結婚式で男性におすすめのスーツに似合う髪型とマナー

結婚式に出席する場合には、服装と共に、髪型もフォーマルな場所に相応しいスタイルにしたいものです。髪型もスーツに似合う、清潔感を大切にしたヘアにスタイリングしましょう。
そこで、結婚式に出席する場合の、男性におすすめの髪型やマナーについてご紹介します。
結婚式のようなシーンでは、髪型や洋服で一人だけ場違いな雰囲気では困ってしまいますよね。どのようなことに気をつければ良いのか覚えておきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

一人暮らしでもアパートの挨拶は必要?迷った時の判断ポイント

女性がアパートで一人暮らしをする時、引越しの挨拶をするべきかどうかで悩んでしまいます。それは、ど...

予約の電話が緊張する人は多い。緊張しない電話のかけ方のコツ

メールなどで予約が出来ることが増え、電話をする機会は減ったかもしれませんね。ですが用事によっては...

ご祝儀袋の基本的な入れ方と中袋ののりづけについて徹底解説

社会人になって初めて結婚式に出席するとなると、お祝儀袋にお金をどう入れればいいのか迷ってしまうのでは...

スノボ初心者の滑り方!知っておくと上達する滑り方のコツ

初めてスノボをするというスノボ初心者は、まず何から練習すればいいのか悩む方も多いと思います。そこ...

高校の部活マネージャーあるある言いたい!

高校の部活動ではマネージャーの働きなくしては、充分な活動が出来ませんよね。いつもニコニコしている...

バレエは基礎が大事!子供のうちからしっかり見付けさせよう

バレエの基礎を続けるのは子供でもしんどいもの。でもバレエこそ基礎が一番大事で、基礎がしっかりして...

エチケットとマナーの違いは?違いを知ってルールを守った生活を

エチケットとマナーは似たような意味合いで使われることが多い言葉です。でも、この2つの言葉の意味を理解...

高校のノートの取り方にはコツがある!周りと差がつくノート使い

高校生ともなると、ノートの取り方にも個人差が出てきます。成績が良い人のノートを見たことありますか...

日本のマナーは食事から始めるとより良いです

日本においてマナーは「作法」とも言われ、食事に関しては箸の扱い方や物の食べ方などにおいていくつかルー...

剣道の試合のルールを解説!初心者でもわかりやすくルール紹介

剣道の試合を見に行く時、試合のルールがわからなければ心から試合を楽しめないものです。一体どんなルール...

スキーは姿勢が大事!基本の姿勢や止まり方、滑り方の姿勢を解説

スキーには基本の姿勢があります。ただ原理はわかっていても身に付けるまでが難しいため、予習しておく...

水泳の選手コースはいつから入れる?その条件を徹底解説

子供が水泳を習い始めると「いつかは選手コースに進んでもらいたい。」と親なら期待を持ってしまうでしょう...

コンビニバイトで注意すべき言葉遣いについて徹底解説

コンビニバイトのような接客業では言葉遣いに注意すべきだということはわかっていても、普段使っていないと...

誕生日プレゼントに財布を贈る際に込められる意味とは

大切な家族や恋人などに誕生日プレゼントを贈るなら、特別なものを贈りたいですよね。しかし、プレゼン...

スキー初心者向けのエッジの研ぎ方や頻度について解説します

スキー初心者であっても、エッジを研ぐことによって滑りは変わると言われていますが、研ぎ方がわからない人...

スポンサーリンク

結婚式のゲストの男性が髪型で気をつけることは

髪が長い男性も増えてきていますが、結婚式に出席するとなると切らないといけないかというとそういうわけでもありません。

男性は長髪であっても、清潔感があれば問題ない

そのため、髪の長い男性が結婚式に出席する場合は、結ぶようにしましょう。一つに後ろで結ぶだけで清潔感を出すことができます。

この時、どんなヘアゴムをするべきなのか悩む男性もいるかもしれませんが、ヘアゴムは女性用、男性用と分けられてはいません。100均でも販売されているので、黒いヘアゴムを選ぶとよいでしょう。

結婚式での「髪の色」金髪や赤など目立つ色でなければ問題ない

茶髪の人はそのまま出席してもOKです。新郎よりも目立たなければ、わざわざ染め直す必要はありません。

そうはいっても、きちんとした髪型にしたい…そう考えるのであれば、思い切って美容室へ行って美容師さんに相談しましょう。

結婚式にふさわしい髪型にしてほしいという希望を伝えれば、最新の髪型にしてくれるでしょう。

結婚式にもおすすめのスーツに似合う男性の髪型

「そろそろ長髪を卒業して短髪にしたい」と考えている人におすすめの髪型を紹介します。

清潔感のある髪型

ツーブロック

ツーブロックといってもいろいろな種類があります。また、顔の形によっても似合うスタイルは変わってきます。

例えば、丸顔であれば自然なツーブロックの方がいいでしょう。エラが張っているベース顔であれば、ショートのツーブロックの方が似合います。

美容師さんに相談して、自分が似合うツーブロックにしてもらいましょう。

ショート

より清潔感を出したいのであれば、思い切ってショートにしてみましょう。セットする時にヘアスプレーなどを使用すると髪型も崩れません。

ミディアム

「ショートまではしたくない。」という男性は、ショートよりも長めのミディアムにしてみましょう。トップの髪の毛を遊ばせるようにしても、結婚式ならOKです。また、前髪を長めに残しても、ななめに流すようにすれば清潔感を出すことができます。

パーマヘアの男性の髪型は大人っぽさを意識して

また、結婚式にはパーマヘアもおすすめです。

華やかな結婚式にパーマヘア

ショート

ショートでパーマをかけるとなると、トップは長めにした方がよいでしょう。結婚式に出席するのであれば、サイドに流すようにパーマをかけてみましょう。または、長めにしてウェーブをかけてもよいでしょう。

ミディアム

ミディアムでパーマヘアとなると、重たくならないようにすることが大切です。そのため、髪の毛の量は少なめに残した方がよいでしょう。その方が清潔感を出すことができます。パーマは全体にソフトウェーブ、またはトップにパーマをかけてもおしゃれに見えます。

ロング

ロングの場合はボリュームを出しすぎないようにしましょう。毛先だけパーマをかけるなどワンポイントにパーマをかけてもよいでしょう。

ロングの場合は女性と同様に髪の毛がボサボサに見えないように注意しましょう。日頃のお手入れも大切になります。

結婚式の時にはオールバックも定番

結婚式で現在の髪型を活かすなら「オールバック」もおすすめ

かえってオールバックが一番清潔感を出すことができるかもしれません。

髪の毛が長くてストレートの人なら、そのままオールバックにしてもよいでしょう。または後ろで軽く結んでオールバックにすることもおすすめです。

ショートやミディアムの人は、セットしても崩れてしまう可能性があります。そうならないためには、まずドライヤーでセットしてからスタイリング剤をつけるようにしましょう。スタイリング剤にはいろいろな種類があります。長時間キープさせるためには、より固まるタイプのスタイリング剤を選ぶとよいでしょう。

また、オールバックにするなら、おでこをきれいに見せる必要があります。にきびなどがあるとせっかくオールバックが決まっても台無しです。

毎日のスキンケアをしっかりと行い、ニキビが1つもないきれいなおでこを見せてオールバックを決めましょう。

大人の男性は細かいところまで気を配ること

30代といえば大人の男。髪型だけではなく、その他の部分にも気を配りましょう。

男性も「爪」のケアを忘れずに

伸びたままになっていませんか。せっかく髪型で清潔感を出せても、爪が伸びていると清潔感のない男性に見られてしまいます。そして「ひげ」。しっかりと剃るようにしましょう。

また、靴もきれいに磨いておきましょう

「おしゃれは足元から。」これは女性だけではなく男性にも言えることです。女性は男性の顔だけではなく、足元も見ています。
結婚式の当日だと、急いでいて忘れてしまうかもしれません。前日のうちに靴を磨いておくようにしましょう。

足元から髪型まで、すべて気を配ることができるのが大人の男性。完璧な状態で結婚式に出席するようにしましょう。