スノーボード初心者への教え方!楽しく安全に滑る基本のステップ

スノーボードを初めて滑るという方には、何から教えれば良いのでしょうか?
まず、初心者は転倒が多くなるので、上手な転び方を教えることも必要です。
それでは、スノボ初心者への教え方をご紹介します。

はじめはなかなか思うように滑れないことが多いでしょう。転倒が多く、想像していたのと違う、と思う方も多いようです。
はじめは焦らずに、スノボの楽しさを知ってもらう、それが第一目標で良いと思います。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

袱紗は色が重要!白の袱紗の使用用途と使用する場合の注意点

贈り物用の金品などを覆う袱紗の中には、色が白の袱紗もあります。 袱紗は色によって使い分けることが重...

No Image

結婚式の出席を断る時のマナーについて知りたい

結婚式はその人にとって、特別に大事な日ですから、出来るだけ祝福してあげたいですよね。 しかし、人に...

ジムに必要な持ち物。女性のジム通いに持っていくべき物リスト

体型の変化が気になり、ジムに通う女性も多いですよね。しかし、初めてジムを利用する時には、どんな物を持...

ジムのトレーナーの給料の目安といろいろな働き方

ジムのトレーナーとして働きたいという場合には、仕事内容はもちろん、給料の相場も気になります。 実際...

スキーとスノボのウェアの違いと兼用するときの注意点を紹介

スキーとスノボのウェアの違いはそれぞれのスポーツに合わせた機能面です。どちらも寒い雪山のゲレンデで行...

卓球のラリーを続けるコツとは?ポイントは打ち方や視線

卓球のラリーが続くようになるにはどのようなコツが必要なのでしょうか?ラリーの上達に欠かせない事とは?...

職場に配るお菓子はいらない?迷惑に思う心理とお菓子外しとは

長期休暇のあとなど、職場でお土産のお菓子を配る人もいますよね。この習慣を「いらない」と感じている人が...

結婚式のネクタイの色は?定番の白をあえて外すネクタイ選び

男性が結婚式に出席する場合は、白のネクタイが定番とされていましたよね。特に親戚の結婚式ではマナー違反...

初心者必見!テニスのオーバーグリップテープの替え時と巻き方

テニスを始めたらオーバーグリップテープという言葉を耳にするようになります。テニスのグリップには、元々...

バスケのシュートは何種類くらい?シュートの特徴をご紹介

バスケのシュートは大きく分けるとレイアップ、ダンクシュート、フックシュート、ステップシュート、セット...

新築祝いのお返し【親編】相場と贈る時期・内祝い選びのポイント

親から新築祝いを頂いていたら、新居完成の後に新築祝いのお返しをします。このときに悩むのが、親からの新...

野球の投手が球速アップをするために意識したいコツを紹介

野球の投手が球速アップをするためには、どんなことに意識してボールを投げたらいいのでしょうか?球速の速...

卓球初心者への指導のコツや効果的なおすすめ練習方法について

卓球初心者に指導をすることは簡単ではありません。どんな競技でも初心者はいますが、初心者というのはその...

一人暮らしの引っ越しの挨拶はするべき?大家さんへの挨拶について

これから一人暮らしをする人の中には、大家さんに引っ越しの挨拶をするべきかどうか悩んでいる人もいるので...

卓球のスマッシュにはコツがある。打ち方と決定力を上げるコツ

卓球の試合や練習でスマッシュが決まったら気持ちが良いですね。 ですがスマッシュがネットに引っか...

スポンサーリンク

スノーボード初心者に適した場所の選び方

スノーボードはどうやって滑るのか、気をつけることは何かと教える前に、まずは場所選びが最も大切になります。

スノーボード初心者には、緩やかで平坦な斜面が適しています。

急な斜面で練習しようとすると、スピードがついて楽しむ気持ちよりも恐怖心を強く感じてしまうので緩やかで平坦な斜面を選んであげましょう。

また、狭いコースだと安心して滑ることができませんし、後ろから滑ってくる人とぶつかってしまわないかと恐怖を感じてしまうので、広いコースの端で滑るようにしましょう。

そして、最後は徐々にスピードが落ちていって勝手に止まるような平地になっている場所があれば初心者の方は安心して止まることができます。

スノーボード初心者は、場所の安全だけでなく気持ちの安心感も確保することが大切なのです。

安心することができないと周りが気になって滑れなくなったり、恐怖心が邪魔をして危険な転び方をしてしまうことにもなってしまうので、まずは安全な場所、安心できる場所を確保してあげることから始めましょう。

転倒の多いスノーボード初心者に上手な転倒の教え方

スノーボードで一番と言っても良いほど大切なのは、転倒の仕方ですよね。
転倒の仕方を覚えておかなければ後々大怪我に繋がってしまうということを教えてあげましょう。

上手な転倒の仕方をご紹介していきます。

滑っているときにスピードが出てしまって恐怖を感じ、止まりたいけど止まれない!という時は膝を曲げてお尻から転倒しましょう。
慌てて止まろうとして危険な転倒の仕方をするよりも断然お尻から転倒する方が痛みもなく安全に転倒することができます。

お尻から転倒する方法はたくさん練習しておくように伝えましょう。

また、体の前後の側面を使って転倒することでも痛みを和らげることができるので、上手に転倒することを意識してもらいましょう。

スノーボードの板のエッジが引っかかったとき、突然転倒するので危険ですよね。
エッジが原因で転倒してしまうときは痛みを分散させる転倒の仕方を考えている余裕が無いほど突然転倒してしまいます。
回避方法は無いため、なるべく安全に転倒することができるように常に意識しておいてもらいましょう。

スノーボード初心者は利き足を決める

スノーボード初心者は、進行方向の前になる足が左右のどちらになるか決めなくてはいけませんよね。

通常は利き足を前に持ってきますが、利き足がどっちかわからないという方も少なくありません。
スノーボードの板をお店で購入する際に店員に利き足を判断してもらえるので特に心配はありませんが、自分で判断する場合は、立っている状態で後ろから押されたときにどちらの足が出るか、また、腕を前方に伸ばして人差し指を立て、片目ずつ閉じたときに指がずれない方はどちらかを調べてあげましょう。

押されたときに出る足や指がずれない目の方が前になると教えてあげるとわかりやすいです。
左足や左目の場合はレギュラー、右足や右目の場合はグーフィーです。

初心者なので、始めは滑りにくいと思います。
決まったスタンスで滑ることに慣れてもらうようにしましょう。
レギュラースタンスかグーフィースタンスか判断できたら、次は横に滑る感覚を教えていきましょう。

横に滑る感覚を覚えるための教え方

自分のスタンスの判断、転倒の仕方がわかったら、次は横に滑る感覚を覚えてもらいましょう。

このときも急な斜面があるような場所ではなく緩やかで平坦な傾斜で覚えてもらうようにしてください。
まずは横にまっすぐ滑る感覚を覚えてもらい、滑る楽しさを感じてもらいましょう。

何事も楽しいと思えなければ向上心が生まれず、上達することができません。

滑ることを教えるときに、ブレーキのかけ方も一緒に教えることを忘れないで下さい。
滑るだけ滑って原則できないとなると恐怖を感じてしまいます。

ブレーキはつま先をあげつつ体の向きを前にし、ぐっとつま先を上げてかかとでブレーキをかけるように教えましょう。
ブレーキのかけ方もわかれば滑ることの恐怖心がなくなり、どんどん楽しく感じていきます。

もっと上達したいという気持ちが表れれば上達までそう時間はかかりませんよ。

スノボの楽しさが広がるサイドスリップの教え方

横に滑る感覚を覚えたら、次はサイドスリップの仕方を教えましょう。

滑り降りる方を向いて膝を曲げ、しっかりと腰を落として目線は遠くを見るように教えましょう。
初心者は恐怖心から足元を見てしまいがちなので、頭が下がるとバランスを崩しやすく、転倒しやすいことを教えてあげましょう。

まずはまっすぐ下に降りていく感覚を覚えてもらいましょう。
滑る、止まるを繰り返していくうちに感覚が掴めるものです。

感覚を覚えたら、次は左右に移動しながら滑り降りていきます。
進みたい方向に体重をかけるようにすると進みやすいということを意識してもらうと良いですね。

一度言っただけでは全てを伝えることができないので、あなたからの声かけも大切になっていきます。
初心者は足元を見てしまいがちなので、目線はどこを向けばよいのか都度声掛けしてあげると覚えやすいですよ!

初心者の方の気持ちに寄り添って教えてあげると上達が早くなります。
上手に教えてあげられない場合はお手本を見せてあげることも良い方法なので、丁寧に教えていってあげましょう。