、子供が本当に好きと思えることを応援してあげても良いのかもしれませんね。

どんな習い事にせよやる気がある子とない子には上達の差がでてきます。
親がやらせたいと習わせたものでも、子供がある程度の年齢になれば子供の意思がハッキリしてきます。

もし、やる気がない、楽しくない、と思っているようであれば子供の意見に耳を傾けてどうするか検討してみましょう。

バレエの素質がある子供かどうかを見極めるポイント

バレエは体を使って表現をします。
「バレエ体型」という言葉があるようにバレエの素質があるかどうかは骨格をみるとすぐわかるようです。

確かに有名なバレエダンサー達は、手足が細長く、顔が小さいですよね。
しかし、バレエはとても厳しい世界です。
子供が体型に恵まれていたとしても、それだけでは続けられません。

人前で堂々と踊る、柔軟を毎日続ける、常に正しい姿勢を保つ、食事制限、厳しいレッスンをやり遂げる、そのためには強い精神力や努力が必要です。

もちろん、子供だけも力で全てできるわけではないので親のサポートも大切ですが、最終的には子供のやる気次第です。

バレエのやる気がないなら、ここまで厳しい努力をしてる意味を失ってしまい途中で投げ出したくもなるでしょう。

プロのバレエダンサーは、華奢な体型とは裏腹にこのような強いメンタル、そして小さい頃からの努力で、この座を勝ち取ったのでしょう。

子供のバレエの素質を見極めるポイントとして、強い精神力があるか、努力ができるか。

子供が小さいうちはまだそこまで求められません。
それらはバレエを通して身についていくものです。

子供がまだ小さく、バレエが好き、楽しいと言ってるなら素質があるかどうか様子を見ても良いかもしれませんね。

子供がバレエを習い始める年齢について

子供は順応能力が高く、吸収力が早いです。
小さいうちから柔軟をして体つくりをしていくことはとてもバレエにおいて役に立つことです。
しかし、一方ではバレエは何かと費用が高いので小さいうちからではなく、ある程度物事がわかるようになってからでも良いのかと思ってしまう人もいるでしょう。

小さいうちは、バレエを好きになってもらうことを目的とするレッスンが多いので、どうしてもお遊びの延長のようなレッスンになることが多いです。

結局はその子のやる気次第ですので、早くやればやるだけ良いともいえません。
3歳からバレエを始めて体が柔らかくてもある程度になってやる気がなければそこまでですよね。

バレエを習うと良い目安として5~6歳、小学校入学を機に入っても遅くはないでしょう。
実際に9歳からバレエを始めてバレエダンサーになる人もいます。
やはり、素質は何歳からという大きな縛りや骨格よりも、その子のやる気にかかっていると言えますね。

バレエが好きなことが才能を開花させます

バレエの素質があるかどうか、才能が開花するかどうか、それらは全て子供がバレエを思う気持ちによって異なります。

運動神経が良い子供は何をやっても人並み、あるいはそれ以上にできることがあります。しかし、それはある程度までです。
バレエを好きになる、バレエに対する気持ちが強ければ強いほど、子供はバレエの素質があると言え、才能を開花させます。

それだけバレエのことが好きなら、バレエの厳しい世界でやっていく精神力が身につくでしょうし、努力を継続することもできるでしょう。

バレエは費用がかかる習い事です。
子供の素質によって続けさせるか、やめさせるか悩んでしまう気持ちはわかります。

子供の素質の最終的な判断は子供のやる気を見てあげてください。
やる気があるなら、できる限り親としてはサポートしてあげたいですよね。