卓球のスマッシュ速度は球技で一番!速く打つポイントや練習方法

卓球のスマッシュの速度はボールを使ったスポーツの中でも最も速いと言われています。卓球のスマッシュの速度の威力を楽しみながら観戦するのは醍醐味のひとつとも言えるでしょう。
では、このスマッシュを速い速度で打つにはどうしたらいいのか気になりますよね。

そこで、卓球のスマッシュ速度について、速度を上げて打つためのポイントやバックハンドスマッシュの打ち方、スマッシュの速度を上げるための練習方法などお伝えしていきましょう。

これで、卓球のスマッシュをより速く打ちたいという方もコツがわかり、きっと今よりも速く打てるようになるでしょう。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

中学生の勉強法・ノートのとり方を工夫して成績をアップさせよう

自分に合った勉強法が分からない・受験を控えているから成績が上がる勉強法を知りたいという中学生もいるこ...

卓球のスマッシュにはコツがある。打ち方と決定力を上げるコツ

卓球の試合や練習でスマッシュが決まったら気持ちが良いですね。ですがスマッシュがネットに引っか...

パワハラされてツライ…。仕返しをしてから退職したい人は

働くことは生きていく上で必要なことではありますが、パワハラを受けることは必要なことではありません。...

ご祝儀袋の入れ方!台紙がついている場合の使用方法とマナー

ご祝儀袋を開けたら中から台紙が出てくる場合があります。あまりご祝儀袋を使う機会がない方は、台紙は必要...

ドライバーのコツとは?初心者は力の入れすぎを直しましょう

初心者がドライバーを打つときにはどのようなコツが必要なのでしょうか?ドライバーを打つときには、どんな...

バスケのシュートは回転とアーチ状に高くが成功率をあげるコツ

バスケのシュートがたとえ入っても、無回転のシュートでは上達はしません。シュートには回転が必要です...

サッカー【パスの蹴り方】基本や注意点と正確なパスのコツ

サッカーのパスの蹴り方にはコツがあります。サッカーは味方にパスをつないでゲームを作っていくことでゴー...

消えるボールペンは履歴書で使用可能?特徴とデメリット

消えるボールペンは間違った場所を消すことができて便利ですよね。しかしその特徴があることから正式な書類...

スノボウェアの下に着る洋服選び【レディース編】

初めてスノボに行くという場合には、ウェアの下に何を着れば良いのか悩む方が多いようです。気温が低く...

野球の練習メニュー・守備が上達する練習法と練習メニューを紹介

野球の守備がうまくなる練習メニューについて知りたい・練習するときはどんなことを意識して練習をすればい...

新築祝いのお返し【親編】相場と贈る時期・内祝い選びのポイント

親から新築祝いを頂いていたら、新居完成の後に新築祝いのお返しをします。このときに悩むのが、親からの新...

お祝いのお返しに商品券は失礼?結婚祝いの内祝いのマナーを解説

結婚式のお祝いを頂いていたとき、どんな内祝いをお返ししようか悩むこともあります。内祝いをお返しした人...

卓球初心者の練習方法!素振り・壁打ち・球を打つ練習で卓球上達

卓球を始めたばかりの初心者の人の中には、どのような練習方法で練習を行えば上達するのか知りたい人もいる...

神棚の掃除はいつまでにやる?年末の大掃除の方法と注意点を解説

年末は家の中の大掃除をしますが、神棚の掃除もその中の一つです。神棚はとても神聖なもの。大掃除をする時...

女性の社会人の服装のマナー!ビジネスシーンで着たい服

社会人になると、会社では今までと違う服装のマナーが必要です。子供っぽい洋服のままでは、周りからの印象...

スポンサーリンク

卓球のスマッシュの速度は球技の中で最も速い

卓球は球技ですが、球技にはたくさんの種類があり、サッカーや野球、バスケットボール、ラケットを使うスポーツなら、テニスやバドミントンなどがありますよね。

実は卓球のスマッシュはこれら球技の中でも最も速度が速いと言われます。

ただし、初速がもっとも速いのはバドミントンの羽根で、スマッシュなら360km/hと言われます。
しかし、羽根なので減速も早く相手コートに達した時には100km/hまで落ちてしまうようです。

テニスではトッププロのサーブは200~240km/hと言われます。
しかし、コートが広いので相手にボールが届くまでに25mあり、しかもワンバウンドさせるのでかなり減速してしまうでしょう。

それに比べて、卓球の場合は他のスポーツに比べて小さなコートですよね。
長さは2.74mしかありません。
初速は190km/hでバドミントンにはかなり劣りますが、トップクラスのスピードで115km/h前後と言われますから、0.1秒かからずコートを駆け抜けることになります。

打ってから相手のコートに届くまでの速度なら、卓球が最速ではないでしょうか。
コートが小さいこともあり、体感速度は他の球技に比べてもピカ1でしょう。

スマッシュの速度を考えると卓球観戦がもっと楽しめる

卓球のスマッシュの速度を意識すると、卓球観戦はもっと楽しくなります。

野球やバレーのテレビ中継では。ボールの球速が表示されますよね。

実は2016年のジャパンオープンでは、卓球では初めてボールの急速を表示させる試みが行われました。
テレビで見ているだけでは卓球のサーブやスマッシュなどの速さはわかりにくいですよね。
でも、球速が表示されることで、数値として知ることが出来るのです。
そうなるとテレビ観戦する時の楽しみの幅が広がりますね。

卓球のスマッシュは速いときなら200km/hにもなるそうです。

野球の最高速度は時速169kmと言われますから、いかに速いかわかりますよね。
ちなみにバレーボールのサーブでは120km/h、サッカーのシュートで132km/hと言われます。

卓球ほどのスピードを、あの至近距離で打ち返すスポーツは他に無いでしょう。
卓球選手には人並み外れた、動体視力や俊敏さが必要ですね。

卓球のスマッシュ速度を上げて打つためのポイント

ご自身で卓球をされているなら、卓球のスマッシュ速度を上げたいと思うことでしょう。
バシッと決まった時のスマッシュほど、気持ちの良いものはありませんよね。

スマッシュのコツはしっかりと体全体を使って振り抜くことです。
腰から上半身、そして腕へとしっかりと力を伝えるように、利き腕側の肩が入るくらいまで振りましょう。

そのためには、しっかりとバックスイングを行い、タメを作ることも重要です。
このタメを体全体を使って一気に解き放ちます。
床を蹴って飛び、打球の頂点から相手コートへ一直線に叩き込きつけるように打ちましょう。

ただし、あまり大ぶりになってしまうと、着地後にバランスを崩してしまうので注意してくださいね。

バックハンドスマッシュでも威力のあるスマッシュも打てる

卓球のスマッシュはいつもフォアハンドで打てるわけではありませんよね。
場合によってはバックハンドとなることもあります。
バックハンドの場合は、フォアハンドのように飛びつくことは難しいですから、体の少し前あたりに打球点を取ります。

バックハンドスマッシュを強く打つためには、体重移動と大きなバックスイングがポイントになります。

バックスイングスペースを確保するために、フリーハンドはラケットよりも高い位置に置き、しっかりと後ろまでバックスイングを行います。
ボールが打球点に来たら、勢いよく胸を開くように打ち抜きましょう。

この時に体重を前へ移動させながら打ち、体重移動で発生するパワーをボールに伝えると、より威力のあるバックハンドスマッシュになります。

スマッシュの速度を上げるためには慌てずに練習をすること

練習の時にはしっかりと速度のあるスマッシュを打てていても、いざ試合になるとなかなか上手く打てないと困っている方はいませんか?

試合中に普段よりも上手にスマッシュが打てないなら、それはスマッシュを打つまでのモーションが崩れてしまっていることが原因かもしれません。

練習の時にはしっかりとバックスイングして、高い位置に打球点をとって体重移動を行いながら打ち抜くことが出来ていても、試合になるとそういった細かい動きまで意識がいかず、疎かになってしまってしまうことも多いものです。

試合の時にも自分の実力をしっかりと発揮するためには、スマッシュを打つまでのモーションを、早く的確に行えるように練習しなくてはいけません。
また、その動作を意識しなくても行えるように、身体が覚えるまで練習を繰り返すことも大切です。

おすすめの練習方法は、練習相手に床に向かってボールを叩きつけてもらい、跳ね返ってきたボールをスマッシュするというものです。
練習していると次第にスピードにも慣れてきますから、しっかりとモーションを確認しながら行いましょう。
無意識でも早く的確な体勢でスマッシュが打てるように、何度も繰り返すことが大切です。

卓球は他の球技に比べても、とてもボールの移動が早く俊敏さや動体視力なども重要になるスポーツです。
速いボールに慣れて、その速さに合わせて動けるようになることが、卓球上達への道筋となることでしょう。