バレーのジャンプサーブを女子が打てるようになるコツや極意

バレーでジャンプサーブを女子が打つとすごく歓声が上がり、盛り上がりますよね。

ジャンプサーブを打つことは難易度が高いサーブではありますが、その攻撃的な破壊力は抜群なんです。

どうしたらジャンプサーブを上手に打てるようになるのでしょうか。

そこで、バレーのジャンプサーブを女子が打てるようになるコツや極意についてご紹介致します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

休みの日に鳴る電話!仕事関係ならどうするのか聞いてみた

せっかくの休みの日に仕事の電話がくることにどう思いますか?休みの日くらいゆっくりさせて欲しい...

電話が苦手な若者が急増中!その原因と対処方法について

電話が苦手だという方は意外と多いものですよね。しかし苦手を通り越して、いま電話に出ることが出来ない若...

学校の用務員の仕事内容とは?なるには?求められるもの

学校の用務員の仕事というと、学校の庭の草刈りや清掃といった仕事が目立ちますが、主にどんな仕事内容にな...

ぎっくり腰で仕事を辞めると決意した時に考えるべきこと

仕事をしていても腰痛があると辛くて仕事が手に付かないと言った経験はありませんか?腰は立っていても座っ...

転職初日の緊張を和らげる方法と転職時の心得

転職初日は緊張と不安でしかありません。これから先自分は戦力として必要とされるのか、この職場で...

野球観戦を女子一人で楽しむススメと知っておきたいポイント

野球観戦に女子一人で行ってみたいけど、一人だと少し不安でなかなか行動できないでいる女子もいるでしょう...

障害者のための公務員試験における面接の内容や対策のコツとは

障害者が公務員を目指すなら、公務員試験の障害者枠に応募することができます。では、障害者枠での...

刑事のスーツは支給される!?女性の場合は?警察官との違い

警察官というと青い制服のイメージですが、ドラマなんかで見る刑事はスーツで捜査などしていますよね。...

仕事のミス!実際にしてしまった最大のミスとミスへの対処法

仕事をしていると、時々ミスをしてしまうこともありますよね。小さなミスやケアレスミスであれば問題になら...

シェフの帽子には意味があるの?高さの理由やコック帽子の由来

レストランなどの飲食店に行くと、白くて高いコック帽子をかぶったシェフが印象的ですよね。お店によっ...

育成ドラフトとは?育成選手が受ける制約や問題点、選手の本音

育成ドラフトとはどんな制度なのか、あなたは知っていますか?通常のドラフトで指名されるのとは違...

保育士のピアノ実技試験対策!苦手なピアノを克服し合格するには

保育士試験には実技試験があり、その1つにピアノ実技があります。小さい頃からピアノを習っている...

スライディングの練習方法!野球が上手になるコツについて

スライディングは野球の走塁において欠かせないものですが、正しいコツを掴むまで練習をする必要があります...

幼稚園教諭はピアノ伴奏が出来ないとダメ?ピアノ練習のコツ!

幼稚園の先生だからといって先生全員がピアノが得意なわけではありません。ただ保育士と違い、幼稚園教...

No Image

ソフトテニスの前衛の基本ポジションから勝ち方まで教えます

ソフトテニスを始めたばかりの人は、前衛のポジションをどう取ればいいのかわからないことが多いのではない...

スポンサーリンク

ジャンプサーブは女子バレーでも破壊力抜群!

バレーではサーブの打ち方がいくつかありますが、中でもジャンプサーブは難しいサーブだと言えます。以前は男子バレーでよく見られていましたが、最近は女子バレーでもジャンプサーブを行う選手は増えています。

飛び上がりながら高い打点で打つサーブ

破壊力が高く非常に攻撃的なサーブです。スパイクを打つのと同じようなフォームと勢いで打つため「スパイクサーブ」と呼ばれることもあります。

前方高めに投げ上げたトスに向かって助走し、ジャンプとほぼ同時に身体を後方にしならせたバネを利用して体重を乗せたサーブを打ちます。

この時、より体重を乗せるようやや前方で打ち、インパクトの瞬間には肘が伸びているのが理想的です。

正確なレシーブもしづらくなるため、相手の攻撃のリズムを乱すという目的もあります。
ただ、トスや助走、ジャンプ、インパクトとタイミングを合わせるのが難しく、サーブミスに繋がる「両刃の剣」といえる部分もあります。

試合で効果的にジャンプサーブが使えるようにするためには、感覚やタイミングを完璧に身体で覚える必要があるのです。

女子バレーでジャンプサーブを打つにはトスと助走がポイント

ジャンプサーブはトスが決め手?

ジャンプサーブをするには、毎回正確なトスを上げられるようになる必要があります。打ちやすい高さに確実に上げられるよう繰り返し練習しましょう。

手首のスナップでボールに前方向の回転をつけてトスを上げると、サーブを打った時によりドライブがかかります。片手でも両手でも、自分の上げやすいフォームでトスを投げましょう。

「何本上げても、常に同じ位置にトスが上げられる」と思えるよう練習を積み重ねてください。

サーブ、助走の距離

助走をスタートする場所がエンドラインからどの程度の距離かを歩幅で測っておき、毎回同じ距離からジャンプサーブを打てるようにしましょう。

助走の歩数は自分に合っていればいいので、より高い打点で正確にサーブを打てる距離と位置を把握します。

女子バレーでジャンプサーブを構成するのはタイミングとフォーム

スパイク同様、ジャンプサーブで重要な要素となるのがタイミング。高いトスの方が滞空時間が長いのでタイミングが合わせやすいかもしれませんが、個人差や好みの問題なので自分に一番合ったタイミングを探してください。

サーブのベストタイミングは体で覚える

何度もトスアップして「ここだ」と思えるポイントを見つけるまで繰り返し練習してみましょう。トスとのタイミングが合わないことには、より高い精度が必要になるジャンプサーブは成功できません。

サーブを打つフォーム

スパイクサーブとも言われるジャンプサーブ。フォームの注意点は、スパイクのフォームと共通しています。やはりフォームが乱れると、力を正確にボールに伝えることができず精度も威力も半減してしまいます。

ジャンプサーブのフォームでありがちなフォームの失敗例としては「左手が下がる」ということでしょう。右手でサーブを打つとき、左手は空中姿勢をキープするために下がってしまわないよう意識することが大切です。

ジャンプサーブが上達する極意は脱力すること

ジャンプサーブの場面を外から見ていると、ものすごい勢いでボールを打ち出しています。
「相当な力がかかっているのだろう」と見て取れますが、間違えてはいけないのは「スイングは脱力すること」が最重要スキルなのです。

力強いサーブを打つのに「力を抜け」というのは、どういう意味でしょうか。

サーブでボールを打つインパクトの直前、背中を後方にしならせたバネの反動を使って腕をボールに叩きつけます。

この時、腕に無駄な力が入っていると全身のバネから生み出されたパワーを上手くボールに伝えることができません。

脱力する(力を抜く)ことで、腕のスイングスピードが上がり、より強いサーブを打ち出すことができます。また、ムチのように腕がしなりボールに巻き付くことで、よりドライブ回転がかかるのです。

毎日の練習でも自分の腕がしなやかなムチであるとイメージしてジャンプサーブを練習しましょう。

ジャンプサーブは毎日の練習の積み重ねが大切

ジャンプサーブは、トスの投げ上げや助走など要素が多いのでいきなり完成形をイメージして練習を始めても上手くいかないでしょう。

「ボールの高さと打点を合わせる」、「ドライブをかける」など一つ一つの要素に慣れていくことを毎日積み重ねていきましょう。

前述したように無駄な力が入っていると逆に威力のあるサーブは打てません。ただ、必要な筋力があることが前提でもあります。

強力なジャンプサーブをマスターすれば、非常に有効な攻撃力になりますが、いくら威力があっても正確に相手コートに入らなければ相手チームに得点をプレゼントするだけの無意味なものになってしまいます。

完全に身につくまでは、焦らずにコツコツと一つ一つの動作を身体に叩き込み、その上で感覚を研ぎ澄まして行く必要があります。

最近の試合では女子バレーでも勝つために、より攻撃的なジャンプサーブを使うようになりました。

威力が持ち味の協力なジャンプサーブが、より正確に入るようになれば大きな得点力に結びつきます。

ジャンプサーブは高等テクニック。じっくり腰を据えて身につけよう

スポーツの世界は、日々進化しています。

以前、ジャンプサーブは男子選手の独壇場でした。しかし、体格的にも男子選手に見劣りしない海外の女子選手が次々とジャンプサーブを取り入れ、今では女子バレーでもジャンプサーブは珍しくないものになっています。

もちろん、ジャンプサーブ意外でも効果的に攻撃を崩すサーブもあります。しかし、強力なサーブを打ち込むことで相手の守備を崩すのが近年のバレーボールの戦い方の一つです。

高度な技術が必要なジャンプサーブですが、コツコツを練習を続けて身体が動きを覚えれば、試合で効果的に使えることは間違いないでしょう。

ただ、絶対に焦らずに一つ一つの動作を大切に身体に叩き込むことが大切です。

ジャンプサーブは「強力な破壊力」と「精度」が合わさった時に大きな得点力になります。焦って半端に身に付けただけでは実践で使えるものにはならないでしょう。