昼休み中の電話は出ないことが当たり前?その前に上司に相談を

小さい会社だと、昼休み中なのに電話番をさせられることがありますよね。

電話がこなければ昼休みもゆっくりと取れますが、電話が鳴れば休憩なんてとれなくなってしまいます。

これは違法にはならないのでしょうか?休憩の定義とは?上司に相談すべき?

昼休み中の電話は出るべき?それとも出ないのが当たり前?その真相について調べてみました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

長期休暇の理由で嘘をつくくらいなら言わないほうがいい

長期休暇の理由は正直に話したほうがいいのでしょうか?それとも嘘をついていい?良くも悪くも、休...

No Image

サッカーのボールタッチ練習方法!コツとポイント・練習を解説

サッカーが上達したいという人は、ボールタッチの練習を取り入れて基本的なことを身につけると良いです。ボ...

レセプションとは!バレーにおける意味やその役割について解説

テレビでバレーの試合を見ていると、解説者が「レセプション」という言葉を使っていますよね。「レ...

面接を連絡なしでドタキャンするのはだめ!相手の立場になろう

面接の連絡なしでドタキャンをすると、あなたの評価がガタ落ちしてしまう!?お互いのためにも、き...

就職は東京より大阪が断然良い理由と住んでみたらわかったこと

就職するなら東京にするか大阪にするか悩んでるという人も多いのではないでしょうか?では、就職す...

教員採用試験の服装の一次試験で迷うなら、スーツがおすすめ

教員採用試験の一次の多くは筆記試験です。筆記試験なので募集要領には「服装自由」と書かれていること...

陸上部は高校からの初心者でもOK!練習や上達に必要なこと

高校から陸上部に入部するのは難しいかと思われがちですが、高校の陸上部は初心者でもオススメな部活なんで...

キーパーの練習方法!一人でもできる練習と心構え・コツを解説

キーパーというポジションは、サッカーの中でもとても大切なポジションになります。練習を一人で行なうのは...

年上後輩が偉そうに感じても、同じ目線に立たないようにするには

年上後輩が偉そうでモヤっとする。部下に指示を出すと、次のような態度を取る人っていますよね?...

内定辞退はできる?転職はいつまでできる?

転職をしたいと考えている時、内定をもらった企業の条件と自分の条件が合わないなどの理由で、内定辞退をし...

柔道寝技のコツとは?力をかけるポイントや練習ポイントを解説

柔道技のひとつ「寝技」ですが、寝技は練習をすればするほど上達すると言われており、柔道初心者こそ寝技練...

電話でもしもしは失礼にあたる?正しいビジネスマナーとは

ついつい使ってしまう電話のもしもし。実はこの「もしもし」というワードは会社の電話では失礼にあたるんで...

【背泳ぎ】キックで沈む原因と沈まないようにする練習方法・コツ

背泳ぎをしていると、キックのときに体が沈むことがあります。何度練習しても上手にキックができずに悩んで...

市役所への就職で感じるメリット。やりがいと働きやすさ

市役所などの公務員の仕事は、他の民間企業と比べてどんなメリットやデメリットがあるのでしょうか。...

ナックルとフォークの違いとは?名前の由来から特徴まで解説

プロ野球を観ていると、ピッチャーが投げた球種が表示されますが、その種類の中でよくわからないのが「ナッ...

スポンサーリンク

「昼休みの時は電話に出ない」これは法律で認められているの?

会社勤めをしていると、お昼時間に電話はしない方が良いのではないか?相手の会社の人もその時間は電話にでないのではないかと思うかもしれません。でも、それは法律で認められていることなのでしょうか。

少し、休憩時間の定義についてみてみたいと思います。休憩時間というのは、法律では、使用者(会社)が労働者に対して、一定の休憩時間を労働時間の途中に与えること」を義務付けています(労働基準法第34条1項)

詳細を調べてみると、6時間以上8時間以上の労働時間では、45分、8時間越えのときは、1時間の休憩が必要とされているようです。

でも、その休憩時間をどのように使うかは個人の自由であり、何をしていいというわけではありません。あくまでも休憩をする時間です。その時間に電話にでると、休憩時間ではなくなってしまいます。

なので、お昼休みの時間ですが、電話が鳴らなくても問題はなさそうです。休めるときは休むことにより、体も心もストレスから解放されていくのではないでしょうか。

小さい会社だと昼休み中に電話に出ないということはあり得ない?

では、会社の規模によって、昼休みに電話に出る、出ないという違いは生じてくるのでしょうか。

休憩時間なので、その時間に来客が来たり、電話が鳴ったとしても、対応はしなくても良いのです。でも、小さな職場によっては、対応を求められることがあります。

でも、休憩時間は休憩時間なので、もしそのような対応を求められるのであれば、上司に相談してみてもよいと思います。
でも、「休憩時間なので、私は休憩をします。私は一切仕事をしません」と粘っても仕方がありません。

もしかしたら、休憩時間に働くことに抵抗を感じている同僚の人もいると思うので、相談してみるのもよいのかもしれません。

上司に相談して、解決策を考えていくことがよいのかもしれませんよね。

昼休み中は電話に出ないのが正しい?社長に相談できない場合

昼休みの間に電話に出ないのは正しいことなのかどうなのか。また、上司、社長にその件について相談できない場合はどうしたらよいのでしょうか。

会社の規模にもよるかもしれませんが、小さな会社の場合は、休憩時間に電話対応など、仕事をするのは、おかしいのではないかと相談してみるのも良いのではないでしょうか。
小さな仕事というように社長も捉えているかもしれませんが、時間を変えて休憩時間をとるですとか、対応策を考えるのもよいのかもしれませんね。

もし、社長が話しを聞いてくれないようでしたら、専門機関に相談して対策を練るほうが良いかもしれませんね。厚生労働省では、相談コーナーが設けていますので、電話してみるのもよいのかもしれません。

場合によっては、そのような専門機関から会社のほうに指導がゆき、改善方法が見つかるのかもしれません。工夫次第で、会社にも良い影響を与えることができるのかもしれませんよね。そうすることにより、従業員の中でも安堵が生まれるのかもしれません。

昼休み中に電話をとることは違法なのか

それでは、昼休みに電話をとることですが、違法になるのでしょうか。

そもそも、昼休みですが、ご飯を食べたりする時間なので、社員が会社にいない可能性もあります。その場合ですが、交代で昼休みの時間をとっていたりすることもあると思います。

しかし、その体制がとれていない会社もあります。そして、実際は電話を取らされていることもあると思います。

実際ですが、ご飯を食べながら、電話をとっている会社もあると思います。なので、口の中に食べ物があるけれども、それでも話をしなきゃいけない。そんな状況もあると思います。そうすることにより、従業員がストレスがたまり、疲れもたまってきて、効率が悪くなっているにも関わらず、社長も状況を変えようとしないのかもしれません。

そのような方法で従業員を働かせている場合ですが、それは「違法」になってしまいます。

昼休みに電話をかけてくる方がマナー違反?

それでは、昼休みに電話をかけてくるパターンはどうなのでしょうか?それは違反に当たるのでしょうか?

常識が非常識か、それにも当てはまるのかもしれません。

会社でも、「お昼時間に電話をかけるのは辞めましょう」といっているかもしれませんし、もしくは電話をかけるときでも「お昼に大変申しわけありません」と言うように指導されているのかもしれません。

なので、基本的にこの時間帯に電話をかけてくることがマナー違反だと思われます。そして、もしかけてくるのであれば、「お昼時間に大変申し訳ありません」と一言があった方がよいのかもしれませんよね。

相手の方から「休憩時間にしか、電話に出られません」と言われたときは仕方ないのかもしれませんが、それ以外の場合は、なるべく休憩時間に電話をかけるのは避けた方が無難なのではないでしょうか。