スライディングの練習方法!野球が上手になるコツについて

スライディングは野球の走塁において欠かせないものですが、正しいコツを掴むまで練習をする必要があります。

それは、スライディングを正しく行わないと怪我につながる恐れがあるからです。

そこで、野球でスライディングを上手に行うコツやポイントとスライディングを怖がらずに楽しんでできるための練習方法についてご紹介致します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

会社の休憩時間に寝るのはアリ?仕事の効率をアップさせるには

会社の休憩時間に15分程度寝ると、午後に絶対に襲ってくる猛烈な眠気に立ち向かうことができるって知って...

ボールの投げ方の教え方で気をつけたいコツや握り方と注意点とは

ボールの投げ方がわからない、うまくボールを投げることができない子供に対しての教え方とはどんなことに気...

バスケの練習が家の中でも出来る様々なトレーニングとポイント

バスケが少しでも上手くなりたいと家の中でも出来る練習方法をお探しの方。家の中でも出来るトレーニン...

No Image

相撲の座布団を投げる【座布団の舞】投げる理由とその歴史を解説

相撲中継を見ていると、座布団を投げる人たちの映像を目にすることもありますよね。座布団を投げるのは一体...

育成ドラフトとは?育成選手が受ける制約や問題点、選手の本音

育成ドラフトとはどんな制度なのか、あなたは知っていますか?通常のドラフトで指名されるのとは違...

テニスの後衛のコツとは?前衛のサポート役で終わらせない方法

テニスの後衛はどんなことを意識して動く必要があるのでしょうか?コツやポイントとは?前衛の足を...

短距離走を速く走るコツを紹介。かかとや姿勢や靴選びについて

短距離走のタイムを上げたい、速く走るコツがあったら知りたいと思いませんか。短距離走を速く走る...

教育実習の時の髪型はパーマNG?注意するポイントを徹底解説!

教員免許を取得しようとしている人にとって大事な「教育実習」。ここで印象が悪くならないように注意しなけ...

農業は儲かる。どんな果物が儲かるのかや農家の売上や海外事情

農業といえば休みがない、朝が早い、仕事が大変といったイメージがあるのではないでしょうか。そんな農...

水泳のバタ足が進まない時のコツや練習方法・ポイントを解説

水泳をやっている人の中には、バタ足がなかなか進まないことに悩んでいる人もいますよね。進むことができな...

新人が使えないのは当たり前?上司の不満・新人の不満

新しく入社してきた新人が使えないと腹を立てている上司や先輩のみなさん、新人が使えないのは当たり前だと...

大学の部活の中で初心者でも心配なく入れるものをご紹介!

大学に入ったら、サークルではなく部活に入りたいと考えている人もいるのではないでしょうか?しか...

養護教諭採用試験は面接が重要!過去問でしっかり対策をしよう!

養護教諭になるための採用試験には必ず面接がありますが、事前にしっかりと準備をしておきたいですよね。...

パワハラ上司への仕返し!社長に報告する場合の手順について

パワハラ上司による被害を受けている人は、毎日会社に行くのも嫌になるのではないでしょうか?なん...

不安でたまらない!仕事のミスをしてしまった時の対処法

仕事でミスをしてしまい不安になっていませんか?「上司にミスを怒られた」「ミスを指摘されて恥ず...

スポンサーリンク

野球のスライディングの基本とコツについて

練習もせずにいきなり野球の実戦でスライディングしようとしても、大きなケガに繋がる恐れがあるため、必ず普段から練習してコツを掴んでおく必要があります。

スライディングの基本姿勢は、足が4の字になるように左膝を曲げて、足先が右の太ももの裏当たりにくるような状態で滑ります。この時は地面となるべく水平に滑ることを心がけ、お尻から太ももの部分で滑るように意識しましょう。

どのあたりからスライディングを始めるのかは、走塁スピードと技術によって差がありますので、練習しながら少しずつ距離感を掴んでいきましょう。また、スライディング直後にベース上に相手野手がいない場合は、次の塁を狙える可能性もありますので、すぐに立ち上がって走り出せるような体勢を整えます。

ヘッドスライディングはホームでのクロスプレーや、一塁走者が牽制時に一塁へ戻る際を想定して練習します。こちらは胸からお腹にかけて地面と水平になるように滑るのが基本です。

ヘッドスライディングはしっかりと練習を重ねておかないと、即ケガにつながりやすいプレーですので、まずはしっかりと上体を下げて、軽く滑る練習から始めましょう。

野球でスライディングを上手に行うコツとポイント

いきなり全力疾走からスライディングをしてしまうと、ケガにつながる恐れがありますので、まずは歩くくらいの速度からスライディングしてみて、しっかりと身体の動き方を身につける必要があります。そこから慣れてコツを掴んできたら、少しずつスピードをあげていってから、全力疾走にチャレンジしてみてください。

高校野球などでは、セーフかアウトか微妙なタイミングの時に、一塁に向かってヘッドスライディングをするシーンがたびたび見られますが、果たしてヘッドスライディングをすることによって、セーフとなる確率は高くなるのでしょうか?

一塁は他の塁とは違い、塁上で立ち止まる必要がないため、全速力で駆け抜けた方が早いように感じますが、ヘッドスライディングが上手な選手であれば、逆に走り抜けるよりも早いかもしれませんし、セーフになるための累審へのアピールとしては有効なのでしょう。

ただし、スライディングをすることによって、自分も相手の野手もケガをする可能性があるため、無理な体勢で相手にぶつかるような勢いで滑り込むことは相当危険な行為となりますので、絶対にやめましょう。

野球で正しいスライディングをやるやり方のコツ

正しい姿勢で野球のスライディングが出来るようになったら、今度はスライディング時のベースとの距離感を把握しましょう。だいたい、ベースの2メートルほど手前から滑り始めると、ちょうど良いタイミングで右足がベースに到達出来るでしょう。ただし、走塁スピードや足の長さにもよりますから、どれくらいの距離から滑るのがベストなのかは、練習するなかで徐々にわかると思います。

あくまでも足全体ではなく、お尻で滑るイメージで、地面と水平に近くなるように滑るのがコツです。

そして、スライディングする際に守ってもらいたいポイントとしては、手を地面につけないことです。手を地面につけてはいけない理由としては、第一にケガをする危険性があるということです。ベース付近には相手チームの野手がいますので、送球によっては手や指を踏まれてしまったり、地面やベースで突き指をしてしまったりする可能性があるためです。

また、もう1つの理由としては、手を地面につくことによって、スライディングのスピードにブレーキをかけてしまうことに繋がるためです。

スライディングが上手になるには繰り返し練習を

野球の試合で上手くスライディングが出来るようになるかどうかは、やはり向き不向きはあると思います。初めてスライディングを練習した時でも、すぐになんとなく形になる人もいる代わりに、どうしても上手くスライディングの体勢が取れない人もいます。

ですが、苦手だからと練習もしないままでは、いざ試合の時になっていきなりスライディングをしようとしても、とっさに反応することが出来ないため、当然セーフになるようなスライディングをすることは出来ません。やはり、どんなプレーでも普段の練習の積み重ねがものを言うのです。

スライディングの基本姿勢を身体で覚えるまでは、助走をつけずに足の形とお尻で滑る感覚がつかめるようになるまで練習してみてください。ある程度の感覚がつかめたら、今度は少し助走をつけて、実際にスライディングしてみます。少しずつ走る距離を伸ばしたら、ベースとの距離感を掴むために、実際に何度もスライディングしてみて、自分に適した距離感を覚えましょう。

スライディングに恐怖心がなく楽しいと思うまで練習しよう

スライディングをするうえでの一番の敵は、恐怖心です。ケガをするかもしれないとビクビクしているうちは、どうしても上手く滑ることが出来ません。

恐怖心をなくすためには、とにかく練習あるのみ!

スライディング初心者は、まずはスライディングの面白さを味わえるように、室内で練習するという方法もあります。悪天候の日の体育館での練習の時に、靴下で体育館を走ると、滑って転びそうになりますよね。それを利用して、靴下を履いたままでスライディングの練習をするのです。この時、手を地面につかないようにクセをつけるために、初めはバンザイをしたまま滑ると良いです。

正しい姿勢でスピードに乗ってお尻から滑れば、面白いくらい滑ります。この練習で感覚を掴めたら、実際のプレーと同様にベースに向かって滑り込む練習をしても上手くいくでしょう。