暮らしに新しいをプラス

ふじや流プラス

品出しバイトの志望動機のコツ!即採用に繋がるポイントの考え方

      2019/05/17

品出しバイトの志望動機のコツ!即採用に繋がるポイントの考え方

品出しのバイトの志望動機では、自分がどうして品出しのバイトに応募したのかという理由やきっかけを答えなければなりません。しかし、単純すぎる理由やありきたりな志望動機では採用担当者の印象には残らないでしょう。

そこで、品出しバイトの志望動機のコツについて、自分をアピールすることややめたほうがいい志望動機、採用されやすい志望動機のコツや面接で伝えるときのポイントなどお伝えしていきましょう。

これを参考にすれば、品出しのバイトとして担当者にすぐにうちで働いて欲しいと思われるような志望動機の考え方がわかります。ぜひあなたの長所を上手にアピールしましょう。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

品出しのバイトの志望動機は自分の長所ややる気をアピール

志望動機は、どうしてそのお店なのか、どうして品出しという仕事を選んだのかという事を、自分の長所ややる気と絡めてアピールすることが大切です。

正直な理由が、家から近いからや勤務時間が希望と一致しているから等の単純な理由も志望動機ではありますが、その理由だけではアピールにはなりません。他にライバルがいる場合は、他の人が採用になる可能性があるでしょう。

体力に自信があるのなら迷わず志望動機に書くべき

扱う商品によって差はありますが品出しのバイトは、重たい物も取り扱いをしますので、体力や力に自信があることをアピールするのがお勧めです。面接では、これまでの職歴で身に着けたスキルや日ごろから運動を習慣にしているなど、体力や力に自信があるという根拠となるエピソードも話すと良いでしょう。

また、やる気をアピールすることも大切です。採用されたらこんな風に働きたいというビジョンやこんなことに興味があるから品出しのバイトがしたいという、前向きな理由も志望動機に向いています。

品出しバイトでありきたりな志望動機はやめましょう

品出しのバイトで即面接の場合は、自分の言葉でアピールすることが出来ますが、書類選考がある場合は限られた志望動機欄に収まる文字数で書かなければいけません。その結果、ありきたりな志望動機を書いてしまう人も多いです。

しかし、ありきたりな志望動機は印象に残りませんので、書類選考で落ちてしまう可能性があります。限られた文字数に収めるのは難しい事ですが、出来るだけ自分の言葉で志望動機を書きましょう。

志望動機の欄以外の注意点

履歴書には自分の希望を書く欄もありますが、履歴書にあまりはっきり書かない方が良いです。書類選考の段階で自分の希望ばかり書いてあると、自己主張ばかりで扱いにくい人という悪い印象を与えてしまう可能性があります。

面接になれば、シフトなどの話になると思いますので、譲れない希望がある場合はその時に話をすると良いでしょう。

品出しバイトで採用されやすい志望動機のコツ

どんな仕事でも採用されやすい人は、「その人にこの仕事を任せたらうちにメリットがありそう」と感じられる人物です。

営業や技術職に比べると、品出しという仕事はアピールのしにくい仕事のような印象がありますが、品出しというバイトは、力仕事で黙々と品物を陳列したり、賞味期限や使用期限などをチェックします。レジなどに比べるとお客様と接する機会は少なく裏方の仕事の印象が強いです、お客様に声を掛けられることもあります。

そのため、力仕事に自信がある人やコツコツ仕事が出来る人、丁寧に商品を扱えてお客様が手に取りやすい気遣いが出来る人、接客スキルがある人等が、お店にとって仕事を任せたい人でしょう。

お店側が品出しのバイトに求めている事や人物像を考えて、自分の長所やスキルと絡めてお店側にメリットが与えられる内容がないか考えてみましょう。更に根拠となるエピソードがあると説得力が増します。

どうしても適当なメリットや志望動機が思い浮かばない場合

そんな時は「主婦目線」や「客目線」をアピールに使うのもお勧めです。

普段から利用しているスーパーなら、陳列の場所が大体分かっているので仕事に馴染みやすいでしょうし、客目線で手に取りやすい陳列を意識することも出来るでしょう。このお店は買い物のしやすい陳列が素晴らしいのでこのお店で働きたい等のアピールも出来ます。ただし、そのお店の批判になってしまうような言い方になってしまわないように注意してください。

なお、期間が決まっているバイトでなければ、長期間働いてくれそうな人は歓迎されやすいです。そのため、家計や家から近いというのも長期間働いてくれそうだと思われやすいので、主婦向けのバイトやパートの場合は使うことが出来る志望動機です。

しかし、ストレートにお金や距離を理由にしてしまうと、働ければどこでも良いように聞こえてしまうので、言い方には気を付けてください。更に、お金や距離だけが志望動機だと弱いので、もっともらしい志望動機に付け加えるようにすると良いでしょう。

面接で志望動機を伝えるときのポイント

バイトの面接は緊張しますよね。ノープランで面接に臨むと緊張で何を話したら良いのか分からなくなってしまったり、ダラダラまとまりのない話をしてしまいがちです。品出しのバイトでも面接の前にはイメージトレーニングをしたり、話すことを考えておきましょう。

特に志望動機は重要です。面接で好印象を残せるポイントを確認しましょう。

志望動機を伝える時は、まずは志望動機を端的に伝える

その後に、志望した理由を具体的に言うようにすると伝わりやすくなります。

例えば「品出しという仕事に興味があったのと、家庭や育児と両立が出来ると思ったため志望しました。」と端的に言います。

その後、「こちらのお店はいつも気持ちよく買い物がしやすいと感じていて、それは陳列の乱れがあったらスタッフさんがすぐに直していたり細かいところまで目が行き届いているからだと気付きました。スタッフの皆さんが積極的に笑顔で挨拶してくれたり、やりがいを感じながら働いているように見えて、私もここで働きたいと思いました。まだ子供が小さいですが、幼稚園に行っている間に働ける時間帯で固定シフト制であることや、家から近くて通いやすい距離なので、ご迷惑をお掛けせずに長く働けそうだと思いました。」と志望動機の根拠となる理由付けをします。

志望動機に続けて「力仕事には自信がありますし、コンビニでのアルバイト経験もあるので、即戦力になれるように頑張ります。」という風にスキルや強みをアピールします。

他には、面接の基本ですが、面接官の目を見て笑顔でハキハキと話すようにしましょう。面接官の質問をしっかり聞いて、質問の意図を理解する必要もあります。

志望動機はバイト先と自分の立場に合わせて考えましょう

スーパーやコンビニ、ホームセンターなど品出しのみのバイトを募集しているお店は色々ありますが、同じ品出しでもお店によって扱う商品も違います。例えば、スーパーやコンビニなら食品が多いと思いますが、家電量販店などでは食品は扱いませんので、品出し中に気を付ける点も変わってきます。お店の形態や自分の立場をよく理解して志望動機を考えましょう。

志望動機を考えるのは難しいですが、もっともらしい事を言おうとして嘘をついたり、状況と合わない事を言うのはよくありません。志望動機や希望は正直に話して良いですが、表現方法には注意しながら、やる気をアピールしましょう。

 - マナーや作法にアイデアを

ページ
上部へ