暮らしに新しいをプラス

ふじや流プラス

勉強がストレスになったら泣くことで発散!勉強ストレス解消方法

      2019/05/05

勉強がストレスになったら泣くことで発散!勉強ストレス解消方法

一生懸命勉強をしていると、どんどんストレスが溜まってしまうものです。勉強することが泣くほど嫌に思えることもあるのではないでしょうか。受験生の皆さんは特に、毎日の勉強や受験のストレスで心が辛くなることもありますよね。

ここでは、勉強のしすぎで泣きたくなるほどストレスが溜まった時の対処法についてお伝えします。

心のもやもや・イライラをスッキリさせて、勉強のストレスを解消しましょう。

今頑張って勉強していることは、少なくともあなたの将来の糧になります。辛い毎日かもしれませんが、上手にストレスを発散して、うまく勉強と付き合っていきましょう。

乗り越えた先の明るい未来を目指して進んでください。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

勉強でストレスが溜まる!泣くことでストレス解消ができる

特に受験を意識して勉強をしだすと、ライバルには負けたくないし、親からもプレッシャーがあったり、独自の「勉強からくるストレス」を感じると思います。

勉強ばかりしていたら、よっぽど勉強が好きでもない限り、ストレスは誰でも感じると思います。そのストレスは「泣く」事で解消していきましょう。

泣く事で気持ちがスッキリする

泣きたくも無いのに泣いたからと言って、特に効果はありません。でも、「泣きたい」という感情が湧き上がっている時に泣くと、気持ちがスッキリします。

もし勉強の事でストレスを感じてて、泣きたいのであれば、遠慮なく泣いた方が気持ちが落ち着きます。無理せずに泣くべきです。

どうして気持ちが落ち着くのか。その理由は泣く事によって、自律神経が整うからです。ストレスを感じると自律神経が乱れるので、体に色んな障害を起こします。それを正常にしてくれる働きが、泣くという行動で得られます。

勉強のストレスが泣くほど辛いときはゆっくりと睡眠を取ることも大切

身分が学生ともなると、勉強からくるストレスで泣きたい気持ちになったり、睡眠不足に陥る事もシバシバ。

大人になってもストレスと上手に付き合わなくてはいけません。何が良い対処法かというと、泣く事も良い解決法ではありますが、思い切って寝て気分をスッキリするというのも良い方法になります。

睡眠不足が続くと集中力にも欠けます。イコール、勉強のパフォーマンスも落ちてきます。これじゃ、悪循環ですよね?成績が思ったより悪くて落ち込んだり、親に怒られて落ち込む事もあると思います。でも、あまり睡眠が取れない状況が続くと、勉強も思うように進みません。

ここは思い切って昼寝などをして、頭の回転を早くさせましょう。昼寝も長時間になると、頭がボーっとしてしまって、何がなんだか理解らなくなりますが、短時間であれば頭がスッキリしてこれまで理解らなかった事が理解ってきたりします。思い切って、ストレス解消も兼ねて少し寝てみましょう。

勉強のストレスが溜まったときは体を動かすのもストレス解消方法

勉強で行き詰まった時、ストレスも溜まってしまいますよね?ウオーキングなど、手軽に出来るエクササイズをして見ると、良い気分転換になります。

同じ姿勢を長時間続けていると血行も悪くなり、頭の回転も悪くなってきます。少し気分転換も兼ねてウォーキングをしたり買い物に出かけるなど、新鮮な空気を吸ったり体を動かす時間を作る事をお勧めします。

どんなに頭が良い人でも気が滅入ったり中々集中が出来ない時を通らされます。そんな時には好きな音楽を聞いたり、頭をリフレッシュさせる為にウォーキングをしたりします。あなたも何か勉強から少し離れる事をして、一度リセットしてみるのも、ストレス解消になりますよ。

ただ、あまり勉強から離れている時間が長いと、勉強が追いつかなくなります。リラックスする時間も大切ではありますが、程々にしましょう。また好きな音楽を何度も聞くと、その音楽が頭から離れない事もあります。出来るだけ、体を動かすリラックス方法を選んだ方が、勉強には差し支えが無いと思います。

勉強が泣くほど嫌なときは勉強に対する考え方を変えてみよう

勉強している時にとことんスランプに陥って、勉強が本当に嫌、なんだか段々泣けてきた。人生色んな場面を通らされます。学生の職業は勉強だからと自分に何度言い聞かせても、出来ない時は出来ない。

切り詰めて勉強しなくてはいないのは、一時的

正直言って、学校で勉強した事が社会で役立つ機会はあまりありません。学生時代に「この分野に特に力を入れて勉強して、高得点を取った」という方は、逆に社会人になってから、「学生時代に習った事が全然生かされてない」と悩む事もあります。

結論から言うと、あなたが苦しんでいる分野の勉強で良い成績を取らなくてはいけないのは、一時的です。学校側はどうしても点数で判断してしまいますから、点数を上げるコツをおさえてしまえば、あなたの物です。

これは、一時的なストレスだと考えれば、少しは気が楽になると思います。

勉強でストレスが溜まったときは生活習慣の見直しも大切

もしかしたら、あなたが勉強でストレスを感じている原因は、あなたの不規則な生活習慣や食生活からきているかもしれません。

勉強で精神的に追い込まれるにも、理由がある

ストレスは誰でも抱え込みます。そこでどういった行動をとるかでそのストレスを上手に付き合う事が出来ます。

まず、人は話すことでストレスを解消する事が出来ます。あまり「勉強」だけに集中せずに、友達と話してみたり社交的になる事を勧めます。また、栄養バランスを考えて食べる事も精神的に追い込まれない秘訣になります。いつも同じ物ばかり食べている、最近野菜を食べていないなど心当たりがあるのなら、バランスの良い食生活を心がけましょう。

日中に太陽に当たることも、精神的に沈まないコツだと思います。あまり夜更かしはせずに、朝方人間になりましょう。

勉強からのストレスで泣く様な状況に追い込まれる事もあります。泣きたいのなら泣いて、感情を発散させて行きましょう。また、ストレスを感じているのなら、ウオーキングなどで、体を動かす事でも気持ちが落ち着いて来ます。あなたが「これが今は一番必要かも」と感じる物を選んで、実行して見て下さい。勉強が楽しくなってくるかもしれません。

 - マナーや作法にアイデアを

ページ
上部へ