卓球の基本の練習方法!初心者が上達するための練習メニュー

中学生になり、初めて卓球を始める方も多いと思います。早く上達するために家でも練習をしたいという場合には、どのような練習方法があるのでしょうか。

卓球初心者におすすめの基本の練習方法をご紹介します。

一人でもできる練習はあります。まずは基本をしっかりと身に付けることが大切です。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

女性の社会人の服装のマナー!ビジネスシーンで着たい服

社会人になると、会社では今までと違う服装のマナーが必要です。子供っぽい洋服のままでは、周りからの印象...

【洋食のマナー】魚料理をきれいに食べるコツとテーブルマナー

普段は箸を使う日本人にとって、洋食のテーブルマナーはちょっと苦手という方が多いのではないでしょうか。...

テニス初心者におすすめの練習メニューと上達のコツを解説

テニスを始めたばかりの初心者の人の中には、どんな練習メニューをこなせばテニスが上達するのか知りたい人...

卒業式に相応しい服装選び。母親のコーディネートのポイント

お子様の卒業式に、母親はどのような服装で出席すれば良いのかお悩みの方はいませんか?卒業式での服装は上...

ご祝儀袋を包むふくさはハンカチでもOK?包み方や色について

ご祝儀袋を持ち運ぶ時ふくさに包んでいますか?ふくさを使用する理由を知っているでしょうか? あま...

祝儀の相場・姪や甥の結婚式のご祝儀相場をシーン別に解説

姪や甥の結婚式に出席することになったら、ご祝儀はどのくらいの金額を包めばいいのか気になるものです。一...

ラーメンの食べ方のマナー!デートでラーメンを食べる時のマナー

好きな人や彼氏とのデートでラーメンを食べることもありますよね!その時、気をつけたほうが良い食べ方のマ...

手続きが必要な口座解約!旧姓の口座を解約する方法

古い書類などを整理していると、一緒に通帳が出てくることありますよね。口座名が旧姓の場合など、明らかに...

結婚式なのにふくさがないのはNG?ふくさのマナーと代用品

結婚式に出席するときは、ふくさにご祝儀を包んで持参します。ですが、ふくさを用意しておらず、手元にふく...

特別な人に高級な日用品をプレゼントしたい

会社の上司や配偶者の親など、自分にとって特別な人に何かプレゼントを贈るなら、出来れば、印象に残って喜...

名前を赤字で書いてはいけない理由!赤字がNGなのはコレが理由

「名前を赤字で書いてはいけない」と言われたことがある人もいますよね。でも、名前を赤字で書いてはいけな...

卓球のラリーが続かないワケと、ボールに慣れる練習方法を紹介

卓球を始めたばかりの頃はなかなかラリーが続かないということがよくあります。 同じように打ち返し...

バスケのシュートがゴールに届かない悲劇。足りないものは〇〇

バスケのシュートがゴールに届かない。 正確にゴールをうつには、何が必要なのでしょうか? ...

結婚式のご祝儀の相場は?部下へのお祝いとご祝儀のマナー

結婚式の招待状を受けると、おめでたい気持ちとともに湧き上がってくるのが、結婚式のマナーやご祝儀に関し...

【お車代の封筒の名前の書き方】相手の名前は書かないことが基本

結婚式で渡すお車代。渡す相手を間違えないように、封筒に相手の名前を書こうと考える人もいるでしょう。 ...

スポンサーリンク

卓球初心者の方向け練習方法、素振りの練習

卓球も正しいフォームを身につけることが基本です。初心者のうちはもちろん、慣れてきても上級者になっても基本である素振りの練習は続けるようにしましょう。

素振りの練習を行うときは、実際にボールが飛んでくるのを想像し、打ち返すことをイメージして行います。イメージトレーニングになりますので、正しいフォームを意識しながら行ってください。初心者のうちは素振りを繰り返すことでフォームが身についてきます。

最初のうちは鏡を見てフォームを確認します。理想的なフォームができているかどうかをチェックして、丁寧にゆっくり素振りをします。
フォームが整ってきたら、スピードを上げていきましょう。
回数を決めてしまうと、回数を数えることにも気を取られてしまうためフォームに集中できない場合があります。回数は決めずに行ってください。

実際にボールを打ち返すわけではないので、フォームも崩さないように行うことが大切です。正しいフォームでできているかどうか、鏡やガラスに自分の姿を写してチェックするようにしてください。素振りの様子を動画撮影して後からチェックするのも良い方法です。

素振りを行うときは軽めのラケットを使うのもポイントです。慣れないうちは素振りでも疲れてしまい、疲れるとフォームが乱れてきます。疲れたら休憩を取り、フォームを崩さないようにすることが大切です。
素振り用のラケットも販売されていますので、それを用意するのも良いでしょう。

初心者でもできる卓球の練習方法、壁打ち練習

素振りの練習を行いつつ、一人でも出来る練習に壁打ちがあります。壁打ちは実際にボールを打ちますので、ボールを打つ感覚を養うことができます。壁打ちは一人でもでき、卓球台を使わなくてもできるので、自宅でも練習することができます。

●壁打ちの練習方法
壁打ちは、壁を相手にフォアハンドでボールを打ちます。
壁から2~3メートルほど離れて、フォアハンドで姿勢を整えて構えます。素振りのフォームを意識しながら、壁に向かってボールを打ちます。壁から跳ね返ってきたボールを打ち返すことを続けます。

連打を続けることでラリーの感覚がわかってきます。このとき、ボールをコントロールすることも意識してください。ボールの流れを意識しながら力加減などを変え、ボールの方向なども考えながら行ってください。
フォームが乱れていないかどうかも確認するようにしましょう。

卓球初心者の練習方法、フォアハンドとバックハンド

卓球の基本であるフォアハンドとバックハンドも練習をしてください。
フォアハンドを正しく身につけることは卓球の基本ですが、安定するまでには時間がかかるものです。正しいフォームはわかっていても、実際にラリーでボールを打つとフォームが乱れてくるので、フォアハンドとバックハンドの練習も欠かさず行うようにしてください。

卓球初心者の練習方法

フォアハンド

足の幅は肩幅より少し広めにし、膝を軽く曲げて構えます。腰を回してバックスイングをとり、腰を戻しながらラケットを振ります。
ラケットが下がらないように意識しながら、ボールがラケットの真ん中に当たるようにします。

ボールが大きく飛びすぎるようなら、ラケットの面を少しだけ下へ向けて打ってみてください。打つときはなるべく高い位置で、ボールがバウンドした時の頂点を狙うようにします。

バックハンド

足は肩幅と同じくらいに開き、膝を軽く曲げて構えてください。少し前傾姿勢を取るようにします。
少し引く感じでバックスイングを取ったら、肘を支点にして前へ振ります。ボールはラケットを押し出すようにして、手首を返して打ちます。

バックハンドも、ボールがバウンドした後の頂点を狙って打つようにします。体の正面でボールをとらえ、インパクトの瞬間に手首を返すことを意識してください。

フォアハンドとバックハンドの正しいフォームを身につけ、切り替えもスムーズにできるように練習をしてください。

上達するためには多球練習が効果的

卓球の上達には、ボールを続けてたくさん打つ多球練習が効果的です。
最初のうちはボールを上手くコントロールすることができません。ラリーを続けたくてもボールがいろんな向きに飛んでしまったり、コートからオーバーしてしまうこともあります。ボールが1こだけだと、あちこちに飛んでしまうたびに中断して、ボールを取りに行かなければなりません。

多球練習はボールを複数用意して、とにかく打ち返すことを練習します。連続してボールを打つことで、正しいフォームのまま打ち返すことが身につくようになります。

最初のうちはストレートから送球してもらいます。まっすぐに飛んできたボールをまずはフォアハンドで、次にバックハンドで打ち返してください。慣れてきたらスピードを上げていきます。
次にコースをいろいろ変えて送球してもらいましょう。ストレートとクロスで打つ分けてください。

フォアハンドやバックハンドの練習を意識しながら、正しいフォームで行うようにしてください。フットワークも忘れないようにしましょう。

卓球初心者のサーブの練習法

最後にサーブの練習です。サーブには打ち方のルールに気をつけながら、正しくサーブが打てるようにしてください。

卓球のサーブのルール

手のひらを開いてフリーハンドにし、ボールを乗せ、卓球台のエンドラインよりも後ろに立って静止します。
トスは台よりも高い位置から16センチ以上上げることがルールです。16センチに満たない場合や台よりも下からトスを上げるとサーブミスになり、相手に得点が入ってしまいます。
ボールをトスするときにフリーハンドも一緒に上げてもサーブミスになりますので気をつけましょう。
トスしたボールが落ちてきたところを打ち、自分側のコートにワンバウンドさせてから相手側のコートに入るように打ちます。ボールを打つ時に、ボールが自分の体で隠してしまうとサーブミスになります。
打ったボールがネットに触れた場合はサーブの打ち直しになります。

卓球初心者の場合は、サーブがネットに引っかかったり台から出てしまわないように打つ練習を積んでください。ボールの打球点が高すぎると台からはみ出てしまい、打球点が低すぎるとネットに引っかかってしまいます。打球点を意識して変えながら調整してください。

サーブは回転をかけることがコツです。打つ時はボールの真下を狙い、ラケットは寝かせて状態でカットして、ボールに下回転をかけます。

まずはサーブのルールをおさえ、サーブを打つ時の流れを覚えてください。サーブがうまく入るように練習をします。サーブが安定してきたら、回転をかける練習を行ってください。

卓球の上達のためには、正しいフォームを身につけることが重要です。まずは基本の動作を正しく行えるように練習を続けていきましょう。