【洋食マナー】ライスを食べる時のフォークの使い方と食べ方

洋食でのマナーで悩むのが「ライスの食べ方」ではないでしょうか。
洋食ではフォークとナイフと使って食事を楽しむものですが、ライスを食べる時はフォークの背にライスを乗せるのか、それとも腹に乗せる食べるべきかで悩んでしまうのです。では、洋食でライスを食べる時は、フォークのどちらに乗せるのがマナーなのでしょうか。
綺麗に食べるコツも併せてぜひご覧ください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

バレエのコンクールに出場する時に先生に渡すお礼の相場と考え方

お金がとにかく掛かることで有名なバレエ。普段の月謝や衣装代だけでもお金が掛かる上、コンクール出場...

中学生の勉強法・ノートのとり方を工夫して成績をアップさせよう

自分に合った勉強法が分からない・受験を控えているから成績が上がる勉強法を知りたいという中学生もいるこ...

パワハラされてツライ…。仕返しをしてから退職したい人は

働くことは生きていく上で必要なことではありますが、パワハラを受けることは必要なことではありません。...

結婚式で荷物を預けるクロークの活用法とサブバッグの選び方

遠方での結婚式の場合には、荷物が多くなることもあります。結婚式の会場にたくさんの荷物を持って行く時に...

ご祝儀袋はふくさでの渡し方がマナー?結婚式での渡し方

結婚式でご祝儀袋を渡す時、ふくさを使った渡し方が一番ベストです。ふくさで包むのには理由があり、よ...

バスケのシュートフォームは肘がポイント!肘の高さを意識しよう

バスケのシュート率を上げるには、正しいシュートフォーム、それも肘の使い方がポイントになります。...

卓球の練習方法・初心者の中学生の練習と一人でもできる練習方法

中学生になってから卓球を始めた人の中には、周囲と比べてなかなか自分のテクニックが上達せずに悩んでいる...

バスケのシュートフォームでチェックしたい足の角度や向き

バスケは綺麗なシュートフォームを身に付けることで、シュート率を上げることができますが、ポイントは「足...

墓参りで供えた花の片付けはどうする?素朴な疑問にお答えします

墓参りの時にはお花を供えますが、その後の片付けのことまで考えたことはありますか?お供え物は持ち帰...

野球の練習メニュー・守備が上達する練習法と練習メニューを紹介

野球の守備がうまくなる練習メニューについて知りたい・練習するときはどんなことを意識して練習をすればい...

ゴールドの結婚指輪の着用は葬式でOK?NGとされるデザインは

ゴールドの結婚指輪は肌なじみが良いと人気です。しかしその一方で葬式などにつけていっても大丈夫?と心配...

一人暮らしでもアパートの挨拶は必要?迷った時の判断ポイント

女性がアパートで一人暮らしをする時、引越しの挨拶をするべきかどうかで悩んでしまいます。それは、ど...

お茶とお菓子の置き方には決まりがある!お茶の基本の作法とは

会社や自宅に来客があった場合に、おもてなしとしてお茶やお菓子をお出しする機会もあるでしょう。...

食事中のゲップはマナー違反!食事中のゲップを予防する方法

食事中にゲップをする人がいますよね。ゲップは生理現象ですから、出てしまうのは仕方がないことでしょう。...

品出しのバイトとは?女性も活躍している品出しについて

品出しのバイトは女性にはきついのでしょうか?確かに、スーパーの品出しなら牛乳や油など重たいものを上げ...

スポンサーリンク

洋食で迷うライスを食べる時のマナーとフォークの使い方

正式なマナーが求められるレストランで食事をする機会はそう誰にでもあるものではありません。職場関係や交際を始めたばかりの相手などとそういったレストランへ行くことになった場合は、素敵なお料理を食べられる喜び以前に服装やマナーが心配になってしまう方は多いでしょう。しかし、そんな自分を恥じる必要はありません。子供の頃からホテルや格式の高いレストランへ行く機会に恵まれている人は少数派です。私を含め多くの人が同じ気持ちを抱く事でしょう。

洋食の基本マナーは難しくはありません。

それさえ覚えてしまえばあとは笑顔でゆったりとした動きで行動することです。緊張してぎこちない動きになってしまうと「慣れていない」事が見通されて恥ずかしい気持ちになってしまいます。「慣れていない」事は恥ずかしい事ではなく「恥ずかしく思う気持ち」が恥ずかしい様相を引き起こしてしまいます。「初めて」「慣れていない」のでエスコートして下さい。という素直な気持ちで振舞うと、相手も快く思ってくれる事でしょう。

これからご紹介する基本的なマナーを覚えた後は、ゆったりとした気持ちと動作を心掛けます。当日分からない事があれば聞くようにしましょう。その時も、分からない事を恥ずかしく思わずに堂々と、しかしスマートに小声で聞きましょう。初めては誰にでもあるものです。気負わずにせっかくの素敵なお料理を楽しんで下さいね。
洋食は海外から入ってきた料理なので、来たばかりのときはマナーを知らない日本人が殆どでした。それが徐々に浸透してきましたが現在でもフルコースを頻繁に食べる機会のある人はほんの一握りでしょう。多くの人は「フルコース」と聞くとマナーが心配で身構えてしまうものでしょう。
ところで洋食の本場ではライスは登場しないメニューでした。そのためライスの食べ方は日本人が考えました。そのため当初はフォークの背にのせるという方法もとられましたが、あまりに食べづらいので最近ではフォークの腹に乗せるのが一般的になっています。

洋食でライスを食べる時のマナーは2タイプあるので、実際はどちらも正しいマナーではある

しかし、フォークの背に乗せて食べるマナーが間違いという訳ではありません。そもそも洋食はヨーロッパで食べる料理なので、ヨーロッパ本国ではご飯が出ません。洋食でご飯を食べる方法は日本で作られたものなのです。

洋食のマナーにはイギリス式、フランス式とそれらをカジュアルにしたアメリカ式もありあます。イギリス式のマナーではフォークを持ち替えたりひっくり返す事はマナー違反とされていました。ライスをフォークの腹に乗せるにはフォークをひっくり返さないといけないので、マナーを厳守するにはフォークの背に乗せるしかなかったのです。

しかし、フォークの背にご飯を乗せて落とさずに口元まで運ぶには、ご飯をフォークに密着させなければなりません。そのためにナイフでご飯をフォークに押し付けるとご飯粒がフォークの間にはまってしまいます。フォークの間がご飯粒だらけなのは美しくはありません。それをナイフで取るのはご法度なので、ご飯を口に入れる時に口でなんとか取るしかありません。そのために口がもぐもぐするのはやはり美しくありません。

現在はフランス式でフォークの腹に乗せても良いご飯の食べ方が定着しています。

日本で食べる洋食は、本場では出ないライスが出ます。そのためにライスを食べるマナーはイギリス式とフランス式に合わせて日本で作られたものなのです。

洋食でマナーを守ってライスを綺麗に食べるコツ

ライスはお皿の左下側から順に食べていき、そのため最後は右上に残ります。全部食べきるのが最も良いのですが、無理をして気持ちが悪くなったりお腹が痛くなっては大変です。残す場合は右上にまとめて残るようにします。
そうして食事のマナーでは綺麗に見えることが大切です。食べ物をぐちゃぐちゃに混ぜたり先に全部を切ってしまうのは厳禁ですが、ご飯粒がお皿に残っている常態も綺麗ではありません。日本でもご飯粒は茶碗に一粒も残さずに食べるのが美徳とされています。これはどちらかというと見た目というよりも「勿体無いので大切にしよう」の精神からなのでしょうが。

左手でライスを食べるのが難しい時、右手で持ち替えて食べるのはマナー違反になるのか

正式なマナーではカトラリーを持ち替えて使用してはいけません。しかし、無理をして食事がきゅうくつなものになり楽しめなくなっては本末転倒です。

ライスを食べる時にフォークを右手に持ち代えるのを良しとする場合が多くなってきています。

食事は一緒にいる人と楽しく頂く事が大切です。その場にいる方のマナーに合わせて頂くのが得策であるといえるでしょう。
洋食においてはお皿を持たない、音を立てない、ナイフやフォークの刃先を他の人や天に向けない、料理は一口ずつ切って口に入れる。これらに気をつけていれば相手に不快感を与える事はないでしょう。
マナーにとらわれて会話どころではなくなってしまったり食事の味を味わうゆとりがなくなってはせっかくの食事が台無しです。大切なのは笑顔で美味しそうに食べる事でしょう。

食事中、食事が終わった後のマナーも覚えておこう

食事が終わった後は、ナイフとフォークを揃えて食事中にナイフを置いていた位置に置きます。ただし、係りの方が下げる時に落ちないように柄の部分もお皿に入れ、柄の先がいくらか出る程度に置きましょう。
全ての食事が終わったらナプキンをわざと雑に畳んでテーブルの上に置きます。丁寧に畳んでしまうと「料理が美味しくなかった」という意味になってしまうので注意が必要です。
あと洋食に限らず大切なのが感謝の気持ちです。もし同席の方にご馳走になったのであればきちっとお礼を言いましょう。相手の方が選んだレストランならば口に合ったかどうかも気にしている事でしょう。「とても美味しかったです」との一言も添えると嬉しく安心してもらえるでしょう。
そして仕事とはいえ自分の食事のお世話をしてくださったお店の方にもお礼を述べると良いですね。さりげなくスマートに伝えましょう。
せっかくの美味しいお料理を頂く機会なので、マナーをしっかりと頭に入れて当日は味を楽しみましょう。わからないことがあった場合はうろたえずに素直に聞けば大丈夫です。