暮らしに新しいをプラス

ふじや流プラス

バスケのシュートがゴールに届かない悲劇。足りないものは〇〇

      2019/03/05

バスケのシュートがゴールに届かない悲劇。足りないものは〇〇

バスケのシュートがゴールに届かない。

正確にゴールをうつには、何が必要なのでしょうか?

筋力や瞬発力、持久力、あらゆるものを持っていないとプレーができませんが、まずは『気持ち』が一番大切です。

絶対に決めてやる!
絶対に入れてやる!
絶対に届かせてみせる!

このような気持ちを持って、練習や筋トレ、ストレッチに取り組みましょう。

また、身体を動かすことにはいろいろな方法があります。
バスケの練習だから〇〇と決めつけずに、いろいろな動きを取り入れてみてください。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

バスケのシュートが届かない。考えられる原因

バスケの試合で勝ち負けを決める大事な場面!スリーポイントシュートやフリースーローが決まると、一気に試合の流れも変わってきます。

バスケをやっている方にとって、シュートを決めたいところですよね。しかし実際にバスケをやり始めたばかりだと、シュートが届かないことも。

そこでなぜシュートが届かないのか?考えられる原因についてご紹介をしていきます。

シュートが届かないと、どうしてもボールを遠くに飛ばしたいと考えてしまのではないでしょうか。しかし飛ばすことに意識をしてしまうと、余計な部分に力が入りフォームが崩れてしまいます。それでは結果的にはゴールにボールは入りません。

安定したフォームを心がけること、フォームを崩さないようにすることが大切です。

そしてフォームを安定させるためには、腕の筋力が必要となります。ボールを投げるという動作から肩を意識してしまいがちですが、肩に力が入るとフォームが崩れやすくなってしまいます。

もちろん肩の力が必要ないというわけではありません。肩の筋力は大切ですが、肩に力が入りすぎてはいけないということです。

シュートを打つ時はフォームを崩さないようにすること。そして腕や膝の筋力を利用することに意識してみてください。

バスケのシュートが届かないのは諦めている自分がいるから

どんなスポーツも練習なしには上手くはなりません。天才と言われるようなプロスポーツプレーヤーでも、人の何倍も練習をしていてこそ試合で実力を発揮できるのです。

バスケのシュートが届かない場合は、基本のシュートフォームを確立するまで、何度もシュートをうつ練習が大切になります。

そしてシュートフォームが決まった後も、フォームが自分の体に身につくまで、さらに反復練習が必要となります。沢山の選手がそうして自分のフォームを体で覚えているのです。

しかし人一倍練習をしても大事な場面になるとシュートが届かない、決まらないということも実際にはあります。

それはなぜか?多くの場合は自分の心の問題です。苦手意識がついてしまい、またボールが届かないのでは?そんな気持ちがボールを実際に届かなくしてしまいます。届かないかも?という気持ちが肩などの余計な場所に力を入れてしまい、自分でも知らないうちにフォームが崩れてしまうのです。

練習は嘘をつかない。そう言いますよね!沢山練習をしてきたのなら、自分を信じて肩の力を抜き、いつもどおりにシュートをうつように心掛けてみてください。そして必ず入る、そう信じることも忘れないでくださいね。

必要な筋肉を手に入れよう

正しいフォームを手に入れても、必要な筋肉がなければ、やはりボールをゴールにいれることはできません。

また体幹を鍛えることも、体の軸が安定するのでシュートだけでなく、バスケ全般に関係してきます。

そしてやはり腕の筋肉が必要です。中でも上腕三頭筋を鍛えると、ボールの飛距離が伸びると言われているので、筋肉を鍛えるときには三頭筋を意識してみると良いでしょう。

簡単なトレーニング方法としては腕立て伏せも効果が期待できますよ。

その他には強い足腰を鍛えるために、スクワットで筋肉を鍛える方法もあります。

筋肉を鍛えるというと、バキバキに鍛え上げられた筋肉を想像してしまいますが、必要以上に筋肉を付ける必要はありません。バスケに必要な筋肉をつけて、シュートの成功率が上がるよう、練習に結びつけていきましょう。

バスケのシュートがゴールに届かないのは下半身が安定していないから

バスケのシュートには正しいフォームが大事ということは、最初にもお話をしてきました。まずは自分のフォームを確認することをおすすめします。

ビデオやスマホを利用してシュートしているフォームを客観的に見てみましょう。一見フォームがきれいに見えても、全体の流れを見ると力が止まってしまって、ボールに伝えきれていないと感じられる部分はありませんか?

どうしてもボールをシュートする際には、上半身のフォームだけに目が言ってしまいがちですが、力を上手に伝えるためには下半身も重要です。

下半身の筋肉の使い方や、安定性があるかどうかも確認をしてみてください。またジャンプをして高く飛び、ボールの飛距離を伸ばそうと考える場合、今度は下半身に力が入りすぎてしまい、やはり力みにつながります。

力みは安定感の低下に大きく関係するので、筋肉を使うことと、力みを一緒にせずに安定したシュートを打てるようにしましょう。

練習に、いろいろな要素を取り入れて

シュートがゴールに届かないと、シュートの練習だけに集中してしまいます。もちろん、苦手を克服するため、正しいフォームを体に覚えさせるために練習は必要です。

しかしシュートを成功させるために、違ったいろいろな要素も取り入れてみてはいかがでしょうか。

例えば自分の尊敬するバスケットボールプレーヤーを見つける。NBAの試合などを見て、フォームがきれいな選手や、目標とする選手を見つけ真似をしてみるのも上達に繋がります。

また自分のフォームと比較して、違うところを探すこともできますよね。

その他には体幹を鍛えたいのなら、チューブを使ったトレーニングをするなど、少し視点を変えた練習方法を取り入れてみてはいかがでしょうか。

バスケに使える練習アイテムは、探してみるといろいろなものがあります。たまには息抜きも兼ねてバスケ漫画を見てみるのもオススメです。やる気に繋がりますよ!

 - マナーや作法にアイデアを

ページ
上部へ