卓球のスマッシュにはコツがある。打ち方と決定力を上げるコツ

卓球の試合や練習でスマッシュが決まったら気持ちが良いですね。

ですがスマッシュがネットに引っかかったり、逆にオーバーしてしまったりとなかなか上手く決まらないとお悩みではないでしょうか。

そこでスマッシュが上手く打てるようになるコツを紹介します。

まずはスマッシュの基本的な打ち方から、ラケットの角度についてご覧ください。

スマッシュは打つタイミングや体重移動も重要なポイントです。

スマッシュの決定力を上げるコツも知りたいと思いませんか?以下の記事を読んで是非参考にしてみてください。

またスマッシュを使った戦術も紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

面【剣道】のお手入れ方法とは?面の洗い方を紹介します

剣道の面のお手入れはどのようにしたらいいのでしょうか?日頃のお手入れのポイントとは? 防具は、...

ボウリングのフォームをきれいに見せる投球方法を徹底解説

プロボウラーのフォームっていつ見てもきれいですよね。でも素人がマネしてみても、なかなか同じフォームに...

縦書きや横書きのときのホチキスの位置とは?止め方を紹介

縦書きと横書き、ホチキスはどの位置に止めるのが正しいのでしょうか?たかがホチキス、されどホチキス。 ...

ペンの持ち方が変。改善して美しい字を書くためには

ペンの持ち方が変だと思っていても、書きやすさを優先させてしまって、正しいペンの持ち方で文字を書くこと...

日本のマナーは食事から始めるとより良いです

日本においてマナーは「作法」とも言われ、食事に関しては箸の扱い方や物の食べ方などにおいていくつかルー...

力士の給料はどこから?力士の給料は相撲協会や懸賞金が収入源

大相撲の力士たちの給料が一体どこから支給されているのかご存知でしょうか。 自分の体で相撲を取り...

卓球初心者の練習方法!素振り・壁打ち・球を打つ練習で卓球上達

卓球を始めたばかりの初心者の人の中には、どのような練習方法で練習を行えば上達するのか知りたい人もいる...

バスケ【試合のコツ】活躍するために今からあなたができること

バスケの試合のコツというと、シュートやドリブルを上達するための練習が浮かんでいませんか? では、ま...

教育実習と就活被りはメールより電話対応のススメやポイント

教育実習の日程と就活の面接の日程が重なってしまったときに、メールで対応してしまいたいと思ってしまうか...

高校生の勉強時間について!進学校と中堅校の差と勉強方法

高校生の勉強時間は進学校と中堅校では、どのくらいの差があるのでしょうか。 驚くことに受験が間近...

No Image

灯油ポンプ仕組みは【サイフォンの原理】仕組みと実験を紹介

手動の灯油ポンプをうまく使うと、灯油を自動で入れることができます。この仕組みは一体どのようになってい...

【洋食のマナー】魚料理をきれいに食べるコツとテーブルマナー

普段は箸を使う日本人にとって、洋食のテーブルマナーはちょっと苦手という方が多いのではないでしょうか。...

祝儀袋の書き方・連名4人以上でご祝儀を出すときの書き方

連名4人で祝儀袋にご祝儀を包む時、ご祝儀袋の表書きにはどのように記入しているでしょうか。ご祝儀袋の表...

電話番号を聞くときの敬語の使い方や聞き方の正しいコツとは

相手の電話番号を聞く機会というのは、ビジネスなどでよくあるかもしれませんが、このとき敬語を使った正し...

スノボ初心者の滑り方!知っておくと上達する滑り方のコツ

初めてスノボをするというスノボ初心者は、まず何から練習すればいいのか悩む方も多いと思います。 そこ...

スポンサーリンク

卓球のスマッシュの基本の打ち方とスマッシュのコツ

卓球のスマッシュの基本の打ち方は、胸の前方あたりの位置から横斜め上あたりにラケットを引き、そこから利き腕と逆の足を前に踏み出して、強く打ち込みます。
基本的なスマッシュの打ち方はとてもシンプルです。

卓球でスマッシュを成功させるコツは、一番大切なのがラケットの角度です。

ラケットを下に向ければボールは下に落ちますし、上に向けてしまうとボールはオーバーしてしまいます。
あなたのスマッシュがネットにかかってしまうときは、いつもよりラケットの角度を上の方に向けて打ってみましょう。
あなたのスマッシュがオーバーしてしまうときは、いつもよりラケットの角度を下のほうに向けて打ってみましょう。
あとはコツをつかんでいけるように練習を重ねていきましょう。

卓球のスマッシュをミスする原因と使うタイミングとコツ

チャンスボールがきたのに、スマッシュをミスしてしまうという人に考えられる原因としては、ボールに対してラケットの角度が合っていないことはないでしょうか?
また、スマッシュを打ち込む打点が高すぎてしまったり、低すぎてしまったりはしていませんか?
そして、チャンスボールがきた!と思って、いつもより力んでしまってはいないでしょうか。
せっかくのチャンスボールがきても、スマッシュが決められないのは点数を取ることが出来ないので早くスマッシュを決めれるようにしたいですね。
そこでスマッシュを使うタイミングとコツについてお伝えします。スマッシュの打ち方で大切なポイントとなるのが、やはり「ラケットの角度」とスマッシュを打ち込む「打点」になります。
イメージとしては、チャンスボールを上から叩きつけるときに使うようにしましょう。

スマッシュの決定力を上げるコツを紹介

チャンスボールが来たときに思いっきりスマッシュを打ち込むことが出来ても、得点につながらなけば意味がありません。
スマッシュが決まらないと試合の流れを自分側に寄せることが出来ませんし、相手に得点が入ってしまうので自分のモチベーションも下がってしまいます。
そこで、スマッシュの決定力をあげるコツについてお伝えします。
スマッシュの決定力をあげるコツとしては先ほども言いましたが、コンパクトにスイングを行うことです。
ラケットの振りかたが大振りになってしまうほど、ラケットの角度がぶれてしまったり、スマッシュのための体重移動をうまくボールにのせることが出来ません。
オーバーしてしまう原因にもなってしまうので、コンパクトに無駄の無い動きでスイングするようにしましょう。
そして、スマッシュを打ち込んだあとに基本姿勢にすぐ戻るように意識しましょう。
自分がスマッシュを打ち込んだあとに「決まっただろう…」と思って基本姿勢を崩してしまっている人がいます。
それでは、スマッシュを返されてしまったときにすぐ打ち返すことは出来ないですよね。スマッシュをしたからといって安心してはいけません。
得点を決めることが重要なのです。
スマッシュをしたあとも気を抜かず、基本姿勢に戻るのを早くするようにしましょう。

スマッシュを使った戦術とは

スマッシュとドライブをその時の状況に応じて使い分けるようにしましょう。
しかし、このスマッシュとドライブの切り替えを行うことは難易度が高いものです。
ドライブからのスマッシュを打つというのはさらに難しいです。
そこで、どうしたらスマッシュとドライブを上手に切り替えを行うことが出来るのか、コツについてお伝えします。
それは、ドライブを打つときも水平的なスイングを心がけることです。
ドライブのスイングをスマッシュのような水平的なものに近づけるようにします。
ボールに下方向への回転がかかっているとき以外の話にはなりますが、ドライブからスマッシュへ切り替えを行うスピードが速く、切り替えもしやすいのが特徴です。
ボールを前のほうへと打ち出すように意識すると上手くいきやすくなります。

力強いスマッシュが打ち込めるようになり、得点をとれるようになると卓球がどんどん楽しくなります。
そして、試合の流れをつかむことが出来るので、自分のモチベーションも上がっていきます。
そしてスマッシュを打てるようになるためには練習あるのみです。
練習を重ねていきましょう!